FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前道志の未踏区間を踏破。

こんにちは。

今回もまたまた1ヵ月遅れ、2月28日・日曜日の記事になります。

JR中央線で関東平野から甲府盆地方面へ移動すると、途中の郡内地方(上野原・大月・都留などの地域)を通過する車窓の南側には道志山塊の山々が連なっています。広義には丹沢山地の一部ですが、この道志山塊、大きく分けると東西に走る2つの山並みから構成されています。

道志山塊の主役は都留市南西の杓子山から御正体山・今倉山・赤鞍ヶ岳を経て上野原市南方の入道ヶ丸あたりまで連なる、1,000m~1,600mの山々ですが、その北側にはJR中央線と桂川(相模川)に沿って走る1,000m未満の前道志の山々があります。人によってはこちらを「秋山山稜」と呼ぶこともあるようです。前道志の山々はJR猿橋駅の南の神楽山から始まって、最初は南西方向、富士急行線沿いに馬立山を経て九鬼山まで連なり、ここから東へ向きを変えて大桑山・高畑山・倉岳山、さらには矢平山・高柄山を経て上野原駅南西の鶴島御前山まで連なっています。昨年の春に2度に分けて神楽山から鈴ヶ音峠、鈴ヶ音峠から新大地峠まで歩いていますが、その後気温が上がって低山ハイクには不向きになってきたのでそのまま中断状態になっていました。冬になって気温が下がってからも仕事も忙しく、思うように山行ができなくなって長い間お預け状態でしたが、今回、新大地峠からJR上野原駅までの残りの区間をようやく歩くことができました。

前回の山行では新大地峠まで歩いてJR四方津駅へ下りています。その続きならば同じ四方津駅から新大地峠に登るところですが、前回の山行の最後のほう、矢平山の西の丸ツヅク山で山頂を踏まずに山頂直下の巻き道を歩いてしまいました。せっかくすべての山頂を踏んで歩いてきているのに、ここだけ未踏のまま残すのも癪です。そこで、前回歩いたところとは重複しますが、JR梁川駅から寺下峠まで登り、丸ツヅク山・矢平山を再訪してから先へ進むことにしました。こちらのほうが、まだ歩いたことのない梁川駅から寺下峠までのルートも歩けますしね。

というわけで2月28日日曜日、4時半過ぎのいつもの始発電車で地元駅を出発。御茶ノ水乗換えを経て八王子で6時35分発の普通列車松本行きに乗り込みました。

20160228_0708_01.jpg

20160228_0709_02.jpg

7時8分、梁川駅に到着。山間の小さな無人駅です。降車した乗客は数人で、登山客は私のほかは一人だけでした。この駅は私が向かう寺下峠だけでなく、倉岳山や扇山への登山口でもありますが、まだ時間が早すぎるのだと思います。

20160228_0720_03.jpg

前回記事でお話したとおり、この前日に愛用のキャラバンGK69_02Mをソール張替えに出したばかりですので、今日は予備靴として新たに購入したキャラバンC1_02Sを履いています。今回はこの靴の慣らしも兼ねています。「またキャラバンかいっ!」と突っ込まれそうですが、やっぱり子供の頃から履いていると何となく安心感がありますので・・・(笑)。

20160228_0722_04.jpg

梁川駅の待合室は工事中で利用不可。外にはベンチも何もありませんので、路上にザックを置いて出発準備をします。なお、トイレは別の場所にありますので利用可能です。

20160228_0723_05.jpg

7時25分、出発。まずは寺下峠を目指します。坂の下を走っているのは国道20号ですが、こちらを左方向、東へ向かって歩きます。倉岳山方面へは鋭角ターンして右方向へすこし進んだところに入口があるはずですが、そこまでは確認していません。

今回のコースとタイムの詳細もヤマレコに登録してあります。そちらもあわせてご覧ください

20160228_0731_06.jpg

国道20号沿いに10分、1kmほど歩くと最初の信号にぶつかります。ここを右へ入ります。

20160228_0731_07.jpg

指導標も立っています。「倉岳山」の表示がありますが、寺下峠経由だとかなり遠回りのような気もしますが。

20160228_0734_08.jpg

そのまま真っ直ぐ進むと桂川を渡る塩瀬大橋。

20160228_0735_09.jpg

この辺りの桂川を渡る橋はどこもそうですが、ここも水面からの高さが半端なく高いです。

20160228_0736_10.jpg

橋の上から西方向には倉岳山がよく見えます。「有明の月」とのツーショット。

20160228_0743_11.jpg

そのまま対岸の集落の中を道なりに進んで行くと分岐があるので右へ。「やまみち」とあるのはこの先にあるらしい民宿の看板です。

20160228_0745_12.jpg

1分ほど進んだ先で左へ登る道に入ります。

20160228_0746_13.jpg

登り切ると上のほうで別の舗装道路に繋がっていますが、そこを横断した向かい側が登山道入口です。

20160228_0751_14.jpg

最初はこんな感じ。幅の広い、歩きやすい道ですが・・・。

20160228_0755_15.jpg

そのうちちょっと荒れ気味になります。登山者もあまり歩いていないみたいですね。少なくとも梁川駅から倉岳山東側の立野峠に向かうルートよりは遥かに人が少ないはずです。

20160228_0801_16.jpg

「山と高原地図」で「水道施設」と表示された箇所。湧き水を送るこの黒いパイプが「水道施設」なんでしょうか?

20160228_0803_17.jpg

この「水道施設」、3つの小さな沢の出合になっています。登山ルートは中央の沢沿いです。踏み跡がはっきりしているので間違えることはないと思いますが、積雪時は分かりにくいかもしれません。

20160228_0813_18.jpg

沢沿いの道はそのうち左側の斜面を九十九折れに登っていくようになります。

20160228_0814_19.jpg

上りきったところで沢と再合流。沢の方は殆ど滝みたいな急斜面になっています。なるほど、これでは沢沿いには登ってこれないですね。

20160228_0814_20.jpg

沢の右手に渡ります。この辺りは二重尾根みたいな地形になっていますが、この沢は程なくして消えてしまいます。

20160228_0816_21.jpg

しばらくは歩きやすい道。左手には先程とは別の沢があります。

20160228_0819_22.jpg

ここで沢の左側に渡渉。

20160228_0821_23.jpg

すぐに右側に再渡渉。

20160228_0822_24.jpg

そしてもう一度、左側に渡渉。ちなみにこの地点、右手方向にも踏み跡っぽいのがあって紛らわしいです。正しいルートには画像にあるとおり、指導標が立っています。

ここを渡ってすぐのところで、2mほど先の斜面の影からいきなり鳥が飛び立って思いっきり驚きました。色と姿からキジかヤマドリのメスかな、と思ったのですが、大きさが少し小さく、色も黄色味が強かったように思います。ひょっとしたらコジュケイだったのかもしれません。

20160228_0828_25.jpg

そのうち、落ち葉だらけの急斜面を斜めに登っていくようになります。踏み跡を辿りにくいのはもちろんですが、落ち葉で滑りやすいので慎重に歩きます。

20160228_0831_26.jpg

この指導標から先は、画像ではわかり難いですが斜面にロープが張ってあります。もちろん体重を預けられるようなものでもなさそうなので、いざと言うときのためにロープに手を沿わせた状態で進みます。「山と高原地図」ではこのあたり、「ロープあり 滑りやすい」と表示されています。

20160228_0833_27.jpg

道は何度か折り返しながら登っていきます。

20160228_0835_28.jpg

下を見るとかなりの急斜面。足を滑らせたら谷底まで滑落しますね。登りで使う分にはあまり恐怖感がありませんが、下りで通るとスリル満点かも。エスケープで使う際にはご注意ください。

20160228_0840_29.jpg

ロープが終わりました。ここから先は歩きやすそうです。道は尾根の反対側に回り込んでいます。この先、一旦尾根のこちら側に戻りますが、しばらく登ったところで再び反対側を歩くようになります。

20160228_0857_30.jpg

左前方に矢平山が見えてきました。右手にあるちょっと低いピークは、未踏の丸ツヅク山です。

20160228_0857_31.jpg

この辺りは日当たりもよく、傾斜も殆どなくて歩きやすいです。

20160228_0902_32.jpg

右手の尾根がだんだん高度を下げてきました。もう間もなく寺下峠です。

20160228_0904_33.jpg

寺下峠に到着。昨年の春以来です。

20160228_0905_34.jpg

ここには「寺下峠」の表示がなく、本当に寺下峠かどうか分からなくなる人がいるそうです。そういう事情もあってか、指導標の柱に落書きで「寺下峠」と書いてあります。現在地の情報が落書き頼み、とうのも困りますので、正式に指導標に表示しておいて欲しいところですね。

20160228_0908_35.jpg

寺下峠から丸ツヅク山方面へ進みます。最初は穏やかな尾根道。

20160228_0909_36.jpg

そのうち丸ツヅク山手前の鞍部に向けて急降下。

20160228_0911_37.jpg

鞍部には「寺下峠→」という、寺下峠はあっちだよ的な表示があります。ですが、こちらにも寺下方面からの破線ルートが繋がっているらしく、ここが寺下峠だと思い込んでしまう人もいるようですね。

20160228_0915_38.jpg

その先、丸ツヅク山への急登にはいります。

20160228_0917_39.jpg

途中、わかり難いですが巻き道への分岐。巻き道は山頂近くまで登ったところにあります。前回、疲れ果てていてここで左に折れてしまいました。

20160228_0917_40.jpg

こちらは山頂までの残りの登り。あと少しです。

20160228_0923_41.jpg

丸ツヅク山(763m)山頂に到着。これで昨年来の課題を消化。急登なので狭い山頂なのかと思っていましたが、かなり広い山頂部です。グループでお弁当を食べるのにちょうど良さそうですね。

20160228_0924_42.jpg

基本的に展望はありませんが、木々の向こうで富士山が頭だけだしていました。画像ではちょっとわかり難いですが。

20160228_0925_43.jpg

数分小休止した後、木々の向こうの矢平山に向けて前進開始。私はこういうアングルの風景が結構好きです。ちなみに登ってきた方向からは左側へ鋭角ターンします。矢平山が見えていれば間違えることはないと思いますが、ガスがかかっている時は要注意です。

20160228_0927_44.jpg

これも分かり難くて御免なさい。左から先程の巻き道が来て合流しています。

20160228_0928_45.jpg

気持ちよい、なだらかな広い尾根を下って鞍部に到着。ここから先は矢平山への急登が始まります。

20160228_0931_46.jpg

急登は大きく分けて2段階になっています。まずは最初の部分。奥のほうの岩っぽいところまで登っていきます。最後の方にはロープがあります。

20160228_0935_47.jpg

最初の急登を登り切ってから振り返ってみたところ。左側にはロープが見えます。この先、短い尾根を経て、その先には2番目の急登部分があります。

20160228_0937_48.jpg

2番目の急登部分。ここも途中からロープを張ってあります。画面奥の岩のところまで登れば急登は終わり、と言いたいところですが・・・。

20160228_0943_49.jpg

これは岩の左側のところで登って振り返ってみたところ。

20160228_0944_50.jpg

そして行く手を見てみると・・・急登がまだ続いてます。岩のところがちょうど中間点、と言った感じですね。

20160228_0949_51.jpg

ようやく、傾斜が緩やかになって来ました。あとちょっとで登り切ります。

20160228_0954_52.jpg

登り切りました。山頂部は高畑山や倉岳山と同じく細長い地形をしていて、このまま一番奥まで進んだところが一番高く、そこが山頂になります。

20160228_0956_53.jpg

20160228_0956_54.jpg

矢平山(860m)山頂に到着。本日の最高峰です。但し、残念なことにここは樹林に囲まれていて展望が殆どありません。こちらで10分ほど小休止、菓子パンで遅い朝食を摂って栄養補給します。

20160228_1007_55.jpg

小休止後、旧大地峠・新大地峠に向けて出発。矢平山のこちら側は緩やかな登山道になっています。

20160228_1016_56.jpg

しばらく尾根道を歩きます。

20160228_1021_57.jpg

小さなピークの上に出ました。旧大地峠はここを真っ直ぐ突っ切って正面奥に下りた先ですが・・・。

20160228_1022_58.jpg

左手を見ると、尾根上にも明らかに踏み跡があります。ただし、木の枝で「通せんぼ」をしてありますが。

20160228_1024_59.jpg

とりあえず、真っ直ぐ進んで旧大地峠に下りました。ここは左右に鋭角ターンして分岐、さらに正面方向にも踏み跡があります。正面は甚之函山へのルートでそこで行き止まり、右は大地集落方面への下り、左が新大地峠方面になります。もちろん行き先は左です。

20160228_1024_60.jpg

分かり難い分岐ですが、昨年は健在だった指導標が倒れてしまっています。行き止まりの直進方向へ進んでしまう人もいそうですね。

20160228_1026_61.jpg

ちょっと進んだ先で、左後方からの尾根と合流しました。やはり先程の小ピークからの尾根道、ここへ繋がっているようですね。歩きにくくもなさそうですし、旧大地峠に寄る必要がなければショートカットしてしまってもいいかも知れません。

20160228_1032_62.jpg

右手に舗装された林道が見えます。ロープが張ってありますが、これは右側に滑落してしまった場合、林道を作ったときに掘削した垂直の法面からこぼれ落ちてアスファルトの上に叩きつけられてしまうからだと思います。

20160228_1033_63.jpg

新大地峠に到着。前回はここから左手に進み、JR四方津駅まで下りましたが、今日は右手に進んで目の前のピーク、大丸に登ります。

20160228_1036_64.jpg

すぐに金山峠方面への分岐。ここを左に折れて尾根を登ります。

20160228_1038_65.jpg

大丸(標高不明)山頂に到着。

20160228_1038_66.jpg

地面に倒れていた古い指導標か何かの柱には「大丸山」となっています。この場所、実はここが「新大地峠」だとか、「大地展望台」だとか、色々に言われているようです。

20160228_1041_67.jpg

この地点、大地展望台の異名の通り南東ないし東方向には若干の展望があります。ちょっと霞んでいてよく見えませんが、中央に見えているのは石老山でしょうか?

20160228_1042_68.jpg

一息ついたら高柄山に向かいます。

20160228_1044_69.jpg

尾根を下ってくると正面をロープで通せんぼ。右方向に下りるように指示があります。左端にある壊れた指導標、「・・・道」となっていますが、元は「ハイキング道」となっていたようです。

20160228_1046_70.jpg

右に折れた先は階段になっていました。そこを下りて行くと先程見えていた林道に出ます。

20160228_1047_71.jpg

左に鋭角ターンして50mほど行った先で再び登山道に入ります。

20160228_1050_72.jpg

登山道に入るとすぐにかなりの急坂。ロープも張ってありました。これは下り切ってから振り返ってみたところ。

20160228_1104_73.jpg

しばらく細かいアップダウンのある尾根道を進みます。

20160228_1111_74.jpg

ここでは左に90度折れます。

20160228_1111_75.jpg

行く手の木々の間に見えているのが高柄山のようです。

20160228_1111_76.jpg

ここも急坂の下り。ロープが張ってあり、左の木の幹には黄色い「キケン注意」とプリントされたテープが巻かれています。

20160228_1118_77.jpg

再び気持ちのよい尾根道。

20160228_1119_78.jpg

金山地区方面への分岐。この分岐した道は「山と高原地図」には載っていないようです。

20160228_1122_79.jpg

千足峠に到着。ここを左に折れるとJR四方津駅に出ます。「山と高原地図」では途中に危険マークが付いていますが。

20160228_1132_80.jpg

高柄山が正面に大分大きく見えるようになって来ました。

20160228_1135_81.jpg

高柄山への最後の登り。高柄山のこちらからの登り道は比較的緩やかなんじゃないかと思います。

20160228_1141_82.jpg

20160228_1141_83.jpg

高柄山(733m)山頂に到着。

20160228_1142_84.jpg

ここからは上野原市街地方面が一望できます。

20160228_1144_85.jpg

ちょっと霞んでいるのが残念ですが、こちらの中央が陣馬山。右の稜線は奥高尾銃走路、左の鞍部が和田峠です。

20160228_1144_86.jpg

こちらは中央の幅の広いピークが笹尾根の連行峰。その左、ちょこんと突き出しているのが茅丸、さらにその左の小さな双耳峰っぽく見えるのが生藤山です。霞んでいてちょっとわかりにくいですが、笹尾根の手前、右から緩やかに登っていく尾根がJR藤野駅辺りから続く三国山の南尾根。左手前あたりは八重山かな?

20160228_1144_87.jpg

こちらは笹尾根の熊倉山辺りから浅間峠方面へ下っていく稜線。稜線の向こうには奥多摩の大岳山が微かに見えています。右手前が能岳辺りかと思いますが・・・ちょっと見えにくいですよね。

20160228_1145_88.jpg

こちらも笹尾根。右のほうのちょっと切れ込んだようになっているところが浅間峠、左端の木の枝の陰になっているのが土俵岳です。この稜線の向こうには、さらに微かで見にくいですが奥多摩の御前山が見えています。手前の低い稜線は尾続山辺りかと思います。どうも自分がまだ歩いていないところははっきり分からないんですよね。

20160228_1201_89.jpg

20分ほど食事休憩。カレーパンを齧った後の12時ちょうどにいよいよ最後の鶴島御前山に向けて出発です。

20160228_1204_90.jpg

最初はちょっと急な山道をどんどん下って行きます。逆方向から登ってくると大変だろうな、というくらい下ります。

20160228_1221_91.jpg

ここでは尾根筋の直進をロープで抑止、右に下りるようになっています。確かにロープがなければ真っ直ぐ進んでしまいますよね。

20160228_1224_92.jpg

ちょっと足を滑らせたらヤバそうな箇所にはロープが張ってあります。ここにもやっぱり「キケン注意」のテープ。ファミリー向けハイキングコース、ということなんでしょうか。

20160228_1236_93.jpg

穏やかな稜線に出ました。ここをしばらく歩いていきます。

20160228_1242_94.jpg

東屋が見えてきました。新矢ノ根峠に到着です。

20160228_1243_95.jpg

振り返ると木々の間から先ほどまでいた高柄山が見えています。

20160228_1248_96.jpg

ここからは尾根から外れて左の斜面を下りていくようになっています。

20160228_1249_97.jpg

本来は尾根を進んだこのロープの先に「旧」矢ノ根峠があり、そこから東に尾根伝いに進んで鶴島御前山方面に向かっていたようですが、平成の始めごろにゴルフ場が造成され、尾根も掘削されて登山道が消滅してしまいました。現在ではこの新矢ノ根峠からゴルフ場の敷地の北縁沿いに鶴島御前山に向かうように道が付け替えられています。

20160228_1255_98.jpg

新矢ノ根峠から下ってくるとすぐにゴルフ場のフェンスにぶつかります。フェンス沿いに尾根を東に進みます。

20160228_1256_99.jpg

ここからは北側の斜面を巻くように進みます。

20160228_1257_100.jpg

巻き道。ロープはしっかり張ってありますが、やっぱり無理やり道を付けた感じがありますね。

20160228_1302_101.jpg

再び尾根に戻ります。

20160228_1304_102.jpg

フェンスの向こうにはゴルフ場。この山あいにこんな平坦地はあり得ませんから、尾根を削り谷を埋め、かなりの造成をやったみたいですね。

20160228_1309_103.jpg

尾根の突端近くまで来ると谷に向けて急降下します。

20160228_1314_104.jpg

谷底まで下りました。ここで右手から来た小さな谷を渡渉します。ここから見て右手方向がゴルフ場になります。

20160228_1315_105.jpg

しばらく谷沿いに下ります。

20160228_1317_106.jpg

ここで谷筋から離れ、右手の斜面を登っていきます。

20160228_1329_107.jpg

そのうち急斜面に九十九折れになった道を登るようになります。「山と高原地図」には「御前山頂下まで登るかなりハードな道」となっています。確かに急斜面に作られた道ではありますが、それほどハードではないように思います。

20160228_1331_108.jpg

もともとはこんな感じの崖なんですね。ここも無理やり道を作った感があります。

20160228_1335_109.jpg

道が緩やかになって来ました。

20160228_1338_110.jpg

尾根に乗りました。あとは鶴島御前山まで尾根伝い・・・かな?

20160228_1340_111.jpg

げ。ふたたびまさかの急下り。もう一度地図を見直すと・・・たしかに鶴島御前山との間にもう一つ谷があります。ズボラをして山と高原地図しか見ていませんでしたが、あれって5万分の1で等高線が見辛いんですよね。国土地理院の2万5千分の1図にルート情報が記載されたものがあると有難いんですが・・・登山詳細図世話人さんのこの地域の地図に期待しましょう。

20160228_1344_112.jpg

鞍部には上野原方面への巻き道。その途中に鶴鉱泉もあったようで、指導標にもまだ「鶴島・鉱泉」と書かれていますが、残念ながら現在では廃業されてしまいました。

20160228_1352_113.jpg

鶴島御前山への最後の登り道は岩場に近い急登です。悠さんやKちゃん、ここを下ってきたの?やるなあ。

20160228_1354_114.jpg

尾根上に出ました。鶴島御前山はもう目の前です。

20160228_1400_115.jpg

20160228_1402_117.jpg

14時ちょうど、鶴島御前山に到着。高柄山からここまでの標準CTは1時間45分ですから、ちょっと時間がかかっています。最後は流石に疲れてきました。

20160228_1401_116.jpg

正面には連行峰。展望はあまりよくありません。

さて、「山と高原地図」ではただの「御前山」と表示されているこの鶴島御前山、私はかならず「鶴島」をつけて表記していますが、実はこの上野原・大月界隈には「御前山」という名前の山が6つもあります。この鶴島御前山の隣、先程この山頂へ続く尾根に乗った地点から反対方向に進むと急傾斜の鞍部を越えると「栃穴御前山」があります。さらにその先、桂川を越えた対岸には「四方津御前山」。コモアしおつのすぐ東側の山ですね。そしてその西、大野貯水池の南西には「綱之上御前山」。さらにその西、先程のJR梁川駅のすぐ西側には「斧窪御前山」。そして最後はJR猿橋駅の南側にある岩場からの富士の眺め(実際九鬼山と一緒に秀麗富嶽十二景に数えられています)のよい「駒橋御前山」。こちらも山と高原地図ではただの「御前山」となっています。

これらの御前山、戦国時代にはこの辺りを支配していた小山田氏の烽火台が置かれていたそうです。桂川(相模川)沿いは小田原の北条氏の侵攻ルートになり得ますから、何かあったらいち早く大月の岩殿城に知らせる必要があるわけですね。ただ、烽火台にしては密度が高すぎる気もします。栃穴御前山の山頂は明らかに砦のように造成されていてただの烽火台ではなさそうだという話ですし、駒橋御前山も建物が建てられそうな平坦部があり、こちらも城とは行かないまでも砦のようなものがあったようです。

20160228_0001.jpg

こちらは先日の不老山の山頂からの写真の拡大です。

20160228_0002.jpg

そしてこちらは同じ日の朝に要害山の並びの「風の神様」から撮影した写真の拡大。6つの御前山のうち、駒橋御前山だけは写っている写真を見つけられませんでした。

これらの御前山、鶴島御前山と駒橋御前山以外は正規の登山道がありませんが、踏み跡はそこそこあって「御前山めぐり」を楽しまれている方もいるようです。

20160228_1422_118.jpg

鶴島御前山の山頂では、珍しくiPod touchで音楽を聴きながら(一応何曲かは入れてあります・笑)しばらくまったりとしてしまいました。14時20分、JR上野原駅に向けて下山開始です。

20160228_1425_119.jpg

20160228_1430_120.jpg

20160228_1436_121.jpg

いや、ロープのオンパレードですね。確かに上野原駅から見る御前山、かなりの急斜面に見えますが、期待を裏切らない急斜面振りです。しかも間が悪いことに、この日は花粉の飛散がピークに達していたようで、この急斜面を下りながら途中でくしゃみが何回も出ます。危ないですね(笑)。私は抗アレルギー薬も病院で処方してもらっていますし、普段は山歩きをしている限りあまり花粉症の症状が出ないんですが、この日は流石に花粉が濃すぎたようです。

20160228_1442_122.jpg

20160228_1446_123.jpg

やっと道が緩やかになりました。

20160228_1451_124.jpg

墓地が見えてきました。登山道の終わりです。

20160228_1453_125.jpg

ここが登山道の入口。入口からしてロープ付きです。

20160228_1459_126.jpg

麓の集落の中をノンビリと歩いていきます。途中、道端のベンチにいた地元のお婆さんたちと20分以上世間話をしていたので、さらに時間がかかっています(笑)。

20160228_1521_127.jpg

桂川を渡る「桂川橋」のたもとまで着ました。上野原駅はここを渡った先です。

20160228_1522_128.jpg

橋の上から桂川。川というより、もうこのあたりが相模湖の西端になるんですね。

20160228_1524_129.jpg

橋の上から今下ってきた鶴島御前山を返り見ます。

20160228_1530_130.jpg

15時30分、JR上野原駅に到着。この後、やってきたのが東京駅直通の電車だったので、そのまま爆睡しながら東京駅まで戻り、いつも通り総武線快速に乗り換えて帰宅しました。


スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます、徒骨亭さん!
やっと嵐の年度末週が終わり、とりあえず何事もなかった事にホッとしています(^^;
やっとよく眠れたし…先週は何度か、リビングで行き倒れていたしね(苦笑)

さて高柄山、いかがでしたでしょうか?
私も読んでいて、そういえば鶴島御前山の下りはきびしかったなぁと、もやもやと思い出してきました(笑)
落石に気をつけないとねと言って、Kちゃんとタイミングをずらしながら下りた記憶があります。
どうもあの辺りの山は、鋭角的な山容が多い気がしませんか?
見た目かっこいいのだけど、登っても下っても急斜面と言う(笑)

でも今となっては、斜面が急だったことと、キンラン・ギンランを両方見れたことしか覚えていません。
ブログを読み返して思い出すことも多いので、やっぱり備忘録として役に立っているようです(笑)

Re: No title

悠さん、おはようございます♪
お返事が遅れてしまって申し訳ありません。

年度末、大変だったみたいですね。一通り片付いたみたいで何よりです。お疲れ様でした。こちらは3月から新たに参加したプロジェクトのカットオーバーが目前で、4月に入っても何かとゴタゴタしています。

高柄山、事前に昨年の悠さんとKちゃんの山行記事を読んでいたので結構登り甲斐のある急坂の山、という印象を持っていたんですが、千足峠のほうからアプローチする限り緩やかな登り坂しかなくてちょっと拍子抜けしました。悠さんたちが下りに使った、秋山ネスパ方面へのルートが一番険しいみたいですね。鶴島御前山の方は登りも下りも急坂、というのは色々な人のレコやブログで読んでいたんですが、例の新矢ノ根峠方面からの山頂直下の部分は予想していなかったので、「え、こんなところにまだ急登?」という印象。ちなみにこの箇所、鶴島御前山から栃穴御前山に向かうつもりの人が間違って新矢ノ根峠との間の谷底まで下りてしまったり、その逆もあったりとかで、間違えやすいポイントではあるようです。

戦国時代に烽火台に使われたような山って、多数の兵を置くわけには行かないけど簡単に敵に蹂躙されても困る、というところでしょうから、必然的に登りにくい急傾斜の山になるんでしょうね。母方の大叔父が郷土史家で、香川県内の山城(地形の関係で非常に多いです)の地形上の特徴を説明してもらったことがあるんですが、敵が一人ずつしか登って来れないような場所を作っておくのがポイントなのだそうです。登ってくる敵を上から槍で突き落としていれば少数の兵でも防衛できるという仕組みですね。要害山もそうですが、上野原近辺の砦や烽火台で使われていた山を見ているとそのときの話を思い出します。

私もブログを山行メモとして書いていますが、今のところはまだ記憶している情報量のほうが多いかな?何より、地形のアップダウンを体で覚えていますので、以前も書いたとおり後で他の山から見たときに一発で分かるようになります。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。