トレーニング山行、大倉尾根攻略編。

続けてこんばんは。溜まっているブログ記事のまとめ書き、第2弾です。

浅草橋の山道具ショップ、Alpine Bellさんの「トレッキングミーティング2016」のメンバーで、この夏富士登山を計画しているchiemiさん・TOMOさんのお二人がトレーニング登山を何回を実施したがっている・・・という話を以前の記事で書きました。その一環として、5月22日にchiemiさんを伴って稲村岩尾根を歩いたりしていたわけですが、このお二人が元々計画していたトレーニング登山は、実は丹沢・大倉尾根のピストンで塔ノ岳を目指す、というものでした。6月19日、このお二人と、同じくトレッキングミーティング2016メンバーのポンキチさんの計4名で、大倉尾根を歩いて来ました。

ところで、夏の丹沢と言うとどうしても意識せざるを得ないのがヤマビルです。「大倉尾根には殆ど出ない」という話は聞いていましたが、全くでないわけでもないようなので、直近の状況をヤマレコなどでリサーチしてみました。その結果、

・大倉尾根の東側の斜面がヒル出現地帯とそうでない地帯の境目。戸川林道まで下りると出る。表尾根は出現地帯内だが、ヤビツ峠から新大日の尾根上はまず出ない。
・大倉尾根は全域に渡ってまず出現せず。ただ、戸川林道から登って来た人がヒルを落として行ったりするので、ベンチの下などには要注意。
・鍋割山方面は、下の西山林道終点付近の川沿いには出る。

などと言うことがわかりました。とりあえず、心配は殆どなさそうですが、備えだけはしておいたほうがよさそうです。というわけで、前日、こういったものを買いこんで来ました。

20160619_0000_00.jpg

一番左はアサヒペンの「パワーテープ」36mm×4m巻きです。使いさしのように見えますが、実はこれが新品の状態。携帯用にこのような小さいサイズのものが売られています。本来は「ダックテープ」という、ダクトの補修などに使うテープなんですが、耐水性があるのでテントの補修など、アウトドア用途で使う方も多いようです。そういう用途向けのロールも用意しているわけですね。ただ、経済性重視なら、普通の大きな巻きのものを買ってきて、自分で小さく巻きなおした方がリーズナブルですが。

その右はご存知「ヒル下がりのジョニー」。ヒル忌避剤です。この手の商品で有名なのは「ヤマビルファイター」ですが、こちらには刺激の強いディートという成分が含まれています。ヒル下がりのジョニーはディートを含まず、皮膚についても比較的安全、ということになっていますが、もちろん直接肌に吹き付けるような使い方はNGです。

お次は無印良品で買ってきた、コスメ用のスプレーボトル。中には飽和状態まで食塩を溶かし込んだ、高濃度の食塩水が入っています。ヒル下がりのジョニーは殺ヒル剤ではないので、実際に取り付いたヒルを落とす、あるいは見つけたヒルを殺すためのものです。ナメクジ同様、塩分には弱いそうです。

で、一番右は同じく無印良品で買ってきたPET製の空ボトルと、手前にはアクアリウム用のピンセット。用途は・・・内緒です。
ただ、前日に準備をしていた私を見た女房が、突然ハッと何かに気が付いたような顔をして
「・・・変なもん持って帰ったら、絶対に玄関から入れないからねっ!!」
と怖い顔でダメを出してきました。おかしいな、何でわかったんだろう(笑)。

というわけで、6月19日日曜日早朝、集合地点の小田急線・渋沢駅に向かいました。

今回のルート・タイムの詳細も、ヤマレコに登録してあります。そちらもあわせてご覧ください。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

雪の塔ノ岳、人生2度目の遭遇。

こんにちは。

以前の記事で書きましたが、昨年10月以来続いていた、東京湾の向こう岸までの片道2時間の長距離通勤。この1月末でようやく終了、2月1日からめでたく浅草橋・秋葉原界隈に戻って来ました。やはり、こちらの方が落ち着きます。何より物価が安いのがいいですね。あちらでは昼の定食は1,000円あるいはそれ以上が当たり前でしたが、こちらでは高くても700円、お財布にやさしい環境ですよね。ただ、量もガッツリ系のお店が多いので、ダイエットにはやさしくありません。すでにこの数日で1キロ以上体重が増えたような気がします。量の多いお店が多いせいで、この界隈では男性でも「ご飯少なめで」と注文する人が少なくないありません。かく言う私も実はそうだったりします。以前ご紹介した「珈琲 葦」さんではすでに覚えてくれていて、何も言わなくても「はい、ご飯少な目ね~」と言いながら持ってきてくれます。

さて、本日ご紹介するのは1月24日、日曜日の山行のお話。1月23日・24日は皆さんご存知のように、低気圧の通過その他で大荒れの予報が出ていた週末です。通常でしたら山行は諦めて家でおとなしくしているところですが、天気予報をよく見てみると、土曜日は曇りのち雪で好天は望めそうもないものの、日曜日は冬型の気圧配置で関東地方は概ね晴れとの予報が出ています。「大荒れ」と言っているのは西日本と東北以北だけみたいです。これなら大丈夫そうだ、と出かけることにしました。ただし、前日夕方から深夜にかけて雪予報で、日曜の朝は交通機関に支障が出ている可能性があります。出かけたものの、先へ進めなくて引き返すことは覚悟しなければなりません。また、かなり寒くなることが予想されたので、防寒対策をしっかりとして出かけることにしました。

肝心の行き先ですが、あまり山が深いところ、遠いところ、電車が止まりやすいところはパス。この観点からだと奥多摩方面は候補から外れます。中央線沿線の山梨県の山々もパス。青梅線もそうですが、高尾から先の中央線も降雪があるとすぐ止まります。そうすると、残るは丹沢と高尾ですが、このうち丹沢方面に向かってみることにしました。実は先月まで仕事をしていた神奈川県内某所、オフィスの窓からビルの間越しに丹沢の山々をチラ見できるんですが、この前週辺りから雪で真っ白になっていて、行きたくてしょうがなかったんですよね。とういうわけで、当日の第一目標を丹沢・塔ノ岳、第二目標を奥高尾縦走としました。

そんなこんなで1月24日日曜日、いつもの始発電車に乗って出かけました。まず目指すのは新宿駅。丹沢方面へは小田急線で向かいますので新宿駅で乗り換えになります。最近、関東の私鉄各社は降雪があると大幅なダイヤ乱れがあることが多いのですが、新宿まで行ってもし小田急線が止まっている、またはダイヤが乱れているようでしたら行き先を第二目標の高尾山に切り替え、JR中央線または京王線で高尾方面に向かいます。もし高尾方面も向かうのが困難なようでしたら・・・その時は千葉に帰って二度寝します(笑)。

私の心配をよそに、新宿までのJR各線はまったく問題なく動いていました。前夜、雪なんか降らなかったみたいです。新宿駅からの小田急線も通常通り。「全国的に大荒れ」の天気予報のせいか、昨年12月に丹沢・表尾根を歩いたときよりは空いている印象でした。6時57分に渋沢駅に到着、すぐに駅前に来ていたバスに乗り換え、7時15分頃、大倉バス停に到着しました。

20160124_0723_01.jpg

どんぐりハウス前です。ここも、雪なんか全然ありません。雪が楽しみでやってきたのに、この調子だと泥んこ祭りの大倉尾根での苦行で終わるのかな?一抹の不安を抱きながら、7時25分、歩き始めました。本日はここから塔ノ岳の山頂を目指します。帰りは一番最初に丹沢を訪れたときと同じく鍋割山経由で下山、またはそのまま大倉尾根ピストンの予定。登山時に状況を見ながら下山時に分岐点の金冷シで最終決定します。

20160124_0727_02.jpg

歩き始めてすぐの大倉集落です。前方の山並みの向こうに朝日を浴びる表尾根が覗いていますが、真っ白ですね。これはひょっとしたら期待できるのかも。

今回のコース・タイムの詳細もヤマレコに登録してあります。あまり役には建たないかもしれませんが、そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

初めての丹沢表尾根、体調に泣く。

新年、あけましておめでとうございます。

年末に溜めている記事、一気に書くぞ~!と意気込んでいたんですが、ご覧の通り11月21日の1日分を書き上げるのが精一杯。大晦日の夜から1日にかけては実家のほうへ行っていて(と言っても同じ市内ですが)、結局それ以上書き続けることができませんでした。というわけで、新しい年を迎えましたが記事は昨年12月の山行のものから始まります(笑)。

昨年12月最初の週末。以前書いたように11月中旬からは休日出勤が殆どなくなっていたので、久しぶりに丹沢方面の山歩きを計画しました。この冬は暖かい日が続いていますが、流石にもう山蛭は出ないでしょう。当初考えたのはまだ未踏の蛭ヶ岳攻略ですが、場所が場所だけに日帰り攻略は難しそうです。以前から暖めている案として、小田急線の新松田駅から西丹沢自然教室までバスで行き、檜洞丸・臼ヶ岳を経由して蛭ヶ岳へ。そのまま丹沢山・塔ノ岳を経由して大倉バス停まで下りてきますが、標準CTでも塔ノ岳までが9時間。大倉尾根はヘッデン使用が前提の強行軍です。総歩行時間11時間程度なら以前もやったことがありますが、最近体もかなり鈍っていますし、いきなりこの強行軍は無謀でしょう。それに、ヘッデン使用前提でもできるだけ明るい時間に歩いたほうがいいに決まっています。そこで、無謀な計画は春ごろまで延期することにし、この日は同じく未踏の表尾根を歩いて塔ノ岳まで行ってみることにしました。

というわけで12月5日土曜日、いつものように始発電車で地元駅を出発。いつも通りのルートで御茶ノ水で中央線に乗り換え、まずは新宿駅まで出ます。

20151205_0653_01.jpg

新宿駅で小田急線に乗り換え。5時46分発の急行に乗って6時53分、小田急線秦野駅に到着しました。こんな早い時間でも結構人が一杯なんですよね。立っている人もちらほらいる位の混み具合です。

20151205_0657_02.jpg

秦野駅前・ヤビツ峠行きのバス乗り場。今停まっているバスは先発の蓑毛止まりのバスですが、誰も乗る人がいません。皆さん、当然ながらヤビツ峠行きのバス待ちのようです。バスの時刻は7時35分、まだ30分以上ありますが、すでに20人以上の方が並んでいます。私もいそいそと列に加わりました。恐らく、この調子だと臨時バスが出るんじゃないかと思います。

20151205_0801_03.jpg

予想したとおり、臨時バスが7時20分頃に出ました。そちらに乗り、8時過ぎにヤビツ峠着。

20151205_0810_04.jpg

ヤビツ峠には立派なトイレがあります。もちろん利用させていただきましたが、こちらは有料で50円かかります。この先の何箇所かにあるトイレも基本有料ですが、料金箱のみが設置されていておつりは出ませんから、あらかじめ50円玉を何枚か(トイレによっては100円のところもあるようです)用意しておいたほうがいいと思います。

20151205_0813_05.jpg

8時15分、出発です。最初はバスが走ってきた県道70号線をそのまま先へ進みます。

本日のコース・タイムの詳細な記録もヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

今年の初詣登山は、大山。

今年最初の記事なので、遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます。

なんか最近疲れが溜まっていると言うか、自宅でPCに向かう気力がなかなか出ません。本業の方がいろいろと忙しくなってきているのもありますが、年末以来体調も今ひとつ。というわけで、ブログ記事のネタが既に3件以上(山歩き以外も含みます)溜まっているんですが、なかなか書き上げることができませんでした。しかし、愚図愚図していても宿題が溜まる一方です。気合を入れて新年最初の記事は・・・毎年恒例、と言っても今年で2回目ですが、新年の一家揃っての初詣登山のお話です。

昨年の初詣登山は2014年1月2日。武蔵五日市駅から御岳山・武蔵御嶽神社まで金毘羅尾根・日の出山経由で歩きました。今年はどちらにするか、いろいろと迷いましたが、まず高尾山はこのシーズンは(どのシーズンでも、ですが)人が多すぎるのでパス。他iに適度に山歩きができて、山頂に神社のある山というと・・・おおそうだ、丹沢の大山がありました。このお山、私一人だとあまり足が向く機会がなさそうですが、女房子供連れだとボリューム的にもちょうどいい感じです。

それと、昨年の11月くらいにテレビ神奈川(千葉テレビでも放送しているらしいのですが、なぜかテレビ神奈川でしか見たことがない)でやっていた「山のぼり大好き」でたまたま大山を取り上げていて、女房もこの番組を見ていたので乗り気です。というわけで、大山に決定しました。

今年は私は年末年始は珍しく9連休だったんですが、女房は年末は31日までフル出勤、年始も2日が出勤です。1日は流石に年始の挨拶なんかがあったりますので、初詣登山は3日に実施することにしました。天気予報も快晴の予報が出ていますし、絶好の山日和のようです。

というわけで、1月3日、朝6時過ぎに最寄り駅を出発。総武線快速、中央線快速と乗り継いで新宿まで出ました。ここから小田急線の急行に乗車します。1時間ちょっとの間電車に揺られて、8時22分、大山の最寄り駅である伊勢原駅に到着しました。

本日のコースとタイムのデータはヤマレコにも登録してあります。ただし、タイムの方は初詣客で渋滞しまくり、ファミリー登山で道草食いまくりでまったく参考になりませんので悪しからず。

余談ですが私、時々伊勢原と伊勢崎がごっちゃになります。そのほかにも春日部と春日井とか。なんか紛らわしいんですよね・・・って私だけ?(笑)。

20150103_0826_01.jpg

伊勢原駅の北口に出ると・・・大山ケーブル行きのバスが既に停車しています。案内の係員の方が「大山ケーブル行き、まもなく出発しま~す」と大声でアナウンス。電車から降りてきた参拝客が、ワラワラとバスに向かって走り出します。私たち一家が駆け込むとすぐにバスが発車しました。

20150103_0851_02.jpg

大山ケーブルバス停に到着。ご存知の方も多いでしょうが、大山ケーブルの駅はこのバス停の場所にはありません。ここからしばらく土産物屋さんが軒を連ねる階段を歩いて行かなければなりません。

20150103_0857_03.jpg

まだ三が日なので初詣客はそこそこいますが、登山姿の人はあまりいません。お山のほうはそんなに混雑していないかな?

20150103_0858_04.jpg

何となく、小さい頃過ごした四国の金毘羅さんの石段を思い出します。しかし、今日はいい天気ですね~。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりの丹沢、久しぶりの百名山。

こんばんは。

最近、前置きの話がダラダラと長くなっているので、今日はいきなり山行の話を始めます(笑)。

12月に入って寒さがいきなり厳しくなってきましたが、半月ほど前から行こう行こうと思っていた丹沢に12月7日日曜日、行ってきました。これまで、丹沢へは実は1回しか行ったことがありません。前回は例の2月の2度目の大雪の直後、奥多摩方面が完全に入山不可能な状態になっていた時期ですが、丹沢でも鍋割山の鍋割山荘が3m近い雪に埋もれているなど、「ここは本当に神奈川県か?」と思わせるような光景を目の当たりにしました。

その後、雪のない時期の丹沢を一度は歩いてみなければ・・・と思っていたんですが、夏場の丹沢はご存知の通りヤマビル天国。表尾根、大倉尾根はそれほど出ないらしいのですが、蓑毛からヤビツ峠への道は相当数出没するらしいし、個人的にはいろいろと思い出のある(内容は内緒・笑)宮ヶ瀬周辺もかなり酷いようです。私もあの手の生物は大の苦手なので、晩秋以降でないと行けないなと思いつつ、なんだかんだで12月になってしまいました。今年は関東でも例年になく雪の気配が早く、さっさと行かないと無雪の丹沢は拝めそうにありません。というわけでまあまあの天気(晴れ時々曇り)の予報の出ていた12月7日、地元駅から朝4時半過ぎの始発の各駅停車に乗って出かけました。

御茶ノ水で高尾行きの中央線各駅停車に乗り換え、新宿駅で下車。新宿からは5時46分発の小田急線の急行に乗り込みます。1時間ちょっとかけ、6時57分に丹沢・大倉登山口最寄の渋沢駅に到着。渋沢からは大倉バス停行きのバスが7時2分に出ますが、ちょっと小走りでバス停に向かって停車していたバスに乗り込みました。高々15分くらいの距離なので座れようが座れまいがどうでもいいのですが、登山客が多いので乗り切れなくなるのを心配したためです。本数は15分に1本くらいあるので、奥多摩の西東京バスみたいに臨時バスを出して乗り切れない客を収容するとは思えません。結果的には杞憂で、全員着席とはいかないまでも立っている人の間にかなりの余裕がある程度の混み具合です。予定通りバスは出発し、7時18分頃大倉バス停に到着しました。

ちなみに、我が家からだと間違いなく丹沢の方が奥多摩よりアクセスが楽です。到着時間も早いし、都内まで定期のある私は交通費も1,000円程度でこの大倉バス停まで来れます。これでヤマビルさえ出なければ通年で来るんですけどね。もっとも、シカが増えている奥多摩も、そのうちヤマビル天国になってしまう恐れがありますが。

20141207_0730_01.jpg

7時30分、大倉バス停の「どんぐりハウス」前を出発。今日はここから日本百名山のひとつ、丹沢山を目指します。なんか、中央下に大ダヌキの影が写っていますね。ムンクの「叫び」をメタボにしたみたいなシルエットですが。

なお、今回のルートとタイムのデータはヤマレコに登録してあります。こちらも併せてご覧ください。

20141207_0731_02.jpg

最初はしばらく舗装道路を歩きます。雲ひとつない快晴。ただ、この天気が終日持つとは思えません。

20141207_0736_03.jpg

乗馬倶楽部跡に到着。最近では丹沢クリステルさん、ちゃんとネームカードをぶら下げているんですね(笑)。

20141207_0736_04.jpg

乗馬倶楽部の向かいが登山道と一般道の分岐です。左が登山道。ただ、登山道もしばらくは舗装道路なんですね。前回来た時は登山道は雪道だったので、こんな舗装がしてあるとは思いませんでした。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR