fc2ブログ

mCPX2の屋外テスト。

こんばんは。

昨日の日曜日、風もあまり強くなかったので、近所の公園でmCPX2(というか基板だけV2にバージョンアップ)の初の屋外フライトテストを行ってきました。しかし、風は無いけど寒さが半端じゃなかったです。帰ってきたときには完全に手が悴んでました。

持っていったバッテリーは全部で9本。mCPX(V1)の純正200mA・25Cバッテリーが5本、Trunigyの300mA・35Cバッテリーが4本です。今回は従来の25Cバッテリーが新基板でも使えるかどうか、見極める目的もあります。

で、まず旧型用の25Cバッテリーが使えるかどうかですが・・・結論から言うと、あまり勧められないと思います。NORMALモードでのんびりホバリングをしているだけなら問題ありませんが、ピッチを入れて急上昇などを行うと電力不足に陥るらしく、テールを振ってハンチングを起こしたり、サーボの動きがギクシャクして機体全体が震えたりします。3Dなど覚束ない私が操作してもその状態ですから、バリバリに3Dフライトなどしたらあっという間に落ちてしまうと思います。ここは素直に純正の新型30Cバッテリーか、それ以上の放電能力のあるバッテリーを使うべきだと思います。

なら、35Cの放電能力のあるTurnigyなら大丈夫でしょうか。確かに、私が操縦する限りでは不安定になることはありませんでしたが、試しにアイドルアップ状態で急上昇させてみると、やっぱりテールを振ります。前よりは若干マシになったかな、という程度です。世間の評価ではこのあたりは殆ど解消されているような印象でしたが・・・。

考えられるのは私のTurnigyバッテリーも新品ではなく、扱いもあまり良くはないので、すでに劣化が進んでいるとか。あるいは、Turnigyのバッテリーが看板に偽りありで実は35Cどころか30Cの放電能力もないとか(笑)。いずれにせよ、純正の30Cバッテリーと新品のTurnigyバッテリーを調達して、確認してみる必要があります。

次に、操縦した感覚ですが、少なくとも私の腕ではAS3Xのご利益は感じることは出来ませんでした(笑)。室内ホバリングのときと同様に、少し安定させやすいかな・・・という程度です。ただ、昨年末、肉離れを起こして以降は外でmCPXを飛ばしていませんでしたから、ブランクがあった割には飛ばしやすかったかもしれません。

それと、気になることが一つ。昨年末の続きで旋回の練習を軽くやったんですが、どうも新基板のほうはラダーに若干エルロンを混ぜてあるような気がします。軽く前進している状態で、ラダーだけを操作すると、ちゃんと進路を変えて旋回になります。のみならず、機速がどんどん上がって旋回半径が大きくなります。旧基板では自分でエルロンの操作をしないとこうならなかったような気がするんですが。私の思い違いでしょうか?

最後に、バッテリー電圧低下時の挙動です。これは結構考えられた変更が加えられていました。
旧基板ではバッテリーがなくなるとかなり急に降下していましたが、新基板ではバッテリー電圧が低下するとバッテリー保護のため、早めにスロットルを絞り始めます。バッテリー切れで落ちるというより、上昇しなくなるという印象です。また、降下後も結構余力を残しているので、早めに電圧低下に反応しているのが分かります。

今回、記録映像は殆ど撮れませんでしたが、このバッテリー低下のところだけは録画できましたのでご覧ください。



こういう変更も、送信機のタイマーなどでしっかりバッテリー管理をされている方にはあまり関係ないかも知れません。私のような電圧低下で落ちるまで飛ばしているようなズボラな輩には有り難い変更ですが(笑)。

ところで、今回またスキッドを折りました。あまりハードな落とし方をしなかったつもりですが、2箇所も折れています。どうも気温が10度を下回るようになると、目立って脆くなったような気がします。生産地の広東省あたりではそんな低温になることも無いんだと思いますが・・・中国製品の脇の甘さといったところでしょうか。こういうところにもきちんと目が行くようになってくれるといいんですがねぇ。
スポンサーサイト



テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

ビデオのバッテリー切れでヘリが降下するシーンは、mSRXもこんな感じです。よく似ています。
Turnigyのバッテリーには困ったものです。(^^ゞ

Re: No title

tiger22さん、こんばんは。

コメントを頂いたら、何だかバッテリー切れ時の降下もTurnigy独特の仕様のような気がしてきました。一応、この映像はアイドルアップで4分程度飛ばした後での降下ではあるんですが。

やっぱり、新品の純正バッテリーで動作を確認しなければなりませんね。

No title

徒骨亭さん こんばんは。

mCPXを飛ばしていた時はTurnigyの300mAhを10本以上使いました。
しかし、特に電圧が低いとは感じませんでした。

考えられるのは外気の温度です。
リポバッテリーも温度によって能力が落ちるようです。

去年までは10分前後フライトが出来た
Walkera V120D02Sも今は8分前後まで落ちています。

事前に温めたら回復するかも知れません。

Re: No title

ブラウンさん、こんばんは。

年末年始以降、かなり寒さが厳しくなってきていますから、プラ部品の劣化やバッテリーの能力低下は避けられないのかもしれませんね。ラジコンを始めて最初の冬ですが、季節風などの他にこういった要素も障害になるのかもしれません。春が待ち遠しいですね。

・・・とは言っても、私は花粉症なので春は憂鬱でもあります。また、住んでいる関東の某C県は春先にはとんでもない強風(通称:○葉の馬鹿っ風)が吹きます。風速30mも珍しくありません(笑)。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR