FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜叉神峠、標高1,770mの豚汁。

こんにちは。

気が付くと、1ヵ月もブログの更新をサボっていて「徒骨亭日記」のトップに広告が表示されるようになっています。このブログを始めて5年近くになりますが、広告を表示させてしまったのは初めてです。この一月、今一つモチベーションが上がらず、更新をサボってきていましたが、流石にこりゃいかん、と急ぎ溜まっている記事を書き進めることにしました。

ブログの更新が滞っているからと言って、山歩きを全くしていないわけではありません。長梅雨と仕事の忙しさもあって頻度は落ちていますが、それなりに山歩きはやっています。ただ、このところグループ登山が多くなってきています。気の合う人たちとのグループ登山は楽しいのですが、下山後「ああ楽しかった!」で終わってしまって、なかなかブログを書くモチベーションが上がりません。単独行だと山行の間、感覚器官を全開にして山の空気や音を感じていますし、下山後も「この感動を誰かに伝えたい!」という欲求が沸々と湧き上がってきて、それがブログを書く原動力になっていたのだと改めて気が付きました。

当ブログからリンクさせていただいている悠さんに、「独りで歩くのは実は贅沢」なのだと言われたことがあります。遭難のリスクもありますし、登山の常識から言うと褒められた行為ではない単独行ですが、反面、山を存分に味わいつくすなら単独行がベストなのも確かです。『半径数キロに人の気配なし』みたいなピークに立って、周囲の深山を見渡すときのあの独特の感覚は、他に代え難いものがあります。

とは言え、ブログを書かずにいるといつまで経っても単独行の記事もアップできませんから、ここはひとつ気合を入れて溜まっている記事を書き上げることにします。なんか、数ヶ月前から同じことを言っているような気もしますが(笑)。

本日のお題は、大分以前のことになってしまいましたが、6月12日日曜日のお話です。この日は浅草橋の山道具ショップ、Alpine Bellさん恒例の「トレッキングミーティング2016」の開催日。ただ、今回は山登りと言うよりは景色のいいところで鍋パーティと言うのが本題のようで、南アルプス・芦安駐車場から夜叉神峠まで登ってそこが終点。豚汁その他を作って、白峰三山を眺めながら皆で乾杯!という趣向だそうです(笑)。

というわけで、いつものように6月12日の早朝、いつものように集合地の吉祥寺までやって来ました。そしていつものように駅北口向かいのサンロード商店街のマックで朝食を摂ります。

20160612_0620_00.jpg

早朝のサンロード商店街。6時過ぎなので、まだ歩いている人もまばらですね。

20160612_0622_00.jpg

サンロード商店街の途中の横断歩道のところで右折すると、ヨドバシカメラの正面に出ます。いつも通りの集合場所。まだ、練木さんしか来ていません。本日は当初人数があまりいなかったので、レンタカーでの移動です。

今回の記事も、ヤマレコにルート・タイムの詳細を掲載してあります。そちらも併せてご覧ください。

20160612_0819_01.jpg

7時前に時間通り出発、調布インターから中央道に乗って、順調に初狩PAまでやってきました。ここで休憩。先日、滝子山へ登った際にはこのすぐ西側でで中央道の下を潜っています。

20160612_0819_02.jpg

初狩PAからは富士が見えました。本日は雲が多い天気のようなので、見えているのも今のうちだけだと思います。すでに山頂付近には雲がかかりつつありますしね。

この後、甲府昭和インターで中央道から降り、竜王駅前で長野方面からやってきたのりさんと合流。そのまま芦安温泉を抜けて芦安駐車場に向かいます。

20160612_1011_03.jpg

10時過ぎ、芦安駐車場に到着。各自身支度をしています。手前を行くのは『天下無敵の晴れ男』ことKさん。昭和11年のお生まれだそうですが、長身で姿勢もよく、格好いいですよね。何となく、昔有楽町の帝劇の前でお見かけした、舞台俳優の天本英世さんを思い出します。

20160612_1030_04.jpg

準備完了。出発します。この芦安駐車場、車で来て北岳方面に向かう場合の駐車場所ですが(ここから先はマイカー規制のため広河原までバス)、なるほど争奪戦になるのがよくわかりました。あまり広くないので、あっというまに満杯になりますよね。なお、この時点(6月12日)ではまだ南アルプスは山開き前で、ここから北岳方面に向かうのはほぼ不可能なので駐車場は空いています。

20160612_1033_05.jpg

夜叉神峠への登山口は、駐車場の一番下あたりにあります。ここから登山道です。

20160612_1033_06.jpg

こちらの標高は1,380m。

20160612_1043_07.jpg

南アルプスの登山道を歩くのは初めてですが、流石にメジャーなルートだけあってよく整備されていますね。足元には電話線か電力線のケーブルが見えていますが、夜叉神峠小屋まで繋がっているのでしょうか?

20160612_1058_08.jpg

ちょいと一休み。

20160612_1113_09.jpg

登山道の左にあるのは『五本松』。松と言っても落葉松ですが、根元から5本に分かれて生えています。このあたりで芦安駐車場と夜叉神峠の全行程の三分の二くらい。

20160612_1120_10.jpg

20160612_1126_11.jpg

道は九十九折れになって斜面を登っていきます。

20160612_1132_12.jpg

そろそろ稜線が近いのかな?

20160612_1135_13.jpg

木にびっしりと何かの寄生植物。名前を聞いたんですが忘れました。とろろ昆布にしか見えませんが(笑)。

20160612_1136_14.jpg

鞍部に出ました。ですが、ここが夜叉神峠ではありません。夜叉神峠は右に数分歩いた先です。

20160612_1136_15.jpg

夜叉神峠に向かいます。

20160612_1139_16.jpg

峠の手前はちょっとした急坂。

20160612_1140_17.jpg

夜叉神峠に到着~。なるほど、眺めのいいところです。

20160612_1141_19.jpg

こちらは北岳。残念ながら、山頂付近にガスがかかってしまっています。

20160612_1141_20.jpg

こちらは間ノ岳。以前から思っているんですが、白峰三山のうちで中央に聳えているせいか、間ノ岳の山容が一番立派に見えますよね。

20160612_1141_21.jpg

そして農鳥岳。

20160612_1141_22.jpg

白峰三山揃い踏み。甲府盆地からも見えるこれらの山々ですが、やっぱり間近に見るとそそられますね~。日帰りの難しい山域なので悩ましいですが。

さて、この後はこちらで鍋パーティですが、練木さんのほうから「鍋ができるまで時間がありますので、高谷山に行きたい人は言ってきてください」とのお話がありました。もちろん、登れる山には必ず登る徒骨亭ですので、そちらへ向かいます。

20160612_1149_23.jpg

何名かが高谷山へ。前方を歩いている赤いシャツの方は、ポンキチさんです。

20160612_1152_24.jpg

先程の鞍部を越え、幅の広い尾根を歩きます。

20160612_1158_25.jpg

この日は曇りがちなのでイマイチですが、晴れていれば木漏れ日が美しそうな尾根ですね。

20160612_1159_26.jpg

このあたりからちょっと急になります。写真を撮りながら歩いていると、置いていかれます・・・え、単に徒骨亭の足が遅いだけだろうって?

20160612_1202_27.jpg

登りきると平坦な尾根が続いています。

20160612_1204_28.jpg

高谷山の山頂が見えて来ました。先行している人たちはもう着いていますね。

20160612_1205_29.jpg

高谷山山頂(1,842m)に到着。山頂は樹林帯の中です。

20160612_1205_30.jpg

唯一、北岳方面にだけ展望が開けていました。山頂は相変らず雲の中ですが。

20160612_1206_31.jpg

高谷山の山頂全体はこんな感じ。右手にある標識、「中池・樺平(かんばだいら)」とあります。標識が指しているのは夜叉神峠とは180度反対側。「山と高原地図」にはこのルートは記載されていないようですが(少なくとも昨年度版には)、ここから稜線伝いに樺平というピークまで行けるようです。若干の展望があり、白峰三山だけでなく甲斐駒方面まで見えるとの話ですが、途中はかなりの悪路で道迷いの危険もあるそうです。

20160612_1207_32.jpg

さて、夜叉神峠に戻ります。

20160612_1219_33.jpg

再び鞍部を通過。

20160612_1231_34.jpg

高谷山まで往復30分ほどですが、戻ったら豚汁が出来上がり間近でした。

20160612_1236_35.jpg

豚汁完成。早速いただきます。白峰三山を眺めながらの豚汁、最高ですっ!!

20160612_1324_36.jpg

1時間ほどで鍋パーティ終了。これから下山です。

20160612_1324_37.jpg

急坂を下り・・・。

20160612_1326_38.jpg

鞍部で左折。

20160612_1327_39.jpg

20160612_1335_40.jpg

後はひたすら下るだけ。

20160612_1404_41.jpg

40分ほどで駐車場まで戻って来ました。登るときには気が付きませんでしたが、こちらには皇太子殿下の登山記念碑が設置されています。奥多摩あたりはお忍びで相当登られているそうですが、公式に登山をされると後々記念碑が建てられたりして大変なんでしょうね。

20160612_1406_42.jpg

芦安駐車場横の「夜叉神の森」さんに立ち寄り。

20160612_1408_43.jpg

ソフトクリームを買いました。今日は食べてばっかりですね(笑)。この後、身支度を解いて車で下山。

20160612_1436_44.jpg

芦安温泉まで来て、南アルプス市営「金山沢温泉」に入りました。私はすぐにのぼせる性質なのであまりお風呂が好きではないんですが、たまには温泉もいいものです。

入浴後、再び車で都内に戻りましたが・・・この日の中央道上りは大月の手前あたりから小仏トンネルまで大渋滞。吉祥寺に戻ってきたのは午後9時ごろでした。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、徒骨亭さん!

夜叉神峠、白峰三山が見えていい場所ですね(^^
でも、そこまで行くと実際に登りたくなってしまうので、私にとっては目の毒かな(笑)
同じ理由で、鳳凰三山にもいまいち意欲がわかない…だって、見たら登りたくなってしまうもの!
同じ日数山に入るなら、北岳に行ってしまいますよ、私(笑)

でも豚汁は美味しそうですe-343
秋の山には、豚汁持って行こうかな(笑)

Re: No title

悠さん、おはようございます♪
こちらもお返事が遅くなって申し訳ありません。

この日はまだ山開き前で広河原までのバスも運行されておらず、夜叉神峠周辺も静かでした。こう言った季節にやってきて、山を眺めながらノンビリお昼を楽しむには絶好の場所、という気もします。それにしても初めて間近に白峰三山を見ましたが、やはりそそりられますね~。残念ながら、今年もまた行く機会がなさそうですが。私の泊まり山行、何時になったら実現するのだろう(笑)。

ちなみに余談ですが、「白峰」と聞くと四国の母の実家の近くの山の中にある「白峰寺(しろみねじ、正しくは『白峯寺』)」を思い出してしまいます。四国八十八箇所の81番札所でもあるんですが、すぐ裏が讃岐に配流されて没した崇徳天皇の御陵で、元はその慰霊のために建立されたお寺であったようです。母方の祖父が何故かこのお寺に熱心に参拝しており、小さいころは数え切れないほど連れて行かれました。

以前、奥多摩三山の御前山に女房を連れて行ったら暖かいミネストローネも漏れなく付いてきたんですが、御前山でも女房にとっては限界を超えていたようで、二度と行こうとはしません(笑)。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。