スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無線機、買ってみた。

こんばんは。

先週のことですが、女房の職場で同僚の一人が差し入れとしてギャレット・ポップコーン・ショップスのシカゴミックスを持ってきたそうです。休憩時間に皆で摘んだらしいのですが、常々「たかがポップコーンになんであんな行列が」と思っていた女房、食べてみてビックリ。あまりに美味しいので夢中で摘んでしまったものの、大勢で一袋なのであっという間になくなってしまいました。で、週末の土曜・日曜が珍しくお休みだった女房、「ポップコーン・・・ポップコーン」と夢遊病者のように呟いています。まったく、もう(笑)。

で、結局のところ、日曜日に我が家から一番近い酒々井プレミアム・アウトレット内のお店まで買いに行くことになりました。まあ、高速に乗れば20分くらいで着きますからね。でも、わざわざ高速代使ってまで・・・と言うのが私としては正直な感想です。ギャレットは本家の原宿店の他、東京駅にもお店があるようですが、なんで酒々井なんかに・・・と考えていて思い当たりました。これって、三菱地所つながりなのかな?

ちなみに酒々井は「しすい」と読みます。千葉県民にとっては馴染みのある地名ですが、他県の人には難読地名の部類になるでしょうね。「八街(やちまた)」やら「匝瑳(そうさ)」やら、千葉には難読地名が多いかも。

今回、子供は友達と遊ぶ約束が入っているので、私と女房だけでお出かけです。酒々井プレミアム・アウトレットに到着後、極悪非道の女房に「パパが並んでてね~。私は買い物してくる」と言われるんじゃないかと戦々恐々としていたんですが、何と女房が自分で並ぶようです。よほどポップコーンに執着していると見えます(笑)。どうも40分くらいはかかるようなので、女房を置いて私がプレミアム・アウトレット内を回っていたんですが・・・はっきり言って、私のような中年タヌキが歩いて面白い場所じゃないですよね。三井アウトレットパーク木更津ならモンベルショップその他、そこそこ見て回れる場所があるんですが、酒々井プレミアム・アウトレットにはMarmotくらいしかありません。それもあまり山向けじゃなさそうな品揃え。20分くらいで退屈しきってベンチであくびをしていた私なのでありました(笑)。

やがて「買えた買えた」と女房から電話。やれやれ、帰れるかと思って迎えに行くと、ま、当然と言えば当然なんですが、今度はアウトレット内を回るとのこと。「付いて来られると邪魔」という女房の仰せに従い、再び一人で歩き回る羽目になった私ですが・・・仕方がないので家庭用品とかを見て回っていました。何にも買わずに帰るのも悔しいので、ヴィクトリノックスのショップでファーストエイドキットに入れるクラシックSDを1丁購入。都内より400円くらい安いかな。あと、フィンランドのiittalaというテーブルウェアのお店、今回初めて見たんですけど結構いい感じですね。こちらではなにも買いませんでしたが。

何だかんだで3時間くらい滞在して帰宅。早速女房が買ったポップコーンを皆で摘みましたが・・・ううむ、本当に食べだすと止まらないですね。ただ、カロリーはものすごく高そうです。こんなもの食べてた日にゃ、山歩きで痩せた分なんか全部吹っ飛んでしまいそうなので、私は早々に打ち止めにしましたが・・・でも、1時間位したらまたつまみ食いしたくなる(笑)。



さてさて。前置きが長くなりましたが本日の本題です。と言っても山行の話ではなく、小ネタですが。

ちょっと前から山歩きの際の追加装備として、ラジオを考えていました。当ブログからリンクさせていただいているB・Yさんが10年前の中越地震の際にたまたま震源近くの越後駒ケ岳で山小屋泊をしていたそうなんですが、同宿だった方が持っていたラジオが情報収集手段として非常に有効だったそうです。たしかにそうですよね。山の中での大きな地震もそうですが、今回の噴火みたいな事態で山小屋に取り残されたりしても、ラジオで情報収集できればかなり心強いはずです。

そんなことを考えながら1ヶ月くらい前からラジオの物色をしていたんですが、ラジオと言えど、ちょっといい製品だと1万円くらいはするんですよね。はてさて、どの程度の製品にしておくべきか。あまり安物を選んで、いざと言う時に使えないと言うのは困りますからね。

なんてことを考えていて、ふと気がついたのがアマチュア無線用の無線機。最近の無線機は1万5千円くらいから買えるんですね。あまりラジオと変わらない値段です。しかも、2~300グラム程度の重量で、リチウムイオン電池搭載で通信時間が6時間、中波から超短波までのオールウェイブ受信機内蔵・・・なんてものもあります。これはいいですね~。青梅警察署の山岳救助隊のホームページにも、「資格のある方はアマチュア無線機を携行してください」との一文がありますし。

そう、実は私、資格なら持っているんです。遥か昔、中学生や高校生の頃はアマチュア無線をやっていました。免許を取ろう、と思ったのは小学校6年のときで、中学校1年の夏休み前に免許の交付を受けました。それがこちら。

20141109_0000_01.jpg

・・・笑わないでください。これは無線設備を扱うため必要な「無線従事者免許証」です。当時の「電話級アマチュア無線技士」、現在の「第4級アマチュア無線技士」ですね。1回取得すると更新なしで死ぬまで有効な終身免許なので、メタボなおっさんや頭の薄くなった爺様の免許証の写真が初々しい少年時代の写真のまま、という珍事態が多発しています(笑)。生年月日の「昭和」の字がやたらと汚いですが、それは私の字だからです。マスキングしてありますが、名前も同様。この部分、実は申請書の端の部分を切り取って、そのまま貼り付けてあるんですね。下手糞な字も終身保存される仕様です(笑)。

ちなみにこの免許、女房に見せたら絶望していました。実は、ウチのチビにそっくりなんです。まあ親子なんだから当然なんですが、女房は「チビもそのうちこんなお化けタヌキになってしまうの?」とショックを受けたようです。運命だ、諦めなさい(笑)。

無線設備の操作には、この「無線従事者免許証」の他、無線設備に対して与えられる「無線局免許状」が必要です。こちらは有効期限が5年間で、私の免許状は18年前に失効してしまっていますが、いわゆる『J△1○□×』のようなコールサインは、この無線局免許状に記載されています。車に例えれば、「無線従事者免許証」が運転免許証、「無線局免許状」が車検証、コールサインが車のナンバーのようなものです。ただし、車の場合と決定的に違うのは、無線局免許状の与えられた無線設備を操作できるのは、申請した無線従事者免許証所持者に限定されると言う点です。他人の無線設備を操作することはできませんから、無線従事者免許証を持っているだけでは無線は使えません。私の場合も無線機を買ったら無線局免許状を再度取得しなければならないわけです。

ちなみに、無線従事者免許証・無線局免許状を取得せずに、電波の発射が可能なアマチュア無線用の無線機を持ち歩いていると、不法無線局の開設ということで検挙される恐れがあります。無資格でも電波を出さなければ大丈夫、非常事態の際の使用は緊急避難だから法的問題はない・・・と思っている方もいるようですが、実際は検挙され「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」に処せられる可能性があります。たしかに大昔は持っていても電波を出さなきゃ大丈夫、でした。しかし、トラックなどの不法無線の取り締まりで、送信している現場を押さえなければ言い逃れされてしまうという事態が多発した結果、法解釈を修正して「送信可能な状態で無線機を所持した場合は不法無線局の開設とみなす」と言うことになりました。ただし、原則として自宅での保管までは取り締まっていません。それをやると、免許申請をするつもりで(無線機を保有していない状態では免許申請ができません)無線機を買ってきた時点で不法無線局になってしまいます(笑)。

※自宅で明らかに不法無線局を開設している、という証拠を押さえられたり告発されたりした時は別ですから念のため。

これって、正規に免許を受けた人も注意しないといけないんですよね。車に無線機を積んでいて、免許のない家族が運転中に不法無線の検問に引っかかった場合、電波法違反になってしまいます。実際、奥さんなどが有罪判決を受けた事例が少なからずあるそうです。自分が運転しないときは無線機を外す、などの対策が必要です。

ちなみにトラックの不法無線などの例だと、懲役刑は殆どないようですが、20万円から50万円の間で罰金という判決が出ることが多いようです。交通違反の反則金と違って、れっきとした刑罰(罰金刑)ですから前科がついてしまいます。ビザ免除国に渡航する際もビザの申請が必要になったりとか、結構面倒なことになってしまうようです。

取り締まりはトラック対象のものばかりだから、山では大丈夫・・・と思っていたら大間違い。狩猟やスカイスポーツでは無資格でのアマチュア無線機の使用が横行しているらしく、丹沢では山の中で取締りをやったこともあるそうです。会員が検挙されたらしく、秦野市の猟友会が「無線機は資格を取って使いましょう」という通達を出したことがあるとか。

先に述べたとおり、人命にかかわるような緊急事態では免許なしでの通信も認められていますが、それはあくまで本来操作すべき有資格者が通信不可能な状態に陥った場合などに限られます。そもそも、無線機や装着したアンテナによって電波の伝わり方もかなり変わってきますから、きちんと免許を受けていても普段から通信を行って、機器にどのような特性があるかを把握しておくことが重要です。無資格で無線機の操作もわからず、電波の伝わり方に関する知識もなく、定められた緊急通信用の呼び出し周波数なども知らない状態で使用しても、まずまともな通信はできません。



話があらぬ方向に進んでしまいました。無線機購入の話に戻りますが、今年の社員旅行がキャンセルになって、総務から若干の積立金が還付されてアブク銭ができたこともあって、早速無線機の物色に出掛けてみました。行き先は今や秋葉原では絶滅危惧種のアマチュア無線ショップのひとつ、「ロケット・アマチュア無線本館」さんです。かつて首都圏一円に家電小売店を出していたロケットさんですが、今では営業しているのはこのアマチュア無線本館だけだそうです。ここで買い物をするのも何年ぶりかな。以前はロケットさんのアマチュア無線売り場も、今の書泉ブックタワー近くの本店の中にあったような記憶がありますが。

20141109_0000_02.jpg

え。アマチュア無線本館?なんだか様子が変ですが。扉の周囲のポスターは、あきらかに無線ショップの雰囲気じゃないですね。

20141109_0000_03.jpg

あ、左側の端っこだけがアマチュア無線ショップになっていて、あとの大半はアダルトDVDショップなんですね。なんだか、ちょっと入りにくい状態になってます(笑)。やっぱり、今や無線ショップは絶滅危惧種なのを実感させられるシチュエーションです。

この後、お店でいろいろと物色した結果、とうとう買ってきてしまったのがこちら。

20141109_0000_04.jpg

八重洲無線の「VX-6」です。ブランドは以前吸収したハンディー機の名門「STANDARD」になっていますが。144MHz帯・430MHz帯のデュアルバンド対応、送信出力5W(携帯電話の10倍)。504kHz~999MHz(中波~超短波)までのワイドバンドレシーバー内蔵、水深1mで30分耐えられる防水仕様。リチウムイオン電池で6時間稼動可能。携帯電話程度まで出力は落ちますが、単3電池2本でも動作可能です(オプションの電池ボックスが必要)。ううむ、私が昔活発に無線をやっていた頃から較べれば、夢のようなスペックです。気分はまさに浦島太郎。当初想定していた機種よりも高性能になったので、アブク銭だけでは賄えず、数千円を追加出資しました(笑)。

このVX-6、元々登山を念頭に設計された機種のようです。オプションの電子気圧計ユニット(実売4,000円程度)を装着すると、気圧・高度を表示できるようになるとか。最初は「気圧・高度だけ表示させて何になる」と思いましたが、バックアップ手段として入れておいてもいいかも・・・と思い直しました。

20141109_0000_05.jpg

早速開梱してみました。中身は本体のほか、リチウムイオン電池パック、アンテナ、ストラップ、ベルトクリップ、ACアダプタ、マニュアルだけです。ストラップを挟み込んでベルトクリップをねじ止めし、電池パックを入れてアンテナをねじ込みます。もちろん送信のテストはできませんので、受信の動作チェックだけします。画像は東京エフエムを受信しているところ。さすが無線機、普通の商業放送だとガンガン入ってきます。

20141109_0000_06.jpg

とりあえず、自宅で保管・・・なので念のため、電池パックなどを外して元箱に戻しておきます。まあ我が家の場合、チビが玩具と勘違いして勝手に操作してしまったりとかを避けるためにもこうしておく方がベターです。

20141109_0000_07.jpg

早速、無線局免許状の申請をしなければ。申請書類セットも一緒に買ってきました。実は、現在では電子申請も可能(住基カード、または総合通信局へのID登録が必要)で、そちらのほうが手数料も安いのですが、私がやっていた頃とは申請の方法も全く変わってしまっているので、解説書代わりに買ってきました。結果は、買ってきて大正解。申請書に書く区分とか、解説なしだと確実に間違えそうです。まあ、勝手はわかったので、次回の免許の更新とか変更申請とかは電子申請で行いますが。

今回の無線機購入、実は完全な思い付きではなく、以前からある程度意識していました。失効した古い免許には私の昔のコールサインが記載されていますが、関東地方ではコールサインのストックを使い切ってしまっているので、失効した古いコールサインが順次再割り当てされて使われています。私が昔使っていたコールサインもあと1~2年で再割り当てされる可能性があるんですが、再免許の際、古いコールサインが使われていなければ申し出て再度使用できます。簡単な無線機でも購入して再開局申請、前のコールサインを確保しておくか・・・というのは数年前から漠然と考えていました。やっぱり、自分が使っていたコールサインには結構思い入れがありますからね。再割り当ての結果、免許を持っていても違法行為やりまくり、みたいなヤンキー兄ちゃんに自分が使っていたコールサインが割り当てられてしまったらどうしよう・・・という危惧もありました。今回「ラジオじゃなくて無線機買えばいいじゃん」と思い立った傍から買いに行った背景には、山に持っていく無線機を調達すればこれらの課題が一石二鳥で解決する、というのに気がついたためなのでした(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : アマチュア無線
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、徒骨亭さん!

う~ん、徒骨亭さんには一体いくつの隠し球があるのか、わかりませんね~(^^;
その守備範囲の広さは何なんですか!?e-263
本当に脱帽です!

ラジオを使うことは考えたこと無いですが、熊避けに音の出るものないかな~と思っていたら、持ってましたICレコーダー。
これなら音量上げればバッチリですし、何より軽くて小さいですからね!
私はこちらを使うことにします(^^

それにしても、小学生の頃の写真の証明証って、それじゃあ本人の証明にならない気がするのですが?(笑)
でも、なんだか写真の男の子は可愛らしい感じ(笑)
徒骨亭さんのお子様もきっと、可愛い男の子なんでしょうね!
ちなみにうちの子供達も、3歳くらいの頃はとても可愛かったですよ!
あの頃がピークでした…今では身体も態度もでかくて…あんなに可愛かったのに(涙)

Re: No title

悠さん、こんばんは♪

う~ん、守備範囲ですか。高校時代とか、私の周囲は同じような奴ばかりだったので、守備範囲が広いとかって全然考えていませんでした。やっぱり何だかんだと手を広げすぎなんでしょうかねぇ?

無線機を熊よけ・・・というのは考えていませんでした。スケルチという機能があって、信号が入らないと完全無音になってしまうんですが、FMラジオとかを鳴らしていれば確かに音源になりますね。無線機の後ろのベルトクリップをザックのショルダーハーネス上の横ベルトに引っ掛けて、山岳救助隊員みたいな装着の仕方ができるんですが、この状態でFMラジオを鳴らしたらいいかも。免許状が下りたらやってみますね(笑)。

悠さん鋭い!実は免許所持者の高齢化が進んでいて、悠さんが仰るような問題が実際に発生しているみたいです。警察官とかが免許証の提示を求めても(車と同じで運用時は携帯義務があります)本人かどうか確認できないとか。結局、免許証番号とコールサインを総合通信局に照会して本人確認をやるらしいんですが、その間は足止めを食らってしまうようです。手っ取り早い解決法は、より上級(私だったら3級)を取得して、最新の免許証を持っておくことなので、1月に受験してきます。受かったらブログで騒ぐと思いますが、そうでなかったら「なかったこと」にすると思いますのでそっとしておいてくださいね(笑)。

母親は男の子に対して「昔は可愛かったのに」って嘆きますよね。父親は自分が通ってきた道を知っているので、「可愛いのなんてほんの一瞬」と割り切っています(笑)。

こんにちは♪
ギャレットポップコーン!
TVで見たことあります!(((o(*゚▽゚*)o)))
名古屋には期間限定で三越か何処かで販売されてたみたいですけど、
奥様がそんなに虜になってしまうなんて、相当美味しいんでしょうねー!
ますます食べてみたくなりました(*^^*)

そして、徒骨亭さんのアマチュア無線の免許証!可愛い〜(≧∇≦)
息子さんにソックリなんですね(^_^;)
きっと優しくて、素敵な紳士になりますよ(*^^*)
中学生で取れるのは知りませんでした。
というか、無線機のシステムがイマイチ分かりません…(^_^;)



Re: タイトルなし

mokos619さん、こんばんは♪

ギャレットポップコーンって、最初に原宿にお店を出してからもう1年半くらいは経つ筈ですが、全然店舗が増えませんよね。未だに原宿・東京駅・酒々井プレミアムアウトレットの3店舗だけみたいです。モノがポップコーンだけに、クリスピークリームのドーナッツみたいにお店をたくさん作ると希少価値がなくなって飽きられる、ってことなんでしょうか?でも、原宿と東京駅はわかりますが、酒々井にお店があるのはどうしても解せませんね~。栄と名駅にお店があって、あと一つが土岐プレミアム・アウトレット・・・みたいな感覚といえばわかっていただけるんじゃないかと思います。でも、土岐も三菱地所だから、そのうち本当にできたりして(笑)。

38年前の免許証の写真を見た後で現在の姿を見たら、ウチの女房みたいに「何でこうなった!?」と絶句すること請け合いです。昔の写真に騙されないように(笑)。

アマチュア無線の免許って、制度ができたときからそうなんですが、年齢制限は一切ありません。小学生で合格している例がいくらでもあります。3級・4級の初級アマチュア無線技士の場合、必要な学力は一応「中学校卒業程度」となっていますが、計算問題なんかは分数・小数の計算ができればOKです。ただ、中学校の履修内容が試験内容というわけではないので、大人でもある程度勉強しないと合格はできません。これまでの最年少合格記録は3歳らしいんですが、文字も読めないのを親がパターン認識だけで特訓して合格させたらしいです。記録作りのための受験というのもどうかと思いますが。

No title

徒骨亭さん こんにちは

無線機買ってみたんですね(笑)

今回のレポは、アマチュア無線とポップコーンの勉強会ですね。どちらも福井の田舎には売ってなくて残念ですが、すごく為になりました。アマチュア無線本館は、アダルトDVDショップの隣にあるのですね(*´Д`)ハァハァ

無線機って、実は、すごく便利なものなんですね。山で遭難したり怪我をした時なんかは、とても役に立ちそうです。
これからの山登りは、通信機器はアマチュア無線、行動食はポップコーンで決まりですね!

No title

徒骨亭さん、こんばんわ。

ギャレットポップコーン~、青レンジャーもお土産で少し食べたことがあります。キャラメルとチーズのミックス。別にミックスにしなくても・・・とは思いましたが、味が濃くて、つい食べてしまいます~。カロリーは恐ろしいですけど。。。キケンな食べ物です。都会の人は美味しい物がすぐに買いに行ける状況にあるので大変ですね。

酒々井アウトレットモールにはマーモットしかないんですね~。珍しいですけど、ほとんどタウンユースのものばかりなんですね。

アマチュア無線・・・勉強になりました。免許書が一生幼き頃の写真でもOKとは・・・おそるべしです~。

Re: No title

kouさん、こんばんは♪

お返事が遅れて申し訳ありません。昨日・今日とちょっとした野暮用が発生しまして・・・PCを立ち上げる間がありませんでした。この件もおいおい記事にしますね。

北陸や信越地方は昔からアマチュア無線が盛んですよ~。携帯電話がない時代には、山岳で個人が装備できる無線装置はアマチュア無線だけでしたから、北アルプスをはじめとする3,000m級の山々を多く抱える両地方だと需要が多かったんじゃないかと思います。北陸には中部特機という老舗の無線機屋さんがあって、金沢・小松・福井に店舗を構えています。私が高校生の頃から専門雑誌に広告を出していたようなお店で、金沢店には中古も多くあるらしいので、そちらへ行く機会があったら是非一度立ち寄ってみたいと思っています。

ポップコーンは・・・カロリーの割にかさばるので山向きじゃないですね~。大体、結構しょっぱいので、山で食べたら喉が渇いて水ばかり大量に消費してしまいます。まあ、南アルプスとかの稜線でポップコーンの縞々の大きな缶を抱えてポリポリ食べている人がいたら、かなりシュールな光景ではありますが(笑)。

Re: No title

青レンジャーさん、こんばんは♪

kouさんへの返信でも書きましたが、昨日・今日はちょっとした野暮用が発生してPCを立ち上げる間がありませんでした。おいおい、その話も記事に書きますが、返事が遅れて申し訳ありませんでした。

ギャレットのポップコーン、意外なことにシンプルな塩味が一番カロリーが高いんですってね。甘~いキャラメルをまぶした奴は以外にもチーズとのミックスよりカロリーが低いんだそうです。なんか、反対のように思えるんですけどね。もっとも、カロリーに多少の差があっても、どれも高カロリーなのには違いありませんが(笑)。

酒々井アウトレットはアウトドア系のブランドがあまりなかったように思えます。マーモットのほかはコロンビアとコールマンくらいかな。コロンビアは手足が長い人向けなので、私のようなタヌキ体型には無縁です(笑)。ヴィクトリノックスもアウトドアと言えばアウトドアですが、ほとんどタウンユースのウェアばかりでした。というか、ナイフメーカーとばかり思っていたので、ヴィクトリノックスブランドの衣類があるのを初めて知りました(笑)。

アマチュア無線の免許証、汚したりしたら再発行してくれますから、どうしても今の写真にしたければお醤油なんかをこぼして・・・いやいやなんでもありません(笑)。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。