スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りの山歩きは両神山。

あけましておめでとうございます。

ついに新しい年が始まってしまいましたが、このブログは相変らず記事の執筆が遅れて、何ヶ月も前からの課題が溜まってしまっています。本当は年を越す前に2016年の山行記事をすべてアップしてしまいたかったんですが、これまで遅れているものがいきなり劇的に改善するわけもなく、正月休みに入っても出勤して仕事の残りを片付けていたりで全然新しい記事が書けていません。というわけで、今更ながら昨年9月分の話になります(笑)。

前回アップした山行記事は昨年8月7日の黒斑山の話でしたが、実はその後2ヶ月近く、仕事が多忙なことと天候不順が重なって山歩きができないでいました。今回の話はその後の昨年9月25日日曜日、久し振りの山行となった奥秩父・両神山の記録です。

今回の両神山、実はお誘いがあって便乗させていただいたものなのですが、山行の1週間ほど前、お馴染みアルパインベルさんのトレッキングミーティングのメンバーであるポンキチさんからLINEで連絡が入りました。やはりトレッキングミーティングのメンバーであるKさんが、両神山への山行を計画しているので一緒に行かないか、というお話です。

私は両神山は未踏ですし、アクセスが良くないところなのでなかなか手が出せないでいましたが、今回は西武秩父駅に早朝集合、Kさんが車で駅前まで来ているのでそれに皆で便乗して登山口に向かうという計画です。使うルートは有料の登山道として知られる白井差新道。両神山自体もそうですが、白井差新道もこういう機会がないとなかなか利用することもないだろうと思い、参加させてもらうことにしました。忙しかった仕事も、この頃には一段落着いていましたし。

当日、Kさん以外の参加メンバー4名が全員千葉在住(但し路線はバラバラ)と言うことで、まずは池袋駅に集合、それから特急レッドアローで西武秩父駅に向かうことになりました。ちなみにKさん以外のメンバーは、昨年雲取山に登った面々。ポンキチさん、TOMOさん、Chiemiさん、それに私です。

20160925_0509_01.jpg

というわけで、昨年9月25日日曜日、地元駅を朝5時過ぎの総武線快速電車で出発。この後、東京駅で地下鉄丸の内線に乗り換え、池袋を目指します。

20160925_0610_02.jpg

西武池袋駅改札前。6時過ぎには着いてしまいました。乗る予定のレッドアローは6時50分発なので、当然まだ誰も来ていません。そのうちポンキチさんが到着、さらにTOMOさん・Chiemiさんが到着してメンバーが出揃いました。

20160925_0646_03.jpg

特急レッドアローに乗車。3年前、山歩きを始めて間もない頃に飯能から帰ってくるときに使ったことがありますが、その時がはじめての利用でした。今回は2回目になります。千葉県民は、山でも登らない限り本当に西武線に縁がないですよね。

20160925_0817_04.jpg

8時過ぎ、西武秩父駅に到着。既に駅前は観光客や登山客でごった返しています。この後、駅前まで来ていたKさんの車に乗車。ちなみにKさんは多摩地区在住です。羨ましいですよね。

20160925_0919_05.jpg

山道を1時間ほど走って白井差新道登山口に到着。まずはこのルートを管理している山中さんのお宅(この場所のすぐ左側)にお邪魔して車を停める場所を確認します。駐車場はここだけではなく、手前のほうにも用意してあるそうですが、この日は登山口に近い、この奥の駐車場に停めることができました。本日車を停めているのは6組くらいかな?団体さんがマイクロバスで乗り付けてくることもあるそうです。

20160925_0920_06.jpg

山中さんのお宅の猫。ちょっと警戒していますね~。すぐに姿が見えなくなりました。

今回のルートとタイムの詳細もヤマレコに登録してあります。そちらもあわせてご覧ください。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

電鍵のキット、組み立ててみた。

こんばんは。

またまた、ブログの更新をサボっているうちにぺんぺん草を生やしてしまった徒骨亭です。とりあえず、当座しのぎのためにアマチュア無線関係の小ネタをちょっと入れます。しかも、相当前、7月頃のお話。興味のない方は読み飛ばしてください(笑)。

今現在(2016年末)では外国為替相場、特に米ドル相場はTTS(電信売り)で1ドル118円前後となっていますが、今年の7月ごろは若干円高方向に振れていて、1ドル100円前後の時期がありました。円高となるとムクムクと海外通販の虫が疼き出しますが、今のところ山関係の買い物で特に海外から取り寄せたいものは無し。無線関係も、下手に海外から取り寄せても日本国内では使えないものも多いですから、「何か取り寄せたいものあったっけ?」という目的より手段が先行している状態だったんですが、アメリカのガレージメーカーさんのサイトを見ていたら面白そうなものがあったので注文してみました。とは言え、送料込みで64ドルなんでたいした買い物ではないんですが。

注文した先はカリフォルニア州サン・ルイス・オビスポにある「American Morse Equipment」というメーカーさん。町工場みたいな会社(正式な会社名は『San Luis Machine Company』)のようですが、社長さん?の趣味でアマチュア無線関係の製品を色々とリリースしているようです。社名からわかるように、モールス信号を打つための「電鍵」を作っているんですが、何種類かある中で、非常に小さい縦振り電鍵(一般的に電鍵でイメージされるあれです)、「KK1B」を注文してみました。ちなみに、無線電信の世界でも今は左右に振って長短の信号を自動的に送り出す「パドル(+エレキー)」が主流になっていています。

20160713_2318_01.jpg

で、注文から2週間足らずで届いたのがこちら。クッション封筒に入っています。

20160713_2320_02.jpg

中身がこちら。見てわかるように、完成品ではありません。バラバラのパーツが袋に詰められた、組み立てキットになっています。というわけで、7月中旬の雨の休日、こちらを組み立ててみました。

20160806_1400_03.jpg

そして、完成したのがこちら。シンプルな構造なので、素組みすれば30分ほどで組み立てられると思います。但し、単純にネジ止めするのではなく、軸受けの内側とかに部品加工時のバリなどが出ていますので、それを丁寧に取り除く作業などが必要です。私の場合は何だかんだで完成まで4時間くらいかかりました。何となく、鏡面仕上げにしたくなって、リューターとかを出してきてバフ掛けなんかをやっていたら時間がかかってしまいました。バイクのパーツなんかを磨いた人はご存知かと思いますが、この電鍵のベースの材料であるアルミは酸化しやすいので、鏡面仕上げにしてもすぐ曇ってしまうんですけどね。

20160806_1401_04.jpg

反対方向から。この電鍵、初期モデルの「KK1」は黒いノブが付いていなかったようです。それはそれでデザイン的にはスマートなんですが、実際に打ってみると、手首を机上につけるアメリカンスタイルでもノブがないと若干低すぎるようです。手首をつけない日本式だともちろんノブがあったほうが有難いのですが、重さがないので動いてしまって打ち辛いです。

20160806_1401_05.jpg

下面から見たところ。穴が一つ開いていますが、これは別売りオプションの膝につけるプレートに固定する際に使うネジ穴です。もちろん、専用のプレートでなくても使えますが、取り付けネジはインチ仕様(4-40)でなければなりません。このキットには付属していませんので別途入手する必要があります。秋葉原のネジ専門店などならあると思いますが、ちょっと探すのが難しいかもしれません。

その他、あまり参考にする人はいないと思いますが、組み立ての際に気が付いたことを書いておきます。ちなみにマニュアルは付属しておらず、American Morse Equipmentのサイトからダウンロードする必要があります。私が作った時点ではrev.3、2016年7月7日付けのバージョンが最新でした。その後、改訂されているかもしれません。

(1)前述の通り、台座の軸受け穴の内側には加工時のバリが出ています。最低限、こちらをヤスリなどで丁寧に取っておかないと電鍵の動きが悪くなります。ちょっと作業し辛い位置なので気をつけてください。

(2)電鍵の接点の部分に使うネジは、先端を平らに磨いてあります。非接点用のネジと間違えないようにしてください。

(3)マニュアルの本文中に、スプリングを取り付ける際に「#0-1 washer」を先に入れる旨の記述がありますが、これは「Delrin Plastic Disc(白いプラスチックの円筒状の部品)」の間違い。どうも、初期のバージョンではこのサイズのワッシャーを使っていたようです。

(4)スプリングには上下の方向があります。切りっ放しで尖った方が下、二重で平らになっている方が上。逆にすると、電鍵を押した時にスプリングが横にしなって外れそうになります。

(5)軸を固定する芋ネジを回すための六角レンチがおまけで付いてきますが、私の場合はこちらがサイズ違い(.050の代わりに1/16が入っていた)で芋ネジを回すことができませんでした。インチの六角レンチも持っていたので問題はありませんでしたが、うまく回せないと思ったら確認してみてください。


さて、1個作ると他のも欲しくなってきます。電鍵のコレクションをしている方も結構おられるようなのですが、気持ちはわかりますね。

20160806_1403_06.jpg

というわけで、調子に乗って英国から別の電鍵キットを取り寄せてみたのですが・・・仕事が忙しくなったりで、未だに手付かずで置いてあります(笑)。

テーマ : アマチュア無線
ジャンル : 趣味・実用

無線の国家試験、またまた受けてみた。

こんばんは。

前回記事から1週間後。この頃になると俄然仕事が忙しくなり、8月11日の山の日も出勤、8月15日から予定していた夏季休暇も昨年に引き続きキャンセル・・・という状況にになっていたんですが、8月13日、14日の週末はある目的でどうにか休みを確保。14日の日曜日はその目的を果たすため、早朝からとある場所に出かけていました。

20160814_0820_01.jpg

地元駅から総武線快速で錦糸町へ。さらに各駅停車に乗り換えて両国から都営大江戸線に乗ります。自宅から1時間ほどかかってやってきたのは勝どき駅。

20160814_0824_02.jpg

勝どき駅前交差点から晴海方面に進みます。朝潮運河を渡り、晴海エリアへ。余談ですがこの朝潮運河、ハゼ釣りの名所だそうです。

20160814_0826_03.jpg

晴海トリトン前を通過。

20160814_0829_04.jpg

晴海トリトンの先、晴海三丁目交差点を右折、50mほど先の江間忠ビルに到着。すでにヲタっぽいおっさん連中(私を含め・笑)が続々と集まりつつあります。

20160814_0830_05.jpg

江間忠ビルというと日本無線協会、日本無線協会というと無線従事者の国家試験ですが・・・そう、この日は「第一級アマチュア無線技士」の試験を受けにやってきたのでした。自分の受験番号から会場が3階1号室ということを確認、そちらへ向かいます。

この同じ江間忠ビルで昨年4月に「第二級アマチュア無線技士」を受験、どうにか合格できて「2アマ」の仲間入り(但し中身が全く伴ってませんが)を果たしたのですが、今回はさらに上位である「1アマ」を取得するべく、試験を受けに来たというわけです。

続きを読む

テーマ : アマチュア無線
ジャンル : 趣味・実用

夏の黒斑山を再訪。

こんばんは。

随分と長い間、更新をサボってしまいました。夏場の仕事の忙しさは既に一段落付いており、最近はちょくちょく山にも出かけているんですが、このところ山に行かない休日は疲れてしまっていて何かする気力が起きません。以前は得意だった夜更かしも、最近はめっきり夜に弱くなってしまって、午前0時を過ぎる頃には起きていられなくなってソファで爆睡してしまっています。そんなこんなで、ブログの方もほったらかしでぺんぺん草・・・ならぬ広告を生やしてしまっていました。

そのような中ですが、私のブログでは「トレッキングミーティング」でおなじみの浅草橋の山道具ショップ、アルパインベルさんが10月6日に移転しました。とは言え、同じ浅草橋界隈です。以前は東口でしたが、今度は西口から徒歩で5分ちょっとのところです。新たにお店のWebサイトもできています。

http://alpinebell.com

ご覧の通り、独自ドメインですね。コンテンツのほうはまだ数が少ないですが、これから充実させていく予定だそうです。ちなみに、こちらのサイト制作、私もちょっとだけお手伝いをさせて頂いています。

さて、本日はこのアルパインベルさんの8月のトレッキングミーティングのお話です。既に3ヶ月以上前、もう冬の足音が聞こえてきていますが、いきなり暑い盛りの話題をぶり返しさせます(笑)。

20160807_0611_01.jpg

8月7日、日曜日。朝6時過ぎの吉祥寺駅前。

20160807_0630_02.jpg

いつもの通り、ヨドバシカメラ前に集合。本日はこれから、浅間山の外輪山である黒斑山に向かいます。3月のトレッキングミーティングで雪の中を歩き、手前のトーミの頭で登頂を断念したあの黒斑山ですね。実はあの黒斑山の回、本来は予定のなかった番外編です。8月に本番の黒斑山山行が控えていたのでした。今回は人数が少なめなのでレンタカーで現地に向かいます。予定通り、7時前に出発。

20160807_0808_03.jpg

高坂サービスエリアで最初の休憩。

20160807_0917_04.jpg

横川サービスエリアで2度目の休憩。3月に来たときと全く同じですね。

20160807_1059_05.jpg

途中、事故渋滞などに巻き込まれながら予定より遅れて11時ちょっと前に現地到着。ここは、3月にも車を停めた高峰高原ビジターセンターです。

今回も、ヤマレコにコースとタイムの詳細を登録してあります。そちらもあわせてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

旧青梅街道、古道を歩く。

こんばんは。

またしても前回の更新から間が空いてしまいました。前回記事アップ後、すかさず次の記事を・・・と思っていたんですが、今回の記事は地図を描いたりとかがあったので、愚図愚図しているうちにあっという間に2週間。記事そのものは7月24日の話なので、もう2ヶ月も前の内容です。古い話になりますが、平にご容赦を。

さて、今回のお題、山に登る話ではありません。山歩きには違いありませんが、ピークらしいピークには登ることがありません。まだ歩いたことのなかった、尾根筋上の古道を歩いてみたお話です。

昨年の7月、大菩薩峠の南にある石丸峠から東に延びる長大な尾根、「牛ノ寝通り」を奈良倉山まで歩いたことがあります。自然林の中の道が続く、なかなか気持ちのよい尾根歩きのできるルートでしたが、その後いろいろと調べてみると、この牛ノ寝通りがかなり古くから存在する要路であることがわかってきました。東京都(武蔵野国)から山梨県(甲斐国)を結ぶルート、現在では甲州街道(国道20号)、青梅街道(国道411号)が有名ですが、この2つのルートは実は江戸時代以降に整備されたルートです。それ以前、律令時代に整備された、武蔵府中(東京都府中市)と甲斐府中(山梨県甲府市)を結ぶ官道の一部がこの牛ノ寝通りなんだそうです。

この官道「古甲州道」は、東京の府中市から発してあきる野市から秋川沿いに檜原村の本宿(檜原村役場のあるあたり)まで延びています。その先、払沢の滝の脇から浅間尾根に登って尾根伝いに三頭山と御前山を結ぶ主稜線に達し、そこからが風張峠経由と言う話と鞘口峠経由と言う話があってはっきりしないのですが、現在の山のふるさと村のあたりまで一旦下りているようです。さらに多摩川・小菅川沿いに小菅村に向かい、大マテイ山の西側で牛ノ寝通りに上がります。牛ノ寝通りの終点の石丸峠からは熊沢山を越えて現在の大菩薩峠を通り、西側に下りて裂石経由で塩山、甲府に至っていたようです。

結構起伏が激しいルートですよね。最初から多摩川沿いに道を作れば楽なのに・・・という気もしますが、多摩川沿いはあの通り深い渓谷が続いています。当時の土木技術では川沿いの急斜面に道を作ることも維持することも難しく、建設や維持の楽な尾根伝いのルートになったのではないかと思います。現在でも沢沿いの登山道は崩落その他で維持が難しく、雲取山東麓の大ダワ林道のように廃道になってしまうこともありますよね。

さて、江戸時代に入ってからは状況が大きく変わります。ご存知のように天領であった甲斐は江戸が攻められたときの将軍の避難先ともなっており、避難路である甲州街道が整備されます。また、江戸城築城に必要な資材、石灰(漆喰の原料)を運び出すため、かの大久保長安によって青梅市成木(高水三山のあたり)まで道路が整備されます。この道路が多摩川沿いに次第に延びていき、青梅街道となったようです。こうなると多摩川沿いに移動したほうが楽ですから、かつての官道、浅間尾根に登って下りて、牛ノ寝通りに登って下りて・・・を繰り返していた古甲州道は次第に廃れ、地元の生活道路となっていきます。

ただ、江戸時代の青梅街道、現在の柳沢峠経由のルートではありませんでした。丹波山(たばやま)村役場付近から村の南側の尾根筋に入り、さらに牛ノ寝通りの北側の尾根筋を通って大菩薩峠を超え、裂石まで下るルートが当時の青梅街道です。また、ご存知の方も多いと思いますが、当時は現在の大菩薩峠よりも北側、親不知ノ頭と妙見ノ頭の鞍部である「賽ノ河原」が大菩薩峠となっていました。中里介山の大河小説「大菩薩峠」の冒頭で、主人公の机龍之介が老巡礼を斬り殺すシーンはこのあたりが舞台です。

青梅街道は標高1,900m近い大菩薩峠越えがあるとは言え、小仏・笹子の二つの峠を超える甲州街道よりは登り下りが少なく、江戸から甲府までの距離が2里(8km)短いため通る人はそれなりに多かったようです。なにより、途中に関所がないため無宿人や渡世人のような訳ありの人たちには好んで利用されたようです。

旧大菩薩峠は「丹波大菩薩峠」「上峠」などと呼ばれ、「小菅大菩薩峠」「下峠」などとも呼ばれていた石丸峠と対になっていたようです。しかしながら、旧大菩薩峠の前後は道も急で、冬季は風雪が激しく遭難者がたびたび出たようです。そういうことから明治9年に現在の大菩薩峠を通るルートに付け替えられたそうなんですが、2年後の明治11年には黒川鶏冠山の北麓を大きく迂回して柳沢峠を超える現在の青梅街道ルートが新たに開かれ、大菩薩峠を超える旧青梅街道は街道としての役割を終えました。

20160724_0000_00.jpg
「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平28情複、 第19号)」

以上のような話を纏めたのがこちらの地図。今回は上日川峠から大菩薩峠に登り、そのままどこのピークにも登らずに(笑)、旧青梅街道こと「丹波大菩薩道」を通って丹波山村役場方面まで歩いてみます。なお、途中で小菅村方面に下りる「小菅大菩薩道」というのもあり、現在の登山者はこちらを通る人のほうが遥かに多いようなんですが、このルートは明治以降に開かれたルートのようです。いずれまた改めてということで、今回はパスします。

今回のルート・タイムの詳細も、ヤマレコに登録してあります。そちらもあわせてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。