FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の坪山、イワカガミが盛り。

おはようございます。

遅れを取り戻すため、前記事に続いて連投する心算で先週末の土曜日には今回の記事の大半を書き上げていたのですが・・・日曜日の山行、その後の週明けの忙しさでなかなか最後まで書き上げることが出来ず、結局木曜日の朝になってしまいました。予定では週半ばにはその次のゴールデンウィーク中の小ネタまで書き進んでいるはずでしたが(笑)。

さて、今回の記事で目指すのは花の名所として有名な「坪山」。上野原駅から鶴川沿いに鶴峠・松姫峠に向かうバスに乗り、鶴峠の手前、西原集落の西にある標高1,102mの低山です。この界隈の山々は殆ど登っていますが、未だに未踏だったので以前から山行を考えていました。

こちらは山頂近くに岩場が多く、春にはミツバツツジ・ヒカゲツツジ・イワウチワ・イワカガミなどが多く見られることで知られています。ただ、ヤマレコなどで調べてみると分かりますが、登山者が4月頃に極端に集中していて、ヒカゲツツジの盛期には渋滞が起こるくらい混みあうとか。さすがにそういう時期に行く気にはなりませんが、だからと言って花が全くない冬場などに歩くのも悔しい面があります(笑)。そこで、花のうち盛期がずれているイワカガミに目標を絞ることにしました。イワカガミは盛期が4月末から5月初旬のようなので、他の花のピークが終わってから見に行くことができます。でも、北アルプスでは6月から7月がピークのイワカガミ、この時期にピークになるのは低山ならではですね。そういうわけで、早くからゴールデンウィークの最初の3連休に出かけるつもりで計画していました。

この3連休、運よく出勤などにはならなかったのですが、連休開始直後は生憎のお天気。天気がよいのは連休最後の5月1日とということなので、5月1日日曜日の朝、いつもの始発電車に乗って出かけました。

御茶ノ水で中央線の各駅停車に乗り換え、さらに八王子で6時35分発の各駅停車松本行きに乗り換え。午前7時前、上野原駅に到着です。

20160501_0702_01.jpg

駅にはいつもの上野原トレッキングのポスター。左下に今回向かう坪山の名前が見えます。この界隈、未踏なのは八重山・聖武連山くらいになってきました。

20160501_0702_02.jpg

南には名倉金剛山から連なる山々が見えています。画面中央、一番高いところが4月16日に藤野園芸ランド遊歩道を歩いたときに手前まで行った鶴島金剛山です。

20160501_0710_03.jpg

駅前にはいつもの手作り登山ガイドのコーナー。案内所の名物おじさんの姿も見えます。鶴峠へ行くバスは8時10分発ですから、1時間以上も前に到着している徒骨亭です。当然、まだ誰も来ていませんから、行列一番乗りになりました。バスが出るまで退屈なので、名物おじさんとしばらく立ち話。

「今日はどちらまで?」
「坪山です。」
「ええと、坪山はミツバツツジ、ヒカゲツツジ、イワウチワはほぼ終わり。イワカガミが見頃です。」
「良かった。実は今回はイワカガミが目的なんですよ。」
「今年は去年より見事ですよ。ただ・・・」

おじさんの表情がちょっと曇ります。

「今年はイワウチワがあまりよくなかった。葉が小さく、花の数も少ないんですよ。たぶん気候のせいだと思いますが・・・」
「が?」
「持って行かれているわけじゃないと思います。」

おじさん曰く、坪山のように登山口に駐車場のある山は要注意だそうです。確かに、人が少なくなった時間を狙って盗掘して下山、そのまま車に積んでしまえば分かりませんよね。そういうことがないように用心はしているとの事ですが、カタクリを始め、持って行ってしまう人がいるのは困ったものです。

そうこうしているうちに行列に人が並び始め、8時前にはかなりの人数になりました。全員が坪山ではないでしょうが、相変らず人気のバス路線です。この日、結局バスは2台出ました。私はもちろん1台目に乗っていたんですが、途中で人が乗り降りしている間に臨時便のほうの2台目に抜かれてしまいました。

20160501_0903_04.jpg

9時過ぎ、坪山への登山口である八ツ田(はった)バス停に到着。増発便のバスを含め、30名弱の登山者が降りたようです。

坪山への登山口は幾つかありますが、坪山のある尾根の最先端の阿寺沢入口バス停からのルートは崩壊気味らしく、今年度版の「山と高原地図」では破線ルートになってしまいました。阿寺沢入口ルートのちょっと先には、学校前バス停から蕎麦で有名なびりゅう館を通って坪山に向かうルートもあります。このルートは阿寺沢バス停からのルートに途中で合流しますが、尾根通しで歩くのを常とする私は当初、ここから登るつもりでいました。

しかし。調べてみるとこのルートで見られるのはヒカゲツツジ・ミツバツツジばかりで、イワカガミはさらに先の八ツ田バス停から取り付く「西尾根」でしか見られないとのこと。多くの方はそちらから登って学校前バス停へ下山、お蕎麦を食べてから上野原に帰るそうです。私は坪山からは西方向、牛ノ寝通りと権現山を結ぶ尾根筋に出るつもりでいましたから、今回は若干中途半端な場所からの取り付きになりますが、西尾根から坪山に登り、その後西原峠に抜けることにしました。

20160501_0904_05.jpg

バス停の前の鶴川を渡り、右手に進みます。

20160501_0909_06.jpg

100mほど先にトイレがあります。西尾根には八ツ田バス停の一つ先の御岳神社前バス停からも登れますが、トイレがあるのはこちらだけ。殆どの方が八ツ田バス停で下車するようです。4月中はこのトイレにも長い行列ができるとか。

20160501_0913_07.jpg

トイレ手前の広場で身支度を整え、9時15分、登山開始です。

今回のルートとタイムの詳細もヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

20160501_0918_08.jpg

しばらくは集落に沿って北へ進みます。この先に左へ入る指導標がありますが、あそこで前方から来た御岳神社前バス停からのルートと合流しています。

20160501_0919_09.jpg

さらに、そのすぐ先で西尾根と東尾根の分岐になります。「坪山西尾根 花の多いコース」という看板が出ていますね。当然、西尾根に向かいます。というか、東尾根を歩く人はいるんだろうか(笑)。

20160501_0927_10.jpg

しばらくの間、ゆるいジグザグを描いて尾根の南東斜面を登っていきます。前後にチラホラ他の登山者の姿が見えますが、流石に混み合っているというほどではありません。

20160501_0931_11.jpg

尾根上に乗り上げました。ここからは尾根歩きになります。

20160501_0941_12.jpg

20160501_0946_13.jpg

下のほうには植林がありましたが、すぐに明るい雑木林になります。新緑が美しいです。

20160501_0950_14.jpg

岩場っぽいところが出て来ました。「これから先 岩うちわ群生」の看板もあります。花音痴の私には有難いですね。

20160501_0951_15.jpg

わかりにくいですが、「岩うちわ」と書かれた小さな花名標があります。しかし、それらしい花は全く見えません。どうも、完全に終わってしまったようですね。

20160501_0953_16.jpg

こんどは「これより先 ヒカゲツツジ」。確かにそれらしい低木が道の両脇に一杯ありますが、花は全く見えません。こちらも終わってしまったようです。

20160501_1001_17.jpg

ヒカゲツツジが一輪だけ。まるで残念賞のように咲いていました(笑)。

20160501_1002_18.jpg

うわ。このあたりはヒカゲツツジのトンネルです。満開のときは見事でしょうね。

20160501_1007_19.jpg

ますます岩場っぽくなってロープも出て来ました。

20160501_1015_20.jpg

ミツバツツジは所々にチラホラと、と言う感じ。

20160501_1026_21.jpg

出ました!「これから先 岩カガミ群生」の看板。さて、咲き具合はどうでしょうか?

20160501_1027_22.jpg

20160501_1032_23.jpg

20160501_1033_24.jpg

あった!イワカガミです。最初はチラホラと・・・という感じでしたが、すぐにイワカガミのオンパレードになりました。

20160501_1035_25.jpg

登山道の上の踏まれそうなところにもイワカガミが咲いています。実際、踏まないように気をつけないとすぐに踏みそうになってしまいます。

20160501_1039_26.jpg

ここからしばらくの間、可憐な姿をお楽しみください。

20160501_1042_27.jpg

20160501_1044_28.jpg

20160501_1046_29.jpg

20160501_1047_30.jpg

20160501_1048_31.jpg

20160501_1049_32.jpg

新緑の気持ちのいい尾根です。

20160501_1050_33.jpg

20160501_1051_34.jpg

20160501_1051_35.jpg

こちらはミツバツツジ。

20160501_1051_36.jpg

20160501_1052_37.jpg

20160501_1052_38.jpg

20160501_1053_39.jpg

20160501_1057_40.jpg

20160501_1058_41.jpg

この辺りでイワカガミが終わりです。

20160501_1059_42.jpg

20160501_1101_43.jpg

尾根が本格的な岩場になって来ました。「山と高原地図」で「急な岩場 ロープあり」と記された辺りです。

20160501_1107_44.jpg

やがて緩やかな山道になると・・・。

20160501_1107_45.jpg

坪山山頂に到着。山頂には既に結構な人がいます。イワカガミの写真を撮っている間、10人くらいの方に追い越されたのですが、それと併せて15・6人と言ったところでしょうか。

20160501_1108_46.jpg

坪山の山名標。

20160501_1115_47.jpg

山名標の向こうに見えているのは三頭山です。そう言えば最近、行ってませんね。

20160501_1116_48.jpg

こちらは南側。左は笹尾根、右は権現山方面。右手前から延びているのは大寺山からの尾名手尾根でしょうか。中央奥はおそらく生藤山だと思います。

20160501_1116_49.jpg

こちらは北側。中央奥に薄っすら見えているのが飛龍山、その右のほうにあるのが雲取山。雲取山の手前にあるのは三頭山から延びる尾根。左手前のポッコリした山は秀麗富嶽十二景のひとつ、奈良倉山。

20160501_1121_50.jpg

坪山には三角点があります。

20160501_1126_51.jpg

手早く昼食を済ませましたが、その間にも跡から後から人が登ってきます。山頂は登山者でごった返して来ました。そろそろ先へ進むとしましょう。

20160501_1127_52.jpg

ありゃりゃ。こんなところにも松姫鉱泉に誘導する看板。看板だけがあっちこっちに残っています。

20160501_1128_53.jpg

11時28分、西原峠に向かいます。山頂から西側に降りるとすぐに西原峠方面と学校前バス停(びりゅう館)の分岐があります。びりゅう館に向かう場合は、山頂から一旦西にちょっと下りて、山頂の南側を巻いて東に進むことになります。私は当然、右へ向かいます。

20160501_1130_54.jpg

急傾斜を下りていきます。尾根も細いですが、危険というほどではありません。足元はしっかりしていて、割と歩き易いです。

20160501_1144_55.jpg

下りきったら今度は急坂の登り。意外ときついコースですね。

20160501_1148_56.jpg

坪山を離れると尾根が広くなり、歩きやすい平坦なコースになりました。

20160501_1151_57.jpg

「山と高原地図」にある尾根通しのルートと巻き道の分岐。しかし、巻き道の方はもう廃道なのか、木を置いて塞いであります。山と高原地図では巻き道のほうも実線ルートなんですけどね。

20160501_1152_58.jpg

「泉」の字が見えるので、おそらく元は「松姫鉱泉回道」と書いてあったものと思われます。

20160501_1152_59.jpg

奈良倉山方面を示す指導標。奈良倉山と三ッ森北峰の間の尾根通しの区間は「山と高原地図」では実線ルートですが、山梨県としては正規の登山道扱いをしていないようです。当然、坪山からそちらに向かうルートも同様の扱いになります。指導標も古いものや手作りのものしかありませんから、歩く際には注意が必要です。

私は取りあえずこのまま尾根通しに歩いていくことにしました。

20160501_1158_60.jpg

しかし、結構急坂ですね。予想していたよりハードです。

20160501_1202_61.jpg

ピークを超えましたが・・・。

20160501_1212_62.jpg

実は今のは序の口。その先には延々続く急登がありました。ひえ~。

20160501_1222_63.jpg

やっとこさ山頂です。この山、結構本格的な山なのに山名すら分かりません。

20160501_1230_64.jpg

反対側は緩やかな下り。このルート、反対側から歩いてきたほうが楽そうですね。坪山手前は急登ですが。

20160501_1233_65.jpg

ここで分岐。このまま尾根通しに真っ直ぐ歩く踏み跡もありますが、そちらは破線ルートになります。しかも、西原峠とは反対方向に昔ってしまいます。ここでは左に下りていって下の林道に合流します。ちなみに先程廃道になっていた巻き道、ここで再び合流していますが、こちら側も木で塞いでありました。

20160501_1238_66.jpg

分岐から5分ほど下ると林道に出ます。ただ、林道と言っても車が通ったりはしていないようですね。殆どただの登山道と化しています。

20160501_1238_67.jpg

林道に下りてから来た方向を振り返ったところ。「山と高原地図」では「作業道から山道入口は崩れて不明瞭」と記されていますが、しっかりした指導標が立てられています。山梨県のものではないと思いますが、どなたが設置しているんでしょうか。

20160501_1240_68.jpg

林道に出てからは2分くらいで奈良倉山から西原峠に続く林道に出ます。ここは昨年の5月以来、1年ぶりですね。

20160501_1244_69.jpg

さらに5分ほど歩くと西原峠。昨年5月、11月に続き3回目です。相変らず人の気配がありません。こちらで小休止です。

20160501_1247_70.jpg

西原峠から南へ尾根通しで進むルート。昨年11月には反対方向から来てここを下りてきましたが、11月でも藪漕ぎで、しかも急坂なので閉口しました。

20160501_1247_71.jpg

こちらは尾根の東側を進む林道。昨年11月に歩いたとき、大寺山の手前で合流した尾根上の林道が、この西原峠の手前で鋭角ターンして東側に下りていっていたのが気になっています。恐らく、どこかでこの林道と繋がっているはず。実は本日は、それを確かめるのも目的の一つでした。

20160501_1248_72.jpg

西原峠から西、大菩薩連嶺方面。この日は天気はいいのですが、ちょっと霞がかかっています。

20160501_1250_73.jpg

藪の向こうに見えているのは今歩いてきた坪山からの尾根。先程ヒーヒー言いながら登ったピーク、やっぱり坪山よりも立派な山容です。その向こうにちょこんと見えているのは、最初に登った小さなピークですね。坪山はこの位置からはよく見えません。

20160501_1254_74.jpg

さて、西原峠を後にして歩き始めます。こちらの林道には最近車が通った痕跡があります。

20160501_1300_75.jpg

10分ほど歩いたところで・・・ありました!予想通り、右へ鋭角ターンして尾根上に登っていく分岐です。

20160501_1300_76.jpg

同じ場所で反対方向を見たところ。西原峠から車でやってくると、軽トラでも切り返しなしに曲がるのは難しそうです。

20160501_1303_77.jpg

分岐からはものの3分ほどで尾根上に出ました。ここは確かに見覚えがあります。昨年11月は、左のほうからやってきてそのまま右に抜けていきました。今歩いてきたルート、藪漕ぎしながら尾根通しに歩くよりはずっといいですね。このルートを歩くときは、林道経由をお勧めします。

20160501_1304_78.jpg

新緑が眩しい尾根を歩いていきます。ここは林道なんですが、あまり林道歩きを感じさせませんね。

20160501_1325_79.jpg

20分ほど歩くと小寺山。山頂は林道から外れて右に入ったところです。前回は山頂まで行ってませんので、ちょっとそちらに入ってみます。

20160501_1326_80.jpg

林道から20mくらい入ったところが小寺山(1,165m)山頂。

20160501_1326_81.jpg

山名標はありませんが、木に巻きつけたテープに山名が書いてありました。

20160501_1330_82.jpg

林道に戻り、さらに5分ほど歩くと林道の終わりです。ここで林道は二手に分かれていますが、どちらも尾根の東側に逸れていきます。

20160501_1330_83.jpg

尾根通しに進むルートには踏み跡があり、赤いテープの目印もあります。写真では分かりませんが、テープには矢印付きの「大寺山」の表示がありました。

20160501_1343_84.jpg

一旦、小さなピークの上に登ります。確かここは半年前に「小寺山」の山名標が置いてあって惑わされたところ。左側の太い木の根元ですね。山名標は誰かが片付けてしまったようです。

20160501_1348_85.jpg

その先、緩やかな尾根を歩いていくと・・・。

20160501_1350_86.jpg

20160501_1350_87.jpg

大寺山(1,226m)山頂に到着。ここで小休止。

20160501_1356_88.jpg

尾根の東側には緩やかな尾根があり、薄い踏み跡もついています。こちらが尾名手尾根。破線すらないルートですが、歩く方はいるようです。下りきった先では靴を脱いでの渡渉を余儀なくされるようですが、一度歩いてみたいと思っています。

小休止を終え、三ッ森北峰に向けて歩き始めます。

20160501_1400_89.jpg

あれ?前回歩いたときはこんな急坂だっけ?三ツ森北峰が近づくと、途端に地形が険しくなりますね。

20160501_1406_90.jpg

鞍部まで下りきると、すぐに急登。ここからは痩せ尾根・急登の連続です。

20160501_1407_91.jpg

一旦登ると、すぐに下り。

20160501_1410_92.jpg

下りきったらまた急登。足を滑らせそうなところなので注意して登ります。

20160501_1423_93.jpg

ここも登りきるとすぐに急下り。

20160501_1425_94.jpg

三たび急登。だんだん嫌になってきました(笑)。

20160501_1428_95.jpg

でも、またまた下るんですよね~。

20160501_1431_96.jpg

そして4度目の急登。今度は岩登りみたいなところです。前回はここを下ってきていますが、もちろんロープなんかありません。これがあるから正規の登山道扱いされていないんでしょうか?

20160501_1438_97.jpg

今度は登りきると、鋸尾根への分岐。いや、指導標的には分岐じゃなくて鋸尾根のみの表示になっています。

20160501_1439_98.jpg

20160501_1440_99.jpg

三ッ森北峰(1,202m)山頂に到着。2度目の三ッ森北峰ですが、割れた鏡もそのままです。ここへ到着する直前、オバサマ方4人のパーティとすれ違いました。初戸バス停から権現山に登り、ここまで歩いてきて鋸尾根経由で下山するようです。

20160501_1441_100.jpg

こちらは富士山の方角ですが、雲が多い上に霞んでいますね。左手前は百蔵山、右端は滝子山。中央に見えるぽこっと下山が高川山で、その右奥には三ツ峠が薄っすらと見えます。正面奥には富士山があるんですが、残念ながら見えません。実は肉眼では富士の裾野の稜線がかすかに確認できるんですが、写真には写っていませんね。

20160501_1442_101.jpg

こちらは麻生山、その右側に見えているのは扇山ですね。ちなみに登山詳細図世話人の守屋さんのこの地域の踏査、扇山を皮切りにいよいよ始まったようですね。リリースは来年から再来年にかけてになるようです。

20160501_1442_102.jpg

こちらは一番奥が大菩薩連嶺。手前に雁ヶ腹摺山と姥子山。さらにその手前にあるのは水無山・オゴシ山でしょうか。このあたりは破線ルートしかありませんが、一度歩いてみたいところですね。

ここでちょっと思案。実は、この日はここからさらに尾名手峠まで進み、長尾根・駒止嶺経由で下山する心算でしたが、さすがに疲れが出てきています。ここから予定通り長尾根経由で下るのと、鋸尾根経由で下るのでは下山する時間に30分くらい差が出そうです。それに、ひょっとしたらまだ16時台のバスに間に合うかもしれません。予定通りのルートなら18時半の猿橋行きバスに乗る心算だったんですが、ちょっと里心が付いてしまいました。

と言うわけで、軟弱にも予定を変更して鋸尾根を下ることに決定(笑)。

20160501_1449_103.jpg

先ほどの鋸尾根の分岐まで戻ります。直進方向も塞いだりはしていないんですけどね。

20160501_1453_104.jpg

いきなり急坂。ただし、坪山からの下りと同じく、足元はしっかりしています。実は鋸尾根という名前とは裏腹に、結構歩きやすいルートだと言う話は聞いていました。

20160501_1502_105.jpg

鋸尾根を遠くから見たときに嫌で目に付くポッコリした瘤。でも、登山道はしっかりそこを巻いています。左の巻き道を進みます・・・って直進出来そうにはありませんが。

20160501_1509_106.jpg

こちらは「山と高原地図」で「小突起を超えていく」と書かれている箇所。あまり登っている気にはならない程度のピークです。

20160501_1514_107.jpg

こちらは同じく「南を小さく巻く」の箇所。鞍部からそのまま巻いていくので、小さく巻いているとは思えないんですが。

20160501_1517_108.jpg

先ほどの箇所を過ぎると広い尾根道になります。

20160501_1521_109.jpg

このあたり、広すぎて道迷いしそうです。踏み跡とピンクのテープを追いかけながら歩きますが、紛らわしい踏み跡も多いです。

20160501_1527_110.jpg

同じような尾根が延々続いていて、さすがに飽きて来ました。

20160501_1603_111.jpg

下のほうまで下りてくると、ようやく植林が出てきます。

20160501_1620_112.jpg

一番最後、竹藪を抜けると集落に出ます。

20160501_1620_113.jpg

登山道入口の指導標。

20160501_1621_114.jpg

すぐに舗装道路に出ます。このまま直進。

20160501_1622_115.jpg

お茶畑です。そう言えば新茶の季節ですね。陣馬山麓のお茶は自家消費だけになってしまっているようですが、このあたりのお茶は出荷されているんでしょうか。

20160501_1628_116.jpg

バス停は川を渡った対岸なので、まだ結構あります。

20160501_1630_117.jpg

やっとこさ橋を渡ります。

20160501_1637_118.jpg

国道139号に出ました。バス停はすぐそこですが、誰もいません。ということは・・・。

20160501_1637_119.jpg

時間を見ると、18分前にバスは行ってしまったようです。次のバスは・・・2時間先(笑)。どうも、私はこの辺りに下りてくるといつもこのパターンですね。2時間も待ってられないのでこのまま猿橋駅まで歩くことにします。猿橋までは8キロくらいの筈ですから、どう考えても歩いたほうが早いでしょう。

20160501_1732_120.jpg

浅川入口、奈良子入口を過ぎ、国道139号と県道505号の分岐までやってきました。ここは左へ折れて県道505号を猿橋へ向かいます。

20160501_1734_121.jpg

猿橋まであと4キロ。40分か45分くらいで着く距離です。

20160501_1744_122.jpg

いつの間にか岩殿山が右手に見えていました。ついさっきまで山の中を歩いていたと思ったのに、意外と早く大月・猿橋界隈に出てきたようです。

20160501_1744_123.jpg

見覚えのある場所に出たので、あたりを見回していたら・・・ありました、百蔵山への登山口。昨年、稚児落としから岩殿山まで歩いた後に続けて百蔵山に登ったとき、ここから入ったのでした。

20160501_1812_124.jpg

中央道が間近に見えるようになって来ました。ゴールデンウィーク最初の3連休の最終日なので、大渋滞しているようです。ここを右に折れて入っていきます。ちょっと行った先は葛野川を渡る橋ですが、その先で中央道の下を潜ります。

20160501_1818_125.jpg

続けて桂川を渡る橋。突き当りが国道20号です。そこを右折。

20160501_1820_126.jpg

すぐに猿橋駅への入り口です。国道20号はやっぱり東京方面が大渋滞。私も「やっちゃった」ことがありますが、中央道の渋滞を避ける心算で国道20号に下りると、さらに酷い状況に嵌るんですよね。

20160501_1822_127.jpg

18時20分過ぎ、猿橋駅に到着。バスを待つよりも30分程度早く到着できたようです。ちょうど5分後くらいに上り電車があったので、それに乗って高尾まで。高尾駅で一旦改札を出て、駅舎の中にある「一言堂」さんに立ち寄り。カレーを食べて帰りました。一旦改札を出ると交通費が高くつきそうですが、実は20円程度しか違わないんです。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、徒骨亭さん!
着々と、未踏区間を潰しにかかっていますね(笑)

イワカガミ、今年は見に行けるタイミングが掴めませんでした(^^;
仕方がないので、皆さんの写真で我慢することにしますから、どうぞバシバシと写真をよろしくお願いします(笑)

坪山辺りは、花の季節はドえらく混むイメージがあるので、どうしても二の足を踏んでしまいます(^^;
行ってみたいんですけどね~、混雑した山道を想像するだけでゲンナリしちゃって…e-263
人のすれ違いが嫌と言うより、うるさい…げふげふ、賑やかなおば様方の話し声で、鳥の声や風の音が聞こえなくなるのがとても嫌で…最近、自分がとても偏屈な気がします(--;

Re: No title

悠さん、こんばんは♪

なんだか最近、未踏区間埋めが先に立って来ているような気がしてきているので、ちょっと反省しています。とは言え、先週あたりもまた未踏区間埋めでルートを決めたりしてしまったんですけどね(笑)。

イワカガミは低山では終わってしまいましたが、高山ではまだまだこれからですから見る機会があるんじゃないでしょうか。悠さんの事ですから、今年もまた「梅雨明け直後の1週間」を企画しているんじゃないかと楽しみにしています。あ、でも梅雨明けだと流石にイワカガミにはちょっと遅いのかな?

坪山は花の季節の来訪者が極端に多いですよね。ヤマレコの月別の訪問者数のグラフを見ると、確かに辟易してしまいます。でも、低山で花以外に取り得がないような扱いをしてしまうのはちょっとかわいそうな気もします。今回は西尾根から登ったせいで坪山を含む尾根通しの歩きが出来ていませんから、今度は秋ごろにでも純粋に山を楽しむ目的で歩いてみたいと思います。すぐ隣には登山道のないルートではありますが、尾名手尾根みたいな魅力的な尾根もありますし、こちらとの組み合わせも面白そうです。ただ、秋口あたりはクマが出そうなところではありますが(笑)。

No title

こんにちわ!!にしきゃわです~
一人で行ったの???
私も行きたい~行きたい~

Re: No title

N川さんこと「酔仙」さん、おはようございます♪

ちょっとご無沙汰してました。ご実家の方は大丈夫でした?

名無しの書き込みがあったので誰かと思ったんですが、N川さんだったんですね。折角、こないだ「酔仙」ってハンドル考えたんだから使ってくださいよ~。それとも、「にしきゃわ」さんの方がいいですか?あまり実名と変わりませんけど。

私はAlpine Bellさんの「トレッキングミーティング」以外は殆ど独り歩きですよ。奥高尾あたりだったら、たまに女房子供連れで歩いたりしていますが。基本的には行き先も時間も自由に決められるので独り歩きばかりだったんですが、今後はトレッキングミーティングを含め、複数で歩く機会が増えるかもしれません。話をしながら歩くのもまた楽しいですよね。

坪山のイワカガミ、今年はもう終わっているはずです。北アルプスなんかの高山だとまだまだこれからですけどね。ちなみに、イワカガミはヨーロッパアルプスに咲く「アルパイン・ベル」の近縁種で、練木さんがイワカガミが好きで店の名前を「アルパイン・ベル」にしたそうです。

これからの東京近郊だと奥多摩・千本ツツジ周辺のヤマツツジが見頃かな。ただし、梅雨が近付いているので天気との相談になりますが。あと、そのほかにも見頃の花があるかもしれませんが、私も花音痴なのであまりよくわかりません。

連れて行くのはかまいませんが、酒瓶を手に持って歩くのは禁止です。あと、登山道じゃない岩にどんどん登って「降りられな~い」はやめて下さいね(笑)。

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。