FC2ブログ

三頭山の雪。

こんばんは。

昨日28日ですが、先週来の二度の降雪でそこそこ雪が残っていると言われる三頭山(1,531m)に登ってきました。秋からの登山では先月登った川苔山を抜いて一番高い山になりますね。雪と言っても東京都内ですから20~30cm程度と雪国のそれとは比べ物になりませんが、雪の登山道は未経験なので偵察がてら行ってみることにしました。この山の南東麓には「東京都檜原都民の森」という自然公園があり、ここのビジターセンターである「森林館」から無雪期には往復3時間ほどで山頂まで行くことができます。初めての雪道ですから無理をせず、難しいようでしたら即引き返すと言うことでこのルートを使ってみることにしました。

ただ、都民の森までの交通手段がありません。通常期ならばJR五日市線の武蔵五日市駅から檜原村(島嶼部を除くと東京都唯一の村です)最奥部の数馬(かずま)までバスで行き、ここから無料のシャトルバスが出ているのですが、12月から2月までは運休となっています。車で行ってもいいのですが、積雪が予想されるのでバスで数馬まで行って歩くことにしました。徒歩だと1時間ほどかかります。

今回、女房と子供は前日金曜日に日帰りでガーラ湯沢までスキーに行っていたので、家においてきました。女房は土曜日も休みであったのですが、スキー場に行く際の息子の提案「パパも一緒に連れて行こうよ~。」に対して女房は「滑れないのが一緒にいると足手まといだから連れいていかない。」とすげなく却下、平日に出かけてしまいました。確かに私は生まれてこのかたスキーをやったことがありません。学生時代などは『私をスキーに連れてって』の頃ですから逆に斜に構えて「スキー?そんな軟派なモンやれるかよッ」と突っ張っていたのですが、人間、やれるときにやっとかないと後で後悔しますな(笑)。とりあえず、女房への報復で私一人で都民の森まで出かけました。

※追記:女房と子供は前日のスキーで疲れきって「行くんだったら一人で行けば~?」状態ですから全然報復になっていないですね(笑)。

今回はいつも使っている始発の快速より15分ほど早い各駅停車の始発で出かけます。御茶ノ水で中央線の下り各駅停車に乗り換え、さらに立川で五日市線の武蔵五日市行きに乗り換えます。いつもの始発の快速だと、ギリギリでこの武蔵五日市行きに間に合わないようです。

JR Musashi-Itsukaichi Station

武蔵五日市駅には6時59分に到着しました。数馬行きのバスは7時18分発ですので、20分ほどバス停で待ちます。並んでいる客は15人くらいですが、10人ほど山歩き姿の人がいます。やっぱり好きな人は好きなんですね・・・ってお前もだろ、と言われそうですが(笑)。

私の後ろに並んでいた二人連れがどうやらこれから雪山歩きの練習をやるらしく、一人は冬山のベテラン、もうひとりは始めたばかりの初級者という感じの会話をしています。冬山用山道具のあれとこれは揃えたか、靴は何を買ったか、などなどです。聞くとはなしに耳に入ってくる会話を聞いていると、私がこれから雪のある山に向かうのはとんでもなく無謀なことのように思えてきました。まあ、無理そうなら引き返すつもりで来てはいますが・・・。程なくしてバスがやってきたので乗り込みます。

Kazuma Bus Stop

こちらは終点の数馬のバス停です。数馬までは1時間ちょっとかかりますが、山支度をしていた人々は途中で一人、また一人と降車していき、数馬で降りたのは3人だけでした。私と、先程後ろで話をしていたベテランと初級者の方の二人連れです。ザックを背負いなおして出発しようとしていると、ベテランのほうの方が話しかけてきました。
「三頭山までですか?」
「はい。でも、雪の積もっているところは初めてなんで、難しそうだったら引き返すつもりなんですけどね。」
「いや、これくらいなら大丈夫ですよ。アイゼンはお持ちですか?」
「軽アイゼンなら携帯してます。」
などとちょっと会話をしてからそれぞれ出発しました。

Kazuma

山間で日が当たりませんからかなり冷え込んでいます。気温はわかりませんが氷点下なのは間違いないと思います。数馬のずっと手前、もっと標高の低いところの道路わきにあった気温表示はマイナス1度になっていました。

Okutama Shuyu Road 1

数馬のバス停から旅館が数軒並んだ坂道を登り切ると奥多摩周遊道路にでます。この道路は元は有料道路で、この数馬から山を越えて小河内ダムのダム湖である奥多摩湖畔まで続いています。入り口のゲートは朝の5時には開くはずなのですが、この日は閉じていました。後で知ったのですが、この日は路面凍結で終日通行止めになっていたようです。車で来なくて正解でした。

ちなみに、先程の二人連れの方たちは途中でアイゼンの付け方の練習でもしているのか、姿が見えなくなりました。

※追記:後で気がついたんですが、奥多摩周遊道路をショートカットする登山道が別にあるんですね。「バスが運休ならそのまま歩く」ということしか頭になかったので、登山口の入り口にも気がつきませんでした。車両通行止めで眺めもよかったので結果オーライでしたが。

Okutama Shuyu Road 2

目指す三頭山の姿が見えてきました。画面中央奥の山が三頭山です。

Okutama Shuyu 3

ゲートが閉じられているので一般の車は登ってきません。ただ、除雪車や凍結防止剤の散布車など、作業用の車両が数台走っていきました。車の通らない道路を歩いて標高を上げていきます。

Okutama Shuyu 4

歩いているのは私一人です。静かですね。時々風が吹いて枝に積もったパウダースノーが雪煙になって降りかかってきます。

Entrance of Tomin no Mori

1時間ほど歩いて午前9時30分頃、ようやく都民の森に到着しました。結構体が温まったので、一番外側に来ていたウィンドブレーカーを脱いでザックにしまいました。もともとその下には速乾性下着、長袖Tシャツ、薄いフリース素材の山シャツしか着ていませんのでかなり薄着です。その薄着のところをさらに襟の部分を開いて熱を逃がします。ネックウォーマーはしていません。グローブも着けずに素手のままです。気温はマイナス2度くらいかな・・・と思っていたのですが、帰ってきてから都民の森の公式サイトを見て仰天しました。28日午前9時現在の現地の気温はマイナス7度になっています。都民の森は本日から休館ですから今現在でも28日の表示のままですね。知らぬが仏、再びこの場所に帰ってくるまでほぼこの格好でした(笑)。

まずは都民の森のビジターセンターである「森林館」から遊歩道を通って三頭大滝を目指します。この区間は一般の観光客も歩く遊歩道ですからよく整備された車も通れる位の道になっていますが、本日はまだ誰も通っていないと見えて人間の足跡がありません。「わ~い一番乗り~」などと浮かれながら歩いていると、人間じゃないものの足跡が残っています。

Footmark of Hare

これは・・・野ウサギですね。自分でもウサギを飼っていたからわかります。家ウサギはヨーロッパアナウサギなのでニホンノウサギとは種類が違いますが、歩き方は同じです。前足は左右揃えて、後ろ足は前後に並べて前足は前後に並べて、後ろ足は左右揃えて歩きます。この先、この野ウサギの足跡をこれでもかというくらい見ることになります。

※追記:しまった、大嘘をついてしまいました。前足と後ろ足の説明が逆です。ウサギを飼ったことがあるのに何やってるんだか(笑)。

この他、ウサギよりも小さく平行に滑るように付いている足跡も見ましたが、テンやオコジョなどのイタチの仲間のようです。また、さらに小さい足跡も二つほど見ました。げっ歯類クラスの大きさの動物のようですが・・・リスでしょうかね?

Mito Otaki Fall

30分ほど歩いて三頭大滝に到着。日のあたらない場所なので、物凄く寒そうです。滝も半分凍っていました。

Trail 01

この滝の先は本格的な登山道になります。積雪は10~20cm程度。気合を入れて歩き始めます。

Trail 02

すぐに道が二手に分かれます。右は三頭山の南のムシカリ峠に出る道、左は見頭山の南の大沢山を経由して三頭山に向かう道です。実は前日に職場の近くの登山用品ショップの店主さん(結構奥多摩に詳しい)にこの時期の三頭山付近の様子を聞いていたのですが、雪が積もっていたら素直に右へ行って真っ直ぐ三頭山を目指した方がいいよ、とアドバイスを貰っていました。助言に従い右に向かいます。

Trail 03

こちらも本日まだ誰も歩いていないようです。でも野ウサギの足跡はそこいらじゅうに付いています。

Trail 04

う~ん。登山道はどこなんだ?雪が積もっていて道がどこかわかりません。最初は悩みましたが、じっくり見ていたら見当がつきました。登山道は画面左中央から画面真ん中よりちょっと上で沢を石伝いに渡り、対岸を沢沿いに登っていっています。

Trail 05

こちらも、画面中央に登山道に良くある丸太の階段が埋もれていますね。どうやら先週の低気圧の通過の時に30cm程度の雪が降り、その後登山者が登山道を踏み固めた後に昨日10cm程度の雪が降った・・・という状況のようで、よくみると踏み固められた登山道の形がわかります。実はこのあたりまで足にスパッツをつけないで歩いてきたのですが、雪が大分深くなってきたのでザックからスパッツを取り出して取り付けました。でも、3シーズン用のライトスパッツなんですけどね。

Guard Net from Deers

奥多摩名物の鹿避けネット。鹿だけでなく野ウサギも通過できないようで、こちら側には山ほどついている野ウサギの足跡があちら側には全くありません。

Trail 06

『隊長!あの木に見覚えがありますッ!』見たことない見たことない(笑)。

Trail 07

ここは足を踏み外すと谷底まで一直線ですね。踏み固められた跡がはっきりわかるので助かります。

Mushikari Toge

ようやく三頭山に連なる尾根上のムシカリ峠に出ました。ここは笹尾根の一部であり、先々週歩いた浅間峠までの道の延長線上にあります。三頭山は高尾山から連なる笹尾根の終着点なのです。また、東京都と山梨県との都県境でもあるので、峠の向こうは山梨県です。

Trail 08

ムシカリ峠から三頭山方面を望みます。峠のあたりは吹きさらしで時折5m以上の風が吹いており、雪煙が立っています。所々、砂丘のように雪が吹き溜まりになっています。流石に寒くなってきたので開いていた襟のジッパーを閉じました。

Trail 09

三頭山方面に歩き出してから自分の足跡を振り返ったところ。登山道が吹き溜まりになっているので、吹き溜まりを避けて歩いています。アイゼンよりスノーシューが欲しい状況ですね。

Trail 10

積雪は20cm~30cmくらいでしょうか。シューズは完全に雪に沈みます。

Trail 11

吹き溜まりに足を踏み入れてしまい、膝あたりまで沈んでしまったので記念に撮影・・・ですけど深さが全然わかりませんね(笑)。深さは50cmくらいあると思います。

Trail 12

ようやく三頭山山頂直下まで来ました。三頭山にはその名が示すとおり、西峰・中央峰・東峰の3つの峰があります。今いるのは西峰のすぐ下で、正面に延びている道は西峰を迂回して西峰と中央峰の間の鞍部に出る巻道です。西峰に登るには画面左方向に進んで斜面を登りますが、雪の量があまり多くなくて登るのは難しくありませんでした。キックステップのいい練習台です。

Top of Mito-san West Peak 01

西峰山頂(1,527m)に到着。時間は正午、山頂にはまだ誰の足跡もありません。本日一番乗りです・・・が、やっぱりウサギさんの足跡はここにも点々とついています。まったく、足跡は大量にあるのにウサギはどこに隠れているんでしょうね。

Top of Mito-san West Peak 02

西峰山頂から山梨県側を見たところ。富士の眺めが見事です。この絶景が登山のご褒美ですね。

Top of Mito-san West Peak 03

こちらは北側、多摩川北岸の奥多摩の山群を望んだところ。画面中央が鷹ノ巣山、その左が日蔭名栗山、画面左の枝の間に見えているのが七ツ石山から奥に向かって雲取山までの尾根筋。画面右、鷹ノ巣山からの尾根の遥か向こうにちらりと見えているのは奥多摩最北端の酉谷山から三ツドッケまでの長沢背稜の山々だと思います。いずれも1,700mを超える都内ではもっとも標高の高い地域ですが、以上の同定でもし間違っていたらごめんなさい。

※追記:長沢背稜の山々ですが、酉谷山は鷹ノ巣山の背後に隠れて見えていないようです。七跳山(ななはねやま)から三ツドッケあたりまでが見えているようです。

ここまで写真を撮ったところで二人連れの登山者が到着。サングラスをしていたので最初はわからなかったのですが、バス停で一緒だったお二人でした。私とは反対方向、鞘口峠(さいぐちとうげ)側から登ってきたようです。こちらのルートは急坂が多く、万が一凍結していた場合は私が持っている軽アイゼンでは登るのが難しいので避けていました。しかし、話を聞くとこちらのルートもやはり新雪で、アイゼンを使わず登り降りできる状態とのこと。そこで元来たルートをピストンするのではなく、鞘口峠を回って下山することに決めました。

このお二人、初級者のほうの方は雪山訓練と言うことで12本爪のアイゼンを装着してゴーグルその他、重武装です。私と言えば例の薄着の上に素手でiPod Touchを操作したりしています。何だか私だけ場違いで浮いているような気がします。気温はどれくらいなんでしょうか?都民の森より500m高い場所ですから3度ほど低いはずです。午前9時にはマイナス10度くらいだったんでしょうが、正午現在ではマイナス5度くらいかな?ちなみにiPodも低温でバッテリーが限界に達したらしく、バッテリー切れ警告がいきなり出たので慌てて懐に突っ込んで温めました。

ベテランのほうの方は冬山が大好きらしく、富士山を見ながら「今の時期の富士山は最高ですよ。いかがです?」と私をその世界にいざないます。装備にかけるお金はともかく、命がいくつあっても足りませんって(笑)。

さて、そうこうしているうちに北側の奥多摩湖方面の登山道からも登ってくる方がいたりして山頂がにぎやかになってきました。お二人に別れを告げて、三頭山の残りの2つのピークを経由して鞘口峠に向かいます。

Top of Mito-san Central Peak 01

鞍部を越えて、20分ほどで中央峰(1,531m)に到着。ここが奥多摩の多摩川南岸ではもっとも標高が高い場所です。

Top of Mito-san Central Peak 02

しかし、山頂は狭く、周囲は木に囲まれていて何もありません。足跡は例のお二人が歩いてこられた跡です。

Top of Mito-san East Peak 01

中央峰からは5分もかからずに東峰(1,528m)に到着。

Top of Mito-san East Peak 02

ここには三角点が設置されています。三角点があると必ず踏む、という人もいますが、私は三角点には一切触らないことにしています。

Observation Platform

こちらには展望台もあります。例のお二人は展望台には寄らずに来られたらしく、展望台の上に足跡はありません。アイゼンを外すのも面倒ですから訓練優先だとスルーと言うことになるんでしょうね。ちなみに都のレンジャーからのお知らせに、展望台や休憩所の木の床のところではアイゼンを外してください、というのがありました。アイゼンをつけたままだと床が穴だらけになって痛んでしまうそうです。

Landscape from Observation Platform

展望台からの眺め。こちらは東の方角です。画面中央の特徴的な形の山が3週間前に登った大岳山です。この形、本当にいい目印になります。今日は大岳山も雪を被っていますね。その左手前に見えているのが御前山(1,405m)。カタクリの名所です。大岳山、御前山と、今日登った三頭山を合わせて「奥多摩三山」と呼びます。残すは御前山のみですが、こちらはカタクリの季節に登ってみたいと思います。

Cabin on Observation Platform

この展望台にはこのような簡単な小屋が付いています。ここでザックを降ろして一休み。カロリーメイトを齧ります。ザックからは湯気が立っていました(笑)。ここで西峰方面に向かう2組目のパーティとすれ違いました。ご夫婦と思われるお二人です。

Trail 13

例のお二人と、後から来たご夫婦の足跡があるので道を辿るのが楽ですね。

Trail 14

三頭山南東麓は一面ブナ林ですが、このようにごく一部は杉の人工林になっているようです。杉もごく一部だと逆に新鮮ですね。ちなみに、このあたりではルートが二手に分かれているのですが、わざと先の4名の方が通っていない方を通ってみたので足跡が付いていません。

Saiguchi Toge

鞘口峠に到着。都民の森の森林館まであと400mです。

この後、森林館前の舗装道路に到着したところで予期せぬアクシデントが発生。ここは車が通るため舗装されているのですが、朝雪かき→昼直射日光で残雪溶ける→午後日がかげるとたちまち凍結してアイスバーン・・・という状態で、舗装道路に入って数歩歩いてスッテーンと転倒。立ち上がってまた数歩で転倒。こんどはそろそろと立ち上がって、とにかく雪が残っているところへゆっくり移動。雪のあるところばかりを選んで歩いて、どうにか都民の森の入り口に辿り着きました。まったく、舗装道路がこんなに危険だとは思いませんでした。

この時点で午後2時過ぎ。入り口わきのベンチでスパッツを外して収納。この後は運動量が減って体が冷えますから朝脱いだウィンドブレーカーを着込みます。朝、駅のコンビニで買ったおにぎりの残りを自販機で買った暖かいお茶で食べましたが・・・おにぎりが固い。半分凍ってます(笑)。30分ほど休憩してから出発します。

Scene of Tomin no Mori

さらば、都民の森。奥多摩周遊道路を歩き始め、振り返ってこの1枚を撮影した直後にふたたびストーンと転倒。本当に、「二度あることは三度ある」ですね(笑)。今度はiPodを手に持っていたため、咄嗟にこれをガードしようとして右手を少しすりむき、左手の中指を軽くつき指しました。ウィンドブレーカー(ノースフェイスのドットショットジャケット)も肘がボロボロに。まったく、アイゼンがもっとも必要な場所が舗装道路とは・・・。

Time Table of Kazuma Bus Stop

1時間弱歩いてバス停に戻ってきました。時刻は午後3時10分です。次のバスは・・・午後4時10分。1時間後です。前のバスは・・・10分前に出たばかりです。間が悪いですね~(笑)。

Icicle of Kazuma Bus Stop

誰もいないバス停で1時間バスを待っていました。バス停の軒下には大きなつららが下がっています。寒いよ~。暇だよ~(笑)。

というわけで、午後5時過ぎに武蔵五日市駅に到着。先々週と同じく、17時21分のホリデー快速東京行き、東京駅から総武線快速と乗り継いで帰ってきました。

帰宅後、着替える前にポケットのものを出していて・・・あ!

SILVA Ranger

トレッキングパンツのポケットに入れていたコンパスが真っ二つ、です(笑)。何回目の転倒で割れたのかはわかりませんが。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

徒骨亭さん こんばんは

三頭山の雪、ヤバイですね! いかなくて良かったです。うちの近所の山と変わんないじゃないですか (;゚Д゚)! この気温でこの雪の量では、しばらくは溶けそうにないですね。1月の半ばに行こうと思っていたのに残念です。

東京近郊の山の情報、僕にとってはとても貴重だったりします。すごく助かります。どんどん登って僕に情報くれちゃってください。あつかましくてすみません m(_ _)m

それではよいお年を 

No title

徒骨亭さん おはようございます。

平成25年も今日でオーラス。色々駄文を弄し、ご迷惑をおかけしてしまいましたがご容赦ください。

来年は少しましな記事を書けるよう心掛けるつもりですが、どうなることやら。
手始めにTREX150DFCの記事を書いてみたいと考えております。

どうかよいお年をお迎えください。

No title

おはようございます、徒骨亭の旦那さん。
三頭山、お疲れ様でした(^^

私も以前、夏に三頭山に登ったことがあります。
この時実は私も数馬からスタートで、ショートカットの登山道を登りました。
人が少ない…というよりいなくて、朝一だったためクモの巣が多かったです(笑)
道はよかったのですが、あまり使われていないようで、橋などがちょっと心配な感じです(^^;
その後、手入れされたのかな?

ちなみに、私は鞘口峠から登りました。
徒骨亭の旦那さんが転んだ舗装道路は、確かに転びやすそうな角度でしたよ(笑)
尻もちは痛いし、怪我したらこの後の山行きにも支障が出ますから、気をつけてくださいね!

それでは、よいお年を(^^

Re: No title

kouさん、こんばんは。

kouさんは福井でしたっけ?すぐ裏が岐阜の飛騨地方で豪雪のイメージがありますが、そんなには雪が降らないんでしょうか?

今回の奥多摩の雪は前週から降ったばかりで新雪状態ですから、さらさらで気持ちのいい雪です。結局最後まで軽アイゼンを使わなくても大丈夫でした。この後、融けたり凍ったりまた積もったりを繰り返して3月初旬くらいまでは雪が残るでしょうから、雪を避けるとなると春を待つ必要があると思います。むしろkouさんならこの間の雪ぐらいのときのほうが突破しやすかったかもしれません。ヌカザス尾根は凍結したりすると相当手ごわいみたいですよ。

私も初心者なんでお役に立てるかどうかわかりませんが、これからも山行はできるだけ詳しくルポする予定ですので、気が向いたら見に来てください。来年もよろしくお願いいたします。

ではよいお年を!

Re: No title

藪 丈二さん、こんばんは。

こちらこそ、色々とお世話になりました。後半はラジコンヘリから脱線して山歩きの話ばかりになりましたが、いつもお付き合いいただきありがとうございます。山頂から更にカメラを浮上させて空撮・・・というのはいつかはチャレンジしたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

では、よいお年を!


Re: No title

悠さん、こんばんは。

やっぱりショートカットのルートの方が正当な攻め方・・・なんですよね。山行の際は事前にいろいろな方のブログなどで情報を集めるのが常なんですが、数馬バス停から歩いて登ったレポートは殆んどなかったので見落としてしまいました。後で慌てて奥多摩周遊道路が歩行禁止になってないかどうか調べたんですが、有料道路時代は自動車専用道路だったものの現在では一般道路になっているみたいです。

職場の近くの山道具屋さん(女性用のウェアの比率が多いので来たことがあるかもしれません)が12月初めに三頭山でのハイクを主催しており、私が行く前日にそこの店主さんに降雪時の状態を聞いてみました。その際に、万が一凍結していると鞘口峠からのルートは急坂続きで難しくなるから、初心者は三頭大滝・ムシカリ峠経由のルートをとった方がいいとのアドバイスを頂いたので今回のようなアプローチになったわけです。

それでは、よいお年を!

お疲れ様でした

昨日は、私のブログに訪問ありがとうございました。
同じ山塊を歩かれているようですね。
そのうち、どこかですれ違いあるかもです(笑)
これからもよろしくお願いします

Re: お疲れ様でした

willie_booさん、ご訪問ならびにコメントありがとうございます。

仰るとおり、同じ山域を歩いていればそのうちお目にかかる機会があるかもしれません。それと、これまで経験不足を補う意味で山行の前には関係する山行記録のブログ記事にできるだけ目を通すようにしていますが、気がつかずにwillie_booさんのブログを拝見したことがあるかもしれませんね。

今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR