FC2ブログ

はじめての丹沢は、雪と泥んこ祭り。

おはようございます。

前回の記事で触れた、耐水性に難ありということでリタイアした型番不明のキャラバン・グランドキングですが、正式の型番やスペックがどうにも気になるので21日の土曜日、文京区千石にあるキャラバンさんのショウルームを訪問して聞いてみました。この日は午後から仕事が入っていましたので、職場に行く前に寄り道です。こちらはショウルームといってもキャラバンさんの直営ショップの位置づけですので、靴のメンテナンス用品を購入するというのが一応の名目ではあるんですが。

20140223_0000_01.jpg

こちらのビルの2階がショウルームになっています。正面入り口からエレベーターで2階に上がり、ショウルーム入り口のインターホンで担当の方を呼び出して入れてもらいます。キャラバンさんの本来の社屋は豊島区巣鴨ですが、こちらが現在建て替え中で千石にあるのは仮オフィスとのこと。ビルの賃貸契約の関係で、不特定多数が出入りするショップとしては営業できないために苦肉の策でショウルームとしての体裁をとっているそうです。今年の4~5月ごろには巣鴨の新社屋に戻るので、それ以降は直営ショップとして営業再開するとのことでした。

20140223_0000_02.jpg

20140223_0000_03.jpg

iPadで今回リタイヤしたグランドキングの画像を見せて型番を調べたい旨を話すと、担当の方が快く応じてくれました。奥のほうから古いカタログを取り出し、めくること1分ほどで「あ、これですね」と指差していただいたのがこのページです。間違いありません。GK-11の555アーミーグリーンです。発売期間は94年から96年ごろまでだったとのことなので、私が購入したのも17年前ではなく18年前くらいになるのかもしれません。担当の方に聞いたところでは、この当時のグランドキングはまだ防水も完全ではないので、場合によっては浸水するとのこと。劣化で浸水したわけではなく、仕様のようです。また、純国産だった最後の靴だそうで、この後継のGK-30からはガルモントのルーマニア工場での生産になったそうです。

GK-11は現在でも愛用している方がいるらしく、昨年はソールの張替えを2件受けたそうです。もちろんGK-11純正のソールは残っていないので、現行のGK68/69のソールで代用するそうですが。私も晴れの日専用靴としてソールを張り替えて使い続けてみようか・・・とか考えちゃいました。もちろん、先日靴を新調したばかりで財政難ですので、もう少し経ってからの話になりますが。この日は、ヌバック用のメンテンススプレーなどを購入してショウルームを後にしました。



さて、新調した靴、グランドキングGK69_02Mの試し履きですが、23日、日曜日に出かけようと思ったものの、どちらへ行くかが問題です。奥多摩方面はようやくライフラインが復活したばかりで登山者が足を踏み入れられる状況ではなく、雪崩の危険もあるということで、奥多摩ビジターセンター・御岳山ビジターセンター共に登山者の入山は控えるように呼びかけています(昨日、26日現在でも状況は変わらず)。高尾山周辺は大分雪も減って大丈夫そうですが、11日に行ったばかりです。

そうなると、候補はまだ足を踏み入れたことのない丹沢方面となります。緯度が南に下がる分、雪が消えるのも早いようで、22日現在ではヤビツ峠へのバスを除いて交通機関も平常どおり動いています。というわけで、はじめての丹沢でいきなり雪の塔ノ岳にチャレンジしてみました。

当ブログからもリンクを張らせて頂いている悠さんが、昨年末の12月28日に雪の塔ノ岳に登られていますが、行きは大倉尾根で帰りはピストンを避けて鍋割山経由のルートを取られています。私もこれに倣うことにしました。と言うか、表尾根に回ってもヤビツ峠からのバスはないし、ピストンを避けると鍋割山稜ルートをとるしか選択肢はないんですが(笑)。

というわけで2月23日日曜日当日、総武線各駅停車の朝4時半過ぎの始発で出発です・・・の筈がまたもや寝坊をして5時過ぎの快速2本目の出発になりました。どうも最近、たるんでいますな。当初の予定では小田急線・渋沢駅に6時47分到着の筈だったんですが、45分近く遅れて7時31分着になりました。7時36分発の渋沢駅北口発・大倉行きのバスは超満員で、私が飛び乗った後は2名ほどの方が乗られるのが限界でした。危うく、さらに遅くなるところでした。

20140223_0803_04.jpg

はじめて目の当たりにするどんぐりハウス。悠さんをはじめ、いろいろな方のブログで拝見していましたが、やっぱり実物を見ると印象が違いますね。なんか、写真のほうが大きく見えます(笑)。スパッツを装着し、準備を整えて8時ちょうどに出発です。

20140223_0803_05.jpg

しばらくは舗装道路を進みます。皆さんのブログでよく取り上げられている乗馬人形の前から登山道に入りますが、写真を撮り忘れました(笑)。ちなみにここは乗馬クラブだったようですが、数年前に廃業されたようです。実は、ここから1.5kmほど南西に行ったところに、全国に30以上のクラブを擁する国内最大手の乗馬クラブがありますので、個人経営では太刀打ちするのが難しかったのかもしれません。

20140223_0817_06.jpg

登山道はいきなりぬかるみです。新品の靴を汚さないように、できるだけ大人しく歩いています(笑)。

20140223_0845_07.jpg

8時45分、大倉高原山の家の近くまで来ました。このあたりは大分雪が残っています。

20140223_0847_08.jpg

大倉高原山の家の前からの眺め。相模湾が見えます。奥多摩や高尾山からは海はあまり見えませんから、結構新鮮ですね。

20140223_0856_09.jpg

8時56分、見晴茶屋の前です。初めてなのか、軽アイゼンを装着して試し歩きをしている山ガールの方がいました。こちらも先日、軽アイゼンを初めて使ったばかりですので気持ちはよくわかります。私は今日はまだ軽アイゼンを装着していません。

20140223_0856_10.jpg

見晴茶屋からの眺め。それほど見晴らしはよくないような・・・(笑)。

20140223_0905_11.jpg

20140223_0921_12.jpg

雪道になったり泥んこになったりしながら登って行きます。

20140223_0941_13.jpg

9時41分、駒止茶屋直下の急坂です。ここで堪えきれなくなって、右側の空き地に退避してアイゼン装着する方が多数。私も装着しました。4本爪から12本爪まで、皆さんが使っているアイゼンは様々です。アイゼンを装着している人たちを尻目に、ノーアイゼンでヒョイヒョイ登っていくおばさんもいたりして興味深いです。

20140223_0957_14.jpg

駒止茶屋を過ぎると、ふたたび雪が消えて泥んこ祭りです。アイゼンを外すのも面倒なので、そのまま歩いてしまいます。

20140223_0957_15.jpg

右手を見ると、木々の向こうに雪を被った表尾根が見えます。

20140223_1005_16.jpg

私、こういう尾根道が好きなんですよね~。なんとなく、異世界に通じる道・・・みたいな気がして歩くとワクワクします。

20140223_1014_17.jpg

10時14分、堀山の家に到着。ここで予想外の雪に見舞われました。気温も急に下がってきます。休憩がてら、10分ほど様子を見守っているうちに雪は止み、上空の雲も薄くなりました。どうやら通り雨ならぬ通り雪だったようです。体も休まったので再び登攀開始。

20140223_1042_18.jpg

10時42分、天神尾根分岐です。指導標は雪に埋もれています。天神尾根方面の通行は殆んどいないようですね。

20140223_1109_19.jpg

花立山荘手前の急坂が始まりました。悪名高い階段は殆んど見えません。

20140223_1115_20.jpg

この急坂は眺めがいいですね。振り向くと遠くに箱根が見えます。

20140223_1115_21.jpg

こちらは右側、表尾根方面。

20140223_1116_22.jpg

日曜日ですので、前日土曜日から泊まりで来ている人も結構いるようです。登っている人も多いですが、下山する人も多いので譲り合い、譲り合いしながらの行き来になります。

20140223_1116_23.jpg

ここいらでは階段が完全に露出しています。階段を満喫(笑)。

20140223_1130_24.jpg

11時30分、花立山荘に到着。予想外に時間がかかっているので数分休憩しただけで先を急ぎます。

20140223_1149_25.jpg

馬の背通過。馬の背って、ここでいいんですよね?

20140223_1154_26.jpg

11時54分、金冷シに到着。指導標が殆んど埋没しています。このあたりから雪が俄然多くなってきました。

20140223_1155_27.jpg

雪はふかふかです。塔ノ岳の山頂が見えてきました。あと少しです。

20140223_1159_28.jpg

右手のほうには表尾根、そしてその向こうに大山の姿が見えてきました。

20140223_1159_29.jpg

結構な数の登山者が行き来していて、思い思いのところを歩くのでトレースがたくさんできています。本来の登山道に沿っているのはどれなんでしょうね。

20140223_1220_30.jpg

山頂直下です。悠さんのブログの写真だと、ここには階段と柵があるはずですが・・・完全に埋没して見えなくなっています。

20140223_1225_31.jpg

12時20分、塔ノ岳山頂(1,491m)に到着。4時間20分もかかってしまいました。悠さんたちはここまで3時間15分で登ってきているようですので、私の方は時間がかかり過ぎですね。う~ん、修行が足りんっ。山頂は風が強く、体感温度もぐんぐん下がります。流石に私も耐え切れなくなったので、ザックからジャケットを出して羽織り、グローブを装着しました。

20140223_1227_32.jpg

山名標です。さすがにこれの周りは除雪してあるようですが、そもそも無雪状態での山頂を知らないのでどれくらい雪が積もっているのか見当がつきません。

20140223_1228_33.jpg

山名標の横にイグルー(イヌイットの圧雪ブロックの家)が作ってありました。これを登山に活用し出したのって北大山岳部でしたっけ?私の弟も、どこぞの山の雪中訓練でイグルーを作った話をしておりました。割り箸で「イグルー」と書いてありますが、これを作った方のヤマレコ記事によると、あまりに「かまくら」扱いされるので後付けでイグルーの名前を入れたそうです(笑)。

20140223_1228_34.jpg

山頂からの眺め。こちらは手前に表尾根、奥に見える山は大山(1,252m)です。

20140223_1229_35.jpg

この後歩く予定の鍋割山稜。富士って本来この方角にあるんでしたっけ?影も形も見えませんね。

20140223_1229_36.jpg

中央奥のほうに見えるピークが檜洞丸(1,601m)・・・だと思います。

20140223_1230_37.jpg

中央が不動ノ峰(1,614m)、その左奥に見えるのが丹沢最高峰の蛭ヶ岳(1,673m)。右のほうの樹木の陰になっているのが丹沢山(1,567m)。これまで登ったことのある百名山は石鎚山と筑波山だけなので、丹沢山まで足を延ばせば百名山が一つ増えます。

20140223_1248_38.jpg

一旦軽アイゼンを外して山頂にある尊仏山荘に入りました。こちらはそこのヌシ、御歳14歳の猫、丹沢ミー君です。なんでも2000年2月に山荘前に捨てられていた子猫だったとか。ここまで、捨てるために子猫を抱いて登ってきた人がいるんでしょうか?この山荘で悠さんお勧めの甘酒を堪能。本当に美味でした♪

13時ちょうど、山頂を後にして鍋割山稜方面に向かいます。金冷シまで戻ったところで10分ほど様子見したんですが、ほぼ全員が大倉尾根方面に下山していくんですよね。どうしようか・・・と迷っていたらやはり私と同じく金冷シでぼそぼそどちらに行くか思案している二人連れの男性がいたので声をかけてみました。このお二方は鍋割山経由で登ってきていて、帰りは同じ道をピストンするか、大倉尾根経由で帰るか思案中でした。鍋割山方面は通行には全く支障がないということだったので、そちらに進むことに決定。

20140223_1329_39.jpg

鍋割山稜も、このあたりはあまり雪が深くありませんね。

20140223_1339_40.jpg

13時39分、大丸(1,386m)に到着。暑くなってきたのでジャケットを脱いでザックに格納しました。グローブも外し、ふたたび腕まくり(笑)。

20140223_1350_41.jpg

所々ぬかるんでいるところもありますが、雪の稜線を気持ちよく歩いていきます。大倉尾根と違い、すれ違う人は殆んどいません。

20140223_1430_42.jpg

20140223_1432_43.jpg

鍋割山近くまで来ると・・・なんだか吹き溜まりが凄いことになっています。地形の関係でしょうか、一週間以上経っているのに私の背丈ぐらいあるところもあります。私は167cmなので、どちらかと言うと背は低いほうですが。

ちなみに、女房は168cmあって私より背が高いです。ニコール・キッドマンはトム・クルーズと離婚する際に「やっとハイヒールが履けるわ」と言ったそうですが、うちの女房は結婚前も今も、お構い無しにハイヒールを履きます(笑)。こっちも全然気にしていませんが。

20140223_1436_44.jpg

鍋割山手前の崩落箇所。滑落したら谷底まで一直線ですね。ここを過ぎて緩やかな坂を登れば鍋割山山頂です。

20140223_1441_45.jpg

14時41分、鍋割山(1,272m)に到着。ですがここは・・・「鍋」。山名標がほぼ全部雪に埋まってしまっています。

20140223_1441_46.jpg

鍋割山荘の様子。こちらも建物が雪に埋もれています。一週間以上経ってこの状態ですから、降雪直後は物凄い状態だったんでしょうね。雪のないときの山頂を知らないので今一つわからないのですが、ひょっとして雪がなければ私は空中に浮かんでいる状態なんでしょうか?秦野ビジターセンターの情報によると、こちらでは18日には積雪量150cm、小屋の周りは吹き溜まっていて300cm近くあったそうです。本当に神奈川県か、という話ですね。

この山頂で10分ほど休憩。昼食のおにぎり2個を食べました。名物の鍋焼きうどんはまたの機会と言うことで(笑)。14時50分、下山開始です。

20140223_1451_47.jpg

手前に小丸尾根、その向こうに午前中登ってきた大倉尾根、そして更にその向こうに表尾根。

20140223_1500_48.jpg

うぎゃ~、泥んこ祭りです。ぬかるみ状況は大倉尾根よりひどいですね。

20140223_1505_49.jpg

相模湾を見ながら気持ちよく下っていきます。

♪長い坂道を 歩いているんです♪
♪海を見つめ ぼんやりと♪
♪街は夕闇 鳥は目を閉じて♪
♪知らぬ間に 時は過ぎて行きます♪

鼻歌を歌いながら歩いていましたが・・・この歌、知っている人いるかな?

20140223_1528_50.jpg

雪もこんな感じでかなり滑り易いです。ぬかるみ、ガレ場、滑りやすい雪が交互に出てきます。半ばやけくそ気味で軽アイゼンを装着したまま下っていきます。

20140223_1558_51.jpg

15時58分、後沢乗越を左に折れて谷筋に下っていきます。赤い帽子の方は午前中の大倉尾根から抜きつ抜かれつしていた60過ぎくらいの男性で、ここの手前で追い越されました。ピッケル片手に軽快に歩かれています。

20140223_1603_52.jpg

杉林の中に入りましたが・・・降雪の被害でしょうか、杉が酷いことになっています。倒れている杉も1本や2本じゃありません。

20140223_1611_53.jpg

倒壊した杉。登山道に倒れこんでいる杉も何本もありました。既に幹は切ってありましたが。

20140223_1616_54.jpg

谷筋まで降りたところ。沢だか道だかわからないところを歩きます。

20140223_1619_55.jpg

最後に木橋を2箇所ほど渡ると・・・

20140223_1630_56.jpg

16時30分、西山林道の端部に到着。有名な歩荷のお願いのペットボトルはこの左側にあるのですが、後続のパーティの方がその周りに群がってしまったので、あえてアングルから外してあります(笑)。こちらで軽アイゼンを解除してザックに格納。

20140223_1632_57.jpg

20140223_1634_58.jpg

20140223_1634_59.jpg

林道をひたすら歩きます。それなりに変化があるのであまり飽きません。少なくとも、舗装された林道よりはマシかな?

20140223_1730_60.jpg

林道の最後のほうに来ると杉林の中ですが・・・日当たりが悪いのでやっぱりぬかるみ(笑)。この時点で既に日没を過ぎました。先を急ぎます。この後は暗くなってきたので画像がありません。

17時40分、西山林道から大倉バス停方面へ抜ける分岐に到着。この先は10分ほど杉林の中の山道を歩きますが、かなり暗くなっています。それと、入り口に倒れた木があって嫌な感じです。ザックからヘッドランプを取り出して装着しました。嫌な予感は的中、山道の途中には何ヶ所も倒木が道を遮っている場所があり、除去もされていません。ヘッドランプなしでもどうにか歩けるレベルの暗さですが、やはりあったほうが圧倒的に楽です。杉林を抜け、大倉の集落の中をバス停方面に向かいます。

18時ちょうどに大倉バス停に到着。出発してからジャスト10時間です。12月28日の悠さんたちの行程では、同じくらいの時間に出発して16時には戻っていたようですから、2時間も負けています。ううむ、やはり私はまだ修行が足りません。この後、18時8分のバスはやり過ごしてスパッツの片付けや靴洗いを行い、18時38分のバスで帰りました。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

徒骨亭さん こんばんは

雪山、塔ノ岳楽しそうですね!新しい登山靴も試せて良かったですね(^-^) どろんこなのは残念ですが ゚(゚´Д`゚)゚

鍋割山荘の写真凄いです。神奈川県の山でこんだけ積もるとはビックリですね! 山荘の方も焦ったでしょうね (;´∀`) 福井の山に少し分けて欲しいものです。

長崎犯科帳のEDですか?早速調べてみましたよ。いい歌でした! 徒骨亭さんなかなか面白い方ですね(^-^)

Re: No title

kouさん、おはようございます。

新しい靴は絶好調です。もう何年も履いているかのように足に馴染んで、あたりは全く出ませんでした。メーカーさんの靴型が私の足に非常に近いのかもしれません。願わくばこの靴型での製造を続けて行って欲しいところですが、最近は若い人に合わせて若干細長い靴型に変えてきているらしいのでちょっと心配です。

鍋割山荘のオーナーさん、雪の降った当日はご自身が山荘まで辿り着けなかったようです。目の前で雪が積もっているより何倍も焦ったんじゃないかと思います。あの降雪量の中、建物には被害がなかったようで何よりでした。

長崎犯科帳はオープニングタイトルを故・実相時昭雄さんが作っていたりしていますが、ドラマとしても秀逸でした。萬屋錦之助さん演ずる長崎奉行、昼間は悪徳奉行として「かすていら(の箱に入った小判)」を悪徳商人から受け取っておきながら、それを活動資金にして、夜は闇奉行として悪徳商人本人を成敗しにいくというのが絶妙でした。仕事人で、仕事の報酬を悪人本人が払っているようなものですね(笑)。

こんにちは!

雪の中、長い行程お疲れさまです。下の方はどろんこですが、やっぱり登るにつれてかなり雪が残っていますね!山荘も雪に埋もれるほど、そして背の丈ほどある吹き溜まり、近隣の山々の雪化粧された風景は圧巻ですね。

ここにも猫ちゃんがいるんですね…ぬくぬくしていて可愛い。低山の癒しですね★

Re: タイトルなし

umeチャンさん、おはようございます。

長い行程・・・というより、私の歩みが遅すぎて時間ばかり長くかかっているような気がします。同じコースを前日歩かれた方の記録をヤマレコで見たんですが、6時間半くらいでさっさと回られていますのでやはり私の遅さが際立ちます(笑)。

猫ちゃんには会えたんですが、多くの塔ノ岳登山者が遭遇している鹿には会えませんでした。もっとも、某Becker'sのジビエバーガーの影響で、「可愛い」より「美味しそう」が先に来そうなんですが(笑)。

No title

こんばんは、徒骨亭さん!
今週は月末最終週で、予想通りキツイ一週間でした(^^;
徒骨亭さんのブログも、途中まで見ている最中に寝落ちという状況で、先程ようやく全部、読み終わりました。
そして塔ノ岳~鍋割山、お疲れ様でした!

塔ノ岳も鍋割山も、かなり積もっていますね!
私が鍋割山に行った時は、山頂は風が吹き抜けて雪は積もっておらず、アイスバーンになっていました。
それもある意味怖いですけどね(^^;

私が時々一緒に歩くKちゃん、Mちゃんは、下山に強いです。
私はどちらかというと、登りが好きです。
なので、登りは大体コースタイムどおり、下山は彼女達のペースに引っ張ってもらいます(笑)
2人ともバランス感覚がすごくいいので、私も頑張らないといけません(^^;

新しい靴の調子は、よさそうですね!
それにお気に入りの靴が、復活できそうな感じじゃないですか。
よかったですね(^^
私も早く「これ!」という靴に、巡り会いたいです。

Re: No title

悠さん、こんばんは。

月末でお忙しい一週間だったようですね。私のほうも月末月初は休日出勤が多く、昨日1日は出勤でした。今月は消費増税にともなうシステム調整でイレギュラーな事案が多々発生する可能性もありますから、山どころではないかもしれません。行ける時に行っとこう・・・ということで、本日は雨模様にもかかわらず奥高尾へ最後の雪山を楽しみに行ってきました。先ほど帰宅したばかりです。また週の中ごろくらいに記事をアップします。

鍋割山は風の通り道になっているみたいですね。塔ノ岳や丹沢山から吹き降ろしてきた雪風が、風下の鍋割山周辺の尾根や山頂でどんどん積みあがってあの積雪になったような気がします。ただの風だと雪がなくなり、雪風だとドカ雪になる・・・というような感じなんじゃないでしょうか。標高差もちょうどいいのかもしれません。

私も下山が遅いですから、下山が早い人は羨ましいですね。こないだの鍋割山から西山林道終点でも、後続のオジサマ&オバサマパーティに追い上げられてようやく速度が上げられました。

ハイキングシューズはともかく、現用のAKUにもしっくり来ないところがあるんですか?AKUは細身のほうだと思いますが、日本市場向けの靴は多かれ少なかれ日本人向けのチューニングが入りますから、完全に海外仕様の靴のほうがいいのかもしれませんね。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR