スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水郷佐原あやめ祭りに行ってみた。

こんにちは。

最近、仕事で忙しい日が続いています。平日はまず例外なく午後11時以降の帰宅。週末の出勤も多く、土曜と日曜、どちらか1日は大抵出勤しています。昨日も土曜日ですが、職場まで出ていました。

流石に休日出勤だと早めに引き揚げてきていますが、午後7時ごろ、帰宅途中にいつも乗り換えている駅から見えた風景がこちら。

20150627_0000_00.jpg

雨上がりのスカイツリーです。正直言ってスカイツリー、毎日朝晩、建設途中からずっとこの場所で見続けているのでかなり飽きてきているのですが、今日は綺麗な夕焼け空をバックに少々霞んだ姿で夢幻のように浮かび上がっていたので、思わずiPad miniを取り出して撮影してしまいました。面白いもので、私が撮影を始めると周囲にいた人が10人以上、一斉にスマホを向けて撮影し始めるんですよね。この写真と同じ構図の写真、他のブログやツイッターで見たことのある人がいるかもしれません。

でも。夕焼け空からわかるように、この後は急速にお天気が回復したんですよね。残念なことに、金曜頃まで土曜・日曜とも雨の予報だったので、日曜には最初から山歩き以外の予定を入れてしまっていました。今日は朝から快晴と言うわけではありませんが、山歩きはできそうなお天気。なんだか口惜しいですね~。

さて、本日のお題はこれも山歩きの話ではありません。2週間前、6月13日土曜日のお話です。この日は実は山歩きをしようと準備していたのですが・・・冒頭でも触れたとおり、連日の残業で疲れがかなり溜まっていたようです。ぐっすりと寝込んでしまい、目が醒めたときは既に8時過ぎ。これじゃ、山歩きは無理ですね。翌日は出勤予定だったので、予定の山は1週間延期。この週末は山を諦めました。

この日は女房も仕事がお休み。遅い朝食を食べながら、今日はどうする?なんて話をしていたのですが、どうも女房は早朝のテレビで千葉県香取市(旧佐原市)で開かれている「水郷佐原あやめ祭り」がちょうど見ごろ、なんてニュースを見たようです。「あやめ祭りを見に行きたい」などと言い出しました。まあ、高速を使えば1時間程度の近場ですし、私もまだ一度も言ったことがなかったのでちょうどいい機会です。出かけてみることにしました。ちなみに子供は午後から友達と遊ぶ約束が入っているとのことでお留守番です。段々、親と出かけるのを億劫がるようになって来ましたね。もうあと2年もすれば親とは絶対に出かけなくなると思いますが(笑)。

ちなみにあやめ祭り、実は2種類あります。今回お出かけする目的地は千葉県香取市の「水郷佐原あやめ祭り」。これとは別に香取市の北隣、茨城県潮来市でも同じようなイベントが開催されていて、こちらは「水郷潮来あやめまつり」。『潮来の伊太郎』の、あの潮来ですね。双方とも会場は直線距離で2キロ程度しか離れておらず、ほぼ同時期の開催でかなり混同されているようです。

もともとは潮来の方で昭和27年ごろからあやめ・花菖蒲の切花をビール瓶に挿して並べ、「あやめまつり」と称して開催されていたのが始まりだそうですが、千葉県側でも昭和44年に「水郷佐原水生植物園」が開園して大々的に花菖蒲の栽培を始めた頃から双方競い合うようになったようです。現在では潮来市の「水郷潮来あやめ園(旧・前川あやめ園)」で500品種100万本のあやめ・花菖蒲、香取市の「水郷佐原水生植物園」で400品種150万本の花菖蒲が咲き乱れる一大イベントとなっています。

今回向かうのは千葉県側の「水郷佐原あやめ祭り」。まあ、千葉県民ですからね(笑)。ただ、品種は若干少ないものの、本数で1.5倍の差があるので見ごたえでは千葉県側の圧勝、という話です。ただし!千葉県側は入場料700円、茨城県側は入場無料なのでコスパでは茨城県側の圧勝です。

というわけで、子供のお昼ご飯を作った後の正午近く、女房と二人で出かけました。千葉市内から東関東自動車道に乗り、成田の2つ先、佐原香取インターで下ります。そのまま香取市内を抜け、国道51号に入って利根川を渡ります。

「え?利根川を渡ったら茨城県じゃないの?」と思ったそこのアナタ、鋭い!確かに千葉県と茨城県の県境は概ね利根川になっていますが、このあたりでは霞ヶ浦から流れ出した「常陸利根川」が利根川の北を平行して流れています。実はこの二つの川に挟まれた地域の大半は千葉県なんです。利根川の北側に千葉県の飛び地がある形ですが、これから行く「水郷佐原水生植物園」もこの地域にあります。ちなみにこの地域、古くから「十六島」と呼ばれていたそうなんですが、なるほど船が主な交通手段だった水郷地帯ならではの地名ですね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

奥高尾でのんびり、リハビリの山歩き。

こんばんは。

以前の記事でも書きましたが、4月のOSのアップデート(iOS 8.3)以来、OSのバグで使用不能になっている我がiPod touch(第5世代)のGPS位置表示。iOS 8.4ではバグフィックスされたとのことでリリースを心待ちにしていたんですが、当初6月初めのWWXC(Appleの開発者向けカンファレンス)に合わせてリリースと言われていたのが結局6月30日に延期されてしまいました。ニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、この日はAppleが音楽コンテンツの定額制サービスを始める日です。iOS 8.4ではミュージックアプリのインターフェースがそれに合わせて大幅に変更されているらしいのですが、結局バージョンアップもサービス開始時に合わせた形です。

まあ、iPod touchで音楽なんかは一切聴かず(付属のイヤホンはいつも家に置いたまま・笑)、GPSロガーからの位置情報を各種地図にプロットするための表示装置としてしか使っていない私にとってはミュージックアプリなんかどうだっていい話。反対にAppleにとってはGPS標準搭載のiPhoneのユーザが中心で、iPod touchでGPSがのデータが取れるかどうかなんてのは取るに足らない問題に過ぎないようですから、思いっきり噛み合っていませんね(笑)。Android系のWiFiのみのタブレットでいいものがあれば乗り換えるんですが(GPSロガーはiOS・Android両対応)、どれも大きすぎて今ひとつです。iPod touchが大きさ・バッテリーの持ちで申し分なかっただけに残念です。

さて、今回は奈良倉山でギブアップした山行から1週間後、6月7日・日曜日のお話です。前週が前週だっただけに、今回はリハビリ登山ということで、私の山歩きの原点とも言える奥高尾縦走路で様子を見ることにしました。ただ、せっかくですから登り・下りにはこれまで歩いたことのないルートを使いたいところ。そこで思いついたのが当ブログからリンクさせていただいている悠さんが、一昨年の暮れに登られた城山北東尾根です。このルート、「山と高原地図」では破線のマイナールート扱い。「登山詳細図」の高尾山編でも青線ですから同様の扱いです。悠さんは登山詳細図世話人の守屋さんから直に「夏場には適さない」ルートというお話を聞いたらしいので、今の時期には藪漕ぎ状態の可能性もあります。とりあえず北東尾根の入口まで行ってみて、無理そうだったら日影沢林道を使って城山山頂まで行くルートに切り替えることにして家を出ました。

20150607_0930_01.jpg

今回はリハビリですので充分休養を取ってから出かけます。前の晩はたっぷり寝て、朝7時半に自宅を出ました。9時28分、高尾駅に到着です。久しぶりの高尾駅前。

20150607_0949_02.jpg

小仏行きのバスは9時32分、すぐの発車です。10分ちょっとバスに揺られて日影バス停に到着。バス停では5人ほどの方が降りました。身支度をして9時49分、日影バス停を出発です。

20150607_0951_03.jpg

2分ほどでバス通りから日影沢林道の分岐に到着。ここを左に入ります。

20150607_0954_04.jpg

さらに3分ほどで北東尾根の入口です。目印の電柱には「→城山 手前の沢渡る」の落書きがしてありました。これ、あくまで落書きですので東電さんに消される可能性大ですからあてにはしないように。電柱のナンバー「中継支6」を確認するようにしてください。赤ペンキがちょっとホラーっぽいですが。

今回の山行もコース・タイムの詳細をヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

奈良倉山で、体調不良に泣く。

こんばんは。

2週間ほど前からですが、いつも使っているノートパソコンがご臨終寸前の状態になっています。CPUファンが壊れかけているらしく、ちょっとCPUに負荷がかかって回転数が上がると「ガーッ」という心臓によくない異音を立て始めますし、HDDも読み取りエラーが頻発しているらしく、原因不明のエラーメッセージを出してみたり、5分くらいディスクにアクセスしっぱなしになってその間全く操作ができなくなったり。もう、壊れるのは時間の問題ですね。

私がいつも使っているパソコン、実は2003年の始めに買ったモデルです。もう12年半も使っていますね。よく、いままで動いていたもんだ、と思います。OSはXPのままで、ご存知のように1年前にサポート終了となっていますが、使っているドイツ製のセキュリティソフトがどうにかXPにも対応を続けているので今日まで使ってきました。でも、もう限界ですね。新しいPCに買い換えることにしました。

私が現在まで使っているノートパソコンはIBMのThinkPad T40p。まだIBMがPC事業を中国企業に売り飛ばす前のモデルです。実は私、DOS/Windows 3.1の時代からIBMのパソコンばかり使っています。仕事でもIBMを使うことが多かったんですが、ご存知のように中国企業に売り飛ばされてlenovoになってからは評判が甚だよろしくないです。新しいパソコンはどのメーカーにしようか、ちょっと悩みましたが、やっぱり仕事で使うことの多いメーカーにすることにしました。そうするとDELLかHewlett Packardあたりになります。どっちかというと私の周りではDELLの方が故障率が高かったかな、ということで、最終的にHewlett Packardに決定。先週末、HPの直販サイトから法人向けモデル(個人でも問題なく買えます)、ProBook 650 G1/CTを購入しました。納期は5営業日・・・だったのでそろそろ届くはずだったんですが、週が明けてからまさかの欠品連絡。昨日、正式な納期の通知があり、来週半ばになるようです。

ちなみにHPの方が故障率が高いという話や統計データもあります。統計も取り方次第で結果がいくらでも変わりますから、結局はどっちもどっちみたいですね。なお、IBMのパソコン、女房も私同様Windows 3.1時代からのユーザーでしたが、今はHPのデスクトップを使っています。

閑話休題、今回の山行のお話です。先日から続いている大月市の『秀麗富嶽十二景』攻略シリーズ、今度は一番北のはずれにあるNo.5、奈良倉山を攻めてみることにしました。ただ、奈良倉山自体は鶴峠あるいは松姫峠から緩やかに1時間も歩けば山頂まで到達してしまう山のようですので、それだけで終わらせては勿体無い。いわゆる「赤線つなぎ」で奥多摩地域と上野原・大月地域の足を繋げるべく、奈良倉山から稜線をそのまま歩いて権現山まで行ってみることにしました。奈良倉山と権現山の間は8キロ足らずなんですが、何せ権現山はかなりの奥地。そこから帰ってくるのにさらに時間がかかります。日の長い、いまのシーズンしか歩けないんじゃないかな、という気もしましたので歩いてみることにしましたが・・・まさかあのような結末になるとは、出かける前は夢にも思いませんでした。

5月30日日曜日、朝5時過ぎの総武線快速電車で地元駅を出発。東京駅で中央線特別快速に乗り換え、高尾でさらに各駅停車に乗り換えて7時28分に上野原駅に到着しました。

20150530_0729_01.jpg

今日は随分沢山の人が降りています。駅の北口も人が沢山。どう見ても山を登る人たちには見えませんが、実はこの日、上野原カントリークラブで女子プロの大会があり、皆さんそれを見に来たギャラリーなのでした。

20150530_0735_02.jpg

北口前の案内所はいつも通り。名物のおじさんの元気な口上が聞こえてきます。左手奥に8時10分発の鶴峠行きバスに乗る人が並んでいますので、私もそちらに並びました。待っている間、当ブログからリンクさせていただいている悠さんが2月にお友達のKちゃんと歩いた「要害山~尾続山コース」のハイキング案内を配ってる方が来ましたが、よく見ると上野原の駅長さんでした。

やがてバスが来て乗り込みます・・・が、時間が来てもなかなか発車しません。よくみると、ちょっと先のほうに上野原カントリークラブ行きの臨時バスの乗り場があり、そこからの人の輸送がピークを迎えていてバスが何台も渋滞していたのでした。発車しても暫くはカントリークラブ行きのバスの行列の中でノロノロとしか走りません。途中で行列から逸れてから、ようやくまともに走り出しました。一安心です。

今回のルートとタイムもヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。