FC2ブログ

空撮用スキッドを組んでみた。

おはようございます。

Bladeシリーズのマイクロヘリですが、普段の置き場に困るので、最近は作業机の前の鉄道模型の単品を収納している棚にこんな状態で保管しています。

Blade Helis

何と言うか・・・殆んどセミですね。ちなみにZion4-450もさりげなく棚の上に載せてさも数年前からそこにあったように偽装しています(笑)。

さて、そのZion4-450 もまだ初飛行には至っていませんが、機体と同時に購入した空撮用スキッドを仮組みして、機体にフィッティングしてみることにしました。仮組みと言ってもカーボンパイプ2本に機体取り付け用のクランプ計4本を通し、脚部2本を取り付けて最後に細いカーボンパイプ2本を脚部先端に取り付けるだけですので極短時間で作業完了します。

Zion4-450 Skid for Cam

上部の太いカーボンパイプ2本はZionレールシステムと呼ばれており、太さは12mm、中心間隔は59mmです。enRoute さんで出しているカメラマウントキットやジンバル、バッテリートレイなどはこのパイプに取り付けられるように設計されているものが多く、汎用性が保たれています。取り付け用のクランプも単品販売されていますから、将来、もしFPVが出来るようになれば送信機などもこのレールにマウントしてやればいいわけですね。この、ZionレールシステムにGoProをマウントするためのキットがこちらです。

GoPro Mount Kit with Damper Type 6

ZionダンパーType6セット(GoPro用)です。本日の時点では品切れになってしまっていますが、先週、機体を購入した際に一緒に買ってきました。GoProをマウントするプレートとZionレールシステムに取り付けるクランプとの間にゴムのダンパーを4個挟みこむようになっており、飛行の際の振動がカメラに伝わるのを軽減するらしい・・・です。こちらも仮組みをしてみました。

GoPro Mount Kit Assembled

カーボンプレートとアルミ削り出し・アルマイト仕上げ部品の組み合わせですから、そこそこ高級感はあります。ちょっとゴムのダンパーが柔らかすぎるような気もするのですが、実際に空撮を行った際にそのあたりは検証してみることにします。このダンパー用ゴムは固さがスーパーソフト、ソフト、ハードの3種類あり、それぞれ単品販売されていますが、値段が2個セットで630円(スーパーソフト)から840円(ハード)とかなり割高です。例えば、ハードに交換しようと思えば4個必要ですから倍の1,680円もかかるわけですね。他のもので代用するのが難しいパーツですが、ちょっとここらへんはどうにかならないものかと思います。

Zion4-450 Skid with GoPro HERO3

先程の空撮用スキッドに取り付け、ついでにGoProもマウントしてみました。GoProはこのように上下逆にぶら下がる形になりますが、カメラ側の設定で映像の天地をひっくり返せますから何ら問題はありません。折角ですからGoProの電源を入れて映像をiPadで確認してみました。画角がミディアムの1080pの映像では問題ありませんが、ウルトラワイドの720pではスキッドの先端まで映ってしまいます。恐らく、フロントのプロペラも画角内に入ってしまうのではないかと思います。もっとも、画角を解像度に拘らずミディアムやナローに切り替えできるGoPro・シルバーエディション以上の上位機種を使えば済む問題ではあります。廉価版のホワイトエディションは画角の切り替えが効かない、という基本的な事実を購入後に知った徒骨亭ですが(笑)。

Zion4-450 Cam

最後に機体をスキッドの上に載せてみました。あくまで載せただけで固定はしていません。空撮用の3,500mAhのLi-Poも一緒に載せてみましたが、これらを合計するとかなりの重量・・・というか、本当にこれ、プロペラ4枚だけで浮上するんだろうな、という半端じゃない重量になります。私が自宅で日常使っているA4のノートパソコンなんかより重いような気がします。もっとも、これだけ慣性質量が大きいと相当に風には強そうですが・・・。
スポンサーサイト



テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

徒骨亭さん、こんにちわ。

着々と作業が進んでいますね。

以前、空撮用にはジンバル?とかが販売されているのを見たことがあるので
すが、非常にお高い記憶がありますが、空撮用スキッドでしたら、それより
かは入手し易い価格なのでしょうか?

GoProの実際の映像(画質)も楽しみにしております(=^・^=)

No title

こんばんは。

「木は森に隠せ」ですが、何となく頭隠して尻隠さず‥‥みたい(^^

ところで、最近のこれはスゴイ画ですが

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=PCngdQJFrsU

すぐにこんな操縦ができるのでしょうか?

練習にも広い場所が必要ですネ。

No title

GoPROを装着した、スキッドのみの状態が、
新手のMSに見えてしょうが無いっすwwwwww


ダンパーもいい値段しますね。
まぁ、次はきっとジンバルに変わってるでしょうから、
気にしないですねw

Re: No title

nekotakunさん、こんばんは。

空撮用のジンバルの類はまさに今が旬、みたいな様相を呈していますね。電子制御、機械式相入り乱れて既製品にしろ自作品にしろ、さまざまな形式のものを目にします。ジンバル用のジャイロなんかも出てきていますし、DJIのPhantom搭載のNAZAは標準でジンバルコントロールの機能を持っているらしいです。純正オプションのジンバルは700ドルくらいするみたいですが(笑)。フライトコントローラーにGPSその他の機能を加えていって楽しむほか、こういった機構を工夫していく楽しみもありそうです。

今回私が買ったのは数千円の世界です。スキッドはDJI製?の汎用品で2,520円。ダンパーつきカメラマウントはちょっと割高感がありますが5,250円。ジンバルには程遠いですが、細かい振動くらいは吸収してくれるんじゃないかと思います。そのうち、ダンパーの下に自作の機械式ジンバルがぶら下がるかもしれません。

Re: No title

ブラウンさん、こんばんは。

いや、仰るとおり頭かくして尻隠さず、ですね。この場所にスキッドとカメラマウントを装着した状態で置いておいたら、思いっきり目立ちそうです(笑)。というわけで、今目論んでいるのはプロペラ・スキッド・カメラマウントを外した上体での保管です。クワッドコプターは、プロペラさえついていなければ素人(女房)にはラジコン趣味の機体とは思われないかも。

私もまだ飛ばしていませんが、操縦はシングルローターに較べると相当楽みたいです。ただ、挙動がかなり異なるので最初は戸惑うらしいですが。いずれにせよ広いところで練習するにこしたことはないので、T京湾沿いの埋立地・T根川河川敷・K十九里浜などに遠征するつもりです。

ちなみに、最近人に教えてもらった動画です。モーターを反転させる新型のESCを使っているらしいのですが、それでもこういう機動をこなすには相当の練習が要りそうですね。
http://www.youtube.com/watch?v=ayk2zRDADkI

Re: No title

テツテツさん、こんばんは。

MS・・・というとガンダムでしょうか?FPV化できた暁には、電動エアガンの発射機構も搭載してマルチコプターでサバゲに参加してみたいと思います(笑)。

そう、このダンパーつきマウント、結構高いんですよ。enRoute さんの他の空撮機器に較べると安い方ではあるんですが。画像ではわかりませんが、アルミ削り出しのクランプやマウント金具の側面には「enRoute」やら「Zion」やらのロゴが印刷されています。こういうのは省略して安くしてくれたほうが有り難いかも・・・。

これから極度の貧乏状態で飛ばすことになるので、そう簡単にはジンバルに置き換わりません(笑)。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR