スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年、初詣登山は奥武蔵へ。

こんばんは。

今年最初の山歩き。ここ数年恒例になっていたのが、女房・子供を連れた初詣登山でした。一昨年は奥多摩・御岳山の武蔵御嶽神社、昨年は丹沢・大山の大山阿夫利神社に家族そろって出かけています。東京・神奈川と来たので今年は埼玉方面かな、などと年末から考えていたのですが、武蔵御嶽神社、大山阿夫利神社と来ると修験道つながりで三峰神社と続けたいところ。ただ、やっぱり三峰神社はアクセスがあまりよくなく、車で行ってしまうと神社まで直接乗り付けてしまって山歩きどころではありません。そこで、もっとお手軽に出かけられるところと言うことで、奥武蔵の「子の権現」あたりが候補に挙がっていました。ここなら、西武池袋線の吾野駅または西吾野駅から山歩きを楽しめ、帰りは竹寺を通って小殿バス停まで下りれば、一昨年も寄った「さわらびの湯」で温泉に入ってからバスで飯能駅まで帰って来れます。ちなみに逆方向の小殿バス停から竹寺、子の権現を通って吾野駅に至るルートは埼玉県の関東ふれあいの道「奥武蔵の古刹を訪ねるみち」に設定されています。

それと、最近毎月お邪魔している浅草橋の山道具ショップ「Alpine Bell」さんの、2016年最初のトレッキングミーティング(1月10日)の行き先も子の権現になっています。実は当日は以前から家族で出かける予定が入っていて参加できないので、その代わりも兼ねて行ってみようか、などと考えていました。

ところが、です。なんと女房が今年の正月は元旦以外フル出勤になってしまいました。そうなると、子供も母親なしでは付いて来たがりません。他の季節ならともかく、寒い盛りですからね。結局、私一人で出かけることになってしまいました。でも待てよ、一人で出かけるのなら伊豆ヶ岳あたりから縦走して子の権現に詣でるのも手だな。有名な伊豆ヶ岳の男坂、一度登ってみたいと思っていましたし。気になるのは行程が若干長丁場になる点です。実質1ヵ月ほどブランクがあいているのでちょっと体力的に不安ですが、まあ大丈夫かな。しかし、実は全然大丈夫じゃありませんでした(笑)。

先程ふれた埼玉県の関東ふれあいの道には「伊豆ヶ岳を越えるみち」というのも設定されています。吾野駅から子の権現に登り、尾根伝いに中ノ沢ノ頭、高畑山、古御岳、伊豆ヶ岳と歩いていって正丸峠で尾根を外れ、正丸駅まで下りてくるルートです。なるべくなら最後に子の権現にお参りしたいので、今回はこのコースを逆方向に歩いてみることにしました。

20160103_0448_01.jpg

というわけで1月3日日曜日、地元駅を快速電車の始発で出発します。

20160103_0533_02.jpg

まっすぐ東京駅まで行ってJRから東京メトロ丸の内線に乗り換え。5時34分の電車で池袋に向かいます。

20160103_0554_03.jpg

池袋から6時ちょうど発の西武池袋線・準急飯能行きに乗り換えます。この後、写真を撮るのを忘れましたが、飯能で7時19分発の西武秩父行きの各駅停車に乗り換え。実は飯能での接続がちょっと悪く、25分近く待つ羽目になりました。地元を1本後の快速で出ても間に合うみたいです。

20160103_0750_04.jpg

20160103_0800_05.jpg

7時49分、正丸駅に到着。駅では10名ほどの山姿の乗客が下車しましたが、私を含め8名ほどが伊豆ヶ岳方面に向かうようです。身支度を整え、8時ちょうどに出発しました。

今回のコース・タイムの詳細もヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

20160103_0801_06.jpg

駅前からは有名な歩きにくい「斜めの階段」を下り、その先の道路に出たら右折して線路の下をくぐります。

20160103_0812_07.jpg

暫くは正丸の集落の中の舗装道路を歩きます。

20160103_0819_08.jpg

日が当たるようになって来ました。この日は結構暖かく、私はシャツの上にファイントラックのジャージを羽織っただけですが全然寒くありません。。

20160103_0821_09.jpg

伊豆ヶ岳への登山口に到着。私以外の方は皆さんここから伊豆ヶ岳へショートカットするようです。大抵の人がここで休憩がてらジャケットの類をザックに格納しています。私は写真だけ撮って正丸峠方面へ直進します。

20160103_0823_10.jpg

道がだんだん細くなって来ました。

20160103_0824_11.jpg

とうとう舗装道路から石畳へ。どうも昔から使われてきた古道みたいですね。この石畳もすぐに終わり、本格的な山道になりました。

20160103_0829_12.jpg

20160103_0829_13.jpg

山の神様のお社があり、この近辺で2月の初申の日に行われている「お申講(おさるこう)」の解説がありました。今年は申年ですし、ナイスタイミングですね。早速お社にお参りして道中の安全を祈願します。

20160103_0832_14.jpg

お社からちょっと進んだ先には分岐。正丸峠方面は左へ進みます。

20160103_0833_15.jpg

分岐点の横にはまたもや解説ボード。このあたりの石灰岩の中にはフズリナ(紡錘虫)の化石が多く含まれるらしいですね。奥多摩から秩父にかけては、古生代の終わりごろにフィリピン海プレートの上に乗っかっていたサンゴ礁なんかが日本列島に押し付けられる形でできた地質(付加体)なので、サンゴ礁由来の石灰岩が主成分です。武甲山なんかは、かつては山全体が南の海に浮かぶ環礁だったそうです。

ちなみにこのフズリナ、高校時代に地学の授業の実習で顕微鏡標本を作らされたことがありますが、石を透き通るくらいに薄く削るのは難しいです。見事に失敗しました(笑)。

20160103_0836_16.jpg

20160103_0844_17.jpg

正丸峠までの道は若干荒れ気味。一昨年の大雪の爪痕でしょうか、倒木が目立ちます。基本的に沢を歩いていきますが、雨が続いた後だと増水して歩きにくいかも。

20160103_0851_18.jpg

上のほうにガードレールが見えて来ました。正丸峠はもうすぐのようです。

20160103_0853_19.jpg

登りの最後はご覧のような急階段。結構きついです。上に見えている建物は正丸峠のドライブイン、奥村茶屋。

20160103_0856_20.jpg

8時55分、正丸峠に到着。

20160103_0903_21.jpg

正月だからか、それとも朝早いからか分かりませんが、奥村茶屋はお休み。ここでジャージを片付け、シャツ一枚になります。

20160103_0904_22.jpg

9時5分、伊豆ヶ岳方面に出発。左下は今歩いてきた正丸駅方面、右奥が伊豆ヶ岳です。

20160103_0906_23.jpg

20160103_0908_24.jpg

20160103_0913_25.jpg

冬枯れの静かな山道。他には誰もいません。先程の伊豆ヶ岳への分岐以来、出会ったのは階段のところで追い越していったトレランの方が一人だけです。

20160103_0923_26.jpg

右手のほうに山が見えます。奥武蔵のこのあたりは初めてなのでよくわかりませんが、武川岳周辺でしょうか。

20160103_0923_27.jpg

小高山山頂(720m)に到着。

20160103_0923_28.jpg

ここの埼玉県式山名標、ぶら下がっているはずの山名板が無くなっていますね。

20160103_0924_29.jpg

山頂から北西方向。焼山、雄岳、二子山方面でしょうか。

20160103_0926_30.jpg

小高山の先はすぐに長岩峠です。先程のショートカットルートがここへ通じているので、チラホラと他の登山者を見るようになって来ました。

20160103_0933_31.jpg

長岩峠からちょっと歩くと分岐。左に伊豆ヶ岳の表示がありますので、迷わず左へ。右へ進むと伊豆ヶ岳の手前の五輪山を巻くだけみたいですが・・・よく分かりません。

20160103_0935_32.jpg

さらに分岐。ここでも伊豆ヶ岳の表示は左方向なので、迷わず左。

20160103_0939_33.jpg

しばらく階段を登ると五輪山山頂(770m)に到着です。ここまで来るともう伊豆ヶ岳は目の前です。先程のショートカットルート、ここへも通じているのでさらに登山者が増えました。

20160103_0941_34.jpg

五輪山から下った先になにやら表示があります。

20160103_0943_35.jpg

下っていくと・・・鞍部が伊豆ヶ岳の男坂・女坂の分岐点になっていました。もう目の前が男坂の岩場です。落石多し、ということで警告板が立っていますが、男坂を登るのは推奨されておらず、自己責任になります。大抵の人がここで暫く悩んでいますが、3分の2くらいは女坂のほうへ進んでいるようです。私は取り敢えず直進、男坂を登ります。

20160103_0944_36.jpg

男坂直下。岩場は下の方は急ですが、上のほうへ行くに連れて傾斜が緩やかになるようです。前の人がある程度登ったのを見計らって、私も岩場に取り付きました。

で。鎖もありますし、それほど登るのが難しいところではありませんが、やはり体が鈍っています。体重もちょっと増え気味ですし、体が全然持ち上がりませ~ん(笑)。ちょっと登るたびに息が上がってしまって一休み。もちろん、後から人が来ますからへんな所で止まっていては邪魔になります。幸い、一息つけるような棚状のところがあっちこっちにありますから、そういうところで脇の方へ寄って息を整えつつヒーコラ登ります。おかしい、こんな筈じゃなかったんだけど。

途中、何人かの人に追い越されましたが、見ていると半分以上の人が鎖を使わずに登っています。取り敢えず、鎖を使わないのは私の技量じゃ無理ですね。いや、私の体重じゃ無理と言うべきか。真ん中あたり、逆層スラブっぽくなった箇所がありますが、私の体重じゃグリップし切れなくてそのまま滑り落ちそうです。このあたりでは浮石っぽくなったところが何箇所か見受けられましたが、ああいうところで落石が発生するんでしょうね。ただ、注意していれば落とすことはなさそうですし、私が登っている間は落石は一回も見ませんでした。

20160103_0958_37.jpg

やっとこさ登り切りました。ご覧の通り、上の方は傾斜が緩やかなので高度感はあまりありません。ここで暫く休憩して息を整えます。

20160103_1000_38.jpg

鎖はまだあります。一番上の岩を左にまいていますが、左側も結構な急斜面なので、躓いて滑落しないように用心して進みます。

20160103_1004_39.jpg

ちょっとの間岩場っぽいところを進み、この木の根っこだらけの小ピークを越えると・・・。

20160103_1009_40.jpg

再び目の前に立ちはだかる岩。鎖も何もありません。高さは4mくらい?左側に巻き道っぽい踏み跡があったので覗いてみましたが、数メートル先で崖にへばりついて進むような道・・・というよりバンド状になっています。手がかりも少なく、落ちたらちょっと洒落になりません。そっちは無理、と判断して改めて岩をよく見ると、中央のチムニーっぽくなったところは手がかり・足がかりも多く、ラットサインみたいに皆さんが登った跡がついています。試しに登ってみると、ごく簡単に2mほど上の棚まで上がれました。そこからは岩の頂上部分の右側をまいて先へ進みます。

20160103_1014_41.jpg

岩を越えると、ちょっと痩せた岩尾根が続きます。この岩尾根が終わる部分、画像の緑の木の枝のちょっと先ですが、赤い岩(チャート?)の2mくらいの段差があります。皆が降りるときに磨いているせいかツルツルで、真ん中から下には足がかりもありません。面倒なので1m弱の高さから飛び降りましたが、衝撃で思いっきり足が痺れました。やっぱり、メタボ体型で無茶をするモンじゃないですね(笑)。

20160103_1015_42.jpg

20160103_1016_43.jpg

さらにその先では右のほうから来た女坂と合流。立て札を反対側から見ると、明らかに登り側より強く制止しています。ルートもロープで完全に塞いでありますね。確かに降りる人は皆無でした。以前、どなたかのブログで降りた話を読んだことがありますが、懸垂下降の練習で、登りに使うルートとは離れたところを30mのザイルの3ピッチで降りた、とか言う話でした。

20160103_1018_44.jpg

立て札の先はもう頂上です。到着は10時20分。山頂付近は結構広く、昔はこのあたりにお茶屋さんまであったそうです。

20160103_1019_45.jpg

伊豆ヶ岳の山名の由来を解説。どこの山でもそうですが、諸説あるものの結局どれが正しいのかはっきりしない、というのが多いですよね。

20160103_1020_46.jpg

伊豆ヶ岳山頂、851m。埼玉式山名標です。

20160103_1021_47.jpg

ここがピークの部分。ちょっと岩っぽくでゴツゴツしています。

さて、先程の男坂で体力を消耗しきってしまった私。手前のちょっと広いところの岩にもたれかかって、20分ほど放心状態になっていました。やっぱり、昨年末以来の体力不足がまだ続いていますね。今日は体調が悪いというほどではありませんが、明らかに消耗しすぎです。幸い時間はたっぷりあるので、子の権現までゆっくり歩くことにします。

20160103_1042_48.jpg

10時40分、先へ進みます。こちらのほうも急斜面ですね。

20160103_1044_49.jpg

すぐに山伏峠と天目指(あまめざす)峠・子の権現方面との分岐に出ます。ここは左へ。

20160103_1045_50.jpg

かなりの急坂。足を滑らせないように慎重に下ります。

20160103_1053_51.jpg

鞍部まで降りて来て一安心。

20160103_1055_52.jpg

西吾野駅方面への分岐。かなりバテてきていますが、エスケープするほどではないので予定通り先へ進みます。

20160103_1103_53.jpg

再び急な登り。しかも階段が崩壊気味で歩き難いことこの上ありません。ヒーヒー言いながらゆっくり登っていきます。

20160103_1109_54.jpg

おお、東屋が見えて来ました。どうやらあそこが山頂のようです。どうにか登っていきます。

20160103_1112_55.jpg

古御岳山頂(830m)に到着。山頂の東屋では、20代と思われる男女4人のパーティが食事の準備をしていました。実は先程、伊豆ヶ岳の女坂との合流地点で会った人たちだったんですが、私のほうが追いついてしまったようです。皆さん若い(+スリム、これ重要)ので当然私より歩くのが早いのですが、頻繁に休憩を取ってお茶を入れていたりするので、結局この日は最後まで抜きつ抜かれつを繰り返すことになりました。

20160103_1113_56.jpg

山頂は冬枯れで明るいのですが、展望のほうは今一つ。木々越しに遠くの山々を眺めます。画面右奥の辺り、奥多摩・川苔山近くの日向沢ノ峰あたりまでが見えているような気がするのですが、はっきりとはわかりません。

20160103_1114_57.jpg

私は一息ついたら先へ進みます。

20160103_1121_58.jpg

ここも急な下りですね。転ばないように慎重に降ります。そう言えば、最近あまり下りで足を滑らせて転ぶことなくなったような気がします。少しは山歩きに慣れてきたんだろうか?

20160103_1132_59.jpg

下りきったらまた登り。この間みたいに歩けなくなるようなことはないのですが、登り坂だと持久走のときみたいにわき腹が痛くなります。休み休み、前進します。

20160103_1134_60.jpg

小さなピークで小休止。確かこのあたりでお昼にしたと思うのですが、もうちょっと先のピークだったかもしれません。

20160103_1147_61.jpg

20160103_1153_62.jpg

登って下って・・・の繰り返し。やっぱりわき腹痛い(笑)。

20160103_1155_63.jpg

なにやらいわくありげな岩、と思ったのですが、祠も何もなく、本当にただの岩でした。

20160103_1156_64.jpg

ここいらはちょっと緑が多いところです。

20160103_1204_65.jpg

ようやく高畑山山頂(695m)に到着。今日は標準CTを10分以上オーバーしながら歩いていますね。

20160103_1206_66.jpg

「ナローノ高畑山」とも言うみたいです。語源が何だか全く見当が付きませんが。数分休んで先へ進みます。

20160103_1211_67.jpg

植林ですがそれなりに風情のある道が続いています。

20160103_1212_68.jpg

いきなり伐採されて開けたところに出ました。高圧鉄塔の工事の関係で伐採したんでしょうか?鉄塔には電線がなく、これから撤去するのかもしれません。

20160103_1214_69.jpg

ここはちょっと見晴らしがよく、正面奥、ほぼ真南方向に棒ノ折山が見えています。あのあたりが都県境尾根なんですね。

20160103_1226_70.jpg

伐採地からちょっと歩いた先。このあたりに中ノ沢ノ頭(イモグナの頭)の山頂があってちゃんとした山名標もあるはずなんですが、それらしいものは見当たりませんでした。間違って巻き道のほうを歩いてきたかな?

20160103_1234_71.jpg

20160103_1243_72.jpg

またまた下って登っての繰り返し。登り道では亀の歩み。もうあせらず、ノンビリ行きます。

20160103_1252_73.jpg

20160103_1254_74.jpg

天目指峠(あまめざすとうげ)に到着。『山と高原地図』では標高490mとなっていますが、最初の鞍部(旧峠?)にこの界隈に伝わる伝説を紹介した解説ボード、そこからちょっと行った先のピークに標高(475m、『480m』の落書き付き)が表示された山名標があります。どの標高が正しいんでしょうね?

20160103_1256_75.jpg

さら進むと切り通しが現れ、舗装道路が通っていました。ここが現在の天目指峠のようです。

20160103_1256_76.jpg

ここは昭和35年3月に開通したようですね。ご覧のような「天目指峠開鑿記念碑」が法面に埋め込まれています。山歩きをしていると無粋とも思える峠越えの舗装道路ですが、山で分断された地元の人たちにとっては大切な生活道路だというのがよくわかります。

20160103_1259_77.jpg

峠の先は再び登り。切り通しの分急坂になっていますので、まずはこの階段で尾根上まで登ります。

20160103_1307_78.jpg

尾根上に上がってからも結構な登り道が続いています。ここから子の権現までは結構アップダウンが激しそうですね。相変らずわき腹が痛いですが、だましだまし歩きます。

20160103_1318_79.jpg

ピークを過ぎるとまた下り。ここで、先程古御岳で追い越した若い男女4名のパーティに追い越されました。

20160103_1331_80.jpg

次の登り。この先で先程の若い人たちを抜き返します。どうも女性の一人がかなり疲れてきているらしく、頻繁に休憩を取っています。

20160103_1336_81.jpg

またまた下り。

20160103_1347_82.jpg

いよいよ最後の登り、愛宕山へ差し掛かりました。

20160103_1352_83.jpg

わき腹が痛くなければ結構面白いルートだと思いますが、だましだまし登っていきます(笑)。

20160103_1356_84.jpg

このあたりで、先程の若い人たちに再び抜き返されました。

20160103_1358_85.jpg

愛宕山の山頂に到着。

20160103_1359_86.jpg

思ったとおり、山頂には愛宕社があります。東京都港区、東京都奥多摩町、茨城県岩間市。「愛宕山」という名前の山の山頂にはかならず愛宕社がありますね。しかもここの愛宕社、まっすぐ子の権現のほうを向いています。どうも子の権現の奥の院っぽいお社のようです。

20160103_1401_87.jpg

愛宕社の先は急坂の下り。ここへきて足を滑らせないよう、慎重に下ります。

20160103_1403_88.jpg

下りきったところには鳥居がありました。やはり子の権現に参拝してからこちらの奥の院に詣でる、というのが正しい順序みたいですね。

20160103_1405_89.jpg

鳥居を過ぎると幅の広い、歩きやすい道が続いています。

20160103_1406_90.jpg

子の権現の手前まで来ました。この先の山の上が子の権現です。

20160103_1409_91.jpg

伊豆ヶ岳の方からやってくると、子の権現の裏口から入る形になります。

20160103_1414_92.jpg

子の権現の本堂に到着。ここは足腰守護のご利益があり、登山にも縁のあるお寺ですから今年一年の安全祈願をしました。

20160103_1414_93.jpg

子の権現名物、巨大な鉄のわらじ。

20160103_1415_94.jpg

こちらは鉄の下駄。いずれも足腰の健康を願った奉納品ですね。

20160103_1419_95.jpg

本道の裏の小山の上には釈迦堂。

20160103_1420_96.jpg

釈迦堂の前は展望台になっていて東京方面が見える筈ですが、この日はちょっと霞がかかっていて展望は今一つです。この後、寺務所で登山お守りを購入して子の権現を後にしました。

20160103_1428_97.jpg

子の権現の表参道を吾野駅方面に下ります。参道からは先程の都県境尾根が見えます。中央右よりのピークが棒ノ折山、その左側、稜線の向こうからちょこんと顔を出しているのが奥多摩の大岳山です。まったく、この山はどこから見てもすぐ分かりますね。江戸時代は遠く館山沖の東京湾外湾からも見え、いい目印になったそうです。

20160103_1439_98.jpg

駐車場を抜け、一旦車が登ってくる車道に入ります。

20160103_1442_99.jpg

車道を100mほど下ると、右側に山道が分岐しています。ここが吾野駅方面へのルートの入口です。

20160103_1449_100.jpg

九十九折れになった山道を20分ほど下ります。

20160103_1502_101.jpg

山道の終点。ここからは舗装道路になります。

20160103_1503_102.jpg

民家の裏の家庭菜園っぽいところに立っていた案山子。月に代わってお仕置きされそうな案山子です。

20160103_1508_103.jpg

舗装道路に入ってから5分ほどのところに、有名な浅見茶屋さんがあります。この日はまだ正月休み中でした。浅間嶺の「そば処みちこ」さんでもそうでしたが、どうも私はお店が休みのときばかり通りかかる習性があるようです。

ちなみに1週間後、Alpine Bellさんのトレッキング・ミーティングご一行がこちらに来ていますが、その時は営業していたものの、団体さんの予約が一杯で入れなかったそうです。

20160103_1509_104.jpg

真っ赤な建物。注連縄まであるので何かのお社かお堂と思ったのですが、実はこの地区の自治会館でした。なにか神事でもやるんでしょうか?

20160103_1531_105.jpg

30分ほど歩きました。もうすぐ西武池袋線と国道299号に突き当たります。

20160103_1535_106.jpg

国道に到着。ですが、国道沿いには歩かず、指導標の通り手前の細道を歩きます。

20160103_1539_107.jpg

ちょっと歩くと山道っぽい未舗装道路になりました。

20160103_1541_108.jpg

まさかの登り。この先、ちょっと高度を上げて国道・西武線・吾野の集落を眼下に見下ろしながら山腹を歩きます。

20160103_1549_109.jpg

線路の上の跨線橋を渡って下に降りるともう駅は目の前です。この手前で先程の男女4名のパーティにまたまた追い越されました。てっきり、もっと先を歩いているものと思っていたんですが、先程の子の権現を過ぎた駐車場のあたりでお茶を沸かして休憩していたそうです。

20160103_1554_110.jpg

15時50分、吾野駅に到着。子の権現から1時間15分くらいです。この後、16時4分に上りの飯能行き電車がやってきたのですが、池袋まで座って帰りたかったのでパス。その次の16時18分発急行池袋行きに乗り、池袋まで爆睡しながら帰りました。ボックスシートの電車だったので、飯能駅でのスイッチバックを考慮してしっかり後ろ向きに座っていましたが。

池袋駅では駅のスタンドでナポリタンをかき込み(今日はカレーじゃありません)、朝と同様に東京メトロ丸の内線、総武快速線を乗り継いで帰宅しました。

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、徒骨亭さん!
やっぱり子の権現に行かれたんですね。
あそこは霊験あらたかなお寺さんですから、今年の山行はバッチリですねv-218

ところでこのコース、以前私も歩きました(^^
正丸峠に行く人って、本当に少ないんですよね~。
でもおかげで静かな山が楽しめるのですけど。
徒骨亭さんの記録を読んでいて、いろいろと思い出してきましたよ。
あの岩場、高度感が半端なかったなって(^^;
あと登りきった先にある鎖無しの岩場、どう登っていいのか私もしばらく悩みました(笑)

伊豆ヶ岳から子の権現までって、結構距離があるのも思い出しましたよ!
アップダウンもあって、意外とタフなコースだなと思ったものです。
また行きたいなぁ…そして徒骨亭さん、お疲れ様でした!(笑)

Re: No title

悠さん、こんばんは♪

はい、お察しのとおり子の権現です。高尾山を始め、山岳信仰がらみの神社・お寺は数多くありますが、そのものズバリの「登山守」のあるところは少ないですよね。でもここには登山守があると聞いていたので、以前から一度行ってみなければ・・・と思っていました。

悠さんがこのコースを歩かれたのは一昨年の春でしたよね。もちろん、今回私が歩くにあたって、悠さんの記事も大いに参考にさせていただいています。これまで奥武蔵は棒ノ折山の登り降りでちょこっと歩いただけでしたけど、やっぱり本格的に歩いてみようと真っ先に歩きたくなるのがこの伊豆ヶ岳から子の権現の山並みじゃないでしょうか。でも、先程改めて悠さんの記事を見てみたんですけど、全然意識していなかったんですけど同じようなところで同じような写真を撮っていますよね~(笑)。まあ、あまり展望の良くないコースなので、必然的にこうなるのかも知れませんが。

ちなみにこの翌週は昨年に続くミリヲタ一家の某イベント観覧でしたが、さらにその次の週はやはり昨年の悠さんの記事にインスパイアされた山行でした。さて、どこでしょう?(笑)。

それと、最近の不調の原因、だんだんわかってきました。あまり認めたくはないのですが・・・体重の増え過ぎみたいです。昨年夏から較べると、運動不足とストレスで5キロ弱ウェイトが増え、しかもザックも冬装備で11~12キロくらいになっているんですが、どうもトータルの重量がある臨界点を突破してしまったようです。振り向いただけで首がバキバキ鳴るような、ひどい肩こりもあったりして体調が今一つなのは確かなんですが、やはり一番の原因はウェイトみたいです。まずは5キロ減量を目指してみます。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。