スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Graham Farishの新カタログ。

こんにちは。

晴れましたね。風も穏やか(少なくとも私の地元では)で、絶好の外ヘリ日和。
ですがウチのチビが数日前から風邪気味です。女房は仕事なので、チビの看病は私の役目。「ええい、お前は寝ておれ、父は遊びに行くぞ。」とほっぽらかし、ヘリを飛ばしに行くほど鬼畜な父親にはまだ(?)なっていませんので、今日は大人しく家にいます。

というわけでまた、誰が読んでいるか全く見当の付かない、需要があるとは到底思えない英国型鉄道模型の話題です(笑)。

先日、英国型鉄道模型の老舗Graham Farishから今年の新作カタログがリリースされました。日本のKATOやTOMIXに製品掲載数では及ばないものの、Graham Farishも毎年製品カタログをリリースしていて、新製品の予告もこのカタログ上で行われます。ちなみに新興のDapolの方はこのような総合カタログは持たず、新製品の予告パンフレット程度のものしかリリースしていません。

私は2007年以降、このGrahamのカタログを毎年買っています。昨年は震災直後でドタバタしていてカタログを買い損ねたので、今回は昨年版・今年版を同時に購入しました。

Graham Farish 2012-2013 Catalogue

表紙には書いてありませんが、背表紙には「GRAHAM FARISH CATALOGUE 2012/13」とあります。当然と言えば当然ですが、「CATALOGUE」と綴りが英国式になっています。余談ですが、「centre」だの「cheque」だのの英国式の綴りをMicrosoft Wordで使おうすると、全てスペルミスとして勝手に修正しようとするので頭に来ることがあります。

このカタログ、以前は「2007年版」のように単年度の表示でしたが、昨年から「2011/12年度版」「2012/13年度版」と年度を2年にまたがって表示するようになりました。コスト削減でカタログのリリースも2年に1度にしたのではないかと思っていたのですが、杞憂だったようです。

Graham Farish カタログ-蒸気機関車

Graham Farish カタログ-客車

カタログの内容は以上のような感じです。製品写真は結構綺麗で、現物を手に入れたときに「騙されたッ」と頭に来ることもしばしばです(笑)。上は蒸気機関車のページ。最近英国で有志の手により新規に製造された(!)蒸気機関車、Class A1「Tornado」も既にNゲージ模型化されています。また、右側のページにあるように製品番号が赤くなっているのは今年度リリース予定の新製品です。日本でも同様ですが、予告だけされて結局リリースされずじまい、なんてのも結構あります。

下の画像は客車のページです。実車の写真が掲載されていますが、これはまだ試作品も出来ていない新製品です。新たに「CCT VAN」という2軸の客車が製品化されるようですが、これは小包輸送などに使われた荷物車で、客車の後ろなどに連結されていたようです。日本でも最近、従来はマイナーだった郵便車・荷物車の製品のリリースが活発になっていますが、英国でも似たような状況みたいですね。昨年はTraveling Post Office (TPO)と呼ばれる、移動しながら郵便物の仕分け作業を行う車両(日本のオユ10みたいな車両です・・・あ、オリジナルは英国の方かも)も発売されました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

【藪 丈二さん寄稿】mSR用プロポでmCPXV2を飛ばす。

こんばんは。

前記事のコメント欄に、記事の執筆者である藪 丈二さんからまたまた興味深いコメントを投稿して頂きました。mCPXがmSR付属のコントローラー、MLP4DSMにてバインド可能、と言う話は以前から海外の掲示板で出ていましたが、藪さんは実際にこれを試されたようです。

このままコメントのままにしておくのも勿体無いので、こちらも独立した記事としてエントリーさせて頂きました。藪 丈二さん、どうもありがとうございました。



mSRのプロポ(MLP4DSM)でmCPXとバインドできるという、誠に興味深い外国の記事を見つけました。原文を最終部に引用しておきます。

 そこで早速、「怖いもの知らず」の喩のごとく、つい最近入手したmCPX V2とバインドを試みた結果、なんとバインドに成功しました。ただし、バインド終了時ブレードはマイナス・最大ピッチ角になっています。

スロットルを徐々に上げていきますと、テールローターが回転し始め、次いでメインローターが回転しだしますが、一旦プラス・最大ピッチになった後、スロットル位置に応じたブレード・ピッチになります。

この機体の振る舞いはおそらく、mCPXの操縦に堪能なパイロットでない限り、初動のブレードピッチ角の大きな変動を制御するのはかなり難しいのではないかと感じました。

要領は次のとおりです。

1 mCPX及びmSR送信機(同梱されてきたプロポ)の電源を切る。
2 mCPXの電源を入れる。
3 青色LEDが点滅を始めるまで待つ。
4 プロポの左右両方のスティックを押したままで、電源を入れる。
5 両方のスティックを離す。
6 プロポの赤色LEDの点滅を注視し、2回目の点滅の後、ラダースティックを左一杯に切ったまま保持する。(このステップが極めて重要で、要は速やかにラダーを切ることです。)
7 3 in1の青色LEDが「点滅」から「点灯」に替わるまで待つ。
8 ラダースティックを中央位置に戻す。
9 左スティックを押す。3 in1の青色LEDが再び点滅を始めるはずである。この点滅は、「3 in 1ユニット」が、ノン・コンピューター・ラジオ・バインド・モードになったことを認めたことを意味し、左スティックを押したり、離したりするとスワッシュが上下する。
10 mCPXの電源を切る。
11 プロポの電源を切る。

以上で終了です。

その他の機能
― 右スティックを押すことにより、Idle Up/Normalを切り替えられる。
― 左スティックを押すと、電源をリセットするまで“ホールド”となる。このことは、前述の項目9と同一の機能で、受信機がノン・コンピュータ・バインド・モード状態に入ったことを確認して、エンジンを断(制御機能はINHということ)にする。


Steps:
1. turn OFF model and transmitter
2. turn ON model.
3. wait until blue LED start blinking
4. press BOTH sticks and turn ON the transmitter (with BOTH sticks still pressed)
5. release BOTH sticks
6. watch transmitter red LED blinking. After second blink - turn RUDD stick to max left position
7. wait until blue LED in the 3in1 (model) stops blinking (stay solid ON)
8. move RUDD stick back to neutral position
9. Press LEFT stick - blue LED in the 3in1 should start blinking again (a bit different way) - that confirms that 3in1 unit is in non-computer radio bind mode (should the swash move up and down when left stick is pressed/released - repeat the whole procedure again)
10. Turn OFF model
11. Turn OFF transmitter

DONE!

Additional FUNCTIONS:
- pressing RIGHT stick toggle Idle Up/ Normal
- pressing LEFT stick - "permanent hold" (until power reset). In fact it is same as mentionend in point 9 - receiver enters the state where it confirms binding mode type (non-computer radio) and stops the engine (control functions are inhibited). You nedd to turn it off to "reset"

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

【藪 丈二さん寄稿】超初心者によるmCPX V2の初期設定。

こんばんは。

藪 丈二さんがmCPX V2を入手され、mCPXフライヤーとしてデビューされたようです。前記事のコメント欄にピッチ調整等の初期設定についての興味深い情報を戴きましたので、独立した記事としてアップさせていただきます。いつもながらですが、藪さんの理詰めできちんと検証しながら取り組んでいく姿勢は凄いと思います。
藪 丈二さん、どうもありがとうございました。



mCPX V2のピッチ角計測及びピッチ・カーブの設計等

mCPX V2を取得し、Blade400 3Dのセッティングで得た経験や、徒骨亭さんを始め、ネットからの情報を元に、以下のとおり初期設定を楽しんでいます。

これからマイクロヘリをいじってみようかと考えておられる訪問者の皆さんに、なにがしかの参考になればと考え投稿させていただきました。ディジタル・ピッチ・ゲージを購入しなくても、精密にブレードのピッチを測定することができます。

1 準備物件
円柱気泡管、方眼紙、ステンレス・直尺(15cm)、トランプ、両面テープ
  (参考:http://www.monotaro.com/g/00190118/

2 ピッチ角計測準備
(1) 機体の計測準備
ア 円柱気泡管を、両面テープでテール・ブーム後部へ貼り付ける。
イ 水平を保てる机上のカッターマット等へヘリを乗せ、テールブームが水平になるよう、ランディング・スキッド前後へトランプを適宜の枚数挿入する。
ウ ヘッド・ブロックを機首尾線にほぼ直行するようにセットする。
エ 左ブレードを前部へ、右ブレードを後部へ限度一杯折りたたむ。

(2) 送信機の計測準備
ア スロットル・ホールド・ピッチ・カーブを次のとおり設定する。
   0%, 50%, 50%, 50%, 100%
イ 送信機をオフとし、上記のセッティングを記憶させ、再度電源をオンとする。
ウ スロットル・ホールドをオンとし、スロットルスティックを50%位置にセットする。

3 ピッチ角の計測(私の実測)
  機体にバッテリーを接続し、バインドしたことを確認する。
(1) スロットル・スティックのLow、Mid、High各位置における左ブレード端の高さを計測
Mid位置のブレード高:86.5mm (スロットル・スティック中央でブレード端を計測)
Low位置のブレード高:62.0mm (スロットル・スティック最下位でブレード端を計測)
High位置のブレード高:111.0mm (スロットルスティック最上位でブレード端を計測)

ブレード長:108mm (ブレード・グリップ・ボルトからブレード先端までの長さ) High位置高-Low位置高の差:49.0mm(HL高)

(2) トータル・ピッチ角(P)の計算
3辺の長さがそれぞれ、108mm、108mm、49mmから成る三角形で、ヘッド部のブレード夾角Pを解けばよい。すなわち、以下の式からPを求める。

CosP = ((2 x ブレード長の2乗 - (HL高の2乗)) / 2 x ブレード長の2乗
この式から Pのトータル・ピッチ角度  26.2度が求められる。

つけたし:パソコンの電卓機能を利用して、CosPからPを求める方法
CosPの式の右辺が計算できたところで、電卓画面の「Inv」ボタンをクリック、
続けて「cos-1」ボタンをクリックすると、Pが求められる。

(3) ゼロ・ピッチ位置におけるスワッシュの、+/-側への偏りの判断及び処置
ア Midポイント高 > (Lowポイント高 + HL高 / 2)の場合
  プラスピッチ側に偏り。スワッシュ・リンケージを右回転で短くする。
イ Midポイント高 < (Lowポイント高 + HL高 / 2)の場合
  マイナス・ピッチ側に偏り。スワッシュ・リンケージを左回転で長くする。
ウ Midポイント高 = (Lowポイント高 + HL高 / 2)の場合
   86.5mm : 62mm + 49.0 / 2 =86.5mm
   ピッチ角の偏りはなく、Mid位置でゼロ・ピッチ。
   プラス、マイナスそれぞれ13.1度という結果が得られた。

続きを読む

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

鉄道コレクション第15弾。

こんばんは。

先月末、職場のサーバの1台がクラッシュ。搭載していたDBやアプリケーションはバックアップから復旧したものの、何故か細かいところでエラーを頻発しています。DBの整合性には問題はなかったのですが、どうやらアプリケーションにこの何年かの間、ドキュメントに記録されていない改修がちょくちょく入れられているようで、それがエラーの原因になっている様子。

この改修をしたであろうエンジニアも退職してしまっていて、今となっては確認のしようもありません。休日出勤をして地道に改修個所を特定、本日までに全ての改修個所を復元した筈・・・と思うのですが、今夜の処理でまたエラーが出るようだと明日の日曜も出勤になります。なかなかヘリを飛ばす時間が確保できませんね。

さて、今回は鉄道模型ネタです。金曜の夜にヨドバシで、先月末に発売されたトミーテック(鉄道模型のTOMIXの発売元です。タカラトミーの子会社。)の「鉄道コレクション」第15弾をBOX買いしてきました。ご存知の方も多いと思いますが、トレーラーやらトラックやら、様々なシリーズが存在するコレクション・トイの鉄道版、その第15弾になります。いわゆる単品で買っても何が入っているかわからない(ブラインド販売)、帰ってからのお楽しみ、というやつですね。

鉄道コレクション第15弾

1BOXには車両が10個入っています。今回のシリーズでは10種類の車両がリリースされていますが、基本は1BOXでコレクションがコンプリートすることになります。但し、シリーズには毎回シークレット車両が1種類設定されており、それが入っている場合には特定の1種類が外されます。まあ、大抵の場合は外された車両の塗装違いなどのバリエーションがシークレット設定されているのですが。

鉄道コレクション第15弾、BOX開封

この鉄道コレクション、別売で動力ユニットや鉄道模型用の金属車輪がリリースされており、これらに交換することで一般の鉄道模型と同じようにNゲージのレール上を走らせることができます。ただ、そうは言っても2,000円以上する動力ユニットを組み込むと本体と合わせて3,000円以上の価格。その割には塗装に難のあることも多く、良くも悪くもコレクション・トイの品質です。というわけで、最初の頃に何両か買ったことがあるだけで最近は殆んど手を出していませんでした。

ただ、今回の第15弾のテーマは富士重工のLE-CarIIのボギー車。もっぱら中部地方を中心に、私鉄や3セクで活躍したレールバスです。私の日本型Nゲージのテーマは「中部地方の車両」なのですが、今回の鉄道コレクションでは10種類中6種類までが該当しています。該当しないものでも、そのうちの1種類は地元のいすみ鉄道の車両ですし、今回はBOXでどーんと買ってみることにしました。

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

160mAバッテリーの顛末。

こんにちは。

昨日は凄い天気でした。まさに台風並みの暴風雨。その中を、息子のピアノの発表会のために出かけていたのですが、傘をさしても殆んど役に立たない状態で散々な目に遭いました。昨年末に買ったビデオカメラがあるせいで、パパだけ発表会をサボって趣味三昧・・・がやりにくくなってしまったのは自業自得かもしれません。元々は趣味の記録のために買ったビデオカメラなんですけどね。

さて、先日英国のMini Aviationに注文してあったmSRXのための160mAバッテリーですが、4日ほど前に無事届いています。小包ではなくクッション封筒で送ってくれるので、普通に郵便受けに投函されるのが有り難いです。

Mini Aviationのクッション封筒

Mini Aviationの料金別納 - PayPal扱い

以前書いたように、Mini Aviationで注文をすると注文受付と発送通知の案内はすべてPayPalから送られてきます。届いた封筒の切手部分を見ると、もちろんここは料金別納になっているんですが、やっぱりRoyal Mailに登録してある企業名はPayPalになっています。返送先だけがMini Aviation(実際の取扱い会社名はRacingBolts)ですね。PayPalの代行サービスは、支払いと注文者とのやり取りだけでなく、料金別納の登録まで含んでいるみたいです。小さなガレージメーカーにとっては有り難いサービスなのかもしれません。

さて、開封してみます。

Mini Aviationの160mAバッテリー

出てきました、160mAバッテリー5本セット。価格は16.99ポンド、送料無料です。今回は、前回はついてこなかったLiPoの取扱い方法を書いた注意書きの紙も入っていました。
さて、それでは早速mSRXに取り付けてみましょう。

続きを読む

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。