fc2ブログ

早速のS107G。

こんばんは。

tiger22さんのブログ記事「SYMA S107Gが到着」を読んでいたら無性に欲しくなっちゃいました。SymaのS107G。この手の同軸反転・赤外線コントロール機体の中では最高峰と目される製品です。しかし評価が高い分、ニセモノなども横行しています。
実は、金曜の晩、仕事帰りに都内某店店頭に置いてあるS107Gが本物かコピー物か、はたまたニセモノか確認に行ったんですが、これがどうもニセモノっぽい。もし本物のようなら購入するつもりで出向いただけに、ちょっと落胆して帰宅したのでありました。

しかし、です。昨夜何気なく「S107G」でGoogle検索してみたら、しっかりAmazonで扱ってるじゃないですか。製品の画像は本物っぽい。掲載されているパッケージの画像もtiger22さんの記事にある画像とまったく同じです。価格は3,480円、しかもAmazon配送で送料無料。気がついたときはポチってました(笑)。注文したのは1月7日の午前0時46分です。Amazonでは1ヶ月間お試し無料で「プライム会員」登録を募っており、お急ぎ便を何度でも無料で利用できるということでしたので、しっかりこれに便乗して注文してみました。

7日の朝には「発送完了」のメールが届き、早くも夕方18時56分には商品が到着してしまいました(笑)。注文してからの所要時間、18時間と10分です。まあ、Amazonの配送センターは同じ県内、しかもうちから10kmくらいのところにありますから条件はいい方なんですが・・・それにしても早いです。
到着したのはこのようなパッケージの商品でした。

Syma S107G パッケージ

早速、tiger22さんのブログ記事「SYMA S107Gが到着」ならびに「ラジコン入門に最適 SYMA S107G」を参考にして、本物かどうかチェックをして見ます。

まず、パッケージのロゴから。アルファベットの「Syma」、簡体字中国語の「司馬」、両方とも記載されています。パッケージ下面には製造元の詳細表示があり、そちらの企業名も確認します。

Syma S107G 製造元ラベル

「SHANTOU SYMA TOYS INDUSTRIAL CO.,LTD(汕頭市司馬玩具実業有限公司)」の企業名がはっきり読み取れますね。製造元の表示は問題ないようです。

以下、tiger22さんの記事に従って真贋判定を続けていきます。
パッケージ台紙上に「Q.C. PASSED 05」のシール。USB充電ケーブル上に「Q.C. PASSED 07」のシール。最後にコントローラーの電池ボックス内に「Q.C. PASSED 12」のシール。以上3つのQCシールで第一チェックポイントクリアです。
テールモーターへの配線。一旦モーター下へ5mmほど出してから折り返しているか。これはちょっと微妙かも。3mm程度しか出ていません。一応個体差と言うことで、第二チェックポイントクリアとします。
基板の色。赤です。コントローラとのバインド時のインジケーターLEDの色。緑です。第三チェックポイントクリアです。

Syma S107G 内容

一応、本物と言うことで間違いなさそうですね。

早速充電して飛ばしてみました。驚きました。組み立ての精度が高いのか、2つのローターとフライバーの回転面が非常に美しいです。トラッキングの狂いがほとんどありません。音も非常に静かです。もちろん、浮上後は超安定状態です。流石に狭い部屋の中で飛ばすと自己から発生する気流のせいで完全静止はできませんが、完全静止に近い状態でホバリングします。

コントローラーの反応もクイックではありませんが非常に素直です。3chのヘリの場合、エルロンが利かないせいもあって、壁際などに行った場合にうまく離れられないで接触してしまうことがありますが、この機体は安定性が高いのとコントローラーへの追随が良いせいで、容易にそういった場所からも離れられます。

耐久性などの検証はまだですが、この価格でこれだけの製品を作れるのだから驚異です。司馬さんには、是非とも赤外線だけでなく電波を使った製品、それもシングルローターや可変ピッチのマイクロヘリなどを開発していただきたいですね。
スポンサーサイト



テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。(*^O^*)

早いですね、もう到着してたんですかぁ。
ね、いいヘリでしょう。

実は機械音痴のカミさんに操縦させてみようと画策中です。
うまく行けば良いのですが。(笑)

Re: No title

tiger22さん、こんばんは。

奥様がRC趣味に協力的のようで、羨ましいです。うちは女房が飛ばせるようになるかどうか以前に、「しょーもないオモチャ」扱いしかされていないもので。「同じようなオモチャ、次から次へと・・・」みたいな小言が出ている状態で、とてもじゃないですが操縦は勧められません。

この連休は風が強いのと、体調がすぐれないののダブルパンチで全然外へ飛ばしに行けません。リビングでS107Gをぼけーっとしながら飛ばしています(笑)。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR