どら焼きを買いに。

こんばんは。

当ブログのアクセスカウンターですが、1週間ほど前についに10万アクセスを突破!当ブログの開設が2011年9月、アクセスカウンターを設置したのは同年12月の末ですから、3年半くらいで10万アクセスを達成したことになります。1日のアクセス数は概ね60~100件程度ですが、一体どういう人たちが読んでくれているんでしょうか?気になりますね。昨年くらいまでは山記事よりもラジコン関係の旧記事のほうへのアクセスが多い感じでした。データ類を載せていたりするので、検索でヒットして見に来ている方が結構いたようです。今年あたりからは、ヤマレコにデータの登録とリンクの掲載をしているので、山関係のアクセスが若干増えた感じ。ただ、正確なアクセス解析は面倒臭いのでやってませんから(笑)、あくまで「そんな感じがする」レベルですが。

ところで、記念すべき10万アクセス目。一体どなたが踏んだんでしょうか・・・って、実は私です(笑)。自分自身で10万アクセス目を踏んでしまいました。

20150523_2130_00.jpg

先週の土曜日の夜、「そろそろ10万アクセス行ってるんじゃないかな?」と自分のブログを見たら・・・ちょうどそれが10万アクセス目でした(笑)。まあ、昔からホームページでよくある「○○アクセス目を踏んだ方には粗品進呈!」なんてことをやれるわけじゃないですが。

さて。今回は遅ればせながらGW中の家族でお出かけの話題。今年の大型連休、女房が休みを取れたのは5月4日の月曜日のみでした。まあ女房も疲れているので家族で山歩き、は無理だったのですが、朝方「どっか行きたいところがある?」と聞いたら「どら焼きを買いに行きたい!」というお返事。何でも以前同僚が買ってきたどら焼きがすこぶる美味しく、それを買いに行きたいのだそうです。とりあえず、7時半ごろ女房の運転で出かけました。

「東北道に乗って北に向かわなきゃいけない」とか言っているので、「東北道はゴールデンウィーク中は無茶混みだよ~。常磐道で北へ向かえば?」という私のアドバイスに従い、千葉から国道16号線を北上、柏インターから常磐道に入りました。でも、常磐道もかなり混んでいます。特に友部の手前は10数キロの渋滞。友部ジャンクションまで行ってから判ったのですが、どうも大半の車が北関東自動車道に入り、東北道方面へ向かっているようです。東北道の渋滞回避のために常磐道に回りこんでいたんですね。

渋滞回避なら中途半端なことをやらずにいわきまで回らんかい、と我が家はガラ空きになった常磐道を快調に北上。県境を越えて福島県いわき市内に入ります。今回始めて知ったんですが、いわき市の入口の高速沿いには「ただいまの気温○○度」のノリで「ただいまの線量○○マイクロシーベルト」の表示がついているんですね。

いわきジャンクションからは磐越自動車道へ。阿武隈山地の南端を超えて行きます。右手には1,000m前後の阿武隈の山々が見えていますが、矢大臣山などは確認できたものの、最高峰の大滝根山はわからずじまいでした。磐越道から見えるんでしょうか?車はその先、郡山市内を通過。郡山ジャンクションで東北道を突っ切って、そのまま西へ向かいます。

で、午後1時ごろようやく到着したのがこちら。

20150504_1301_01.jpg

「どらや製菓」さんです。なんだか行列が出来ていますね。手前の車は我が家のポンコツ・ランサーワゴンですが、たまたま我が家一行が着いたときに空いていたのがお店のまん前の駐車スペースだっただけで、皆さんちょっと離れた駐車場に停めたり路駐したりしています。

20150504_1303_04.jpg

こちらのお店の名物はこちら。生クリーム入りのどら焼きです。生クリームにフルーツ入りのバージョンもあります。女房はこれを買いたくてここまで遠征してきたのでした。ちなみに看板にあるように磐梯山の近く(ここからは磐梯山は見えません)、磐越道猪苗代インターから北の山間へ10分ほど入ったところです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

小金沢連嶺、秀麗富嶽を巡る道。

こんばんは。

先日の記事でちょっと触れた、iPod touch(第5世代)のOS(iOS 8.3)のバグでGPSロガーの位置情報を「山と高原地図」アプリ上に反映できなくなっている問題。実は未だに解決していません。致命的な問題ではないものの、似たような地形のところを延々歩く縦走型の山歩きの際にはちょっと不便です。

Apple関係の情報サイトを調べてみると、4月9日のiOS 8.3のリリース以後、後続のiOS 8.4 Beta1が開発者向けに4月14日にリリースされているようです。このバージョンでは私が陥っている、外部のGPSアクセサリからBluetooth経由でGPSデータを拾えない問題(MFi GPSアクセサリのサポート問題)は解決していないようですが、4月28日リリースのBeta2では解決した模様。現在、5月12日にBeta3が公開されているそうですが、本番のiOS 8.4のリリースは来月始め頃になる予定のようです。

なんでも、次回のiOS 8.4からミュージックアプリのインターフェースが全面的にリニューアルされるらしく、その最後の追い込みにかかっているようです。が、私の場合はiPod touchでミュージックアプリなんか殆ど使いませんから(おいおい・・・笑)、iOS 8.3のバグ修正を8.31のリリースとかで先にキッチリやっておいて欲しいところです。まあ、iOSユーザーの大半はGPS内蔵のiPhoneでしょうから、外部GPSの問題なんかどうでもいい扱いなんでしょうけどね。困ったものです。

さて。今回のお話は、ちょっと遅くなってしまいましたがゴールデンウィーク中の山行記です。ゴールデンウィーク中、最も天気がよい予報が出ていたのは初日の5月2日。前週からこの日をターゲットに山行計画を練っていましたが、予報によると天気がいいだけでなく、かなり気温も上がるようです。昨年のゴールデンウィークは雲取山に登りましたが、暑いとなると雲取山以上の標高のところに行きたい。でも、雲取山だと人出も凄そうです。近場で2,000m超えてて人の少ないところって・・・あ。ありました。大菩薩嶺の南、小金沢山から連なる山々が2,000m前後の標高です。でも、ゴールデンウィークだと流石に人が増えているかも。まあ、それでも大菩薩嶺や雲取山ほどではないでしょうから、ひとつ歩きに行ってみますか。というわけで、昨年、大菩薩嶺から足を延ばした石丸峠まで行って、続きを歩いてみることにしました。

5月2日土曜日、いつものように始発電車で地元駅を出発。御茶ノ水で中央線の各駅停車高尾駅に乗り換え、さらに八王子駅で6時35分発の松本行きに乗り換えます。7時38分、甲斐大和駅に到着。ある程度予想はしていましたが、100人以上の登山客が下車しています。皆さん、殆どが上日川峠行きのバスに乗車するんでしょうか?この先、トイレがありませんので、駅のトイレで用を済ませて駅前に出ます。男と言えど、出来るだけ小キジは避けたいですからね(笑)。

20150502_0742_02.jpg

朝、7時40分過ぎの甲斐大和駅。

20150502_0742_01.jpg

8時10分発の上日川峠行きバスはすでに満杯です。慌てて行列に並びましたが、私の後ろにも凄い勢いで行列が延びて行きます。この後、停車しているバスは発車していきました。この路線、客が多くて臨時便が出る時には満員になり次第発車するんですよね。すぐに2台目のバスが来たので乗り込みます。恐らく、2台目も満員になり次第発車かと思っていたら・・・図星でした。7時45分、私の乗りこんだバスも出発です。

20150502_0836_03.jpg

8時25分、上日川峠の一つ手前、小屋平のバス停に到着。10人ほどが下車しましたが、先行していた第一便のバスから降りた人たちも10人ほどいました。恐らく、半分は大菩薩峠・大菩薩嶺に向かう人たちでしょうから、小金沢連嶺方面に向かうのは後から来る人を含めても20人いないと思われます。

県道を横切るように登山道がついていますが、右手が石丸峠方面、左手が上日川峠方面です。昨年、大菩薩嶺に上ったときは、石丸峠から下りてきてここを横切り、上日川峠方面に向かいました。8時35分、身支度を整え、石丸峠に向かって出発です。

今回の詳細なルート・タイムもいつものようにヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ちょっと憂鬱な午後。

こんにちは。

先ほどの話ですが、マンション1階の郵便受けを見に行こうと自宅のドアを出たところ、玄関前の通路に顔色を変えた小学校6年生くらいの女の子が一人。見覚えがあるので近所の子だと思います。私の顔を見るなり、
「大変です!人が血を流して倒れてます!」
え?どこに?通路には他に誰もいません。
「ここじゃありません!下です!」
そう言われて手すり越しに下を覗き込んでみると・・・下のアスファルトの道路に男性が一人倒れており、頭の周囲に血溜まりができています。

※短い記事なので、当初は全文をそのまま掲載していましたが、人によっては気分を悪くすることもあるかと思い、クリックして開く形に変更しました。画像などは一切ありませんが、最初の段落から予想される内容が苦手な方は読まないようにしてください。

続きを読む

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

高畑山・倉岳山へリベンジ決行。

こんにちは。

先週、JR中央線猿橋駅から御前山(厄王山)、馬立山、九鬼山を経由して前道志の山並みを東へ辿り、高畑山・倉岳山を狙ったものの体力切れ・時間切れで鈴ヶ音峠で敗退した徒骨亭ですが・・・やっぱり口惜しいので1週間後の4月26日日曜日、前週の続きを歩いてきました。

今回は鈴ヶ音峠からそのまま前週の続きを始めたいところですが、前回記事でも触れたとおり、鈴ヶ音峠はかなり奥まった場所にあり、徒歩で向かうとかなりの時間の浪費になります。鈴ヶ音峠の手前の集落、朝日小沢までは大月駅・猿橋駅からバスが通じているので、朝一番のバスの時間を確認してみました。

それによると休日の朝一番のバスは7時25分発。結構早めです。ただし、一つ大きな問題があります。始発のバスは猿橋駅や大月駅前からは直接発車せず、猿橋駅から国道20号を10分ほど東へ歩いた富士急山梨バスの大月営業所始発なんです。徒骨亭の地元駅を毎度御馴染みの始発電車で出発すると、途中1回の乗換えを経て八王子を6時35分に出る各駅停車松本行きに乗ることになりますが、こちらが猿橋駅に着くのは7時15分。ちょっと時間が不足気味です。走れば間に合うでしょうが、トレランの方ならともかく、登山靴を履いて走りたくはありません。

そうなると・・・そうです、こういう場合の奥の手、JR総武線・津田沼駅まで行って4時27分の津田沼始発電車に乗る手があります。これを使えば20分ほど早く地元を出発できます。乗り換え案内で確認すると、7時2分頃には猿橋駅に到着できるようです。これだったら7時25分のバスには余裕で間に合いますね。

20150426_0417_00.jpg

というわけで4月26日日曜日の朝4時過ぎ、徒骨亭の自宅からは車で20分ほどのJR総武線・津田沼駅までやってきました。今回も以前の利用時と同じく、最初は自分で車を運転してきて駅前の駐車場に乗り捨て、夜が明けてから出勤途中の女房が車を拾って職場へ向かう・・・という手はずを取ろうかと思っていました。しかし、結局は以前と同様、車を拾いに来るのが面倒な女房が送ってきてくれることになりました。寝起きの悪い女房は終始仏頂面ですが・・・亭主の山遊びに協力してくれる女房に感謝です。

今回のコースとタイムの詳細なデータはヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

20150426_0651_01.jpg

猿橋駅にはなんと6時47分に到着。実は、乗り換え案内の検索では高尾での乗り換え列車に6時30分発の大月行きしか出て来なかったのですが、その1本前に6時14分発の松本行きがあったのでした。乗ってきた列車が高尾に着くのが6時13分なんですが、14分の列車は乗り換え不可能と見做されて表示されなかったようです。実際は降りたホームの向かい側に松本行きが停車しており、ちゃんと接続を待って発車するので余裕で乗り換えられるんですけどね。

ゆっくりトイレを済ませて(と言っても山姿の降車客は私一人だけでしたのでこれも余裕でしたが)、駅の北口から歩き出します。

20150426_0652_02.jpg

すぐに国道20号に突き当たりますので、右に折れます。

20150426_0654_03.jpg

朝の国道20号を東へ向かいます。朝日が眩しいですね。

20150426_0702_04.jpg

予想したとおり、10分ちょっと歩いて7時2分に大月営業所に到着。ここのバス停は「営業所前」というのが正式名称です。バスが出発するまで20分以上、ちょっと早すぎましたね。バス停の後ろが待合室になっていますので、営業所の方へ「7時25分の朝日小沢上行きに乗ります」と声をかけた上でそちらで身支度をします。私の他は誰も乗客がいませんでしたので、客がいないと思われて勝手に出発されないよう、用心のためです(笑)。

ここで、トラブルが1件発生。と言っても、大した話ではないのですが。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR