金邦夫さん講演会『すぐそこにある山岳遭難』を聞いてきた。

こんにちは。

先日ですが、大変久しぶりに海外通販で鉄道模型を購入しました。と言っても、たいしたものではなく、客車が1両だけです。私は外国型の模型で手をつけているのは英国型だけですので、英国からの購入になります。英国型というと、昔から大変出来が悪い(笑)ことで有名だったんですが、この15年ほどは英国国内での生産をやめて中国製に切り替わり、飛躍的に品質が向上しました。中国製になったら品質が向上した、というところから元のレベルが分かりますが、昨今の中国での人件費その他の高騰の影響か、価格もかなり上昇しています。以前は客車なら1両12ポンドから15ポンドと言うところでしたが、現在では20ポンドから25ポンド。倍とは言いませんが、結構上がっていますね。

今回購入したのは、HSTと言う時速200kmで走るディーゼル超特急の、車掌室つき2等客車(TGS)。これの80年代の英国国鉄塗装のバージョンです。HST、実は若い頃何度か乗ったことのある列車なんですが、今回の購入でようやくフル編成が再現できます。あちらでは日本のようにフル編成をセットでポンと出すことはあまりなく、1種類ずつ、ちまちまリリースしていくことが殆どです。今回もフル編成そろえるのに8年がかりとなりました。

値段は20ポンド。あちらでは法律で内税表記が義務付けられているので消費税(20%)込みですが、海外発送だと免税処置をしてくれるので16.67ポンド。送料は最低だと3ポンドですが、途中で行方不明になるのも嫌なので、書留扱いで6.5ポンドの便にしてもらいました。これで合計23.17ポンドです。最近ちょっと円高傾向ですが、ドルが昔に較べると1.5倍近いレートなのでポンドも高いんだろうな・・・と思っていたら意外に安く、170円弱。トータルで4,000円しないですね。ちなみに送料、いかに英国と言えど500円かそこらで海外へ航空小包を送れるわけもないんですが、国内送料無料を謳っているお店なので海外発送もその差額分のみの負担となっています。とりあえず、届くのが楽しみです。

さて、今回のお題は先日のブログ記事の冒頭で触れた、元警視庁青梅警察署・山岳救助隊副隊長だった金邦夫さんの講演会に行ってきたお話です。先日の記事で触れたとおり、申込者多数の場合は抽選と言うことだったんですが、やはり会場が都心で行きやすいせいかそれなりに応募が多かったようで、抽選になったようです。申込締め切りは1月22日だったんですが、23日に抽選の当選の通知がメールで来ました。というわけで、2月6日土曜日、都内千代田区の日比谷公園まで出かけてきました。

日比谷公園、しかも野外音楽堂のある辺りだと最寄り駅は東京メトロの霞ヶ関か都営地下鉄の内幸町となります。ですが乗り換えるのも面倒だったので、総武線快速でまっすぐ新橋まで行ってそこから歩きました。新橋駅から日比谷公園まで徒歩10分くらいしょうか。

20160206_1249_01.jpg

日比谷公園に到着しました。正面中央の建物は日比谷公会堂。かなり前から老朽化のため建て直す・・・という話を聞いているような気がするんですが、未だにそのままですね。建替えの話は立ち消えになったんでしょうか。

20160206_1252_02.jpg

にれの木広場の前を通過。日比谷公園にやってくるのは本当に久しぶりです。若い頃、ごくごく短い期間だけ営業職を経験したことがあって、その頃の担当区域が有楽町・日比谷・内幸町だったので、毎日のようにここに来ていた時期がありました。当時の昼下がりの日比谷公園なんか、アタッシュケースを枕に昼寝している営業マンとか、同じくアタッシュケースを机にして将棋を打っている営業マンたちとか、そんな暇人で一杯でした。え、私?私は真面目に仕事していましたよ、一応(笑)。

あと、今はどうか知りませんが、昔は夜になると「のぞき」が多いので有名でした。特に公園の北東の心字池のあたり。学生時代、当時付き合っていた彼女と一緒に「のぞき」見物に来たことがあります。アベックで歩いていれば向こうから接近してくるだろうと思っていたんですが、さすがにすぐに分かるような間抜けな人はいませんね。結局それらしいのは見つけられなかったんですが、心字池のほとりのちょっと高台みたいになったところで「のぞき小屋」を発見。高台の斜面に木の枠を枯れ草で覆ってカモフラージュした、大人一人が隠れられるような小屋が作ってありました。おそらくこの小屋に潜んでいて、すぐ前のベンチでアベックがいちゃつき始めると小屋から頭だけ出して観察するんでしょうね。それだけのものを作る努力に呆れましたが、彼女の方は「ええい、こんなもの、こうしてやるっ」と言って近くにあった棒(おそらく小屋の建材の残り?)で小屋を破壊し始めました。小屋の持ち主(?)が逆上して襲ってきたら困るぞ・・・と思ったんですが結局そのようなこともなく、哀れ「のぞき」屋の努力の結晶は崩壊して心字池に転がり落ちていきました(笑)。

20160206_1254_03.jpg

野外音楽堂の前を通過。

20160206_1255_04.jpg

そして、野外音楽堂のすぐ右隣に、本日の会場である「水と緑の市民カレッジ」があります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

雪の塔ノ岳、人生2度目の遭遇。

こんにちは。

以前の記事で書きましたが、昨年10月以来続いていた、東京湾の向こう岸までの片道2時間の長距離通勤。この1月末でようやく終了、2月1日からめでたく浅草橋・秋葉原界隈に戻って来ました。やはり、こちらの方が落ち着きます。何より物価が安いのがいいですね。あちらでは昼の定食は1,000円あるいはそれ以上が当たり前でしたが、こちらでは高くても700円、お財布にやさしい環境ですよね。ただ、量もガッツリ系のお店が多いので、ダイエットにはやさしくありません。すでにこの数日で1キロ以上体重が増えたような気がします。量の多いお店が多いせいで、この界隈では男性でも「ご飯少なめで」と注文する人が少なくないありません。かく言う私も実はそうだったりします。以前ご紹介した「珈琲 葦」さんではすでに覚えてくれていて、何も言わなくても「はい、ご飯少な目ね~」と言いながら持ってきてくれます。

さて、本日ご紹介するのは1月24日、日曜日の山行のお話。1月23日・24日は皆さんご存知のように、低気圧の通過その他で大荒れの予報が出ていた週末です。通常でしたら山行は諦めて家でおとなしくしているところですが、天気予報をよく見てみると、土曜日は曇りのち雪で好天は望めそうもないものの、日曜日は冬型の気圧配置で関東地方は概ね晴れとの予報が出ています。「大荒れ」と言っているのは西日本と東北以北だけみたいです。これなら大丈夫そうだ、と出かけることにしました。ただし、前日夕方から深夜にかけて雪予報で、日曜の朝は交通機関に支障が出ている可能性があります。出かけたものの、先へ進めなくて引き返すことは覚悟しなければなりません。また、かなり寒くなることが予想されたので、防寒対策をしっかりとして出かけることにしました。

肝心の行き先ですが、あまり山が深いところ、遠いところ、電車が止まりやすいところはパス。この観点からだと奥多摩方面は候補から外れます。中央線沿線の山梨県の山々もパス。青梅線もそうですが、高尾から先の中央線も降雪があるとすぐ止まります。そうすると、残るは丹沢と高尾ですが、このうち丹沢方面に向かってみることにしました。実は先月まで仕事をしていた神奈川県内某所、オフィスの窓からビルの間越しに丹沢の山々をチラ見できるんですが、この前週辺りから雪で真っ白になっていて、行きたくてしょうがなかったんですよね。とういうわけで、当日の第一目標を丹沢・塔ノ岳、第二目標を奥高尾縦走としました。

そんなこんなで1月24日日曜日、いつもの始発電車に乗って出かけました。まず目指すのは新宿駅。丹沢方面へは小田急線で向かいますので新宿駅で乗り換えになります。最近、関東の私鉄各社は降雪があると大幅なダイヤ乱れがあることが多いのですが、新宿まで行ってもし小田急線が止まっている、またはダイヤが乱れているようでしたら行き先を第二目標の高尾山に切り替え、JR中央線または京王線で高尾方面に向かいます。もし高尾方面も向かうのが困難なようでしたら・・・その時は千葉に帰って二度寝します(笑)。

私の心配をよそに、新宿までのJR各線はまったく問題なく動いていました。前夜、雪なんか降らなかったみたいです。新宿駅からの小田急線も通常通り。「全国的に大荒れ」の天気予報のせいか、昨年12月に丹沢・表尾根を歩いたときよりは空いている印象でした。6時57分に渋沢駅に到着、すぐに駅前に来ていたバスに乗り換え、7時15分頃、大倉バス停に到着しました。

20160124_0723_01.jpg

どんぐりハウス前です。ここも、雪なんか全然ありません。雪が楽しみでやってきたのに、この調子だと泥んこ祭りの大倉尾根での苦行で終わるのかな?一抹の不安を抱きながら、7時25分、歩き始めました。本日はここから塔ノ岳の山頂を目指します。帰りは一番最初に丹沢を訪れたときと同じく鍋割山経由で下山、またはそのまま大倉尾根ピストンの予定。登山時に状況を見ながら下山時に分岐点の金冷シで最終決定します。

20160124_0727_02.jpg

歩き始めてすぐの大倉集落です。前方の山並みの向こうに朝日を浴びる表尾根が覗いていますが、真っ白ですね。これはひょっとしたら期待できるのかも。

今回のコース・タイムの詳細もヤマレコに登録してあります。あまり役には建たないかもしれませんが、そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

上野原トレッキング、まずは要害山から。

こんにちは。

先週末、1月最後の土日となった30日・31日。前週の中頃から天気予報は土日とも雨模様ということでしたので、早々に山行を諦めていました。土曜日は元々歯医者の予約が入っていて、出かけられないのは既定でしたから問題なかったのですが、日曜日は女房も休み。さてどうしたものかと思っていたら、女房が見たい映画があると言い出しました。だったら映画でも観に行くか、と早いうちから決めてあったのですが・・・いざ日曜日になってみたら、若干曇りがちではあるものの、一応は晴れ。しまった、と思いましたが後の祭りです。山の準備もしていなかったし、予定通り映画鑑賞に出かけました。ちなみにチビは友達と遊びに行くと言うことで別行動です。

で、女房の見たい映画が何だったかと言うと・・・竹内結子さん、橋本愛さん主演のホラー映画「残穢(ざんえ)」。私はあまりホラー映画を見ないのですが、原作が「十二国記」シリーズの小野不由美さんということで、それなりに期待できそうなので付き合うことにしました。小野不由美さん、構成力のある作家なので、原作から大きく逸脱しない限りそこそこ面白い作品に仕上がっているんじゃないかと思ったわけです。

で、観終わった感想ですが、詳細はネタバレになるので書きませんが、それなりに面白い映画に仕上がっていたと思います。ただ、一言で言うと「余計な想像」をしてしまった中に恐怖がある、という趣の映画なので、そもそも余計な想像をしないタイプの人だと怖くないどころか全く面白くないかもしれません。あと、残念なのは演出過剰なところが数箇所あった点です。私がホラー映画を見ない理由の一つに、観客を怖がらせよう・・・という制作者の意図が見えてしまうとその時点でシラけてしまうというのがあるんですが、今回の映画もそれが透けて見える演出が数箇所あったのは残念でした。もっとぐっと抑制を効かせた方が恐怖感が倍増すると思うんですけどねぇ。

映画を見てから某サイトの映画評を見てみたんですが、こちらも「怖い、面白い」という評価と「全然怖くない、面白くない」という評価にきっちり二分されていました。面白くないという意見の人の中に、私が邪魔だと思ったシーンを指して「唯一怖かったホラー映画らしいシーン」と評価している人がいて、なるほど、と思ってしまいました。本当に人それぞれですね。

肝心の女房は、映画が終わって明かりがついたときには「ひ~」とか言って硬直状態だったので、「大丈夫、これくらいの話、そこいら中にあるから」と言ってフォローしておきましたが・・・全然フォローになってないですね(笑)。私は原作のほうを無性に読みたくなったので、帰りに本屋で原作本もGETしてきました。一昨日読み終わりましたが、こちらは傑作。映画はかなり原作に忠実に作ってあったみたいですが、私が邪魔だと思ったシーンはすべて、原作にはありませんでした。監督と脚本家による、文字通りの「蛇足」だったようです。



さて。のっけからかなり脱線しましたが、今回は1月16日、土曜日の山行のお話。前回、1月3日の初詣登山でヘロヘロになってしまった反省から、この日は低山で軽めのメニューをこなしましょう・・・ということで検討した結果、思いついたのが上野原周辺で最近整備されてきているトレッキングコースです。

上野原市街は、JR中央線の上野原駅から北西方向へ桂川(相模川)支流の鶴川に沿って伸びていますが、この両岸に500m級の里山がいくつか並んでいます。東岸には市の中心部に近い、南から順番に八重山、能岳、聖武連(しょうむれ)山。西岸には同様に要害山、尾続(おずく)山。これらの山々ですが、近年JR東日本、富士急山梨バスや上野原市民の皆さんが協力してハイキングコースの整備に力を入れており、当ブログからリンクさせていただいている悠さんも昨年1月に能岳・八重山、2月に要害山・尾続山を歩かれています。私もその記事を読んで以来、一度歩いてみたかったのですが、冬枯れで里山を歩きやすい時期というのもあって、今回歩いてみることにしました。

で、問題はこれらのうち、どの山に登るかですが、手始めに要害山から始めてみることにしました。この要害山、戦国時代は相模方面を見張る小山田氏の砦(大倉砦)が置かれていたという話ですし、権現山から連なる権現山稜(正式名称はわかりませんが、こう呼んでいた人がいたので仮にこの名で呼ぶことにします)から南に突き出た支尾根の末端にあたる山でもあるので、権現山稜までのルートを確認してみたいと言うのもありました。

それと、要害山と並んで登ってみたかった山に不老山があります。この山は要害山のさらに西のほうにある800m級の山ですが、前々から一度登ってみたい山でありました。都内から中央道の下りに乗って談合坂SAで一休みすると、下り線SAのほぼ真向かいにポッコリした小山があるのが目に付きますが、これが不老山です。談合坂SAは徒歩だと自由にSAから出入りできるので、車をSAに置いて登りに行く方もいるようです。

問題はこの不老山、要害山と直接尾根で繋がっていないことです。要害山は権現山稜の二本杉山の南に伸びる支尾根の末端、不老山は同じく権現山稜の雨降山から南に伸びる支尾根の末端。仕方がないので、一度権現山稜に登って二本杉山・雨降山を迂回して不老山に向かうことにしました。つまり、500mや800mの山をハシゴするために1,200m近い山を迂回していくというわけですね。なんだか、本末転倒のような(笑)。

それと、今回はダイエットを兼ねてバスを使わずに要害山の登山口まで上野原駅から徒歩、不老山の下山口から四方津駅までも同様に徒歩にしました。まあ、平地の舗装道路歩きなので大してダイエットにはならないですけどね。

20160116_0659_01.jpg

というわけで、1月16日土曜日、地元駅をいつもの始発電車で出発。御茶ノ水で高尾行きに乗り換え、さらに八王子で6時35分発の普通電車松本行きに乗り換え。6時59分、上野原に到着です。

今回のコース・タイムの詳細も、いつものようにヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR