FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニング山行、雲取山激闘編。

さらに続けてこんばんは。溜まっている記事のまとめ書き、第3弾です。やっとここまでたどり着きました(笑)。

前回、6月19日の丹沢大倉尾根でのトレーニング山行から2週間後、7月3日。前回の打ち上げ会場で急遽決まった、同じメンバーによる2回目のトレーニング山行の日がやって来ました。今回の目的地は・・・東京都の最西端にして最高峰、日本百名山にも名を連ねる雲取山です。

私は2年前の春に小袖登山口に車を停めて雲取山までピストンしています。現在ではこの場所に駐車しないように奥多摩ビジターセンターなどから正式にアナウンスされているので停めるわけにはいきません。また、そこから程近い丹波山村営駐車場(旧・小袖乗越駐車場)は工事用の資材置き場になっていて駐車台数が制限されているとの情報もあったので、国道411号沿いの留浦駐車場に車を停め、ここから雲取山を目指すことにしました。ここから雲取山までの標高差はおよそ1,450m、吉田ルートから富士山頂までの標高差とほぼ同じです。斜度が違いますから単純に同じとはいえませんが、富士山に登るTOMOさん、chiemiさん、それにポンキチさんにとってはちょうどいいトレーニングになるかと思った次第です。

しかしながら、言いだしっぺの私があのような事態になってしまうとは・・・大いに反省点の残る山行となってしまいました。

7月3日午前1時、自宅を車で出発。TOMOさん、chiemiさん、ポンキチさんはすべて千葉県内にお住まいなので、最短距離で一筆書きを描きながら順次ピックアップしていきます。最後のポンキチさんを拾ってから江戸川を渡り、三郷南ICから外環に乗りました。以後、大泉JCTで関越道に入り、鶴ヶ島JCTでさらに圏央道に入って青梅ICで降ります。千葉県内から青梅市内まで1時間程度。流石に夜中だと早いですね。

青梅市内のコンビニで食料その他を調達し、目的地の留浦駐車場に着いたのは4時40分頃でした。しばらくの間休憩し、朝食を摂ります。

20160703_0459_01.jpg

5時ちょっと前から身支度を開始。ポンキチさんは準備運動に余念がありません。そういや私はろくに準備運動をしたことがないな・・・。

20160703_0507_02.jpg

5時7分、出発です。まずは国道411号を西に向かい、700mほど先の鴨沢登山口を目指します。

今回の山行も、ルート・タイムの詳細をヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

20160703_0511_03.jpg

鴨沢橋を渡ります。ここが東京都と山梨県の都県境。鴨沢は奥多摩、と思っている方も多いかもしれませんが、実は山梨県です。また、ブナ坂までの登山道は都県境ではなく、すべて山梨県側にあります。都県境はこの橋の下の谷沿いに七ツ石山と千本ツツジの間の鞍部まで続いていて、石尾根に突き当たったところから雲取山までの稜線が都県境となります。

20160703_0515_04.jpg

鴨沢バス停に到着。ここからいよいよ登山開始です。

20160703_0517_05.jpg

バス停脇の階段から入り、指導標に従って登っていきます。

20160703_0522_06.jpg

途中、奥多摩湖が見えましたが・・・雨不足でかなり水位が下がっていますね。麦山浮橋はこの翌日から、留浦浮橋も7月14日から水位低下のため通行止めになっています。

20160703_0530_07.jpg

舗装道路が終わり、山道に入ります。このあたりでいつになく息切れしていて、ポンキチさんに「ちょっとタンマ!」を出してしまいました。なんかおかしいな?

20160703_0536_08.jpg

鴨沢集落の裏山を大きく西にトラバースして小袖乗越の鞍部を目指します。

20160703_0545_09.jpg

丹波山村営駐車場(旧・小袖乗越駐車場)に到着。奥多摩ビジターセンターから「一部資材置き場に疲れているので駐車台数が制限されている」との情報が出ていましたが、すでに制限は解除されているようです。できれば制限開始の告知と同様、制限解除の告知も出して頂きたいところ。

20160703_0552_10.jpg

駐車場から林道を数分登った先が登山口です。ポンキチさんが靴があまり足に馴染まず、先程の駐車場のあたりで履きなおしているので、ここでちょっと待ちます。ちなみにこの登山口の脇にも若干のスペースがあり、以前は私も含め、皆が駐車していました。しかしながら奥多摩ビジターセンターから、ここは使用しないようにというアナウンスが正式に出されたためか、この日は誰も車を停めていませんでした。このあたり、皆さんきちんと守っているようですね。

ポンキチさんが追いついてきたので先へ進みます。

20160703_0602_11.jpg

20160703_0611_12.jpg

とにかく、急ではありませんがひたすら斜面をトラバースする道が続きます。このあたりは雲取山以外でも歩いていたりしますから既におなじみですが。

20160703_0625_13.jpg

尾根の突端部分を回るところにスペースがあったので、ここでちょっと休憩。ポンキチさんはやはり靴が気になるようです。

20160703_0704_14.jpg

水場を通過。以前は道の下側に水場があり、ちょっと飲む気にならない感じでしたが、道の下側の水場はなくなっていました。上の水場は新設されたのか、それとも前からあったのか、よくわかりません。

20160703_0710_15.jpg

ふたたび斜面をトラバース。

20160703_0727_16.jpg

ん?何かいるようです。誰が見つけたのかわかりませんでしたが、つがいのリスが木の上を走り回っていました。撮影してみたのですが、うまく写っていませんでした。残念。

20160703_0730_17.jpg

堂所に到着。ここで一息入れます。

20160703_0734_18.jpg

堂所からしばらくの間は尾根伝いに進みます。この先でまた尾根の西側に出たり東側に出たりを繰り返しますが。

20160703_0825_19.jpg

マムシ岩でも一息。これは再出発する際に撮影した写真ですが、皆さん右上に分岐しているルートが気になるようです。七ツ石小屋までのショートカットルートで私も通ったことはありませんが、破線ルートだし、それなりに悪路なんじゃないかと思います。

20160703_0837_20.jpg

七ツ石小屋への分岐。皆さんトイレの必要はないということで、七ツ石小屋には寄らず、ブナ坂に直行することにしました。

20160703_0839_21.jpg

2年前に付け替えられたばかりの桟道を渡ります。しかし、このあたりで私の調子がいよいよおかしくなってきました。歩くペースがどんどん落ちてきます。

20160703_0904_22.jpg

スローダウンしている私を待っていてくれました。申し訳ないです。

20160703_0904_23.jpg

ここは七ツ石山の巻き道との合流点ですね。

20160703_0916_24.jpg

左手のほうに、富士の稜線だけかすかに見えました。山頂付近は雲に覆われていますが。

20160703_0918_25.jpg

20160703_0918_26.jpg

ブナ坂に到着。ここで10分ほど休憩。ブナ坂から先は都県境、指導標も東京都仕様になります。

20160703_0932_27.jpg

休憩後、奥多摩小屋方面に進軍開始。

20160703_0936_28.jpg

う~ん、またもや遅れ始めます。

20160703_0939_29.jpg

かなり遅れてしまいました。彼方にはダンシングツリーが見えています。

20160703_0944_30.jpg

ダンシングツリー手前で待っていてくれました。重ね重ね申し訳ない・・・。

20160703_0945_31.jpg

ダンシングツリーを見るのは2年ぶりです。

20160703_0953_32.jpg

細かいアップダウンが続きます。いかん、また遅れが・・・。

20160703_1011_33.jpg

奥多摩小屋の近くですが、足が全然出なくなってきました。

20160703_1016_34.jpg

やっとのことで奥多摩小屋に到着。ここで休憩します。

20160703_1017_35.jpg

梅雨時とは思えないほど天気がいいですね。暑さも半端ないですが。こちら、右手は飛龍山、左奥は大菩薩嶺です。

20160703_1017_36.jpg

先程、うっすらと富士の稜線が見えていた方角ですが・・・今は何も見えません。

20160703_1029_37.jpg

ポンキチさんたちと打ち合わせた結果、私はここでしばらく横になって休んでいることにしました。もし歩けるようなら追いかけますが、山頂から引き返してきた皆さんと出会った時点で私の行程は打ち切り、引き返します。万が一行き違いになった場合に備えて、13時から13時半の間にここ、奥多摩小屋前で待ち合わせることにしました。

皆さん、雲取山へ向けて出発します。

20160703_1032_38.jpg

私はポンキチさんから借りたレジャーシートを木陰の草の上に敷いて横になりました。天を見上げると青空と木漏れ日が綺麗です。横になっても撮影したりしています(笑)。「シンデモ ラッパヲ クチカラ ハナシマセンデシタ」。木口小平かい、おのれはっ(笑)。

・・・そのまま15分ほど、完全に落ちていました。手がひりひりして目が覚めました。どうも、草の上においてあった右手を虫に刺されたようで、赤く腫れています。とは言え、大したことはなさそうですが。ムックリと起き上がると、ん?何だかパワーがかなり回復してきたような気がします。ちょっと歩いてみるか、と立ち上がりました。

先程までとは随分違います。ちょっと悩みましたが、先へ進んでみることにしました。この先、ヨモギノ頭の急斜面は巻き道で回避できますが、その先には小雲取の急登が控えています。まあ、無理そうだったらここまで引き返すことにして、ザックをを背負って歩き始めました。

20160703_1050_39.jpg

ヨモギノ頭。右の巻き道に入ります。

20160703_1055_40.jpg

巻き道をゆっくり進みます。

20160703_1056_41.jpg

尾根筋に再合流。

20160703_1110_42.jpg

すぐに小雲取の急登です。急登は2段階に分かれていて、最初は岩場混じりの道、次が急斜面のジグザグ道。2年前の記憶が鮮明に残っています。

20160703_1114_43.jpg

最初の岩場混じりの急登を登り切りました。ちょっとの間、平坦な道が続きます。

20160703_1116_44.jpg

2番目の、急斜面のジグザグ道。ここを登り切れば、雲取山はもうすぐです。ゆっくりですが、確実に足を進めます。

20160703_1125_45.jpg

・・・登り切りました!小雲取をクリア。

20160703_1126_46.jpg

雲取山が見えて来ました。

20160703_1128_47.jpg

雲取小屋方面への巻き道分岐。もちろん直進です。

20160703_1133_48.jpg

確か、ここを過ぎれば目の前に雲取山の山頂が見えてくる筈。

20160703_1140_49.jpg

おお。見えました。雲取山です。ポンキチさんたちにはまだ出会っていないので、山頂で追いつけそうです。

この先、山頂まで直線距離で200mくらいのところで、聞きなれた奈良弁が聞こえて来ました。
「お、あれ徒骨亭ちゃうか?手ェ振ってみよか。おお~い。」
ポンキチさんは奈良出身なのです。もちろん手を振り返しましたが、山頂に着いてから
「よう手ェ振っとんのがわかったな~」
と言われました。前述のようにあの距離でもガンガン声が聞こえましたからね~。

20160703_1146_50.jpg

山頂目前。避難小屋の前にポンキチさんがいます。皆さん食事中。無事再会を果たしました。2年前は小袖登山口からここまで3時間55分でしたが、今日は同じ区間を5時間50分。もう、ボロボロですね。

20160703_1203_51.jpg

ザックを置いて、とりあえず山頂を踏みに行きます。

20160703_1205_52.jpg

20160703_1205_53.jpg

2年ぶりの雲取山山頂(2,017m)です。

20160703_1206_54.jpg

こちらは奥多摩東部方面。

20160703_1206_55.jpg

ちょうど中央の部分です。左が川苔山、右が本仁田山。その間に微かに見えているのが、高水三山の岩茸石山です。

20160703_1206_56.jpg

山梨県側の山頂(西峰)まで戻って、こちらは奥秩父の山並み。

20160703_1208_57.jpg

避難小屋の前から、今歩いてきた石尾根です。

皆さんのところへ戻り、私も食事を摂りました。と言っても、いつも通りろくに食べられません。まあ、それ自体おかしいんですけどね。

20160703_1220_58.jpg

12時20分、下山開始。

20160703_1232_59.jpg

小雲取で、右折して先程の急斜面を下ります。ちなみにここを直進すると野陣尾根(富田新道)を通って東日原のほうに出ます。相当距離はありますが。

20160703_1259_60.jpg

奥多摩小屋通過。

20160703_1301_61.jpg

ヘリポート通過。

20160703_1315_62.jpg

ダンシングツリーのあたりですが・・・このあたり、アップダウンがあるので、再び遅れをとってしまいました。

20160703_1336_63.jpg

ブナ坂で10分ほど休憩。再び歩き始めます。このあたりで気がついたのですが、私の手がむくんでパンパンになっています。どうやら、歩けないのは脱水症状か何かのせいのようです。chiemiさんも左足が思うように動かせないと言い出しましたが、やはり手がかなりむくんでいます。この先、水分をしっかり確保しておいたほうがよさそうですね。

20160703_1347_64.jpg

七ツ石山の巻き道分岐で巻き道のほうへ入ります。目的は七ツ石小屋近くの水場と、七ツ石小屋で売っているアクエリアスです。

20160703_1404_65.jpg

途中、私がちょっと遅れ気味になったりしましたが、無事水場に到着。持ってきた水分をすべて飲みつくしたわけではありませんが、この先残量の心配をしなくて言いように、空いているペットボトルにすべて水を詰めます。もちろん、その前に美味しい水をタップリと飲んでからですが。

20160703_1408_66.jpg

七ツ石小屋に向かって下りて行きます。

20160703_1411_67.jpg

七ツ石小屋に到着。ただ、残念なことにドリンク類はすべて売り切れ。アクエリアスは手に入りませんでした。

こちらでしばし休憩。chiemiさんは左足の違和感が大きくなってきているようです。TOMOさんも、以前いためたことのある右膝が不安な様子。ポンキチさんの靴の調子は相変らずです。なんだか、全員故障を抱えているようです。

20160703_1426_68.jpg

10分ほどして再出発。鴨沢に向けて下り始めます。

20160703_1435_69.jpg

往路ではスルーした、七ツ石小屋分岐を通過。

20160703_1519_70.jpg

堂所を通過。このあたりでchiemiさんが見てわかるくらい足を引きずり始めました。歩けなくはないのですが、後ろにうまく跳ね上げれなくて引きずるようになってしまうそうです。当然、スピードは落ちますので、私とchiemiさんが取り残される形になります。

20160703_1544_71.jpg

往路では寄らなかった水場にも立ち寄り、ここまでで消費した水分を補給。ちなみに水は七ツ石山のほうがずっと美味しいですね。

20160703_1639_72.jpg

その後の長~い区間は省略(笑)。小袖の登山口まで戻って来ました。chiemiさんはバンザイをしています(笑)。まあ、ここまでくれば後はどうにでもなりますからね。

20160703_1649_73.jpg

丹波山村営駐車場通過。流石に車はあまり残っていません。

20160703_1706_74.jpg

もうすぐ鴨沢集落からのコンクリート舗装の道路に出るところです。前方でポンキチさんとTOMOさんが待ってくれています。

20160703_1718_75.jpg

鴨沢集落の中を、鴨沢橋までショートカット。

20160703_1724_76.jpg

17時20分、留浦駐車場に到着。12時間を越える長丁場になってしましました。お疲れ様でした!この後、青梅市内のファミレスで夕食をとり、来たときのルートをそのまま反対方向になぞって皆さんを降ろし、千葉市内の自宅まで帰って来ました。

さて、今回の不調。寝不足や疲れ、脱水症状などが複合して生じたものであるような気がします。熱中症の症状までは出ませんでしたが、元々暑いところが苦手の徒骨亭、夏場の水分補給にはもっと慎重であるべきと痛感しました。また、集団で歩く際のペース配分ももっと研究しなければ・・・と思いました。

皆さんの帰宅後の状況ですが、chiemiさんは翌日整形外科にいったものの、異常なし。症状も綺麗に消えていたそうです。やっぱり、水分問題でしょうか。TOMOさんも、懸念した右膝の故障はなかったようで一安心。

で、ポンキチさんですが・・・流石に靴を見限ったそうです。靴の選択は本当に難しいですよね。
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変やったね。。。
11日
ボスがなんか考えてるらしいよ!!
おいでよ!!
byにしきゃわ

Re: No title

にしきゃわさん、おはようございます♪

このコース、2年前の春に一度歩いたことがあるんですが、やはり暑いと大変です。あと、山頂でも閉口したんですが、虫が多くて大変でした。まあ、今の季節の奥多摩はどこへいっても虫が多いんですが、9月くらいになるとようやく落ち着きます。

11日はちょっと個人的に予定が入りそうで、ちょっと難しいかもしれないです。

No title

こんばんは♪
連続レポお疲れ様でした(^0^)
まるで長編小説を読み終えた気分です(笑)
すっかりAlpineさんのツアー常連さんになりましたね。
毎回芋煮やら豚汁やら、楽しそうです。

雲取山はハードそうでしたね。
山での体調管理って難しいですね。
寝不足でも全然元気な日もあれば、いつもと同じ睡眠時間でもバテちゃったり・・・
少しお休みされて、復活できたのは何よりです。
頑張って登ったら見えてくる綺麗な風景が、1番の薬かもしれませんね(*^^*)

No title

そして3度目のこんばんは、徒骨亭さん(笑)
今回の山行はなかなかタフでしたね、お疲れ様です!

私は暑い時の山行は、軽く2~3リットルの水分を消費してしまうので、水の補給は重要問題です。
補充できない時は持ち歩くしかないので、ザックが重たいし…e-263
通常夏場3リットル持ち歩く時の内訳は、お茶500ml・スポーツドリンク500ml・凍らせた水と常温の水を1ℓずつで、そこにスポーツドリンクの粉を1袋持っていきます。
山行中に冷たい水でスポーツドリンクを飲むと、元気が出ます(^^
何はともあれ、いろいろと課題が見えた山行のようでしたね。
あと車の運転も、お疲れ様でした!

夏山シーズン前に調子が悪くなってしまっては大変ですけど、同行の皆さんの不調も大したことがなくて、本当によかったです(^^
この後はどんな山に行かれたのか、楽しみにしていますね!

Re: No title

mokos619さん、おはようございます♪
返事が遅くなって、すみません。週末も色々と予定が入っていて、帰宅後も疲れてそのまま寝落ちしていたりしたので、すっかり遅くなってしまいました。

Alpine Bellさんのトレッキングミーティング、毎回鍋を作っているわけではありませんが、今回は2回連続で鍋パーティになってしまいましたね。でも、mokos619さんもご主人との山行で毎回趣向を凝らした料理を作られていますよね。アイディアを練るのも大変なんだろうな、と思いながら読んでいるんですが、出来上がったものがまた美味しそうなので読んでいて楽しいです。雄大な風景を眺めながら味噌煮込みとか、私も一度やってみたくなります。

雲取山はアプローチが長いので、大抵の登山ガイドでは1泊で行く山とされています。今回も往復で25キロあるんですが、それにしても時間がかかりすぎました。まあ、私が足を引っ張っちゃっているんですが(^_^;;;

今回の反省から、その後の山歩きでは必ずポカリスエットの類を持っていくようにしています。でも、左手に力が入り難いので整形外科で診てもらったら頚椎の椎間板が潰れていて神経を圧迫していたりとか、変なところに色々とガタが出てきていたりします。体調管理の大切さを痛感している今日この頃です。それもあって、「一睡もせずに山歩き」は流石にやらなくなりました(笑)。

Re: No title

悠さん、さらに続けておはようございます♪♪

雲取山は日帰り登山する山じゃない、とは言われているものの、2回目もまた日帰りになってしまいました。本当は、「秘密兵器」のテストで使うつもりだったんですけどね。こちらのデビューもまだまだ先になりそうですが、奥多摩小屋から先、飛龍に行くか長沢背稜にするか、悩んでいます(笑)。

私は以前はハイドレーションシステム(最大3リットル)をザックに仕込んで、それとは別にペットボトルを2本ほど持ち歩いたりしていましたけど、最近はペットボトルだけで3リットル、になってしまっています。ハイドレーションシステムを使わなくなってしまったんですが、その理由のひとつが、水がビニール臭くなってしまって美味しくないからなんですよね。一度、チューブを取り付けるジョイント部分が壊れて水漏れしたこともあって(幸いにして山行中ではなく、自宅での準備中)、信頼性にも難を感じた、というのもあります。

それともうひとつ。実はこれが使わなくなった最大の理由なんですが、昨年夏に鳥屋戸尾根から川苔山を経由して鳩ノ巣まで下りてきたときに、パックの全量を飲みきってしまったことがあります。ハイドレーションシステムって、残量が見えないので気が付いたときには空っぽ、という難点があるんですよ。その山行の際は鳩ノ巣直前で空っぽになったので助かったんですが、これが行程の途中だったと思ったらぞっとします。

ただ、今回はこまめな水分補給の重要性も痛感したんですが、やはりハイドレーションシステムを上手に使うのがベストなのかもしれません。あまり飲みすぎないよう、休憩の際はザックからペットボトルを出して水分補給、みたいな運用を考えたいと思います。その前に、使わなくなったハイドレーションのパックがかなり劣化しているので、買い直さなければいけませんが。

さて、今年の夏ですが、じつは昨年同様忙しくなってしまっていて、今月はもう山歩きができそうもありません。夏季休暇の予定もすべてキャンセルになってしまいました。今年の夏も休み返上で仕事です(涙)。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。