スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに四国へ【後編】

こんばんは。

前回、「久しぶりに四国へ【前編】」の記事をアップしてから、またまた間が開いてしまいました。このところの雨続きで、8月に入ってから殆ど山歩きに行く機会がないんですが、子供が夏休み中ということで家族サービスに動員されるケースが増えています。それに加えてお盆休みも例年ごとく返上(!)になってしましましたので、かなりフラストレーションが溜まっています。秋になって、仕事も落ち着いたらまた山歩きを再開したいと思います。

で、今回は前回の後編ということで、7月の三連休に甥っ子の結婚式に参加がてら瀬戸内海地方を家族旅行してきた話の続きです。

20170716_1554_01.jpg

こちらは7月16日の午後、愛媛県新居浜市で行われた甥っ子の結婚式のひとコマ。これからブーケトスをやろうとしているところですね。正面には四国山地の山々が見えています。正面、一番奥に見えている山並みの右端が笹ヶ峰(1,859m)のようです。その右手前の山の向こうに、ちょっと頭を覗かせてるギザギザの稜線の山が見えますが、こちらは黒森山(1,679m)のようですね。四国と言えば石鎚山ですが、残念ながらこの位置からは見えません。

この四国山地、手前の平地からいきなり産地が立ち上がっていますが、この境目が日本最大の断層、中央構造線です。九州の八代付近から四国の北部、紀伊半島の付け根を横断して豊橋あたりから北東方向に曲がって伊那山地と南アルプスの間を取って諏訪に抜け、八ヶ岳の北側を大きく東へ回って群馬県南部で関東平野に入り、筑波山の南を通って鹿島灘に抜けている大断層です。

さて、結婚式の翌日。早朝に新浜市を出発、松山自動車道を西へ向かいました。

20170717_0737_02.jpg

途中、石鎚山SAに立ち寄り。このSAからは石鎚山が見えるようなのですが、この日は雲が多くてそれらしい山は見ることができませんでした。見えるときは左奥のほうに見えるらしいのですが、同じ石鎚山SAでも見えるのは上り線のみという話もあり、詳しくはわかりません。

20170717_0822_03.jpg

20170717_0824_04.jpg

いよ小松ジャンクションから今治小松道に入り、今治で一般道を経由して西瀬戸道、いわゆる「しまなみ海道」に入りました。こちらは入ってすぐの来島海峡SAからの眺め。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりに四国へ【前編】

こんばんは。

いやあ、またまた長期間更新をサボってしまいました。このところ、山行の回数も減っていますし、モチベーションの低下は否定できませんが、それでもまったく山歩きをやっていないわけではありません。ただ、日帰り近郊登山の限界も感じるようになってきていて、そろそろ泊まり山行にも手を出すか、と漠然と考えたりしています。まあ、仕事のほうもそこそこ忙しいので、ボチボチやっていきますが。

で、本日は実は山の話題ではなく、先日の海の日の三連休の家族旅行のお話です。ブログにアップできていない山行の話題が結構たまっていますが、それはおいおい纏めて書いていきます・・・なんて、以前も同じことを言っていたような(笑)。

女房の弟の長男、つまり私の甥ですが、5年ほど前に社会人になって転勤で四国の愛媛県・新居浜市に行っています。で、そちらの方で嫁さんを見つけたのことで、先日の連休の中日、16日に現地で結婚式を挙げることになりました。場所が場所だけに女房の親戚筋(岐阜県)やウチの一家は泊まりで現地に行くことになりますが、私自身もこれまで何回か記事の中で書いてきたように隣の香川県・高松市の生まれです。高松市にいたのは小学校6年の1学期までですが、市内には今でも母の実家があり、叔父(母の弟)が跡を継いでいます。

それならば、と、連休をフルに使って四国・中国地方を回る家族旅行をしてみることにしました。

20170715_0635_01.jpg

7月15日、土曜日。早朝に千葉の自宅を出発。直通バスで6時前に羽田空港第2ターミナルまでやってきました。いや、朝の空港もいいものですね。

この後、写真をぜんぜん撮っていないのですが、7時25分の便で高松空港へ。空港でレンタカーを借り、空港通り(国道193号線)を高松市内へ向かいます。実は、この道を10分ちょっと北へ走ったあたりが私が住んでいた場所なんです。通っていた小学校のすぐそばのうどん屋で朝食後、当時住んでいた団地などに立ち寄ってから母の実家に向かいました。ちなみにこの間、ナビは一切使用せず。地図も見ていません。昔はなかった高速道路やバイパスなんかの新道が結構増えていますし、家も比べ物にならないくらい建て込んでいますが、やっぱり忘れないものなんですね。

母の実家を出てから、すぐ目の前にある五色台というメサ地形(溶岩台地)の上をドライブ。讃岐に配流された崇徳天皇陵のある白峯寺(四国霊場81番札所)を参拝。ここは幼いころから祖父に連れられて何度となく訪れている場所です。

その後、坂出市側に降りて沖合いに作られた広大な埋立地、「番の州」に向かいます。そちらの突端にある公園から見えるものは・・・

20170715_1405_02.jpg

はい、瀬戸大橋です。この写真を撮影した公園は「瀬戸大橋記念公園」と言い、瀬戸大橋開通時に開催された「瀬戸大橋博'88・四国」の跡地です。この博覧会、対岸の岡山側でも同時開催されていて、そちらは「瀬戸大橋博'88・岡山」となっていました。

続きを読む

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

赤城の山も息が上がり。

こんばんは。

大変ご無沙汰しております・・・って、記事のアップは1月3日以来ですね。もう3月、今年も四分の一がそろそろ過ぎ去ろうとしていますが、溜まった山行記事を全く書き加えられないまま春の足音を聞く季節になってしまいました。

今年も年初から忙しい日々が続いています。とは行っても平日の帰宅時間は22時から23時くらいなので極端に遅いわけではないのですが、若い頃ならいざ知らず、この歳になると疲れ果てて何もせずにそのまま寝てしまいます。休日は休日で、自宅にいても朝から晩までほぼうたた寝状態。山へはちょこちょこ行っているんですが、記事を書く気力を奮い起こせず、もう半年分も放置してしまいました。

で、このままだとブログはそのまま休止・・・になりかねませんので、とりあえず溜まった分は簡単な記事で凌ぐことにしました。実は昨年秋以来、既に歩いたことのある山を他の人のガイドをして歩くことが多かったのですが、そういう記事は複数の山行を概要だけまとめ書きにします。一山行を単独の記事で書くのはアルパインベルさんの「トレッキングミーティング」と、初めて歩く山の記事だけ。とりあえず、しばらくはこの方針で遅れを取り戻せるようにしてみますね。とは言え、また途中で筆が滞ったりしそうですが(笑)。

というわけで、本日の記事は昨年10月9日のトレッキングミーティング、行き先は国定忠治でおなじみの上州・赤城山です。ルートの詳細はヤマレコに登録してあります。

20161009_0643_01.jpg

本日は関越道を使いますので、集合地点は吉祥寺のヨドバシカメラ前。いつものようにマックで朝食を取っていたら、すでに皆さん集まっていますね。

20161009_0654_02.jpg

現地へはレンタカーで向かいます。予定通り、7時前に出発です。

20161009_0807_03.jpg

途中、高坂サービスエリアで一休み。

20161009_1020_04.jpg

10時過ぎに赤城山のカルデラの中にある、「赤城公園ビジターセンター」に到着。こちらの駐車場にレンタカーを停め、身支度を整えて出発します。出発は10時20分過ぎ。

20161009_1042_05.jpg

最初は県道251号線「沼田赤城線」を大沼に沿って北へ向かいます。

20161009_1049_06.jpg

標高1,360mの黒檜山登山口に到着。ここから山道に入りますが、のっけから結構な急登です。

20161009_1105_07.jpg

この日の下界の天気は曇りですが、ちょっと登るとすぐにガスの中に入ってしまいました。

20161009_1109_08.jpg

急な道を登り詰めてようやく尾根筋に乗りました。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

久し振りの山歩きは両神山。

あけましておめでとうございます。

ついに新しい年が始まってしまいましたが、このブログは相変らず記事の執筆が遅れて、何ヶ月も前からの課題が溜まってしまっています。本当は年を越す前に2016年の山行記事をすべてアップしてしまいたかったんですが、これまで遅れているものがいきなり劇的に改善するわけもなく、正月休みに入っても出勤して仕事の残りを片付けていたりで全然新しい記事が書けていません。というわけで、今更ながら昨年9月分の話になります(笑)。

前回アップした山行記事は昨年8月7日の黒斑山の話でしたが、実はその後2ヶ月近く、仕事が多忙なことと天候不順が重なって山歩きができないでいました。今回の話はその後の昨年9月25日日曜日、久し振りの山行となった奥秩父・両神山の記録です。

今回の両神山、実はお誘いがあって便乗させていただいたものなのですが、山行の1週間ほど前、お馴染みアルパインベルさんのトレッキングミーティングのメンバーであるポンキチさんからLINEで連絡が入りました。やはりトレッキングミーティングのメンバーであるKさんが、両神山への山行を計画しているので一緒に行かないか、というお話です。

私は両神山は未踏ですし、アクセスが良くないところなのでなかなか手が出せないでいましたが、今回は西武秩父駅に早朝集合、Kさんが車で駅前まで来ているのでそれに皆で便乗して登山口に向かうという計画です。使うルートは有料の登山道として知られる白井差新道。両神山自体もそうですが、白井差新道もこういう機会がないとなかなか利用することもないだろうと思い、参加させてもらうことにしました。忙しかった仕事も、この頃には一段落着いていましたし。

当日、Kさん以外の参加メンバー4名が全員千葉在住(但し路線はバラバラ)と言うことで、まずは池袋駅に集合、それから特急レッドアローで西武秩父駅に向かうことになりました。ちなみにKさん以外のメンバーは、昨年雲取山に登った面々。ポンキチさん、TOMOさん、Chiemiさん、それに私です。

20160925_0509_01.jpg

というわけで、昨年9月25日日曜日、地元駅を朝5時過ぎの総武線快速電車で出発。この後、東京駅で地下鉄丸の内線に乗り換え、池袋を目指します。

20160925_0610_02.jpg

西武池袋駅改札前。6時過ぎには着いてしまいました。乗る予定のレッドアローは6時50分発なので、当然まだ誰も来ていません。そのうちポンキチさんが到着、さらにTOMOさん・Chiemiさんが到着してメンバーが出揃いました。

20160925_0646_03.jpg

特急レッドアローに乗車。3年前、山歩きを始めて間もない頃に飯能から帰ってくるときに使ったことがありますが、その時がはじめての利用でした。今回は2回目になります。千葉県民は、山でも登らない限り本当に西武線に縁がないですよね。

20160925_0817_04.jpg

8時過ぎ、西武秩父駅に到着。既に駅前は観光客や登山客でごった返しています。この後、駅前まで来ていたKさんの車に乗車。ちなみにKさんは多摩地区在住です。羨ましいですよね。

20160925_0919_05.jpg

山道を1時間ほど走って白井差新道登山口に到着。まずはこのルートを管理している山中さんのお宅(この場所のすぐ左側)にお邪魔して車を停める場所を確認します。駐車場はここだけではなく、手前のほうにも用意してあるそうですが、この日は登山口に近い、この奥の駐車場に停めることができました。本日車を停めているのは6組くらいかな?団体さんがマイクロバスで乗り付けてくることもあるそうです。

20160925_0920_06.jpg

山中さんのお宅の猫。ちょっと警戒していますね~。すぐに姿が見えなくなりました。

今回のルートとタイムの詳細もヤマレコに登録してあります。そちらもあわせてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

電鍵のキット、組み立ててみた。

こんばんは。

またまた、ブログの更新をサボっているうちにぺんぺん草を生やしてしまった徒骨亭です。とりあえず、当座しのぎのためにアマチュア無線関係の小ネタをちょっと入れます。しかも、相当前、7月頃のお話。興味のない方は読み飛ばしてください(笑)。

今現在(2016年末)では外国為替相場、特に米ドル相場はTTS(電信売り)で1ドル118円前後となっていますが、今年の7月ごろは若干円高方向に振れていて、1ドル100円前後の時期がありました。円高となるとムクムクと海外通販の虫が疼き出しますが、今のところ山関係の買い物で特に海外から取り寄せたいものは無し。無線関係も、下手に海外から取り寄せても日本国内では使えないものも多いですから、「何か取り寄せたいものあったっけ?」という目的より手段が先行している状態だったんですが、アメリカのガレージメーカーさんのサイトを見ていたら面白そうなものがあったので注文してみました。とは言え、送料込みで64ドルなんでたいした買い物ではないんですが。

注文した先はカリフォルニア州サン・ルイス・オビスポにある「American Morse Equipment」というメーカーさん。町工場みたいな会社(正式な会社名は『San Luis Machine Company』)のようですが、社長さん?の趣味でアマチュア無線関係の製品を色々とリリースしているようです。社名からわかるように、モールス信号を打つための「電鍵」を作っているんですが、何種類かある中で、非常に小さい縦振り電鍵(一般的に電鍵でイメージされるあれです)、「KK1B」を注文してみました。ちなみに、無線電信の世界でも今は左右に振って長短の信号を自動的に送り出す「パドル(+エレキー)」が主流になっていています。

20160713_2318_01.jpg

で、注文から2週間足らずで届いたのがこちら。クッション封筒に入っています。

20160713_2320_02.jpg

中身がこちら。見てわかるように、完成品ではありません。バラバラのパーツが袋に詰められた、組み立てキットになっています。というわけで、7月中旬の雨の休日、こちらを組み立ててみました。

20160806_1400_03.jpg

そして、完成したのがこちら。シンプルな構造なので、素組みすれば30分ほどで組み立てられると思います。但し、単純にネジ止めするのではなく、軸受けの内側とかに部品加工時のバリなどが出ていますので、それを丁寧に取り除く作業などが必要です。私の場合は何だかんだで完成まで4時間くらいかかりました。何となく、鏡面仕上げにしたくなって、リューターとかを出してきてバフ掛けなんかをやっていたら時間がかかってしまいました。バイクのパーツなんかを磨いた人はご存知かと思いますが、この電鍵のベースの材料であるアルミは酸化しやすいので、鏡面仕上げにしてもすぐ曇ってしまうんですけどね。

20160806_1401_04.jpg

反対方向から。この電鍵、初期モデルの「KK1」は黒いノブが付いていなかったようです。それはそれでデザイン的にはスマートなんですが、実際に打ってみると、手首を机上につけるアメリカンスタイルでもノブがないと若干低すぎるようです。手首をつけない日本式だともちろんノブがあったほうが有難いのですが、重さがないので動いてしまって打ち辛いです。

20160806_1401_05.jpg

下面から見たところ。穴が一つ開いていますが、これは別売りオプションの膝につけるプレートに固定する際に使うネジ穴です。もちろん、専用のプレートでなくても使えますが、取り付けネジはインチ仕様(4-40)でなければなりません。このキットには付属していませんので別途入手する必要があります。秋葉原のネジ専門店などならあると思いますが、ちょっと探すのが難しいかもしれません。

その他、あまり参考にする人はいないと思いますが、組み立ての際に気が付いたことを書いておきます。ちなみにマニュアルは付属しておらず、American Morse Equipmentのサイトからダウンロードする必要があります。私が作った時点ではrev.3、2016年7月7日付けのバージョンが最新でした。その後、改訂されているかもしれません。

(1)前述の通り、台座の軸受け穴の内側には加工時のバリが出ています。最低限、こちらをヤスリなどで丁寧に取っておかないと電鍵の動きが悪くなります。ちょっと作業し辛い位置なので気をつけてください。

(2)電鍵の接点の部分に使うネジは、先端を平らに磨いてあります。非接点用のネジと間違えないようにしてください。

(3)マニュアルの本文中に、スプリングを取り付ける際に「#0-1 washer」を先に入れる旨の記述がありますが、これは「Delrin Plastic Disc(白いプラスチックの円筒状の部品)」の間違い。どうも、初期のバージョンではこのサイズのワッシャーを使っていたようです。

(4)スプリングには上下の方向があります。切りっ放しで尖った方が下、二重で平らになっている方が上。逆にすると、電鍵を押した時にスプリングが横にしなって外れそうになります。

(5)軸を固定する芋ネジを回すための六角レンチがおまけで付いてきますが、私の場合はこちらがサイズ違い(.050の代わりに1/16が入っていた)で芋ネジを回すことができませんでした。インチの六角レンチも持っていたので問題はありませんでしたが、うまく回せないと思ったら確認してみてください。


さて、1個作ると他のも欲しくなってきます。電鍵のコレクションをしている方も結構おられるようなのですが、気持ちはわかりますね。

20160806_1403_06.jpg

というわけで、調子に乗って英国から別の電鍵キットを取り寄せてみたのですが・・・仕事が忙しくなったりで、未だに手付かずで置いてあります(笑)。

テーマ : アマチュア無線
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。