fc2ブログ

御前山で、初カタクリ。

こんばんは。

特定の音楽が頭の中でリフレインしてなかなか消えない、という経験はありませんか?私の場合、先週あたりにYouTubeで昔懐かしい「遠すぎた橋(A Bridge Too Far)」の空挺部隊の降下シーン(を編集したもの)を見て以来、この映画のメインテーマが繰り返し繰り返し頭の中で流れています。仕事の最中でもお構いなしに(笑)。



映画自体は3時間を越えていささか冗長なのですが、CGがまだなかった当時、あっちこっちからかき集めてきた本物のC-47から本物のパラシュートをばら撒いて(大多数は人形だと思いますけど(笑))の撮影は圧巻です。連合軍にとっての負け戦を大作映画にしてしまう思いっきりのよさも特筆できますが、張りぼてでも精一杯ドイツ戦車らしい形の戦車をだそうと努力していたり、ドイツ軍がドイツ語を喋り、オランダの民間人がちゃんとオランダ語を喋っているのもナイスです。もちろん米英軍は英語ですが。

余談ですがルキノ・ヴィスコンティ監督の「ルートヴィヒ」、ドイツ(バイエルン王国)が舞台の作品にもかかわらず、日本では劇場公開版もDVDもイタリア語吹き替え版しかないのはどうにかして欲しいです。イタリア人が監督だからイタリア語じゃなきゃならない、ってこともないでしょうに。映画自体の撮影時には国際協力映画らしく英語で収録されたらしいので、せめてアマデウスみたいに英語版にして欲しいです。

「遠すぎた橋」メインテーマ
http://youtu.be/XWBoMWZJkeI
「遠すぎた橋」予告編
http://youtu.be/ZDxz6JBfero

そんなわけで、先日、27日日曜日に奥多摩・御前山に登ってきた時も、道中この曲が流れっぱなしでした(笑)。この日、まだ生まれてこのかた実物を目にしたことがないカタクリを見に、御前山に行ってきました。

20140427_0748_01.jpg

例によって地元の駅を午前4時半過ぎの始発の各駅停車で出発、御茶ノ水、立川で乗り換えて午前7時37分に奥多摩駅に到着です。今回は鋸尾根の途中から大ダワ方面に曲がり、御前山を目指すことにします。

20140427_0749_02.jpg

駅前から見た愛宕山。鋸尾根の突端の山であり、山頂には愛宕神社があります。多摩川を渡り、まずはこの山によじ登ります。

20140427_0752_03.jpg

昨年12月に鋸尾根に登った時も同じくらいの時間に登山口を通った筈ですが、今日は朝日が差し込んでいます。やはり大分日が長くなって太陽も高くなっているようですね。新緑が眩しいです。

20140427_0801_04.jpg

おなじみの愛宕神社への参道の急傾斜階段です。途中から傾斜がさらに急になります。階段の段の幅が靴の長さよりも短いので、手摺を掴まないと怖くて登れません。私はまだ鋸尾根を下ってきたことがないのですが、下りだとどんな感じなんでしょうね。

20140427_0813_05.jpg

愛宕神社に到着。ここで道中の無事を祈願します。

20140427_0818_06.jpg

愛宕神社の裏から一旦林道に入り、100mほど先で登山道に戻ります。12月とは違って若葉がたくさん芽吹いており、うっかりすると登山道に入り口を見失いそうです。これから夏にかけて草木が生い茂ると、冬場とは全然違った道になるんでしょうね。

20140427_0825_07.jpg

木々の間から、先月歩いた六ツ石山が覗いています。もう雪はすっかり消えたようですね。

20140427_0844_08.jpg

まずは杉林の中を登って行きます。こちらの鋸尾根は基本的にかなり整備された登山道なので、木の階段や鉄の梯子、鎖などが整備されています。

20140427_0846_09.jpg

鋸尾根らしい岩だらけの尾根道が出てきました。ここはまだまだ序の口です。

20140427_0854_10.jpg

こちらでは木々の間から本日の目的地である御前山が覗いています。

20140427_0857_11.jpg

天聖山に到着。頂上には天聖神社の祠のほか、天狗様が2体あります。ここでも道中の無事を祈願して先へ進みます。

20140427_0902_12.jpg

こちらからは木々の間に2週間前に登った本仁田山(ほにたやま)が見えます。右肩からちょこんと覗いているのは赤杭尾根のエビ小屋山のようです。

20140427_0908_13.jpg

前回、12月の鋸尾根チャレンジでは、ここの分岐で左側の巻き道を行ってしまうというヘタレた選択をしたのでした。今日は鎖場に挑みます。

20140427_0909_14.jpg

鎖場ですが・・・別に登るのに苦労するほどではありませんでした。

20140427_0911_15.jpg

鎖場の上からは六ツ石山方面がよく見えます。

20140427_0920_16.jpg

新緑が眩しい・・・と言っていられるのも今のうちだけ、じきに鬱蒼としてきて草いきれと虫だらけで通るのに難儀しそうな場所ですね。

と、ここでアクシデント発生。とは言ってもアクシデントが発生している場所はこの山道ではなく、50km以上離れた都心の職場です。休日出勤している同僚から緊急連絡があり、一部のサーバでの処理が停止しているとのこと。とっとと圏外まで逃げてしまっていれば振り切れたのに・・・(笑)。ここから引き返してこの格好で職場に顔を出すのもヤだな・・・とか思いながら電話で対応。原因となりそうな箇所を順次点検するように指示していって、ようやく化石のようにサーバ室の隅っこで稼動している旧サーバの1台でサービスが停止しているのが原因と判明。まったく、ソフト会社が何社も絡んだヤミ改修だらけのシステムなので手を焼きます。後の処理は現場でできることを確認して電話を切りました。結局、40分のロスタイムです。体がすっかり冷えてペースが狂いますね。

20140427_1013_17.jpg

急登の途中での電話でなかったのは幸いでした。森の中をしばらく歩きます。

20140427_1018_18.jpg

左手の方に天地山が見えてきました。電車の中などから大岳山の手前ににょっきり聳えているのがよく見える山です。古い地図などによると、もともとは今の鋸山が天地山だったようです。いつのころからか名前が入れ替わったようですね。川苔山の表記もそうですが、国土地理院の地図に誤った名前が記載されてしまうと、そのまま既成事実化してしまうことが多いようです・・・って官製地図ですから当たり前か(笑)。このピークにもバリエーションルートがあるらしいので、いつか探索してみようと思っています。

20140427_1032_19.jpg

鋸山の手前、1,046.7mの表示のあるピーク。ここには三角点があります。この無名ピークも天地山と呼ばれることがあるとか。もともとはどれが本当の天地山だったんでしょうね。

20140427_1033_20.jpg

三角点のある場所からは北側に若干展望が開けていて、長沢背稜方面が見えます。中央は恐らく三ツドッケですね。

20140427_1044_21.jpg

鋸尾根から大ダワ・御前山方面への分岐点にやってきました。ここまで所要時間は2時間55分、先ほどの職場からの電話対応時間を除けば2時間15分です。標準コースタイムから5分しか短縮できていません。もっとも、昨年12月、山歩きを始めたばかりの頃に初挑戦した時には3時間かかっていましたから、それなりに進歩はしているようです(笑)。

20140427_1044_22.jpg

こちらは分岐点から大ダワ方面を見たところ。痩せ尾根の鋸尾根から分岐して下る道ですから、当然急坂ですね。

20140427_1049_23.jpg

急坂がしばらく続きます。

20140427_1050_24.jpg

鋸尾根から分岐する道は鋸山の前後にあります。大岳山側の分岐点からの道と合流。あちらはハセツネ・カップのコースですね。ここからハセツネ・カップのルート上になります。

20140427_1055_25.jpg

鞍部である大ダワに到着。ここには奥多摩駅近くの登計(とけ)集落から鋸山林道が伸びてきています。舗装された立派な林道ですね。ここに車を止めて山に入る人もいるようです。この林道はこの先、檜原村の北秋川沿いの都道まで続いています。

20140427_1055_26.jpg

広くなった林道の向かいにはトイレがあり、その裏に御前山への登山道が続いています。

20140427_1102_27.jpg

登山道に入ってすぐ、最初のカタクリを発見。なにやら上に乗った木の枝の下から健気に生えています。実物は生まれてはじめて見ました。菫くらいの大きさと思っていたんですが、意外と大きいんですね。

高校時代、生物の先生がカタクリのマニアで、市内のカタクリ群生地をすべてマークしており、授業中にその話を始めると止まらなくなるので有名でした。当然ながら渾名は「カタクリ」。サンダーバードのトレーシー一家のお父さんに似ていたので、「サンダーバード」とも呼ばれていましたが。

20140427_1113_28.jpg

誰かが種をまいているんでしょうか?道端には結構な数の幼若なカタクリの葉が生えています。数年後には大ダワからの登山道が一面カタクリの群生地になりそうな感じです。

20140427_1115_29.jpg

20140427_1119_30.jpg

健気に咲いていますね~。なるほど、人気があるのがわかる気がします。

20140427_1132_31.jpg

鞘口山(1,142m)通過。標準コースタイムより5分遅れ。ちょっとバテてますね。

20140427_1201_32.jpg

クロノ尾山通過。

20140427_1232_33.jpg

カタクリは道端にポツポツと続いています。一面カタクリ・・・のような大群生地はありませんでした。この日は最後までそういう光景は見ませんでしたが、御前山のどこかにあるんでしょうか?

20140427_1243_34.jpg

ルートから100mほど外れて境橋方面に進み、御前山避難小屋を見てきました。混み合ってますね。こちらのルートは人通りも多く、多くの登山者はこちらからピストンしているようです。

20140427_1249_35.jpg

御前山山頂までの最後の登りです。

20140427_1256_36.jpg

御前山山頂(1,405m)に到着。山頂も混み合ってます~。カタクリのシーズンだから仕方がないんでしょうかね。今日は結構バテてしまって、標準コースタイムから30分も遅れてしまいました。また睡眠不足かな。

20140427_1314_37.jpg

奥多摩三山はこれにてすべて制覇。

20140427_1316_38.jpg

山頂はあまり展望がよくありません。周囲を木々に囲まれています。これは落葉松でしょうか?

20140427_1326_39.jpg

潅木の間から先月登った鷹ノ巣山が覗いています。あちらからも御前山を見ていましたが、これでこちらからも見返しました。

山頂で昼食をとり、35分間休憩。下山を始めるグループも多いですが、次々とパーティが到着するのでいつまで経っても人が多いです。そのうち高校生の20人位のパーティが到着、全員で飯炊きを始めました。なんだか戦場のような騒々しさです(笑)。

13時30分、下山を開始します。

20140427_1337_40.jpg

山頂からちょっと下ったところに展望台があり、こちらからは北側の展望が結構開けていました。画面右端が川苔山、その左の鞍部、踊平を経て登り返したところが日向沢ノ峰、画面中央のとんがったピークが蕎麦粒山。2週間前に辿ったルートですね。画面左端のピークは三ツドッケです。

20140427_1338_41.jpg

こちらの奥の稜線は長沢背稜ですね。右の方が三ツドッケ、中央ちょっと左あたりが酉谷山だと思います。手前は石尾根、左の方のピークが六ツ石山です。

20140427_1338_42.jpg

こちらは石尾根、先月歩いた鷹ノ巣山から六ツ石山にかけての稜線です。実際に歩いていると、水根山、城山、将門馬場などのピークがはっきり見分けられますね。

20140427_1347_43.jpg

惣岳山に到着。高水三山にも同名の山がありますが、こちらは「そうがくやま」。高水三山の方は「そうがくさん」です。ややこしいですね。

20140427_1347_44.jpg

ここからは小河内タム方面に真っ直ぐ下りる大ブナ尾根と、小河内峠・月夜見山・風張峠・鞘口峠をへて三頭山に至る稜線に分かれます。時間があれば鞘口峠まで歩いて都民の森から武蔵五日市の駅に戻ろうかと思っていたのですが、そのような時間はなさそうです。体調もあまりよくないので大ブナ尾根を下ります。

20140427_1349_45.jpg

惣岳山山頂付近から大ブナ尾根への下り。開始早々、かなりの急坂ですね。奥多摩三大急登に数えられるのもよくわかります。

20140427_1357_46.jpg

20140427_1358_47.jpg

20140427_1400_48.jpg

下る途中、なにやら妙な植物が群生しています。正体がよくわからなかったのですが、帰宅してから調べてみたらバイケイソウという毒草(!)でした。山菜のオオバギボウシと似ているため、誤食による食中毒の例もあるそうです。古くは血圧降下剤として用いられたこともあるらしいのですが、毒性が強いため現在では使われないそうです。また、アメリカではこれを食べた羊に単眼症が多発したとか。7月ごろには1m近い茎を出して白い花を咲かせるそうなので、それなりに見栄えがするとは思いますが・・・。

20140427_1403_49.jpg

20140427_1404_50.jpg

20140427_1404_51.jpg

新緑が目に鮮やかです。登山道上の大きな岩からも緑の芽が次々と出て来ています。

20140427_1408_52.jpg

再び、かなりの急坂を下ります。道も急ですが、このあたり虫、特に蠅が多くて付き纏われて閉口しました。蠅が寄って来るほど酷い臭いなんでしょうか?気になります。

20140427_1436_53.jpg

木の上にアカゲラがいました。咄嗟にカメラを向けたのですが、そのまま鳥を撮影できるほどの倍率はありません。画質重視で低倍率のカメラにしましたが、どうせ私の腕では大した写真も撮れないのですから、画質を無視して高倍率のカメラにしておくべきだったかな?ちなみにアカゲラの尻尾の辺りだけ小さく写っていますが、どこかわかるでしょうか?

20140427_1453_54.jpg

サス沢山(940m)までやってきました。山頂の展望台からは奥多摩湖が一望できます。午後なので、どうしても逆光になってしまいますが。

20140427_1530_55.jpg

サス沢山からは、再び急坂です。こちらは下りた後で上方向を振り返ったところ。降りる途中、難儀していた60代と思われる女性2人を追い越しました。

20140427_1534_56.jpg

小河内ダムが見えてきました。あと少しです。

20140427_1541_57.jpg

ダムのすぐ手前のピークが「頂上広場」になっていますが・・・

20140427_1543_58.jpg

行ってみると周囲に木々が生い茂っていて、展望が殆んどありません。行って損した、の世界でした。テーブルは新しくしているようなので、これから整備するのかも知れませんが。

20140427_1556_59.jpg

小河内ダムに到着。堤頂部を歩いて対岸の水根集落側に渡ります。随分久しぶりにこの場所に来ました。大昔、女の子を連れて夜明けにここに来た記憶があります。すごくガスがかかっていたのは覚えているのですが、誰と来たのかがまったく思い出せません。そんなに付き合った人がいるわけじゃないのに。

20140427_1609_60.jpg

奥多摩湖のバス停に到着。バス停の奥には御前山が見えています。のんびり下りてきたとは言え、標準コースタイムより1時間も遅れてしまいました。

20分ほど待って奥多摩駅行きのバスに乗り込みましたが、私は辛うじて座れたもののほぼ満員状態です。10分ほど走った境橋のバス停にも大勢の登山客が並んでおり、大量に積み残しました。が、臨時便のバスがすぐ後ろを走っており(というより私の乗ったほうが臨時便だったみたい)全員無事に奥多摩駅まで帰ってこれたようです。

奥多摩から16時57分のホリデー快速で東京駅まで。・・・が、電車の中では中年と若者の2組のパーティが宴会を開始。さほど五月蝿くなかったのが救いですが、御嶽で乗ってきたハイキング帰りと思われる3歳くらいの男の子が、何かあるたびに物凄い金切り声を上げるので、宴会をしている連中まで閉口していました。安眠できません(笑)。

東京駅からは普段と違い、京葉線に乗り込みます。京葉線沿線の女房の職場で女房と合流、車で私の実家に向かって実家に遊びに行っていたチビを回収。昨日が誕生日だったので、電子ブロックを買ってもらったようです。早速回路を組んでご機嫌のチビをつれて帰宅しました。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、徒骨亭さん。
御前山に行かれたのですね!
私は去年行って、帰りに熊さんに遭いました(^^;

カタクリのお花は、初でしたか。
なかなか可憐なお花でしょう(^^
道端にそっと咲いているのも、風情があってよいものです。
去年は御前山、今年は三毳山、来年は…もう決めていますv-218

帰りの電車で宴会の団体と会ってしまいましたか(^^;
あれって、超迷惑なんですけどv-359
私は基本、音楽プレーヤーを持っていって、雑音をシャットアウトします。
あれはいいですよ~。
特に、おしゃべりなおば様方をシャットアウトできますから(笑)

音楽プレーヤーを持って行かなかった頃、しょっちゅう話しかけられて、ホントうんざりしました(^^;
「あら、1人なの~」とか「どこに行くの?」とか「1人でえらいわね~」とか、挙句の果てには家族構成を聞いてきたりして、「うるさい、うるさい! 何で浮世を忘れる山行きで、見ず知らずの人間にこんな事聞かれなきゃならないんだ!」と、激しい葛藤を覚えたものです。

別に人間嫌いなわけじゃないんですよ。
ただおば様方の、1人は可哀想的な余計なお世話が、嫌なだけです。
ま、ある意味贅沢な文句ですi-235

Re: No title

悠さん、こんばんは♪

御前山のクマさん、昨年の悠さんの御前山の記事を拝見していましたので、実はかなり期待していました。もともと御前山南麓に何頭かのクマが生息しているという話は聞いていましたし、冗談抜きに野生のツキノワクマを一度見てみたい、というのもありましたので。まあ、距離数メートルで鉢合わせ、は避けたいですけど。

ただ、昨年悠さんが行った平日ならともかく、休日は人が多すぎてまず無理ですね。境橋ルートなんか凄い人出です。大ブナ尾根は人気がなくて期待したんですが、実は私の前10分と後10分くらいの位置に熊鈴鳴らしまくった団体さんがいてしっかり露払いしてあったのでした(笑)。小河内ダム近くで先行の団体に追いつき、展望台を見ている間に後発の団体が追いついてきたのでわかりました。

カタクリに限らず、本当に花が苦手なんですよ。最近は皆さんの影響で大分名前を覚えてきましたが、ごく最近まで梅と桜の区別も覚束ない体たらくで(笑)。

今回遭遇した宴会団体は大声をあげるようなことはしていなかったので五月蝿くはなかったのですが、立っている人もいる通勤型電車のロングシートでビール飲んでつまみ齧っているのは見ていて気持ちよくないですね。私は地図閲覧用のiPod touchをいつも持ち歩いている(紙の地図も一緒に持っています、念のため)のでイヤホンだけ持っていれば音楽が聴けるんですが、あいにく初代ウォークマンの時代から今に至るまで電車の中で音楽を聞く習慣が全くないので、いきなりとってつけたようには始められません(笑)。

まあ、どうも私は戦場帰りの傭兵みたくNoli me tangereオーラを全開にしているようで、滅多に話しかけてくる人もいません。砂漠の臭いがする・・・とか昔からさんざん言われましたし。悠さんの場合、「若くて美人(に見える)」だから声をかけられるんですよ、多分。

御前山のカタクリ~

こんばんは。

私はこのコースをまったく逆に歩いたことがありまして、懐かしく拝見しました。私が歩いたのは7月でしたが、暑くて失敗しました。

愛宕神社の階段はムリな作りですよね~(笑)。札幌の「大倉山シャンツェ」かと思いました。

それから、徒骨亭さんがカタクリを見たことがないとは意外でした。日本海に面した山のカタクリと同じですね。当たり前ですが。

懐かしい奥多摩の山々が見れてうれしかったです。

Re: 御前山のカタクリ~

B・Yさん、こんばんは。

大ブナ尾根から御前山に登って鋸尾根に下りられたんですね。そちらの方が正解かもしれません。鋸尾根は岩だらけでも足場がしっかりしていますから下りやすそうですが、大ブナ尾根は滑りやすくて下りる時にかなり気を使います。ぬかるんだりしたらかなり難しいんじゃないかと思います。

いずれにせよ、あのあたりだと7・8月は草いきれが凄くて歩くのが大変でしょうね。夏場はもっと高いところへ行かないと(笑)。

私は昔から動物は得意なのですが、植物には疎いです。花音痴と言うか、何を見ても「花」の一言で片付けていましたので、時期が限られたカタクリを見にわざわざ出かけることもありませんでした(笑)。最近は他のブロガーさんたちの影響を受けて花の名前がわかるようになってきましたが、女房あたりは「あの花音痴がなんでいきなり?」とか、怪しんでいるかもしれません。前記事にも書きましたが、私のブログは女房には内緒なので(笑)。

No title

徒骨亭さん こんにちは

今回は御前山でカタクリのお花の観賞会ですね。ウキウキしますね!春はお花の季節ですぅ~。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

ハセツネコース興奮します♡ もう、すっかり暑くなってしまったので、70㌔のコースを補給なしで歩くのはつらそうです。綺麗なおねーさんの応援でもあれば頑張れるのですが…

徒骨亭さんも近い将来はトレイルランナーですね( ´∀`)

Re: No title

kouさん、こんばんは~♪

ちょうどシーズン真っ盛りだったので、人出も多くて閉口しました。山頂では結局座るところがなくて立ちっぱなしです。もっとも、普段から休憩時に座ることは殆んどないんですけどね。座ってしまうと体が冷えすぎて後で歩きにくくなります。

ハセツネコースに来る時は・・・あらかじめ、たまねぎさんや悠さんに応援を頼んでおくとか。でも、確かにコンビにはおろか水場も殆んどないコースですから大変ですよね。一応御前山には水場があることになっていますが、どこだかよくわかりませんでした。

トレイルランナーにはまだまだ程遠いです~。とにかく胴回りをもっとシェイプアップしないと(笑)。

No title

徒骨亭さん、こんにちわ。

カタクリってきゃわいいですよね~。ほとんど芽吹いていない春の登山道に咲いていると、とても目立ちます。大きな株のものが群生していると、よっぽとここのお布団(土壌)の居心地いいんだな~っと思ってしまいます。よくわかるわ~。

バイケイソウもあの葉っぱが好き~。毒草ってあたりも魅力的です。コバイケイソウのお花がトイレの臭いなのに対し、バイケイソウのお花は無臭だった気がします。。。

やはり、徒骨亭さんのご紹介される曲がわかりません~。前回の「なんちゃらの思い出」も、青レンジャー、事前にしっかり調べて聞いてみました。しかし分からない。。。この「遠すぎた橋」も知りませんでした。徒骨亭さんの聞く音楽は高尚な気がします。。。外国の映画もあんまり観ない、いや観れないので。。。

Re: No title

青レンジャーさん、こんばんは~♪

本物のカタクリは今回初めて見たんですが、登山道のど真ん中に生えているのもありました。さすがに天気が悪かったりしたら足を滑らせた拍子にザックリもぎ取ってしまいそうですが、なんか健気ですよね。人気がある理由がよくわかりました。

バイケイソウは、この日、山へ向かう途中で読んでいた小説がブナ林と蘭が登場するファンタジーだったので、妙に生々しく感じてしまいました。7月には1mくらいの花茎の先に白い小さな花が一杯咲くようですので、これも是非見てみたいと思います。

別に私が音楽について高尚なわけではありません(笑)。結構、CMやドラマで使われた曲ってありますから、多少長めに生きているとその分耳が覚えているだけです。今では考えにくいですが、マーラーの「大地の歌」がサントリーのCMに使われてベストセラーになっちゃった、ってこともありましたから。

「遠すぎた橋」はちょっとマニアックだったかも。私の世代でも「オールスターキャストで大金かけて作ったけど長すぎてよくわからなくて大コケした映画」と思っている人が殆んどです(笑)。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR