FC2ブログ

川苔山、再び。

こんばんは。

実は私はかなりひどい花粉症です。発症したのが1973年ですから、もう41年の付き合いになります。しかし、今年は私の花粉症に異変が生じています。

5・6年前から、花粉症の時期には耳鼻科でアレグラを処方してもらい、1月中旬から4月中旬まで飲んでいます。最近は市販薬にもなっているあれですね。しかし、例年では薬のみで症状を抑えることは不可能で、外出時にはマスク着用が必須でした。ところが、今年はマスクが不要です。花粉の飛散量も少ないみたいですが、以前は飛散量の多寡に係わらずマスクがないとすぐに鼻水が止まらなくなっていました。今年は普段の生活でマスクがいらないばかりか、花粉を大量につけた杉林の中を歩いていても全く問題ありません。これも山歩きのご利益なんでしょうか?いずれにせよ、マスク不要と言うのは嬉しいですね。

さて。先週半ばですが、奥多摩ビジターセンターのWebサイトからついに「登山はお控えください」の文言が消えました。「危険と判断される際は、決して無理をせず引き返してください。」は表示されていますが、これはある意味言わずもがな、季節と場所を問わず登山の鉄則ですので、事実上奥多摩地域の登山への中止勧告は解除されたと見てよいかと思います。

20140315_1110_24.jpg

そうなると・・・先週、岩茸石山から観測してきた赤杭尾根(あかぐなおね)、これを登らずにはいられません(笑)。上記画像の左手前から中央に向かって延びている尾根ですね。早速、3月22日土曜日、出かけてきました。

20140322_0435_01.jpg

始発の各駅停車がやってきました。前々回記事で触れたとおり、先日のJRのダイヤ改正以降、総武線沿線から御嶽より先の奥多摩各駅に朝の7時台に到着するためには、4時半過ぎの各駅停車始発・御茶ノ水行きに必ず乗る必要があります。以前は5時前の快速始発でも間に合いましたからかなり条件が厳しくなりました。

20140322_0739_02.jpg

7時24分、川井駅着。赤杭尾根を登るには、川井駅と隣の古里駅のそれぞれを起点とする2つのルートがあります。ただし、昨年の台風で倒木が多数出たため、古里からのルートは通行禁止になっています。通って通れないわけではないようですが、ここは素直に指示に従って川井駅からのルートをとります(笑)。

7時40分、身支度を整えて出発です。上のほうにはかなりの雪が残っていると言う前提で、最初からスパッツを装着しておきます。

20140322_0741_03.jpg

川井駅前から左の階段を降り、線路の下をくぐって国道411号に出ました。昭文社の地図だと、登山口はこの交差点を直進した先で右手のほうに入り、古里中学校のすぐ東にあることになっていますが・・・これは間違いです。正しくは地図の位置より250mほど北東にあり、この交差点を右折したほうが近道です。

※追記:最近出た2014年度版の地図ではこの交差点を右折するように修正されています。が、登山口の位置は相変わらず間違っているようです。

20140322_0745_04.jpg

交差点を右折して200mほど進むと、左手の坂道の入り口に「古里中学校入口」の表示があります。この坂道を登っていきます。

20140322_0749_05.jpg

250mほど歩いた先、料理店「花あそび」のはす向かいに登山道の入り口があります。今歩いてきた方向に「川井駅」の表示が出ていますから、やはり私が歩いてきた道が正解のようです。ここから入り、一見誰かの家の入り口か?と思わせるような通路を登っていきます。

20140322_0750_06.jpg

登山道に入ります。ここは始まったばかりの部分ですが、この先何かの施設の右を巻いて尾根筋への上りが始まります・・・がこれが結構キツイ。尾根までの急傾斜をジグザグに登るのではなく、何故か真っ直ぐ直登する道になっています。申し訳程度にトラロープに結び目を作ったものが下げられていますが、怖くて体重はかけられません。この急傾斜、登り始めだと結構こたえます。ちなみに肝心の急傾斜部分の写真は撮り忘れました。スミマセン。

20140322_0818_07.jpg

尾根筋まで登り切ると、比較的なだらかな道が続いています。ただ、ちょっと荒れ気味で、所々歩きにくいところがあります。踏み跡を見失うほどではありません。

20140322_0854_08.jpg

古里からのルートとの合流点にやってきました。時間は8時54分。ほぼ標準コースタイムどおりです。

20140322_0854_09.jpg

古里方面のルートの入り口には、「通行できません」の表示がありトラロープで封鎖してあります。

20140322_0906_10.jpg

雪が出てきました。但し、程よく締まっていて踏み抜いたりしません。トレースよりも、足跡のない雪面を歩くほうが楽でした。

20140322_0937_11.jpg

人の背丈ほどに吹き溜まった雪。これは融けるまでにかなり時間がかかりそうです。

20140322_0941_12.jpg

この残雪の様子からすると、降雪直後には雪庇がかなり発達していた感じですね。

20140322_0946_13.jpg

赤久奈山(あかぐなやま)山頂の近くまでやってきました。赤杭尾根の名前の由来になっているピークです。赤久奈山は左ナナメ後ろに行った先です。指導票には「10m」となっていますが、もっとあります。誰かがマジックで1を書き足して110mとしてありますが、今度は距離がありすぎるような気がします。大体70mくらいかと思います。

20140322_0948_14.jpg

赤久奈山(923m)山頂です。周りは木々で覆われていて展望はほぼゼロです。但し、木々の隙間から若干は他の山が見えます。

20140322_0950_15.jpg

こちらは大岳山。

20140322_0950_16.jpg

こちらの画面中央は1月初めに登った棒ノ折山です。標高は969mなので赤久奈山に近い高さですね。

20140322_0951_17.jpg

こちらからは藪の向こうに先週立っていた岩茸石山が見えています。先週見ていた尾根上に今はいるわけですね。

20140322_0955_18.jpg

赤久奈山を後にして先ほどの分岐点へ戻り、先へ進みます。数分歩くと左側の展望が開けた場所に出ました。正面にはこれから向かう曲ヶ谷北峰(まがりたにきたみね)方面が見えています。

20140322_0956_19.jpg

奥多摩三山が揃い踏みです。左端が大岳山、中央右寄りが御前山、その右に三頭山。

20140322_0956_20.jpg

こちらは本仁田山(ほにたやま)です。川苔山と奥多摩駅の間にある山ですね。かなりの急登らしいのですが、こちらも一度登ってみたい山です。右にちょっと覗いているのは六ツ石山あたりかな?

※追記:六ツ石山ではなく、鷹ノ巣山です。実際に登ると一発でわかるようになりますね。

20140322_1007_21.jpg

10分ほど進むと林道に出ました。ここからしばらく林道を歩きます。

20140322_1012_22.jpg

稜線の鞍部に出て林道が南西斜面から北東斜面に移ります。写真を撮り忘れたのですが、ここから林道をそれて稜線を直登するとエビ小屋山の山頂に出られるようです。ただし、正規の登山道ではありません。指導標にも、「川苔山へは林道を直進」というレンジャーの注意書きが下がっています。道迷いが多いのかもしれませんね。ここは指示に従い素直に林道を進みます。

20140322_1023_23.jpg

北東斜面なので、俄然雪が多くなりました。気温が高くなっていますが、まだ雪は締まっています。

20140322_1029_24.jpg

ありゃりゃ。林道の終点まで来てしまいました。途中の左側に登山道の入り口があった筈なんですが・・・。100mほど引き返します。

20140322_1030_25.jpg

う~ん、どうも登山道の入り口はここらしい。足跡が残っています。本来、この場所には登山道の入り口を示す小さな指導標がある筈なんですが、どうも雪の下に埋まってしまっているようです。さて、登ってみようか・・・と考えていると、20mほど上を右のほうから60代くらいの男性が独り、歩いてきました。反対方向からきた登山者のようです。上の方から声を掛けてきました。
「すみませ~ん、そっちのほうに林道ありますか?」
「あ、ここがもう林道です。登山道は上のほうにありますか?」
「私が今いる場所までは登山道が来ています。ただ、この下がわからないですね。」
「完全に埋まってしまっているみたいですね。皆、思い思いのコースをよじ登っているみたいですよ」
この日、川井駅から曲ヶ谷北峰に至る赤杭尾根で他の人と会ったのはこの方だけでした。一番情報が欲しい、絶妙の場所ですれ違うものなんですねぇ。お互いにお礼を言い合いながらそれぞれの方向に進みました。

20140322_1043_26.jpg

流石は北東斜面、結構雪が残っていますね。登山道は右方向に続いています。

20140322_1103_27.jpg

急斜面をジグザグに登っていきます。雪は結構固いです。キックステップは効きますが、かなり力が要ります。右手は谷底まで一直線ですから、一歩一歩気を抜かずに登っていきます。う~ん、林道でアイゼンをつけておくべきでした。

20140322_1107_28.jpg

この北東斜面を尾根の上まで登らなくてはなりませんが、結構標高差があってハードです。右手には赤杭尾根と合流するもう一つの尾根筋、真名井北稜が見えています。

20140322_1114_29.jpg

雪崩にやられたのでしょうか?かなり大きな木がなぎ倒されています。慎重に下をくぐります。

20140322_1115_30.jpg

尾根筋が見えてきました。と、同時に雪も少なくなってきました。

20140322_1118_31.jpg

やっと尾根の上まで到着。雪は全くありません。結構消耗しました。しばらく休んで息を整えます。

20140322_1141_32.jpg

尾根伝いに先へ進みます。結構険しいところもあり、私好みです。

20140322_1152_33.jpg

真名井北稜からの尾根筋に合流。結構雪が吹き溜まっています。この場所は真名井北稜まで一直線に伸びている尾根筋の脇に赤杭尾根が分岐しているような形になっていますから、反対方向から来た場合は真名井北稜側に進んでしまわないように注意が必要です。指導標が雪に埋もれてしまっているのかもしれませんが。

20140322_1155_34.jpg

防火帯のような日当たりの良い道を登っていきます・・・が、息切れがひどく、しばしば休息を取りました。先ほどの雪の斜面で消耗したのもありますが、ここ何日も2時間程度しか睡眠が取れていないのでそれが響いているようです。睡眠不足には強いほうだと思っていましたが、過信は禁物ですね。時間には余裕がありますので、焦らずゆっくり登っていきます。

20140322_1203_35.jpg

曲ヶ谷南峰・北峰の手前の小ピークまできました。川苔山が曲ヶ谷南峰・北峰の向こうに見えています。

20140322_1207_36.jpg

曲ヶ谷南峰・北峰の直下に来ました。指導標にはマジックで「狼住所」と地名が書き込んであります。悪戯書きかと思ったら、本当にそういう地名のようです。「おおかみずんど」と読むらしいですね。

20140322_1209_37.jpg

曲ヶ谷南峰・北峰への最後の急登。あいかわらず休み休み登っていきます。

20140322_1221_38.jpg

すみません、曲ヶ谷南峰の山頂の写真を撮り忘れました。これは南峰と北峰をつなぐ、100mほどの細い尾根道です。

20140322_1227_39.jpg

12時27分、曲ヶ谷北峰に到着。古里・川井の分岐から休憩込みで3時間半もかかっています。標準コースタイムは2時間半ですから、1時間もオーバーしています。

20140322_1227_40.jpg

日向沢ノ峰(中央右側)、蕎麦粒山(中央左側)が見えています。当初は蕎麦粒山まで行ってみるつもりでしたが・・・今日は体力的に余裕がないのでやめにして、素直に鳩ノ巣駅方面に下山することにします。

20140322_1227_41.jpg

こちらは川苔山。あと10分ほどです。

20140322_1232_42.jpg

曲ヶ谷北峰-川苔山と百尋ノ滝-鳩ノ巣駅の交差点、「東の肩」まで来ました。ここまで来ると人の姿が俄然多くなります。赤杭尾根はやっぱり人が少ないですね。

20140322_1233_43.jpg

川苔山山頂への登り道。既に相当数の人が登っているみたいですね。

20140322_1243_44.jpg

川苔山山頂です。私が着いた時点で10人くらい、その後45分ほど滞在する間に15人くらい登ってきました。キムチ鍋を作っているカップルやワインで乾杯しているカップルなど・・・いつもの川苔山と変わりませんね。

20140322_1244_45.jpg

山頂には1mくらいの雪が吹き溜まっています。山名標も上から見下ろす形になりますが、山頂をちょっと外れると雪が全くありません。なんだか極端ですね。

20140322_1244_46.jpg

富士山です・・・が、春分の日を過ぎて日差しが強くなって来ているので完全に白く飛んでしまっています。iPod touchでは露出の補正も難しいのでそのままです。

20140322_1245_47.jpg

鷹ノ巣山、七ツ石山、雲取山、芋ノ木ドッケ、水松山、タワ尾根ノ頭。手前に天租山、ウトウノ頭。一番手前は川苔山の隣の笙ノ岩山。今年は幾つ制覇できるでしょうか。

20140322_1301_48.jpg

蕎麦粒山から三ツドッケ、酉谷山。今年中には長沢背稜も歩いてみたいですね。

山頂にいる間、息を切らせながら登ってきた初老の男性がいたので聞いてみたら、なんと東日原から登ってきたとか。ヨコスズ尾根を一杯水避難小屋まで登って蕎麦粒山、日向沢ノ峰、曲ヶ谷北峰と歩いてきたらしいです。雪は残っているものの、歩くのに困難な場所はもうないとのことでした。ただ、その消耗ぶりを見て蕎麦粒山遠征を中止しておいてよかったと思いました(笑)。

20140322_1324_49.jpg

20140322_1327_50.jpg

とにかく、今日の山頂は暖かい。腕まくりをしてじっとしていても全く寒くありません。木々も芽吹くまではまだ時間がかかりそうですが、季節は確実に春です。春があまり好きではなかった私ですが・・・やはり春はいいもの、なのかもしれませんね。

さて。13時30分、鳩ノ巣駅に向けて下山開始です。

20140322_1330_51.jpg

東の肩から鳩ノ巣駅方面に下りていきます。

20140322_1345_52.jpg

舟井戸を通過。本仁田山方面にもトレースがありますので、通ってきている人もいるようですね。この後は皆さんご存知の杉林の中の展望の利かない道を延々下り・・・なので端折ります(笑)。

20140322_1603_53.jpg

唐突ですが鳩ノ巣駅に到着。16時です。まだ時間も早いですし、お腹が空いているので腹ごしらえをします。

20140322_1617_54.jpg

駅前の割烹・小料理「玉福」さんの山菜キノコそばです。柚子もたっぷり入っています。この店、前から入ってみたかったんですよね。蕎麦の専門店ではありませんが、結構いい線行っています。うどんやラーメンでも同じトッピングがありますので、そちらも試してみたくなりました。

20140322_1629_55.jpg

玉福さんの看板猫。かなり人懐っこいです。蕎麦ができるのを待っている間、この子が私の膝に乗ろうとしてきました。男なので膝を開いて座っていたため乗りにくかったらしく、諦めて去っていきました。女性で膝を閉じて座っていると確実に乗っかってくると思います。

この後、16時37分の各駅停車で青梅まで出て快速東京行きに乗り換え。東京駅で総武線快速に乗り換えて帰ってきました。全て座れたので、帰り道はひたすら爆睡(笑)。

スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

徒骨亭さん こんばんは

めっちゃ詳しいレポートありがとうございます。地図を見ながら勉強させてもらいました。だんだん奥多摩詳しくなっていきます。にひひ

山頂でキムチ鍋とかワインで乾杯とか、リア充が溢れていますね。僕も可愛い彼女たちと山に行きたくなりました。もちろん目的はグラビア撮影ですけど。

4月の終わりぐらいにハセツネコース歩いてみたいと思います。楽しみです(^-^)

Re: No title

kouさん、こんばんは。

川苔山は奥多摩屈指の人気の山なので、新緑シーズンとか紅葉シーズンとかの山頂は半端じゃない数の人で溢れかえります。今回も、まだ雪が残っているにもかかわらずこれですからね。人気(ひとけ)のない赤杭尾根との落差に面食らいました。

去年の秋に親子3人で登った時は食事をする場所も取れなくて、山頂脇の斜面に並んで座って食べていました。混んでいる時期の食事や休憩は東の肩あたりで取るようにして、山頂は写真撮影だけにしておいたほうがいいかもしれません。

今回は川苔山登山でもっともポピュラーなコースである川乗谷~百尋ノ滝経由のコースは通っていません。雪崩れた雪がまだ大量に残っていて危険らしく、ビジターセンターからも「立ち入りはお控えください」勧告が未解除のままです。雪がなくなったら、是非こちらのコースを歩かれることをお勧めします。

No title

こんばんは、徒骨亭さん!
奥多摩登山、お疲れ様でした(^^

睡眠2時間って!i-282i-202
いや、無理ですi-201
今週は、年度末を控えた週だったため、大変忙しく…帰ってくると気力がすべて損なわれていて、パソを立ち上げてもそのままe-261
今日、ようやく川苔山編をじっくり読めました(笑)

それにしても、雪の残っているところとないところの差が、激しいですね~!
奥多摩は、歩こうと思っているルートがいくつかあるので、雪解けが待ち遠しいです(^^

また隣の尾根を歩いていたりして(笑)

Re: No title

悠さん、こんばんは。

前回・今回と歩いてみて、雪が残っている箇所の特徴を挙げると・・・1に稜線の吹き溜まり、2に北向き斜面、と言ったところでしょうか。稜線の吹き溜まりは未だに1mくらいある場所もありますから、このようなところでは下手をすると5月くらいまで雪が残るかもしれません。GW明けくらいまでは4本爪のアイゼンをお守り代わりにザックに入れておくといいかと思います。

隣の尾根とか、1日違いで同じ場所とか、同じ日・同じ場所だけど2時間差で回っていたとか・・・30年くらい続けたりして(笑)。明日はどうにか休みが取れたので、奥多摩シリーズ第2弾、稲村岩尾根から鷹ノ巣山を狙ってみます・・・寝坊しなければ(笑)。明日の気温だと稲村岩の急登部分の凍結も多分ないと思うんですが・・・。

こんにちは。

川苔山も、もう行けるようになったのですね。随分長い間、近づくことができなかった気がします。それでもまだ雪もたくさん残っているようですね…長距離のハイク、お疲れ様です。実はまだ私は川苔山の山頂まで行ったことがないのですが…景色もとても綺麗そうですね★

お蕎麦屋さんの看板ネコちゃん、とっても可愛いです^_^会ってみたい★

Re: タイトルなし

umeチャンさん、こんばんは。

川苔山周辺もだいたい大丈夫なようですが、一番メジャーである川乗谷から百尋ノ滝を経由して登るルートだけはまだ雪が多く、危険ということで立ち入り禁止になっています。先週土曜日には東日原から稲村岩尾根に登ってみたのですが、駅前のバス乗り場で「百尋ノ滝へは入れませ~ん」と西東京バスの社員の方がアナウンスしていました。下手をすると4月末くらいまでは難しいかもしれません。

山頂は奥多摩最奥部の山々が一望できる天然の展望台ですが、人気の山ゆえに人が多すぎるのが玉に瑕です。ただ、それでも一度は行かれて見ることをお勧めします。

蕎麦屋の猫ちゃん、見かけも可愛いですが手触りが無茶苦茶いいです。ナデナデしているとこちらの方がウットリしてしまいます(笑)。川苔山の帰りには是非、会ってきてください。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR