スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大菩薩峠、標高1,900mの芋煮会。

おはようございます。

先日、機種変更を行おうと最寄のauショップまで行って来ました。機種変更と言っても、スマホやガラケーじゃありません。愛用しているタブレット、iPad miniの機種変更です。

かなり以前の記事でも書いた記憶がありますが、私はスマホを持っていません。普段はガラケーとタブレットの2台持ちです。どうも、情報量の多いWebサイトなどをスマホの狭い画面で見る気にならず(老眼だからだろ!というツッコミがありそうですが・笑)、通話やショートメール、キャリアメールはガラケー、一般のネット情報の閲覧やPCメールはタブレットと使い分けています。「山と高原地図」なんかもタブレットに入れてありますので、仕事の行き帰りに山行のルートを検討したりとか、広い画面だとなにかと使いやすいです。山と高原地図自体も、当初はスマホやiPod touchにしか対応しておらず、タブレットだと間延びして非常に使い勝手が悪かったのですが、昨年辺りからタブレットにも正式対応して大変見やすくなりました。

さて今回の機種変更、何から何への変更かと言うと・・・初代iPad miniから昨年秋にリリースされたiPad mini 4への変更です。初代iPad mini、この3年半ほど使い続けて来ましたが、流石に今となっては処理が遅くてイライラすることが多くなりました。まあそれでも私はゲーム類は一切やらないのでそう大きな問題ではなかったのですが、今秋リリース予定のiOS 10が初代iPad miniでは未対応ということが判明。ようやく重い腰を上げることにしました。昨年買い換えたノートPC、これも先代は12年ほど使い続けていたので、どうも基本的にデジタル機器の買い替えには消極的なようです(笑)。

ところで肝心の機種変更ですが、希望していたiPad mini 4のシルバー・128GBモデル(Wi-Fi+Cellular)、生憎と在庫がないということで予約だけして帰って来ました。3週間ほどかかるようです。まあ、iOS 10がリリースされるまでまだ何ヶ月もありますし、急ぐわけではありませんので特に問題ありません。



閑話休題。それでは今回の山行の話題です。今回はやはり1ヶ月前の話になってしまいますが、5月29日・日曜日のお話です。この日は浅草橋の山道具ショップ、Alpine Bellさんが急遽大菩薩嶺へのハイキングを実施すると言うことでしたので、そちらに参加して来ました。

そもそもこの日、Alpine Bellの練木さんが番外編で大山(丹沢じゃなくて鳥取の『だいせん』です)へのツアーを計画していたのですが、そちらの参加者が少ないためキャンセルになってしまったそうです。で、その埋め合わせで急遽募集がかかったのが今回の大菩薩嶺。今回は山歩きと言うより、大菩薩峠で芋煮会という趣旨のようで、私には「水1リットル持参」の指令が練木さんから飛んで来ました。

当日、集合は朝8時7分高尾発の甲府行き各駅停車の車内です。待ち合わせに指定された先頭車両に行ってみると、本日の参加者は練木さんのほか、Tkさん、Tgさんのお二人、通称「T&Tペア」。このお二方には昨年末の高尾山の忘年会でお目にかかったことがありますが、普段はお二人で全国の山を飛び回っていると言う、ベテランのお姉さまコンビです。それと前週奥多摩へご案内したchiemiさん、ポンキチさん、それに私の合計6名でした。

電車は9時15分、塩山着。すぐに駅前のタクシー2台に分乗し、大菩薩嶺方面に向かいます。当初は上日川峠のロッヂ長兵衛から歩く予定と聞いていたのですが、結局芋煮会がメインなので歩く距離が最短になるように(笑)、その奥の福ちゃん荘まで行ってしまいました。

20160529_1005_01.jpg

というわけで10時前に福ちゃん荘に到着。各自身支度をします。かの「大菩薩峠事件」の舞台となった福ちゃん荘ですが、私はここへ来るのは初めてです。

20160529_1006_02.jpg

10時5分、大菩薩嶺に向けて出発。

20160529_1012_03.jpg

当初は緩やかで歩きやすい道が続いています。

本日のルートとタイムの詳細もヤマレコに登録してあります。あまり見る意味がないかもしれませんが(笑)、よろしければご覧ください。

20160529_1017_04.jpg

20160529_1018_05.jpg

ミツバツツジがここでも満開。

20160529_1026_06.jpg

徐々に傾斜が急になってきます。

20160529_1034_07.jpg

登りきったあたりで小休止。ここで出発から30分です。この先、ちょっとの間平坦な尾根道が続きます。

20160529_1049_08.jpg

大菩薩嶺への登りに差し掛かりました。岩が多く、それなりに急登です。

20160529_1051_09.jpg

ちょっと展望が開けたところから。富士は山頂の部分だけちらりと見えていたのですが、写真では全然わかりませんね。

20160529_1057_10.jpg

雷岩までもうすぐです。ここでちょっと休憩。

20160529_1103_11.jpg

雷岩が見えて来ました。

20160529_1106_12.jpg

20160529_1106_13.jpg

雷岩に到着。人気の大菩薩嶺、お天気もまずまずなので結構な人出です。

ここで一行は大菩薩嶺の山頂には寄らず、このまま大菩薩峠に向かうということでした。ただ、chiemiさんだけはまだ大菩薩嶺が未踏です。皆さんには待っていて貰い、荷物だけ置いておいてchiemiさんと山頂まで行ってみることにしました。

20160529_1108_14.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、雷岩から山頂まで、一旦下ります。ただし、それほどの標高差はありません。

20160529_1112_15.jpg

もう一度登り返すと・・・。

20160529_1113_16.jpg

20160529_1114_17.jpg

大菩薩嶺山頂(2,056m)に到着。

chiemiさんは大菩薩嶺山頂からさらに先の丸川峠に向かう道に興味津々。というか、山頂まで来る人の多くはそちらに向かいますからね。chiemiさんは先日の黒川鶏冠山の山行にも参加されていたので、そのとき通った六本木峠までここから2時間ちょっと、と説明しておきました。

20160529_1122_18.jpg

雷岩まで戻ります。雷岩は相変らずの人出です。所要時間は往復で16分ほどでした。

20160529_1123_19.jpg

皆さん、雷岩の上で待っていました。Tkさんは待ちくたびれたらしく、この写真を撮る際に「遅いわよっ!写真なんか撮っていないで、とっとと来なさいっ!」ときついお叱りを頂きました。済みません・・・。

20160529_1126_20.jpg

急いでザックを背負って出発。大菩薩峠を目指します。

20160529_1130_21.jpg

このあたり落葉松の若木が多いのですが・・・。

20160529_1131_22.jpg

よく見ると、落葉松の花が咲いています。T&Tペアのお二人によると、見ることができるのは稀だとか。

20160529_1135_23.jpg

さらに下っていきます。正面中央は妙見ノ頭でしょうか。

20160529_1135_24.jpg

富士はこの辺りでは完全に雲の中に入ってしまいました。

20160529_1136_25.jpg

ここでも再び落葉松の花。

20160529_1141_26.jpg

ちょっとした岩場を下ります。

20160529_1149_27.jpg

賽ノ河原に到着。かつてはここが大菩薩峠だったそうです。確かに机龍之介が老巡礼を意味もなく斬り殺す中里介山の「大菩薩峠」冒頭のシーン、こちらの方が合っていますよね。

20160529_1151_28.jpg

賽ノ河原からちょっと登り返し。

20160529_1154_29.jpg

登りきると「親不知ノ頭」です。

20160529_1154_30.jpg

後は大菩薩峠まで下っていくだけです。

20160529_1155_31.jpg

富士山、ふたたび山頂だけちらりと見えているのですが・・・やっぱり画像ではわかりませんね。

20160529_1156_32.jpg

こちらは東側、奥多摩方面。かなり霞んでいますが、奥多摩三山や鷹ノ巣山が見えています。

20160529_1203_33.jpg

介山荘が見えて来ました。

20160529_1317_34.jpg

大菩薩峠に到着。ここでお昼・・・というか、これから芋煮会です。皆さん、早速介山荘でビールを調達。私はコーラです。ここは電気が通っているので、冷蔵庫でよく冷えています。

で、肝心の芋煮のお鍋ですが・・・申し訳ありません、食べるのに夢中で写真を撮り忘れました。いやはや、大変美味しい芋煮でした。練木さんは材料には妥協しないので、お肉も黒毛和牛を持ってきたそうです。

1時間ほどかけて芋煮会終了。下山の準備をします。

20160529_1317_35.jpg

撤収直後。この山名標の左奥辺りで鍋をやっていたので、その間にこの山名標で記念撮影をした方の背後には、漏れなく我々一行が写ってしまっているはずです。

20160529_1323_36.jpg

福ちゃん荘に向かって下ります。こちらは車が通れそうな道ですね。

20160529_1343_37.jpg

この道の感じからすると、本当に車が通っているみたいです。介山荘への補給でしょうか。

20160529_1401_38.jpg

30分ほどで福ちゃん荘まで戻って来ました。ここで練木さんが帰りのタクシーを呼ぼうとしたのですが・・・携帯が通じず。しかし幸運なことに、他のお客さんの迎車で来たタクシーが待機していたので、無線で2台、呼んでいただきました。迎車場所は上日川峠のロッヂ長兵衛にしたので、こちらもそこまで歩きます。

20160529_1402_39.jpg

練木さんとT&Tペアのお三方は車道を上日川峠まで下ります。

20160529_1413_40.jpg

chiemiさんとポンキチさん、私の三名は山道を下ります。

20160529_1413_41.jpg

20160529_1416_42.jpg

新緑の山道が気持ちいいです。

20160529_1417_43.jpg

そろそろ上日川峠のようです。

20160529_1417_44.jpg

20160529_1423_45.jpg

ロッヂ長兵衛前に到着。練木さんたちは先の到着していました。車道を歩いたほうが早いみたいですね。ここには甲斐大和駅から来た路線バスもいます。

この後、やってきたタクシーに分乗して塩山駅まで戻りました。その時点でまだ15時前です。T&Tペアのお二人は電光石火で帰られましたが、残りの4名で塩山駅近くにある中華「菊亭」で打ち上げ。実は菊亭さん、まだ開店していなかったのですが、練木さんが頼み込んで開けてもらいました。というか、山屋がよく使うお店らしいので、山屋の習性がよくわかっているようです。

宴会終了後、高尾行きの各駅停車に乗車。高尾駅からは中央線快速に乗り換え、それぞれ帰宅しました。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、徒骨亭さん!

皆で本気の山ご飯は、単独行にはない楽しみですね(^^
普段は独り歩きの私も、楽しそうにワイワイやっている人たちを見ると時々、羨ましく思ったりもします。
去年、お泊り山行で皆でワイワイやるはずだったのですが、出発前日に父が亡くなった連絡が来て…まぁ当然ながら父の方に行ったわけですが、皆が山に行っている間いい天気が続いていて、ちょっとがっくりもしたんですよね(苦笑)
だってその為にワインやつまみを買って、ザックに詰めておいたんですもの(笑)

山に行く時、一番かかるのは交通費…というか、90%交通費ですね!
あとはご飯代と温泉代。
複数いればタクシーという手が使えるの、それもまた羨ましい。
ただやっぱり自分のペースで歩ける点で、単独行が一番自分に合っているかな~とも、思います。
単独も複数も一長一短あるので、難しいです。
一度何かのツアーに参加してみようかとも思うのですが、高いお金払うようなところは大体自分でも行くのが大変な場所で、そういうところをただ歩いた記憶しかないのは嫌ですし、高くないところはほとんど自力で行けちゃうし(笑)
なかなかいいツアーにも巡り合えません(苦笑)

Re: No title

悠さん、おはようございます♪

そう言えば、昨年お父様がなくなられた直前にワインとかを買って準備しておられたんですよね。その後、落ち着かれた後に同じような企画に参加する機会はなかったんでしょうか?単独行も皆でワイワイも、どちらもそれなりの面白さがありますので、是非一度、悠さんにも味わっていただきたいと思います。

グループだとタクシーが強力な武器になりますよね。悠さんも以前、奥多摩駅から東日原に向かうのに、全然面識のない人たちに声をかけて強制的に「グループ結成」してタクシーを利用したことがありましたよね。移動する人が多い区間ならその手も使えそうですが、私が今タクシーで登山口に向かいたい第一候補が甲斐大和駅から湯ノ沢峠までの区間。もちろん、狙いは雁ヶ腹擦山と姥子山なんですが、その後に稚児落しまで延々下ってくるという無謀な?野心もあったりします(笑)。ただ、この区間の希望者って、朝の甲斐大和駅前で探してもまず見つからない筈なので、大変悩ましいです。そもそも、栄和交通タクシーも事前予約が必要ですしね。

ツアーは最近は毎月1回は参加していますが(Alpine Bellさんのも「一応」はツアー)まあこれはコースの難易度云々よりも、ワイワイやるのが目的なので山歩きの性質が違いますよね。ただ、それ以外でもこのところグループで歩くことが増えているので、たまには一人歩きをしてみたいという気持ちが湧いてくる我侭な私だったりします(笑)。

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。