トレーニング山行、雲取山激闘編。

さらに続けてこんばんは。溜まっている記事のまとめ書き、第3弾です。やっとここまでたどり着きました(笑)。

前回、6月19日の丹沢大倉尾根でのトレーニング山行から2週間後、7月3日。前回の打ち上げ会場で急遽決まった、同じメンバーによる2回目のトレーニング山行の日がやって来ました。今回の目的地は・・・東京都の最西端にして最高峰、日本百名山にも名を連ねる雲取山です。

私は2年前の春に小袖登山口に車を停めて雲取山までピストンしています。現在ではこの場所に駐車しないように奥多摩ビジターセンターなどから正式にアナウンスされているので停めるわけにはいきません。また、そこから程近い丹波山村営駐車場(旧・小袖乗越駐車場)は工事用の資材置き場になっていて駐車台数が制限されているとの情報もあったので、国道411号沿いの留浦駐車場に車を停め、ここから雲取山を目指すことにしました。ここから雲取山までの標高差はおよそ1,450m、吉田ルートから富士山頂までの標高差とほぼ同じです。斜度が違いますから単純に同じとはいえませんが、富士山に登るTOMOさん、chiemiさん、それにポンキチさんにとってはちょうどいいトレーニングになるかと思った次第です。

しかしながら、言いだしっぺの私があのような事態になってしまうとは・・・大いに反省点の残る山行となってしまいました。

7月3日午前1時、自宅を車で出発。TOMOさん、chiemiさん、ポンキチさんはすべて千葉県内にお住まいなので、最短距離で一筆書きを描きながら順次ピックアップしていきます。最後のポンキチさんを拾ってから江戸川を渡り、三郷南ICから外環に乗りました。以後、大泉JCTで関越道に入り、鶴ヶ島JCTでさらに圏央道に入って青梅ICで降ります。千葉県内から青梅市内まで1時間程度。流石に夜中だと早いですね。

青梅市内のコンビニで食料その他を調達し、目的地の留浦駐車場に着いたのは4時40分頃でした。しばらくの間休憩し、朝食を摂ります。

20160703_0459_01.jpg

5時ちょっと前から身支度を開始。ポンキチさんは準備運動に余念がありません。そういや私はろくに準備運動をしたことがないな・・・。

20160703_0507_02.jpg

5時7分、出発です。まずは国道411号を西に向かい、700mほど先の鴨沢登山口を目指します。

今回の山行も、ルート・タイムの詳細をヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

稲村岩尾根、トレーニング山行のために再訪。

こんばんは。

先週末の証券市場・外為市場は例の英国のEU離脱で大荒れでしたね。各メディアは口を揃えて「先行き不透明」を連発しています。まあ、今後の見通しをズバリ言い当てられる人なんていないと思いますが、私といえば脳天気にもこの週末、久しぶりに海外通販でお買い物をしておりました。何せ、1ドル100円前後なんて久しぶりですからね。そのうち不況でこちらの購買力も落ちてしまうんでしょうが、そうなる前にまずは欲しい物を買っておこうと・・・やっぱり何も考えていないな、俺(笑)。

さて、お話変わって山行の話題です。前回、5月15日の滝子山から大谷ヶ丸への縦走後、久しぶりに歩こうかと考えていたのは奥多摩です。昨年秋以来、半年以上ご無沙汰している奥多摩ですが、大菩薩連嶺も一段落しましたし、奥多摩の山深さが恋しくなってきていました。ただ、そうは言ってもどこを歩くかを容易に決められません。奥多摩エリアで未踏なのは雲取山から滝谷ノ峰までの長沢背稜、天祖山、富田新道あたりですが、これらはどれも奥多摩最奥部でアプローチが容易ではありません。現在用意している「新兵器」を使って一泊の山行にすればこのあたりも解決しますが、今度は日程組みが面倒です。さてどうしたものか・・・と思っていた矢先、Alpine Bellさんの「トレッキングミーティング2016」メンバーであるchiemiさんからメールが来ました。

「次に山に行かれるのはいつですか?」。ああそうだ、私の日頃の山行に同行していいか、先日の奥日光の刈込湖・切込湖ハイキングの帰りのバスの中でchiemiさんとTOMOさんから聞かれていたんだっけ。もちろんこちらとしては大歓迎ですからOKしていたんですが、それを踏まえたうえでの問い合わせのメールでした。

chiemiさんとTOMOさんのお二人、刈込湖・切込湖ハイキングの記事でもちょっと触れましたが、昨年夏から山歩きを始めた方々です。昨年8月、chiemiさんの大学生の娘さんが富士登山のツアーに申し込みをしたそうなんですが、それに便乗してchiemiさん、さらには職場の同僚であるTOMOさんも参加することにしたとかで、急遽Alpine Bellさんで装備一式を調達。その際に練木さんからの提案で、昨年7月の山梨・帯那山へのツアーに参加したのが初めての山歩きだったそうです。私が初めて参加した金峰山へのツアーの前月ですね。

肝心の富士登山の方は悪天候のためchiemiさんが8合目でリタイヤ、TOMOさんとchiemiさんの娘さんも9合目まで行ったところでツアー自体が中止になってしまったそうで、登頂できないまま下山。ただ、これがお二人の山魂に火をつけてしまったらしく、来月末に富士に再チャレンジされるそうです。肝心の娘さんの方は学業で忙しくて参加できないそうで、熱くなっているのはお母さんたちだけというわけですね。

chiemiさんの方はその後のトレッキングミーティングにも5回ほど参加されていますが、TOMOさんは先日の切込湖・刈込湖が2回目。私もその時初めてお目にかかったんですが、今年の富士登山はしっかり準備して臨みたい、ということでお二方からトレーニング山行のご相談を受けたのでした。確かに私はトレーニングになりそうなハード目のコースをよく歩いていますからね。

さて、話をchiemiさんからのメールに戻します。前述の通り、私は漠然と次回は奥多摩、と決めていたので「次は5月22日の日曜日、場所は奥多摩・・・ですが、どこを歩くかまだ決めていません。」と返事しました。併せて、トレーニングになりそうなコースを幾つか提案したんですが、そう言われても流石に決められませんよね。お二方も浅草橋近辺でお仕事をしていることなので、20日金曜日のお昼時、急遽食事がてら打ち合わせをすることにしました。場所は例の「葦」さんです。

ただ、打ち合わせに来られたのはchiemiさんお一人でした。TOMOさんの方は22日は都合がつかないということで、とりあえずchiemiさんだけお連れして歩いてみることにしました。で、打ち合わせの結果、最終的に決まった行き先ですが、先のメールで提案した中では「一番ハードな」コース・・・そう、奥多摩三大急登の筆頭、あの「稲村岩尾根」です。

chiemiさんにとっては6回目くらいの山歩き、初めての奥多摩でいきなり稲村岩尾根というのもキツイ話ですが、これまで何回かトレッキングミーティングでご一緒した際の歩き方を見ていると、無理ではなさそうに思えます。まあ、登ってしまえば疲労具合に応じて下山ルートは幾つもありますし、心配はいらないでしょう。というわけで、コースは東日原から稲村岩尾根で鷹ノ巣山、下山は取り敢えずの目標を石尾根を奥多摩駅まで。但し、疲労具合に応じて浅間尾根から峰谷バス停、六ツ石山分岐から奥多摩湖バス停のエスケープルートを下りることもあり、とします。水根山から倉戸山、あるいは水根沢林道というルートもありますが、こっちはちょっと初心者向きではありませんので考えないことにしました。

というわけで5月22日日曜日の早朝、総武線・快速電車の始発に乗って地元駅を出発。途中の駅でchiemiさんと合流して東京駅で中央線・特別快速の高尾行きに乗り換え。以降、立川、青梅で乗り換えて8時12分、奥多摩駅までやって来ました。

しかし、それにしても凄い人出です。紅葉シーズンならともかく、暑くなった今の時期にこれほど混雑しているのは見たことがありません。御嶽山の噴火以来、登山者が減少しているらしいですが、大分戻ってきているんでしょうか?着いた時点で東日原行きのバス停は長蛇の列。早々に臨時便が出ることになり、その最初の便にどうにか乗り込むことが出来ました。もちろん座ることはできません。

20160522_0904_01.jpg

9時ちょっと前、満員のバスが東日原バス停に到着。写真に写っているバスは3台目くらいの敏だと思いますが、恐らくこれも臨時便だったのではないかと思います。

20160522_0904_02.jpg

身支度を整え、9時5分に出発。いざ、稲村岩尾根を目指します。

本日のルートとタイムの詳細もヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

奥多摩湖南岸、決して登らない山歩き。

こんばんは。

関東地方は先週末土曜日は雨。翌日日曜日は曇りのち晴れの予報でしたが、私は流石に連日の仕事&長距離通勤の疲れが溜まっていて、ちょっと山歩きをする元気がありません。土曜日は出勤、日曜日はおとなしく自宅にいることにしました。

ただ、ちょうど運転免許証の更新時期にかかっていて、既に案内の葉書も来ています。今後、仕事のほうが忙しくなって休みが全くなくなる可能性もゼロではありませんので、行けるうちに行っとこう・・・と手続きを済ませて来ました。でも、当たり前の話ですが日曜って無茶苦茶混むんですよね。千葉県警のホームページで運転免許センターの手続きの時間を調べると、朝8時30分から始まっているようです。これまでの経験から駐車場が無茶苦茶混み合うことも分かっていたので、朝一番、7時過ぎには自宅を出ることにしました。なんか、山へ行くのとあまり変わりませんね。ちなみに千葉県警のホームページでは「千葉県警察官になるなっしー」とふなっしーが呼びかけています。そういえば、警察官採用試験のポスター、ふなっしーがやっていたんだっけ。以前、ニュースで見たのを思い出しました。

しかし。結局日曜の朝、目が覚めたのが7時半過ぎ。やっぱり疲れが溜まっていますね。8時過ぎに遅まきながら出かけました。

千葉県の運転免許センターは総武線沿線の千葉市内と常磐線沿線の流山市内の2箇所にあります。もちろん私が向かうのは千葉市内のほうですが、場所は幕張メッセのすぐ近く。総武線の幕張本郷駅から京葉線の海浜幕張駅・幕張メッセ方面に向かうバスが免許センターのすぐ前を通っていますので、公共交通機関で向かっても全然問題のない場所なんですが・・・なぜか皆、車で来るんですよね。私も当然車で向かいます。バスを使っても、以前の記事で紹介した連節バスが休日の昼でも6分間隔で走っていたりするんですが。

20151018_1105_00.jpg

8時40分頃、現地に着くと予想したとおり駐車場はほぼ満杯。あぶれた車が右往左往しています。運よく空いたスペースを見つけて駐車することができたので、一安心。でも、センターの中に入ると既に長蛇の列ができています。すぐに行列に並んで申請書を受け取り、記入して再び視力検査の列へ。

なんだかんだで一通り終わって講習会場に入ったのが10時過ぎ、講習が始まったのが10時20分。優良講習なので30分で終了なんですが、講習が始まるまで20分も待たされています。以前はもっといい加減で、繰り返しビデオを流しているだけの会場に順次入って、ビデオが終わると講習終了、運がいいと5分位で終わる・・・だったんですが、最近はきっちりやっているようです。

ちなみに私、この25年以上無事故無違反。後ろにパトカーが付いて来ていたり、ネズミ捕りをやっていると殺気ですぐ気がつくという特技があるので、違反はしません。え、そういう問題じゃない?(笑)。



さて。前置きが長くなりましたが、本日のお題は2週間以上前、10月4日のお話。最近、山行記事を書くのが大幅に遅れて2週間以上あとになっています。

この日は、久しぶりに我が家のチビ(小学校5年生)を連れて出かけてみました。ちなみに女房はお仕事なので、私とチビだけです。行き先は前回同様、奥多摩方面。

実は今回の計画、最初に行こうとしたのはシルバーウィーク中の9月23日でした。ただ、休みが2日しか取れなかった今回のシルバーウィーク、流石に疲れていて身動きがとれず、あえなく延期。続いて9月27日、日曜日に行こうとしたのですが、当日の朝4時前に起床すると、無情にも雨が降っています。これで再び延期、10月4日に三度目の正直で出かけて来ました。

今回、事前にヘタレ息子にどういった所へ行きたいか聞いてみると、「登り道は疲れるから、登りのないところがいい」という、なんとも情けない返事。そうか、それじゃ希望通り登りのないところへ連れて行ってやろう、ただしガッツリ歩くけどな、というわけで、奥多摩湖(小河内ダムのダム湖)の南岸にある「奥多摩湖いこいの路」を歩いてみることにしました。まあ、こういうことでもないと歩く機会がなさそうなところですけどね。それと、この直前に以前から割れていた左足の親指の爪の前半分が剥がれてしまい、ちょっとつま先が敏感になっています。私も登り下りのないコースのほうが無難かな、というのはありました。

この奥多摩湖いこいの路、本来はダム湖の管理用通路といことで、小河内ダムの管理事務所が管理しています。ただ、軽装の観光客が入り込んだりすることが多いせいか、「近くでクマが出た」「台風で道が崩れた」というとすぐに通行止めになってしまいます。昨年も秋口から冬季閉鎖される12月まで、ずっと通行止めでした。歩く際には奥多摩ビジターセンターのサイトなどで事前の確認が必要です。最初に行こうとした9月23日の前日の22日夜、奥多摩ビジターセンターの「登山道・道路状況一覧」で現状を確認すると・・・なんと!

奥多摩湖いこいの路は問題ありませんが、そちらへ向かうための麦山の浮橋(ドラム缶橋)が修理のためにこの日から通行止めになっています(ちなみに本日、10月20日現在では復旧)。奥多摩いこいの路を歩くためには奥多摩湖の北岸、バスが通っている国道411号線から南岸に渡らなければなりませんが、それができない状態です。もちろん、もっと上流には普通の橋である深山橋、三頭橋がありますので全く渡る手段がないわけではありませんが、結構遠回りの上に車道歩きになります。ううむ、どうするか。

ここで閃いたのが深山橋よりさらに上流にあるもう一つの浮き橋「留浦(とずら)の浮橋」です。この留浦の浮橋、主要な登山道と繋がっていないため、「山と高原地図・奥多摩」では存在すら無視されています。留浦バス停にはかなりの台数の車を停められる駐車場もあり、基本的に観光客がダム湖の対岸まで行ってまた戻ってくる、観光目的の橋と言う位置づけのようです。ただ、国土地理院の2万5千分の1地図では南岸沿いに管理路と思われる道がついており、山関係のブログを検索してみると上流側へ向かう道は通行止めになっているものの、下流側、深山橋南詰めへ抜ける道は歩けなくはないようです。子供連れですので無理はできません。駄目だったら引き返すと言う前提で、留浦の浮橋から南岸に渡り、小河内ダムまで歩いてみることにしました。

10月4日日曜日、4時半過ぎに自宅を出ようとしていきなり出鼻を挫かれました。久しぶりに履こうとしたら、チビの登山靴が合わなくなってしまっています。まあ、子供の足ですからあっという間にサイズが合わなくなるのは覚悟の上ですが・・・とりあえず、整備された遊歩道歩きが中心なので、スニーカーを履いて出発。なにやら先が思いやられます。

20151004_0817_02.jpg

地元駅で朝5時過ぎの快速電車に乗車。東京駅で特別快速高尾行きに乗り換え、立川、青梅と電車を乗り継いで8時13分、奥多摩駅に到着です。

本日のコースとタイムもヤマレコに登録してあります。こちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

鳥屋戸尾根でマイナールートの旅。

こんばんは。

相変わらず忙しい日々が続いていますが、今週からは仕事場が一時的に変わりました。年末までではありますが、ほぼ東京湾の向こう岸まで、毎日通う日々の始まりです。これまでの通勤時間は自宅から職場まで、ドアツードアで1時間弱でしたが、これがほぼ倍になる計算。片道2時間の通勤時間というのは、流石にちょっときついですね。以前も同じような場所で1年ほど仕事をしたことがありますが、基本定時退社の現場だったので、どんなに遅くても(大抵私が寄り道をしていたんですが・笑)9時前には自宅に着いていました。ただ、今回は連日10時過ぎの今の仕事の現場が変わるだけですから、自宅に戻るのはほぼ確実に午前様です。それを週6日・・・うう、考えただけでしんどくなってきた。まあ、休みが取れたら思いっきり山歩きして憂さ晴らしすることにしましょう・・・って体を休める暇がありませんがな(笑)。

さて、今回のお題です。9月に入って気温が下がり始めて以来、奥多摩歩きが活発化しつつある徒骨亭ですが、今回もやっぱり奥多摩です。

私は以前から奥多摩の主要登山道の「歩き尽くし」を目標にしています。最近では最北部の長沢背稜の西半分と天祖山周辺を除いて、主だったところはほぼ歩いた感がありますが(細かい尾根筋はまだまだ歩いていないところだらけですが)、奥多摩駅に近いエリアにまだ一つ、積み残しがありました。シルバーウィークの5連休のうち、3日は仕事でつぶれてしまいましたが、たまたま休みが取れた9月20日日曜日、その積み残しのルートである「鳥屋戸尾根」を歩きに行ってきました。

この鳥屋戸尾根、「山と高原地図」の奥多摩版をお持ちの方はご存知だと思いますが、コースタイムの記載のない破線ルートです。また、先日ご紹介した元青梅警察署・山岳救助隊副隊長の金邦夫さんの最初の著書「奥多摩登山考」の冒頭の挿話は、このルートで起きたベテランの方の滑落死亡事故の話で始まっています。道迷いしやすい場所もあるようですし、最悪、荒れていて前進不可能な場合は登山口まで引き返すつもりで出かけて見ました。

歩くにあたって、まず最初に悩んだのがルートの所要時間です。今回、川苔山の登山口である「川乗橋バス停」で下車し、バス停のすこし先にある鳥屋戸尾根の登山口から終点の蕎麦粒山山頂まで歩く予定ですが、このルートは破線のマイナールート(ちなみに『バリエーションルート』と言うと別の意味に取られる可能性があるので私はあまり使わないようにしています)なので「山と高原地図」にも所要時間の記載がありません。ヤマレコその他でこのルートを歩いた方の実所要時間を調べると、3時間ちょっととか、4時間とか、人によって結構差があります。ただ、こんなところに入り込むのは健脚の人ばかりでしょうから、私みたいなメタボ親父だとさらに時間がかかるのは必定。余裕を見て、川乗橋バス停から蕎麦粒山まで5時間、と判断しました。結構な長丁場になる可能性があります。

問題は登山口までの交通手段。いつもの地元駅を始発電車で出かけた場合、奥多摩駅到着は7時38分になります。ただ、川乗橋バス停を通る東日原行きバスは、私が到着する直前の7時27分には出てしまいます。その次のバスは8時35分ですから、川乗橋まで着いて登り始めるのが9時近くになってしまいます。長丁場が予想される山行で、これではあまりに遅すぎます。どうにかし7時27分のバスに乗りたいところですが、これをやるためには手段は一つしかありません。地元駅よりは若干東京寄りの津田沼駅まで低血圧の女房に車で送ってもらって、津田沼始発の電車に乗って奥多摩に向かう「津田沼ドーピング」です。前の日、恐る恐る女房にお伺いを立ててみたら・・・どうにかOKしてくれました。但し、目は笑っていないので、あまりこの切り札を使いすぎると先はないでしょうね。余程の時だけにしておかないと(笑)。

20150920_0417_01.jpg

というわけで、9月20日日曜日、朝4時過ぎの津田沼駅へやって来ました。こんな時間ですが、結構人がいます。それも若い女性ばかり。何かあるんでしょうかね?

今回の山行も、ルート・タイムの詳細をヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

水根沢林道は、スリル満点の山道。

こんにちは。

最近、梅雨時以上に雨の多い日が続いています。それどころか、一昨日から栃木・茨城・宮城の各県では河川の氾濫で大きな被害を出す事態となってしまいました。前回の記事に頂いたコメントへのお返事でもちょっと触れましたが、今回の茨城の被災地のちょうど中央を抜けている国道294号線は、北関東方面との行き来で何回か通っている場所でもあります。鬼怒川に平行して数十キロ、渋滞知らずで走りやすい、気持ちのよい道路が南北に通っているんですが、今回、あのようなことになってしまって大変ショックです。被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

さて。先週、9月5日土曜日は雨続きの最近には珍しく晴れ間の多い日でしたが、この日は久しぶりに奥多摩まで出かけてみました。まだまだ気温の高い日が続いていますので、高尾山周辺は早々にパス。少なくとも標高1,500m以上のところへ・・・ということで、毎度おなじみの鷹ノ巣山に登ってくることにしました。このあたり、5月から7月くらいまでは虫が多くて閉口しますが、そろそろ虫も減ってきている頃です。鷹ノ巣山、確か登るのは今回が5回目かな?恐らく、奥多摩で一番多く登っている山の筈です。天候の悪さと仕事の忙しさが相まって、6月以降はまともに山歩きができていませんから、トレーニングの意味の大きい今回の山行です。

トレーニングなら東日原から稲村岩尾根!の声がかかりそうですが、さすがにもうちょっと涼しくならないと奥多摩三大急登の筆頭に上げられるようなコースにチャレンジする気になりません。奥多摩駅から石尾根を登っていくのも長丁場でシンドイので、軟弱ですが峰谷バス停から緩やかな浅間尾根を登っていくことにしました。なんだか、易きに流れている感はありますが。

それと、下山はまだ通ったことのない道を歩いてみるということで、水根山から南に伸びる榧ノ木尾根の東側、沢沿いのルートである水根沢林道を歩いてみることにしました。この道、林道という名前がついていますが車が通れるような道ではなく、バリバリの登山道です。沢沿いだけあって冬場は凍結が酷く、歩くのも命がけだということなので、今の季節に歩いておくことにしました。

というわけで9月5日土曜日、いつものように地元駅を4時半過ぎの始発電車で出発。7時38分に奥多摩駅に到着です。

20150905_0740_02.jpg

久しぶりの奥多摩駅前。まだ気温が高いので、駅前はそれほど登山者がいません。でも10月半ばを過ぎると物凄い数の登山者が押しかけてきて、この時間の駅前はバスの順番待ちの長い行列ができるようななるはずです。

20150905_0740_01.jpg

峰谷行きのバスに乗り込みます。9月1日から西東京バスの一部の路線の時間が変わっているらしいのですが、この峰谷行きは春以来同じ、7時45分発です。

20150905_0820_03.jpg

8時20分ごろ、峰谷バス停に到着。ここまでやってきたのは10人ほど。数名が赤指尾根経由で七ツ石山方面へ向かいましたが、後は鷹ノ巣山のようです。準備ができた人から順次、正面奥の鷹ノ巣山への道を歩き始めます。私は例によってのんびり出発、8時半丁度にバス停を後にしました。私の後にはもう一人くらいしか残っていませんでした。

今回の山行も、コースとタイムの詳細をヤマレコに登録してあります。そちらもあわせてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR