FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲州展望台、茅ヶ岳は生憎の曇り空。

こんばんは。

既にご存知の方も多いでしょうけど、この7月にザックやアイゼンを作っていたメーカー、「マウンテンダックス」のダックスさんが倒産してしまったそうです。ザックの現物はあまり見た記憶がありませんでしたが、軽アイゼンでは6本爪の定番とも言うべきHG-120を作っていましたし、4本爪のHG-121と併せて私も愛用しています。他のメーカーさんの製品は装着の利便性を考えてかゴムベルトで固定する製品が多いのに較べ、マウンテンダックスの製品はナイロンベルトと金具できっちり締め上げて固定する方式でしたが、やはり劣化で切れる心配のあるゴムに較べると信頼できる印象がありました。全体の造りもカッチリしていましたし、一言で言って「真面目に作ってある」という製品が多かったのに残念です。

カジタックスのように、製品を継承して生産してくれる会社があればいいのですが、今のところはそのような話はないようです。今現在ではまだ流通在庫がかなり残っているようですので、スノープレートのような消耗品は一つ二つ買い置きしておくといいかもしれません。

さて。本日は9月13日、日曜日に2度目の参加をさせていただいたAlpine Bellさんのトレッキングミーティングのレポートをお届けします。今回の目的地は奥秩父山系の南西端、山梨県韮崎市の北東に聳える「茅ヶ岳」です。標高1,704mと、周囲を囲む八ヶ岳・南アルプス・奥秩父の名山に較べると高さはいまひとつですが、「甲州展望台」の異名を持つ、眺めのいい山であるとのこと。当日の天気予報は晴れ予報でしたので、眺望が楽しみです。

20150913_0635_02.jpg

というわけでやってきました・・・ヨドバシカメラ吉祥寺店。は?何故にヨドバシ?

20150913_0635_01.jpg

実は、本日の往復は貸し切りバスなんです。登山口まで直行ですし、自分で運転するわけでもないので、早起きして眠くても寝ながら現地入りできます。帰りの交通機関の時間も気にする必要なし。バスの左に立っているのはAlpine Bellのご主人、練木さん。

20150913_0844_03.jpg

バスは調布ICから中央道に入り、渋滞にもかからずに甲府盆地まで一気に抜けます。こちら、双葉のSAで一旦休憩・・・なんですが、甲府盆地のお天気はどんより曇り。え~、晴れ予報だったはずなのに~。八ヶ岳や南アルプスは雲に隠れてしまっていますが、茅ヶ岳はどうにか山頂まで見えています。せめて今より曇らないように祈るのみです。

本日のコース・タイムの記録もヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

20150913_0910_04.jpg

9時10分、茅ヶ岳の登山口、深田公園の駐車場に到着。ここ茅ヶ岳は「日本百名山」の著者・深田久弥氏が登山中に急逝した「終焉の地」としても知られています。登山口には記念公園が整備されていますが、本日は公園には入らずにそのまま登ります。

20150913_0921_05.jpg

9時20分、登山開始。駐車場のすぐ脇が登山道の入口になっています。

20150913_0924_06.jpg

数分歩くと道が二手に分かれています。左に進むと深田公園、右に進むと茅ヶ岳。今日はまっすぐ茅ヶ岳に向かいます。

20150913_0932_07.jpg

最初のうちは幅の広い、非常に緩やかな道が延々と続きます。

20150913_0952_08.jpg

30分ほど歩いた先で林道を横切ります。

20150913_0957_09.jpg

さらに10分ほど歩いたところで一休み。このあたりもまだ、最初と同じく傾斜が緩やかです。

20150913_0959_10.jpg

20150913_0959_11.jpg

周囲は明るい自然林の中。時折日の光がさすことがありますが、基本曇り空が続いています。晴れていればこの辺り、木漏れ日が綺麗でしょうね。特に新緑のシーズンなんかは最高なんじゃないかと思います。

20150913_1021_12.jpg

出発から1時間ほど経過。徐々に傾斜が急になってきましたが、まだ急登と呼べるほどのものではありません。火山らしく、少しずつ傾斜が増してきています。

20150913_1043_13.jpg

そのうち、行く手をテープで塞いである場所に着きました。登山道はここで右手の岩だらけの斜面に取り付いています。かつてはこの先50mほどのところにある、「女岩」まで行けたらしいのですが、落石が多いということで、現在では手前から高巻きする形になっています。ちなみに女岩、現物を見ると何故その名前になったか一目瞭然だそうです。皆までは言いません、大菩薩連嶺の「石丸峠」の女版ということで(汗)。

20150913_1044_14.jpg

ここでしばし休憩。ここまでの行程は割と楽だったので、皆さんまだ元気一杯です。

20150913_1052_15.jpg

20150913_1057_16.jpg

休憩後、右手の急斜面に取り付きます。ここから尾根上まで一気に登っていきます。最初はゴツゴツした岩場が続き、ちょっとした岩登り感覚が楽しめます。

20150913_1107_17.jpg

なかなかそそる木がありますが・・・登山道からちょっと離れているので近くまでは行けません。

20150913_1107_18.jpg

そのうち土の斜面を歩くようになりますが・・・秋の長雨をたっぷり吸って結構滑りやすい状態です。登りはともかく、下りだとちょっと気を使うかもしれません。

20150913_1112_19.jpg

ちょっと鬱蒼としていたり。

20150913_1112_20.jpg

こちらは大きな岩の間を抜けたり。なかなか変化に富んでいて飽きません。いい山ですよ、ここは。

20150913_1125_21.jpg

あと数分歩くと尾根に乗り上げます。相変わらず地面が湿っていて滑りやすいですが。

20150913_1125_22.jpg

今年初めて見たトリカブト。これはなんという種類なのかな?ちょっと葉っぱが広いですよね。国内のトリカブト属は30種くらいあるらしいのですが、どれがどれやら花音痴・植物音痴の私には見分けがつきません。

20150913_1147_23.jpg

尾根上に乗り上げました。尾根に乗り上げてからも岩の多い、割と急な斜面が続きます。岩場好きの方は結構楽しめるかもしれません。もっとも、本格的な岩場はまったくありませんが。

20150913_1149_24.jpg

山頂の150mほど手前、標高1,650m付近にある「終焉の地」の石碑。1971(昭和46)年3月21日、深田久弥氏はここで脳卒中で倒れ、帰らぬ人となりました。

20150913_1149_25.jpg

碑銘は「深田久弥先生終焉之地」。誰が供えたか、「鬼殺し」の紙パックなどが置いてありました。この石碑は比較的新しいもののようです。元々は右手にある木の柱がそうだったような感じですが、こちらのほうは既に何が書いてあったか全く読めない状態でした。

20150913_1153_26.jpg

20150913_1202_27.jpg

20150913_1210_28.jpg

終焉の地から先はさらに急な登りが続きます。右手が崖っぽいところもありますので(木が茂っていてあまりそうは感じませんが)、ちょっと注意しながら登ったほうがいいかもしれません。

20150913_1212_29.jpg

傾斜が緩やかになりました。茂みを抜けると・・・。

20150913_1212_30.jpg

12時10分、山頂に到着、ここで昼食です。当初、14名の私たちのパーティ以外は数名だけで空いていましたが、そのうち20名くらいのパーティ、さらにその他何名かが登ってきてかなり混みあいました。結構人気のお山ですね。

20150913_1213_31.jpg

「茅ヶ岳」標高1,704m。山梨のお山ではおなじみ、団子型の山名標があります。

20150913_1214_32.jpg

周辺の山々を表示する方位盤・・・のようですが、ちょっと範囲が広すぎません?左下の青いところは駿河湾のようです。そのすぐ右は恐らく富士山ですが、皆が触るので欠けてしまっていますね。

20150913_1233_33.jpg

山頂にはガスはかかっていませんが、周囲はガスだらけで殆ど何も見えません。残念です。こちらは瑞牆山・金峰山方面。ガスの切れ目から少しだけ山肌が見えていますが、さすがにどこらへんかは判別できません。

20150913_1234_34.jpg

こちらは茅ヶ岳の北側に聳える金ヶ岳(1,764m)。辛うじて姿を拝むことができました。ここから金ヶ岳までのルートもちょっと険し目で面白そうですね。

20150913_1247_35.jpg

山頂で40分ほど食事休憩を取った後、12時50分に下山開始。登ってきたのは左手からですが、下山は右手、尾根伝いに下りるルートを歩きます。

20150913_1250_36.jpg

20150913_1254_37.jpg

最初は急な尾根道をどんどん下っていきます。尾根道ですので登ってきたルートほど地面は湿っていませんが、それでも足を滑らせやすいので気をつけて下りていきます。特に私は下り道でコケる常習犯ですので、人一倍注意しています(笑)。途中、右手のほうに千本桜方面への分岐がありましたが、写真を撮り忘れました。基本、道なりに尾根を下りてくると出発点の深田公園のほうへ戻ります。

20150913_1310_38.jpg

20150913_1325_39.jpg

そのうち、少し傾斜が緩やかに。ちょっと痩せていますが、歩きやすい、気持ちのよい尾根道になりました。

20150913_1327_40.jpg

すこし尾根が広がったところに出ました。小休止します。

20150913_1338_41.jpg

再び下山開始。これまでと同じような尾根を10分ほど歩くと・・・。

20150913_1341_42.jpg

20150913_1351_43.jpg

防火帯でしょうか?奥多摩の尾根道によくあるような、幅の広い草地の道になりました。所々急な箇所もありますが、こちらをどんどん下って行きます。

20150913_1355_44.jpg

ちょっと岩場っぽいところもあります。

20150913_1407_45.jpg

最後の休憩。この先は林道を経て朝方登ってきた緩やかな登山道に戻ります。

20150913_1414_46.jpg

朝方横切った林道に出ました。ここを左に曲がります。

20150913_1417_47.jpg

林道を70mほど進むと再び登山道の入口。朝方やってきたのはこちらからです。もちろん、ここを右へ折れます。

20150913_1422_48.jpg

朝歩いた道を逆に辿って・・・。

20150913_1439_49.jpg

14時40分、駐車場に戻ってきました。右手のほうにあるのはおなじみの無人販売所。巨峰?かな、一房300円でしたが・・・安い?女房に話したら、なんで買ってこないんだと叱られました(笑)。

20150913_1509_50.jpg

ザックを片付け、東京に向けて走り出します。韮崎ICまでは20分かかりませんが、途中のコンビニで補給休憩。え、何の補給かって?そりゃ、山男・山女の皆さんの命の水ですよ、命の水。ちなみに下戸の私は甘いジュースとシュークリームを補給。これをやるから山に登っていても全然痩せないんだよな(笑)。

バスはこの後再び中央道に乗り、談合坂SAで休憩。毎度おなじみの小仏トンネルと調布ICのそれぞれ十数キロの渋滞に引っかかり、19時30分、吉祥寺まで戻ってきました。吉祥寺からだと1時間半もあれば地元駅まで戻れますので、21時過ぎに帰宅しました。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、徒骨亭さん!
せっかくの展望台なお山でしたのに、ガスでほとんど見えず残念でした(^^;
最近山でガスっていると、頭の中でB・Yさん作の「はじまりはいつもガス」の歌詞が、リフレインで流れてしまいますe-330
あれはヤバイです(笑)

茅ヶ岳はまだ行ったことがありませんが、なかなか楽しそうな山ですね!
問題はアクセスかな(^^;
茅ヶ岳に行くなら、そのまま瑞牆山に登りたい…って、あれ?
Alpine Bellさんのトレッキングって、前回は金峰山でしたよね。
この界隈が得意なのでしょうかね??

山男と山女の命の水、とくれば、ねぇ?(笑)
それにしても、山に登れば痩せるなんて、誰が言ってるんでしょうか?
私、痩せませんよ、北岳の時なんて1キロ重くなって帰ってきましたもの。
もっともその後1週間仕事してたら、2キロ痩せましたけど(笑)
下界の方がはるかに、ハードだ!

Re: No title

悠さん、おはようございます♪

そう、トレッキングミーティングは前回の金峰山に続き、お天気はいま一つでした。もっとも、雨に降られたわけではありませんから、これくらいなら上出来なのかもしれないですね。普段は奥多摩とかの近場ばかりで、朝の天気が悪ければ出かけなかったりしますから、あらかじめ○月○日とスケジュールが決まった山行だと曇り空くらいはやむを得ないのかな、とも思います。ちなみに「はじめりはいつもガス」、私もB・Yさんの歌詞を読んでいますが、原曲のメロディー自体をあまりよく覚えておらずリフレインするほど馴染みがなかったりします(汗)。

茅ヶ岳、なかなかにいいお山ですよ。遠いので、折角行くならやはり金ヶ岳とセットで周回するのがベストかな。4月から11月までなら韮崎駅から深田公園まで行く路線バスもあります。今回駐車場に着いたとき、ちょうど路線バスも到着していましたが、このバス、八王子6時35分発の松本行きに乗らないと間に合いません。悠さんのところからだと難しいんでしたっけ?ちなみにこの界隈から瑞牆山方面はかなり距離がありますよ。まさか歩くつもり・・・じゃないですよね?

ちなみにAlpine Bellさん、別にこのあたりばかりじゃないですよ。来月は当初予定されていた三頭山ではなく、私がまだ行ったことのない某山に変更になりました。時間が許せば次回も参加するつもりです。でも、なんだかこの山とは相性が悪くて、過去2回は悪天候で途中で引き返しているそうです。今度は晴れるといいんですが。

命の水・・・は悠さんも大好きでしたよね♪今回の参加者の皆さんの命の水は大麦から作っていても泡の立つアレではなく、さらにそれを蒸留して作った、スコットランドでは本当に「命の水」と呼ばれているアレでした(笑)。

No title

徒骨亭さん、お早うございます。

今回の山旅、法事を使わなくても大丈夫だったんですね(笑)。

茅ヶ岳はかなり人気のお山ですね~。まさか深田記念公園まで整備されているとわ!!!知りませんでした。青レンジャーも日本百名山が終ったら行こうかな~。

茅ヶ岳も岩+苔むした景色の山域ですね。金峰山などの雰囲気とよく似ています。頂上の看板も同じ仕様ですね。Alpine Bellさんは山梨県の山がお好きなんでしょうか?

女岩・・・確かに教科書にも、「名前の由来は各自ひそかに考えよう」となっています。おそらくアレでしょうかね。。。

泡麦茶、青レンジャーも飲めない~!!!山に登られる方の多くは、本当にお好きですよね~。飯豊連峰で同じような時間帯に登られたグループは、「もうここで飲もう」っと言って、一番初めの小屋で早速楽しんでいらっしゃいました。

Re: No title

青レンジャーさん、こんにちは♪
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

はい、最後の手段「法事」は出さずに済みました。基本的に休日出勤が多いとは言え、どの日に出てどれだけ何を進めるかは個人の裁量によるところが大きいですから日程はある程度調整できるんですが、休日に他企業とのミーティングなんかを入れられると最後の手段をとらざるを得なくなります(笑)。ただ、そう頻繁にあるわけではないので今のところはかち合ったりしていませんが。

茅ヶ岳、小ぢんまりとしていながらもなかなかに楽しいコースでしたよ。青レンジャーさんが行かれる時は、是非金ヶ岳との周回コースをお勧めします。恐らく、茅ヶ岳だけだとちょっと物足りない気分になるかも。周囲に奥秩父・八ヶ岳・南アルプスの名山が多いので、そういったお山とセットで泊りがけで来るのがいいかもしれませんね。ちなみにAlpine Bellさん、別にこの界隈のお山の企画が多いわけではないみたいなんですが、今回はたまたま奥秩父が連続したみたいです。金峰山の前の7月はどこか忘れましたが、6月は荒船山だったとか。基本的に関東周辺に限定されてはいますが。

女岩は・・・そういう風に書いてある本もあるんですね。まあ、基本的に愛知県の大縣神社の豊年祭・・・いや、なんでもありません(汗)。

あれ、青レンジャーさんも飲めない方だったんですか?そう言えば、ブログ記事で「下山後一杯」「温泉から上がって一杯」は見たことがありませんでしたね。もっとも、車でのアプローチが多いので、例え飲む人でも気軽に一杯、とはいかないでしょうけど。ちなみに、下山後の一杯を楽しむために、あえて車を使わず電車でアプローチする人もいるようです。私や青レンジャーさんみたいな人がドライバーだと重宝がられるかも(笑)。


プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。