Q4用ブレードプロテクションカバーが新発売。

おはようございます。

tiger22さんのブログ記事へのコメントの中で、ハイテックマルチプレックスジャパンさんが6月中に発売予定としていたQ4用ブレードプロテクションカバー(HHubsan X4 Quad Copter Propellor Protection Safety Cover、品番H107-A12のOEMと思われるオプション)がいつ発売になるかが話題になっていましたので、ハイテックさんの公式サイトを確認してみました。そうしたら6月12日付でハイテックさんに入荷、という新着情報がアップされているではありませんか。13日頃発送としても一昨日か昨日には各小売店に到着している可能性が大きいと考え、昨日午後から別件で秋葉原方面(と言うよりむしろ神田方面・・・でしたが)まで出かけたついでにスーパーラジコンさんを覗いてみました。ここは職場からも近く、金曜の仕事帰りによれば良かったんですが、少々疲れ気味でしたので道草を食わずに真っ直ぐ帰ってしまっていました。まあ、世の中得てしてそういうものです(笑)。

店の中に入ると・・・ありますあります。Nine EaglesとWeekender製品の棚についさっき陳列したような感じで、ブリスターパックが大量にぶら下がっています。公式サイトにあるとおり、黒・青・白の三色のブレードプロテクションカバーと専用レンチがすべて出揃っていましたので、早速購入してきました。いくら万年貧乏な徒骨亭とは言え、1,000円しない商品ですから即決です(笑)。プロテクションカバーは通常であれば黒を選ぶところでしょうが、童友社Spider/Huban X4 は小さ過ぎて視認性が悪いので、それの改善も考えて一番目立ちやすい白をチョイスしました。また、専用レンチも1丁買っておきました。スーパーラジコンさんでの店頭価格はカバーが798円、レンチが252円です。

Hitec Blade Protection Cover and Wrench

帰宅後、早速取り付け作業を行いましたが、まずは購入した商品の外観から。Q4の他のパーツ類と同じく、日本語の印刷された専用のパッケージに収められています。素材が柔らかいのでビニール袋だけの包装だと上にモノが載ると変な曲がり癖が付きそうですが、そのような心配がないようになっています。専用レンチの方は事前に予告された際のイラストではスパナのような両口の形状でしたが、実際の商品は片口になっています。

Blade Protection Cover's Instruction

こちらはプロテクションカバーのパッケージ裏面の説明書です。こちらのイラストでも専用レンチは両口になっていますね。プロペラを元に戻す際に色と刻印に気をつけるように書かれていますが、A・B2種類のプロペラがそれぞれどこに着いているのかをきちんと書いておいたほうが良いのでは?と思いました。これだと、プロペラを外す前に各自がきちんと元の位置を把握しておかないとわからなくなってしまいます。本体の説明書に書いてあるからこちらには不要、と考えたのかもしれませんが・・・。ちなみに備忘録がてら書いておきますが、右前が白のA、左後が黒(青)のA、左前が白のB、右後が黒(青)のBです。

Removing X4's Props

専用レンチでプロペラを外してみました。専用品とは言え、それほど外しやすくはありません。モーターの軸を曲げてしまいそうな怖さがあります。ないよりはあった方が良いと思いますし、値段も大して高くありませんが、普段プロペラを外すのに全く苦労していない人だったら正直微妙かも知れません。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

Hubsan X4 の製作。

おはようございます。

今夏以降、ハイテックマルチプレックスジャパンさんから発売される一連の新型X4のOEM品(Q4α、Q4i)の件ですが、付属する送信機のモードについてハイテックさんに直接問い合わせてみました。結果は・・・やはりというか、予想された通りモード1のみの予定だそうです。一応、社内的にはご検討いただけるとの但し書きはついていましたが、難しいでしょうね。Nine Eagles製品みたいにユーザー側で簡単に切り替えが出来るのがベストなんですが、Huban製品の場合はBladeシリーズ同様、製造時にモードが固定される方式ですから出荷数の設定が難しく、致し方のない面があります。願わくば技適認証は両方のモードでとっておいて頂いて、ユーザーサポートの形でモード2のコントローラーだけ直接販売する、などの形ででも対応して頂きたいところです。

ところで現行の童友社Spider(Hitec Q4 / Hubsan X4)ですが、先日のように外へ出て飛ばしている間に壊してしまうと以後の飛行が続けられなくなりますから、予備の機体が1台欲しくなります。というわけで市販のパーツを集めて予備機体を1台、製作してみました。最近ではパーツが安定して供給されているQ4なら1機仕上げるのも容易ですが、ここはあえて童友社Spiderのボディで仕上げてみたいところです。で、店頭や通販で探してみました。

Hubsan X4 Body and Flight Controller

まずはHubsan X4 純正のボディと受信機/制御基板。童友社のボディと制御基板はこれまで一度も見かけたことがありません。実際に販売されたことがあるんでしょうかね?この2点は国内の通販で入手しました。

Hitec WeekEnder Q4 Motors and Hardwares

こちらはハイテックさんから出ているモーターセットとスクリューセット。ハイテックさんのパーツは店頭在庫しているお店も増えてきましたので、Q4の機体で仕上げるならすぐにパーツが揃います。これらも秋葉原のショップの店頭で購入。

Doyusha Spider's Propellers

こちらは童友社さんのSpiderのプロペラセット。Q4のパーツが入手しやすくなったのに反比例してSpiderのパーツ販売は殆んど見かけなくなりました。まあ、このプロペラセットの場合、定価ベースで525円。Q4は315円ですから何かにつけ高すぎるんですよね。Spider / X4 の機体で仕上げるにはこれが必要なのでやむを得ず買ってきました(笑)。買った場所はQ4のモーターとスクリューセットを買ったショップさんです。しかし、ボディと制御基板がHubsan X4 純正ですから、SpiderというよりはX4 ですね。この記事のタイトルもそれに合わせてHubsan X4 にしてあるわけですが。

A Motors and B Motors

こちらはモーターです。以前の記事でも触れたとおり、手前の「赤・青」のリード線がついたモーターが時計方向回りのAプロペラ用、奥の「白・黒」のリード線がついたモーターが反時計方向回りのBプロペラ用モーターです。Aプロペラは右前・左後、Bプロペラは左前・右後になります。

続きを読む

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

童友社 Spider の修理。

おはようございます。

最近、自分のブログを含めてFC2のサイト全体に繋がらないことが多いです。FC2のサーバの問題なのか、負荷分散のためのロードバランサの問題なのかよくわかりませんが。ひょっとしたら、未だにWindows XP にIE8などという骨董品でアクセスしている私のマシン環境が悪いのかもしれません(笑)。

さて、今回は小ネタです。先週、右後ろのモーターを破損してしまった堂友社Spiderですが、HitecのQ4用に販売されているモーターセットのモーターに交換してみました。実はこの作業は数日前に終わらせていてすぐに記事を書くつもりだったのですが、帰宅後に疲れ果ててすぐに眠ってしまう日々が続いていたのでなかなか書けずにいました。

今回やりたかったのは、Q4用のモーターとSpider用のモーターに差異がないかどうかの確認と、モーター1個だけの交換でバランスが崩れないかどうかの検証です。Q4とSpiderはボディ色以外は同じものと言うのはわかっていますが、何せ中国製品なのでロットごとのスペックに差異がある可能性があります。ひっとしたらモーター交換は4個一斉に行わないとバランスが崩れるかもしれません。

Hitec Q4 Spare Motors Set

お昼休みに職場から一番近いスーパーラジコン秋葉原店まで行ってQ4のモーターセットを買ってきました。最近では供給も安定してきていて、Q4のパーツに関しては常時在庫のあることが多いですね。ちなみにQ4のRTFセットも常時在庫を見かけるようになってきています。同じ秋葉原のチャンプさんなどではQ4とSpiderの両方を扱っていますが、当初とは逆転してQ4の方が800円ほど安くなっています。スーパーラジコンさんでも以前は両方扱っていて、こちらではほぼ同じ価格だったんですが、最近ではSpiderの扱いをやめてしまいました。考えてみれば、ラジコンショップではモード1のQ4の方が遥かに多く売れるでしょうから、これも仕方のないことかもしれません。

このモータセットにはリード線が「赤・青」のAローター用モーターが2個、リード線が「白・黒」のBローター用モーターが2個入っています。Aローターは本体の右前・左後のローターで時計回り、Bローターは左前・右後のローターで反時計回りになります。ちなみにこの組み合わせは、MulitiWiiを採用したZion4などの大型のクワッドローター機の一般的な組み合わせとは逆になっています。

今回は右後のモーターの交換ですから、Bローター用の「白・黒」リード線のものを1個使用します。

Spier After Repair

で、唐突ですが交換作業直後の画像です。交換作業自体も撮影しておく予定だったんですが、すっかり忘れてしまいました(笑)。交換作業は本体腹側のカバーを外して行いますが、モーターのリード線は基板に直接ハンダ付けされていますからハンダ付け作業が必須です。また、リード線が本体のモーターマウント用の穴を通っていますので、旧モーター取り外しの前にリード線のハンダ付けを外し、新モーター取り付け後にリード線をハンダ付けする必要があります。

交換作業の直後、キャリブレーションなどの調整は一切行わず、作業机上の片付けだけ行ってデスクトップ・ホバリングのテストをしてみました。



こんな場所でホバリングさせていますから地面効果が酷く、全く安定しません。但しスティックに対しては素直に反応していますから、各ローターのバランスが崩れていることはなさそうです。この後、1m位の高度で通常のホバリングを行ってみましたが、購入直後と同様に安定したホバリングが出来ます。とりあえず、SpiderにQ4用のモーターをポン付けしただけで何の支障もなさそうです。

ところで・・・話は変わりますが先程、Q4のパーツ一覧を確認しようとしてHitecさんのQ4のサイトを覗いていて、面白いものを見つけました。6月発売予定でQ4のオプションパーツが予告されているのですが、なんと、先頃tiger22さんが話題にしていた新型Hubsan X4用のフレームが掲載されています。しかも、このオプションの対象が「Q4/Q4α兼用」となっています。どうやらフレームだけでなく、新型X4自体も「Q4α」の名称でHitecさんからリリースされる可能性が大きいようですね。

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

童友社Spider でQUADの基礎練習。

こんばんは。

先週調達したATTWOODのバッテリーボックスですが、マンションの駐車場まで運ぶのにもショルダーストラップがついていた方が便利ですので、仕事帰りにヨドバシさんなどでカメラバッグのストラップを中心に物色してみました。カメラバッグ用だと結構な荷重を想定しているでしょうし、中身が中身だけに切れたら大変ですから信頼性も高いと考えてのことです。ただ、ストラップの端が縫い付けでなく、一本コキなどで折り返し端を止めてあってナスカンの取り外しが可能なもの・・・となると結構限られるようですね。結局、このようなものを買ってきました。

S.O.S. Strap Package

重さを感じさせないストラップとして有名な米国・オプテック社のS.O.S.ストラップです。肩パッドの部分が伸縮性のあるネオプレーン素材で出来ており、ある程度伸びて肩にフィットします。写真をやる人や、重量のあるTumiのビジネスバッグを愛用している人などにはお馴染みのようです。

S.O.S. Strap Instruction

この説明書にあるように、ストラップの両端は縫い付けられておらず、折り返して1本コキで留めてあるだけですから、金属製のナスカンを外して直接Dリングなどに取り付けられます。ATTWOODのバッテリーボックス「9082-1」は両サイドの取っ手に蓋を固定する1インチ半(38mm)のベルトを通せるようになっていますから、この部分に直接同じ幅のストラップが付けられます。実際に取り付けてみた様子がこちら。

S.O.S. Strap with ATTWOOD Battery Box

悪くないですね。ただ、このストラップは伸縮性がウリなのですが、バッテリーの重量があるので(バッテリーボックスとの合計で12キロ弱)ストラップがかなり伸びて少々怖いです。ストラップの耐荷重は30ポンド(13.6Kg)なので範囲内ですが、もう少し余裕が欲しいところです。マンションの駐車場までの持ち運びで使うだけですから、もっと安心できそうなストラップが見つかったら交換することとして、しばらくはこれで様子を見てみましょう。

さて、前置きが長くなりましたが本題です。相変わらず休みの日に時間が取れない状態が続いていますが、練習を全くしないでいると腕も鈍ってしまいますので(もともと鈍るほどの腕もありませんが)、土曜日の午前中に近所の公園で童友社Spider(Hubsan X4 / Hitec Q4)を飛ばしてきました。今回は一緒にGoPro付きの帽子を持って行ったので、練習風景を撮影してみました。まずはSpider のウリのフリップの練習から。



・・・機体が小さ過ぎて、何が何やらわかりませんね。特にGoProは広角ですから、殆んど形が確認できません。カメラの動きなどから、フリップをすると高度が2m近く落ちてしまうのがわかると思いますが、タイミングによってはそれほど落ちない場合もあります。練習を繰り返せば高度を下げずに綺麗にフリップができそうですが、なかなかコツがつかめません。くるっと回って下向きになった瞬間にスロットルをストンと落とし、さらに回って上向きなったらスロットルを上まで上げると良さそうなんですが、機体が小さくて姿勢が判別しにくいのもあってうまくタイミングが合わせられません。

最後の部分ではバランスを崩したらあっという間に向こうの方まで流れていってしまったので落としました。なんせ、柵の向こうは狭い歩道を挟んですぐに川ですから、そっちまで流れてしまったら大変です。(笑)。10mも離れると全く姿勢がわからず、エレベーターダウンで進む方向が前、とかやって判断していますが、危険な場所に近付いたら素直に落としてしまうのが吉です。

続きを読む

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

充電用アダプタの製作。

おはようございます。

秋葉原のトイヘリ専門ショップ「TOYヘリミュージアム」ですが、どうやら休業中のようです。Webサイトにも告知が出ていますし、実際にショップまで行ってみると扉が閉まっていて休業の貼り紙がしてあります。で、その貼り紙には「中央通り沿いのラブメルシーさんの1階に一部の機体とパーツを置いてあります」との但し書きが付いているのですが、ラブメルシー?あの店って確か・・・。中央通りまで出て確かめてみると、やっぱり思ったとおり、地下1階から4階まで、そっち関係のグッズを満載した「大人のオモチャ」屋さんでした(笑)。トイヘリは文字通り、大人のオモチャと化してしまったようです。店頭には確かに何種類かのIRCヘリが置いてあり、店内にはパーツ類もある旨の表示があります。でも、1階はコスプレコーナー、アニメ関係のそれではなくセーラー服だのレースクイーンの衣装だのセクシーランジェリーだのが並んでいますから、尾羽打ち枯らした中年のオッサン一人ではちょっと入るのが躊躇われます。若い頃なら面白がって女の子連れで入ったりしたんですが(笑)。

さて、本題です。先日来遊んでいる童友社のSpider(Hubsan X4 / Weekender Q4)ですが、予備のバッテリーを3つ買い足して計4つにもなっているので、ハイペリオンの充電器とBladeヘリ用並列充電アダプタで4つ同時に充電できるよう、変換ケーブルを自作してみました。

まず手に入れたのが、ケーブルへ端子を圧着するのに必要な圧着工具です。

ENGINEER PA-09

画像はオープンバレル型という、ケーブルの末端に取り付ける端子を圧着するための工具です。上の柄の青い方がホーザンのP-706で、以前から持っているもの。下の赤い柄の方がエンジニアのPA-09で、今回新たに買ったものです。エンジニアの方が大きく見えますが、これは写真の画角の関係でそう見えるだけで、実際にはホーザンの方が二回りくらい大型です。ホーザンの方はオープンバレル端子の圧着工具としては定番なのですが、マイクロヘリサイズの極小の端子の処理に使うには少々肉厚すぎて、被覆と芯線が同時に圧着されてしまいます。これだと、芯線は圧着が弱すぎ、被覆部分は圧着が強すぎることが多いので、極小端子専用に肉薄に作ってあるエンジニア製品を買い足しました。これで、芯線と被覆を別々に圧着できるようになりました。

次にコネクタ用パーツの入手です。童友社Spider の本体側(充電器側)の1S用2極のバッテリーコネクタですが、調べてみたところ、MOLEX社の「51006-0200」という型番の製品であることが分りました。大味なコネクタなので、中国製かなんかかと思っていたら、MOLEXの製品だったんですね。お見逸れしました。また、中に組み込む端子部分の型番は「50012-8100」です。通常、これらは別売りされています。

MOLEX 51006

秋葉原にも店舗を出しているマルツパーツさんの通販サイトでこれらの商品を見つけたので、お店の方へ探しに行ってみたのですが、店頭在庫はありませんでした。ただ、倉庫に在庫のある商品なら翌日には店頭に届くということで、通販より早くて送料もかからないので取り寄せてもらいました。

続きを読む

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR