fc2ブログ

ラダーサーボ不調の原因が判明。

こんばんは。

日曜日の墜落で陥った我がBlade 130 X のラダーサーボの不調ですが、昨晩色々と調べていて原因が判明。無事復活しました。

きっかけは昨日「通りすがり」さんから頂いたコメントでした。「通りすがり」さんの130 X では墜落によって受信機が何台か駄目になってしまい、それによってラダーサーボに変調をきたしたとのことで、私も不調の原因が受信機にあるのか、それともサーボやテール周りの破損にあるのかが気になりだしてしまいました。で、昨日の夜遅くバッテリーのチャージを開始、夜中に動作チェックを始めました。流石にホバリングのテストまでは出来ませんでしたが(笑)。

で、結論から言うと、「ラダーサーボのギアに挟まったゴミ」が原因でした。スロットルホールドを入れた状態で各サーボの動作状態を念入りに調べてみたのですが、ラダーサーボは日曜の墜落直後と同じく「動いたり動かなかったり」を繰り返すのみ。ただ、注意深く観察していると、サーボが動かない場合でもラダーを倒すと微かに「ジッ」という音がサーボから出ています。このことから、受信機からは制御出力が出ていると判断。ラダーサーボ以降の機械的な故障を疑いました。

一度バッテリーを外し、リンケージも外して各部の動作を指で確認して見ました。テールユニットの動きには全く問題がありません。次にサーボのギアを指先で回してみると、明らかに回転の悪い部分があります。1箇所、なんだか引っかかったように回転抵抗が増します。見た目ではゴミらしいものはないのですが・・・あらためてよく観察すると、サーボのモーターに付けられた白いピニオンギアの歯の谷間に若干の違和感を感じます。精密ピンセットを取り出し、違和感のある辺りを探ってみると・・・ありました。0.2mmほどの大きさの、石英か長石と思われる白い粒がギアの谷底に挟まっていました。保護色になっているので、ちょっと目には全然わかりません。

このゴミを取り払い、改めてバッテリーを繋ぎ直して見ると・・・ラダーサーボの動作が綺麗に元に戻っています。原因は100%、あの白い粒のようですね。この程度の大きさでも、サーボを止める抵抗としては充分に働くようです。この白い粒、写真撮影しておきたかったのですが、取り出した直後、ピンセットの先から飛んで永遠に行方不明になってしまいました。仕方がないので、回復後のラダーサーボの写真だけ載せて起きます(笑)。

130 X Servo

130 X のラダーサーボはテールブームの下にギア類むき出して取り付けられています。サーボ本体のカバーもありません。実はゴミにはかなり弱いのではないかと思います。これまでの機種も同様のサーボが使われていますが、取り敢えずキャノピーの内側には入っていましたから、あまりゴミが問題にならなかったのかも知れません。放熱などの問題もありますが、サードパーティから軽量のゴミ避けカバーの類を出してもらえると嬉しいですね。

Pincette and Loupe

画像のピンセットは今回、実際にゴミ取りに使ったもの。隣にあるのは・・・目に付けるタイプのルーペ、いわゆる「キズミ(傷見)」と呼ばれるものです。はっきりいってこの二つは時計工具の部類ですが、今後は携帯する工具の中に入れておくつもりです。屋外でこれを使っていると、かなり「変な人」にしか見えませんが(笑)。
スポンサーサイト



テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

キズミ

こんにちは。

一時、時計のボタン電池交換に凝りました。

家内が時計好きでパチもんばかり十数個持っていました。
電池交換の費用がバカになりませんので、交換セットを買って
私が交換するようになりました。

セットにキズミが入っていました。
4×5のピン合わせをする時に被る暗幕のようなものを
被って作業しますが、無かったので被らず作業していて
バネを飛ばしたことがありました。
これだけ本物のエルメスでした(^^; 

この時のピンセットをいまヘリの作業に使っています。
DUMONというスイスメイドで非磁性です。

130Xの件

徒骨亭さん こんばんは
130Xの不調原因が判明し、一安心でした。

私の方は、パイロットの意思に反して、急上昇を繰り返し、スロットル・ホールドで不時着させる事故が昨日ありました。原因は不明です。

折損したスキッドを交換するついでに、サーボの分解修理と、Aギヤのメタル化を行いました。サーボを分解して見ると、Deoxitのスプレー残渣がねっとり残っており、たまには分解修理が必要のようです。ただし、分解時の4本のねじの開け締めは十分注意が必要ですね。すぐネジ山がズボズボになりそうです。

当初、130Xを3枚におろすのを躊躇しましたが、Bokkinenさんの写真や、ネットの写真を参考にして、意外と簡単に済みました。

Aギヤのメタル化にはちょっと不安があって、純正メタルを使用する場合はシムをかませる必要があるということで、今回私はエストリームのギヤを取り寄せてみました。

直径が幾分小さく、エレベーター・サーボとのバインドもなく、またBギヤとの咬み合わせもOKのようです。ガタは、メインシャフトのカラーで調整しました。

明日風が弱ければ試飛行を実施して見ます。

No title

こんばんわー!

130X直って良かったですねーー。
それにしても、そんな極小のごみで動作不良だなんて・・・。

最初からカバー位付けて欲しいですね。
剥き出しのサーボにゴミ問題は昔から影響が言われていた
部分ですよね。
何故にあんな形状のサーボにこだわるのでしょうか?

Re: キズミ

ブラウンさん、こんばんは。

私も以前、旧ソ連製の機械式時計やライカコピーのカメラを弄るためにこういった工具を揃えていましたが、今ではそういうこともやらなくなりました。もっとも、時計・カメラとも完全に分解まではできず、歩度調整やシャッターの調整くらいしかやれませんでしたが・・・。

画像のピンセットもスイス製で、数年前に廃業してしまったFONTAX社の製品です。FONTAXは電子工作をやる方にも人気で、秋葉原の大き目の工具店には結構在庫があったりしたのですが・・・流通在庫もなくなってしまって、いまでは殆んど見かけなくなりました。

Re: 130Xの件

藪 丈二さん、こんばんは。

謎の急上昇・・・ちょっと不安になりますね。スロットルホールドが効くということは完全なノーコンではないと思いますが、原因がわからないのは怖いです。

純正のメタルギア化は私も考えていたのですが、単純に交換しただけでは駄目なんですね。エクストリーム製のギアだとエレベーターサーボの基板上のチップ部品との干渉の心配も無いようですが、当面はプラのギアのままにしておきます。

Re: No title

テツテツさん、こんばんは。

カバーをつけない最大の理由は軽量化でしょうね。mSRを始めとするマイクロヘリの世界の発展に大いに寄与したのはこの超小型・軽量サーボだと思いますが、反面では外部からの衝撃やゴミに弱いというウィークポイントもあるわけで・・・痛し痒しというところでしょうか。もう少し安くて安定供給してくれれば、消耗品と割り切って定期的に交換する使い方もできるのですが。

ノーコンの原因判明

徒骨亭さん こんにちは

130Xがノーコンに陥る原因が分かりました。左舷のサイクリック・サーボが生きたり死んだふりをしているのが原因だったようです。

机上テストOK、フィールドでの飛行前テストOK、いよいよ上空に行ったところで
制御不能に陥り、THで不時着。ランディング・スキッドを折損。
再度、全く同じことを繰り返しまして、新調したランディング・スキッドをまたまた折損事故でした。

再再度、机上での再現テストを行いましたところ、左舷のサイクリック・サーボがやっと本性を現し、時折フリーズするのを確認できました。

開腹手術でのクリーニングと、ギヤ周り、モーター配線周りをチェックしたところ、ギヤに細い毛のようなものが付着しておりました。

このゴミを除去の後、焼き鳥用の串を半分に割いたバーを4本作成して、骨折したランディング・スキッドを補修し、先ほど強風の中、フィールドテストを敢行、無事テストフライトを終了したところです。

以上、ご報告まで。

Re: ノーコンの原因判明

藪 丈二さん、こんばんは。

何と!ノーコンの原因はサーボの不具合でしたか。私の場合は勝手にピルエットするだけでしたが、確かに他のサーボで同様の現象が起こればノーコンになってしまいますね。

どうも、推察するに130 X で採用されているモーターカバーが黒いサーボは、ギア周りの抵抗増加に極端に弱いような気がします。サイズが違っても同様の構造を持っていたmSR以来のサーボではあまり異物が問題になることはありませんでしたが・・・。そもそも、小型軽量化して基板上に実装できるのがウリのマイクロ・リニアサーボを、130 X クラスの機体でもそのままサイズアップして使ってしまったのが問題なのかもしれませんね。

130 X と同様のサイズの120SRはmSRをそのままサイズアップしたような機体ですが、基板上には130 X と同じくらいの大きさのサーボが搭載されています。で、最近飛ばしていなかったのですっかり忘れていましたが、120SRも謎のノーコンは結構起こしていました。mSRと異なり、120SRのメイン基板はプラスチックのカバーに覆われているんですが、実はこのころから微細なゴミが挟まるリスクはわかっていたのかもしれません。

130X スケール・ヒュースレジ

徒骨亭さん こんにちは

いつまでも暑いですね。フライトは如何ですか。
小生は、暑くならないうち、日の出とともに6ホップをこなしています。

さて、Blade Heliをググっていましたら130XのこんなFuselageを見つけました。

キャノピーの前部分を取り外せる構造のようで、バッテリー交換がたやすくなりそうです。
秋に向けて衣替えは如何でしょうか。

http://www.bladehelis.com/Products/Default.aspx?ProdID=BLH3739

私の130Xは目下、エルロン・サーボがいかれてしまって夏眠中ですが、これ以上の投資はやめにして、おそらく今秋発表されるであろう新たなマイクロヘリの購入資金の方へ充てようかなどと考えているところです。

Re: 130X スケール・ヒュースレジ

藪 丈二さん、こんばんは。

この手の機体はデザイン的にイメチェンを図れるだけでなく、墜落時の各部の保護にもかなり有効でしょうね。私の手持ちの機体では同軸反転のmCXがこのタイプの構造ですが、如何にも弾力のあるボディが衝撃を緩和しそうです。

Bladeシリーズのヘリはどうやら大規模な更新の時期に入ったようですから、今後の新製品の動向から目が離せませんね。私はここのところマルチコプターばかり弄っていますが、これはこれでメカトロ的な面白さがあります。ジャンル的にはロボットにかなり近いようですが。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR