fc2ブログ

金曜の昼休み。

こんばんは。・・・というより既におはようございます、ですね。

金曜の昼休み、馴染みの定食&弁当屋さんへ食事をしにいきました。この店には大体週に2回くらいは食べに行っています。お昼しかやっていない店で、ご飯がなくなり次第営業終了ですから、11時くらいに店を開けて早ければ12時半には店じまいをしてしまいます。私の昼休みは12時半からですから、時々ご飯切れで間に合わないこともあります。

本日注文したのは日替わり定食の「牛スジ定食」です。内容はご覧の通り。

牛スジ定食

基本、メインの料理とご飯、味噌汁の他に漬物の小皿、副菜の小鉢が2品付きます。副菜はサラダや煮物、酢の物、冷奴などなどで、自分で選べます。今日はほぼ閉店間際で、副菜が足りなくなっていたせいか店の親父さんが勝手に副菜をつけてきました。一つは南瓜の煮つけで通常の副菜ですが、もう一つは豚カツ・・・副菜じゃなくてメインの料理です、これ。どっちみちご飯がなくなると余ってしまうので、こういう時は何でも副菜でつけてきます。一緒に行った同僚の女性は焼鮭が副菜扱いでついてきました。これも、本来は焼鮭定食のメイン料理です。

※追記: 書き忘れてましたが、この定食でお値段は600円です。

ご飯は量を抑えてもらっていますが、何も言わないと山盛りになって出てきます。全体のボリュームの多い店なので、大抵のお客さんが「ご飯少なめに。」と注文しています。それでも「もっと食べなよ。」とか言って親父さんが盛ろうとするので、「頼むから少なくして。お願い。」と懇願することもしばしばです。来る客が皆少なくしてくれ、という店も珍しいと思います。

食後は散歩がてら近くの商店街をそぞろ歩きしました。このあたりは空襲で焼け残ったら建物が多いらしく、結構古い建物が目立ちます。まず目を引くのが、商店街の入り口にある酒屋さんのこの看板。

酒屋看板

本嘉納商店というのは、現在の菊正宗酒造ですね。文字が右から左に書いてあるところを見ると、戦前の看板であることは間違いないと思いますが、1枚ものの木の板に彫刻を施し、彩色してある立派なものです。木の板ゆえに定期的な塗りなおしなどのメンテナンスは欠かせないそうなんですが、1回ごとに半端じゃない費用(数十万とも百万とも)がかかると聞きました。

総菜屋ショウケース

こちらは昔ながらの総菜屋さんのショウケース。東京の下町らしく、佃煮やら煮豆やらの自家製惣菜が並んでいます。一度何か買って帰りたいのですが、仕事の終わる時間帯にはもうお店も閉まっていますから、これまで一度も買い物が出来たことがありません。あと、やっぱりスーパーとかに較べるとちょっと割高ですから、女房あたりに「高いもん買ってくるな~」と叱られかねません(笑)。

大学芋専門店

最後の写真は、今日はお休みのようですが大学芋と天津甘栗の専門店です。甘栗の専門店はたまに見かけますが、大学芋というのは珍しいですね。卸もやっているようなので、近所のスーパーあたりで惣菜としても販売されているのでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR