今年も行って来ました、第一空挺団降下始め。

こんにちは。

昨年の11月頃だったでしょうか、女房が美容室で肩くらいまであった髪を思い切って短くして来ました。それ以来、「この髪型、どっかで見たような?」と思っていたのですが、先日テレビでアメリカ大統領選のニュースを見ていて気がつきました。女房の髪型、ヒラリー・クリントンの髪型によく似ていたんですね。

で、その話を女房にしましたら
「う~ん、髪型と性格以外は似てないけどね。」
・・・ヒラリーに性格が似ていることはしっかり自覚しているんかい!(笑)

で、本日はそんな女房とチビを連れて新年早々あるイベントにお出かけした話です。

昨年の1月、当ブログの記事にもしましたが、地元の陸上自衛隊・習志野駐屯地で実施された「平成27年 第一空挺団 降下訓練始め」見に行って来ました。輸送機からのパラシュート降下や、ヘリからのロープを使った降下の訓練展示ですね。以前から毎年1月の第2日曜日ごろに開催され、地元だけでなく遠方からも多くのファン(ミリヲタとも言う)が集まります。

この時は午前11時からの開始ということで、我が家一行は1時間くらい前には着くように出かけたのですが、時既に遅し。会場の観覧席(と言ってもただの土手上のスペースですが)は後ろを通るのがやっとの満員、押すな押すなの状況で、我が家は人間山脈の後ろから背伸びしながら覗き見る羽目に陥りました。まあ、飛行機からの降下は上のほうなのでそこそこ見れるんですが、着地の瞬間や地上での訓練は殆ど駄目。運よく前の人の隙間から覗けた時以外は訓練の空砲を撃つ音だけを聞いて帰って来ました。

で、今年の「平成28年 第一空挺団 降下訓練始め」です。今年も第2日曜日、1月10日の実施だったんですが、女房は「今年こそ最前列で見るぞ~!」と張り切っており、事前に同僚と休みのシフトを調整してあったりしてやる気満々。まあ、年明けのこの時期は殆ど晴れなので天気の心配はあまりしませんでしたが、晴れていると冷え込みも厳しいですからね。私は平気ですが、女房とチビは大丈夫かな?と思いながらも、当日早朝から出かけてみました。

今回は事前に情報収集を行ってみました。11時開始は昨年と同じなのですが、開門が8時30分。そして事情通の情報によると少なくともその30分前には行って並んでおく必要があるとか。そうすると現地8時到着として、駅から歩く時間なども考慮すると7時前には自宅を出る必要があります。

20160110_0724_01.jpg

と言うわけで、地元の京成線の駅から7時前に出発。7時20分過ぎ、新京成線の習志野駅に到着しました。

20160110_0729_02.jpg

朝食もまだですので駅前のコンビニでパン・おにぎり類と飲み物を調達。

20160110_0751_03.jpg

駅前から南下して国道296号線に出、さらに成田方面に歩いて約20分ほどで習志野演習場正門に到着。開門は8時半と聞いていましたが、もう開いていますね。誘導の隊員さんの指示に従って奥に進みます。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

2016年、初詣登山は奥武蔵へ。

こんばんは。

今年最初の山歩き。ここ数年恒例になっていたのが、女房・子供を連れた初詣登山でした。一昨年は奥多摩・御岳山の武蔵御嶽神社、昨年は丹沢・大山の大山阿夫利神社に家族そろって出かけています。東京・神奈川と来たので今年は埼玉方面かな、などと年末から考えていたのですが、武蔵御嶽神社、大山阿夫利神社と来ると修験道つながりで三峰神社と続けたいところ。ただ、やっぱり三峰神社はアクセスがあまりよくなく、車で行ってしまうと神社まで直接乗り付けてしまって山歩きどころではありません。そこで、もっとお手軽に出かけられるところと言うことで、奥武蔵の「子の権現」あたりが候補に挙がっていました。ここなら、西武池袋線の吾野駅または西吾野駅から山歩きを楽しめ、帰りは竹寺を通って小殿バス停まで下りれば、一昨年も寄った「さわらびの湯」で温泉に入ってからバスで飯能駅まで帰って来れます。ちなみに逆方向の小殿バス停から竹寺、子の権現を通って吾野駅に至るルートは埼玉県の関東ふれあいの道「奥武蔵の古刹を訪ねるみち」に設定されています。

それと、最近毎月お邪魔している浅草橋の山道具ショップ「Alpine Bell」さんの、2016年最初のトレッキングミーティング(1月10日)の行き先も子の権現になっています。実は当日は以前から家族で出かける予定が入っていて参加できないので、その代わりも兼ねて行ってみようか、などと考えていました。

ところが、です。なんと女房が今年の正月は元旦以外フル出勤になってしまいました。そうなると、子供も母親なしでは付いて来たがりません。他の季節ならともかく、寒い盛りですからね。結局、私一人で出かけることになってしまいました。でも待てよ、一人で出かけるのなら伊豆ヶ岳あたりから縦走して子の権現に詣でるのも手だな。有名な伊豆ヶ岳の男坂、一度登ってみたいと思っていましたし。気になるのは行程が若干長丁場になる点です。実質1ヵ月ほどブランクがあいているのでちょっと体力的に不安ですが、まあ大丈夫かな。しかし、実は全然大丈夫じゃありませんでした(笑)。

先程ふれた埼玉県の関東ふれあいの道には「伊豆ヶ岳を越えるみち」というのも設定されています。吾野駅から子の権現に登り、尾根伝いに中ノ沢ノ頭、高畑山、古御岳、伊豆ヶ岳と歩いていって正丸峠で尾根を外れ、正丸駅まで下りてくるルートです。なるべくなら最後に子の権現にお参りしたいので、今回はこのコースを逆方向に歩いてみることにしました。

20160103_0448_01.jpg

というわけで1月3日日曜日、地元駅を快速電車の始発で出発します。

20160103_0533_02.jpg

まっすぐ東京駅まで行ってJRから東京メトロ丸の内線に乗り換え。5時34分の電車で池袋に向かいます。

20160103_0554_03.jpg

池袋から6時ちょうど発の西武池袋線・準急飯能行きに乗り換えます。この後、写真を撮るのを忘れましたが、飯能で7時19分発の西武秩父行きの各駅停車に乗り換え。実は飯能での接続がちょっと悪く、25分近く待つ羽目になりました。地元を1本後の快速で出ても間に合うみたいです。

20160103_0750_04.jpg

20160103_0800_05.jpg

7時49分、正丸駅に到着。駅では10名ほどの山姿の乗客が下車しましたが、私を含め8名ほどが伊豆ヶ岳方面に向かうようです。身支度を整え、8時ちょうどに出発しました。

今回のコース・タイムの詳細もヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

山歩き用時計を衝動買い。

こんにちは。

昨年7月にご紹介した、元奥多摩山岳救助隊副隊長の方が書かれた「すぐそこにある遭難事故 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」。

20150711_1007_01.jpg

すぐそこにある遭難事故  奥多摩山岳救助隊員からの警鐘
金 邦夫
東京新聞出版局
売り上げランキング: 82,027

こちらの著者である金邦夫さんの講演会が来月、奥多摩ビジターセンターの主催で開催されるそうです。2月6日土曜日、13時から開始で場所は都内日比谷公園・緑と水の市民カレッジ(野外音楽堂の隣)だそうですが、奥多摩ビジターセンター主催の他のイベント企画同様、事前に参加申し込みが必要です。また、そちらの締め切りも1月22日までとなっています(郵送の場合は必着、WEB申し込みは当日まで)。週末の実施でアクセスのしやすい場所ですので、関心のある方は参加してみてはどうでしょうか。なお、定員があるため申込者多数の場合は抽選となるそうです。

詳細情報、申し込みなどはこちらから。



さて。本日は山歩きの話ではなく、ちょっとした小ネタです。年末のことですが、女房がちょっと大きめの時計が欲しいと言い出しました。これまで使っていたのはシチズン・アテッサのレディースサイズのウォッチですが、エコ・ドライブの電波時計で使いやすくはあるものの、文字盤が小さくて見辛く、気分を変えるためにも少々大きめの時計、できれば紳士用の時計を手に入れたいのだそうです。まあ、気分を変えるために時々使うだけなので、安物で充分との話。そこで、Amazonにアクセスして女房と一緒に色々と物色してみました。ちなみに我が家ではリビングのテレビのHDMI端子にlenovoのスティックPCを挿してあるので、こういう時は便利です。

紳士用の時計、それも大き目となるとクロノグラフ(ストップウォッチ付きの時計)でしょうか。デジタル時計ならストップウォッチ付きは当たり前ですが、アナログ表示の時計となるとクォーツであっても余計な針を何本も文字盤に付けなくてはならず、必然的に文字盤自体、ひいては時計本体が大きくなります。まあ、アナログのレディスウォッチにクロノグラフがまず見当たらないのはこう言った理由からなんですけどね。

で、検索してみてちょっと驚きました。クォーツでもクロノグラフと言うとそれなりの価格(2~3万)はした記憶があったんですが、今ではセイコーの逆輸入モデル(ムーブメントを日本で製造、最終組み立ては中国などの海外)なんかだと1万円を切る価格で買えるんですね。色々と物色した結果、1万円ちょっとのセイコーの逆輸入モデルのパイロットクロノグラフ(回転計算尺つきで特に大きい・笑)に落ち着き、『ポチっとな』をしました・・・え?
「ポチっとなって、今ログインしているの俺のアカウントだから、俺のカードからの引き落としになるんだけど?」
「届いたのが気に入らなかったらアンタが使うんだから、アンタのカードからの引き落としでいいの!」
「そんな殺生な~」

で、翌日の午前中にはAmazonから届きました。私が帰宅すると女房はすでにご満悦で気に入った様子。少なくとも私の購入扱いにはされなかったので一安心です(笑)。早速、工具を取り出して、金属バンドの長さ調整をしてあげました。実は、それくらいの工具なら以前から持っているので、余程特殊な構造のバンドでない限り調整を自分でできます。

さて。本題はこれからです。女房と色々と物色しているうちに、こちらも何か欲しくなってきてしまいました(笑)。まあ、あれだけ安いと試しに買ってみたくなります。私が山歩きで使っている時計は以前ご紹介したこともあるタイメックスの「キャンパー(現行のクォーツ仕様のもの)」で、これはこれで軽くて全く邪魔にならず、視認性もよくて(軍用時計の流れを汲んでいるのでこれは当然)非常にいい時計なんですが、さすがに少々飽きて来ました。安いセイコーの逆輸入クロノグラフなら傷をつけたり壊したりしても惜しくないので、タイメックス・キャンパーの代わりに使うのにうってつけです。で、色々と物色して目をつけたのがこれ。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

年末は高尾山で忘年会。

こんにちは。

おなじみ浅草橋の山道具屋さん、「Alpine Bell」さんの月1回恒例のグループ山行「トレッキングミーティング2015」。2015年の最終回、昨年12月の行き先は・・・おなじみ高尾山。今回は山歩きは二の次(?)、山頂付近で忘年会をやってくるのがメインのイベントです。今回は山行自体はあまり大したことはないので、簡単にご報告させて頂きます。

20151213_0752_01.jpg

昨年12月13日日曜日。朝8時前の高尾山ケーブルカー清滝駅です。本日はこちらが集合地点になります。

20151213_0805_02.jpg

メンバー集合。ケーブルカー駅に集合していますが、先行して道具などを運ぶ練木さんほか数名以外は6号路で山頂に向かいます。でも、誰とは言いませんが最初から呑み優先でまるで山歩きの装備じゃない人もいますね。手に提げた袋は当然お酒のようです(笑)。

20151213_0810_03.jpg

8時10分、6号路に向けて移動開始です。

20151213_0818_04.jpg

高尾病院の手前で舗装道路から山道に入ります。

20151213_0822_05.jpg

天気は曇りですが、今にも雨が降り出しそう。地面もしっかり濡れています。

20151213_0903_06.jpg

橋を渡った直後に軽く休憩。落ち葉の積もった6号路をさらに進みます。

20151213_0909_07.jpg

稲荷山コース方面への分岐で一行が二手に分かれます。私はそのまま6号路を進むメンバーと一緒に登ります。

あまり役には立ちませんが、今回のコース・タイムも一応ヤマレコに登録してあります。よろしければご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

初めての丹沢表尾根、体調に泣く。

新年、あけましておめでとうございます。

年末に溜めている記事、一気に書くぞ~!と意気込んでいたんですが、ご覧の通り11月21日の1日分を書き上げるのが精一杯。大晦日の夜から1日にかけては実家のほうへ行っていて(と言っても同じ市内ですが)、結局それ以上書き続けることができませんでした。というわけで、新しい年を迎えましたが記事は昨年12月の山行のものから始まります(笑)。

昨年12月最初の週末。以前書いたように11月中旬からは休日出勤が殆どなくなっていたので、久しぶりに丹沢方面の山歩きを計画しました。この冬は暖かい日が続いていますが、流石にもう山蛭は出ないでしょう。当初考えたのはまだ未踏の蛭ヶ岳攻略ですが、場所が場所だけに日帰り攻略は難しそうです。以前から暖めている案として、小田急線の新松田駅から西丹沢自然教室までバスで行き、檜洞丸・臼ヶ岳を経由して蛭ヶ岳へ。そのまま丹沢山・塔ノ岳を経由して大倉バス停まで下りてきますが、標準CTでも塔ノ岳までが9時間。大倉尾根はヘッデン使用が前提の強行軍です。総歩行時間11時間程度なら以前もやったことがありますが、最近体もかなり鈍っていますし、いきなりこの強行軍は無謀でしょう。それに、ヘッデン使用前提でもできるだけ明るい時間に歩いたほうがいいに決まっています。そこで、無謀な計画は春ごろまで延期することにし、この日は同じく未踏の表尾根を歩いて塔ノ岳まで行ってみることにしました。

というわけで12月5日土曜日、いつものように始発電車で地元駅を出発。いつも通りのルートで御茶ノ水で中央線に乗り換え、まずは新宿駅まで出ます。

20151205_0653_01.jpg

新宿駅で小田急線に乗り換え。5時46分発の急行に乗って6時53分、小田急線秦野駅に到着しました。こんな早い時間でも結構人が一杯なんですよね。立っている人もちらほらいる位の混み具合です。

20151205_0657_02.jpg

秦野駅前・ヤビツ峠行きのバス乗り場。今停まっているバスは先発の蓑毛止まりのバスですが、誰も乗る人がいません。皆さん、当然ながらヤビツ峠行きのバス待ちのようです。バスの時刻は7時35分、まだ30分以上ありますが、すでに20人以上の方が並んでいます。私もいそいそと列に加わりました。恐らく、この調子だと臨時バスが出るんじゃないかと思います。

20151205_0801_03.jpg

予想したとおり、臨時バスが7時20分頃に出ました。そちらに乗り、8時過ぎにヤビツ峠着。

20151205_0810_04.jpg

ヤビツ峠には立派なトイレがあります。もちろん利用させていただきましたが、こちらは有料で50円かかります。この先の何箇所かにあるトイレも基本有料ですが、料金箱のみが設置されていておつりは出ませんから、あらかじめ50円玉を何枚か(トイレによっては100円のところもあるようです)用意しておいたほうがいいと思います。

20151205_0813_05.jpg

8時15分、出発です。最初はバスが走ってきた県道70号線をそのまま先へ進みます。

本日のコース・タイムの詳細な記録もヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR