FC2ブログ

HSTの編成について。

こんばんは。

引き続き英国型Nゲージのお話です。これは私の備忘録も兼ねているのですが、HSTの実車の編成について、英国内の鉄道模型関係のフォーラムその他から集めた情報をまとめてみました。

1976年のHSTの登場以降、英国内の全ての地域でHSTが走ったのではありません。当時の英国国鉄は元々の四大鉄道会社時代の区分けを引き継いだ「リージョン(Region)」を基本単位として運営されていましたが、これらのうち西海岸本線を中心としたロンドン・ミッドランド・リージョン(London Midland Region)やロンドン南東部を中心としたサザン・リージョン(Southern Region)は早くから電化されていたため、HSTが導入されませんでした。

HSTが導入されたのは東海岸本線を中心としたイースタン・リージョン(Eastern Region)、それの北側に続くスコティッシュ・リージョン(Scotish Region)、そしてロンドン西部からウェールズにかけてのウェスタン・リージョン(Western Region)です。ウェスタン・リージョンを走る列車は客車7両を機関車2両で挟み込む9両固定編成で、編成全体をClass 253と呼んでいました。また、イースタンからスコティッシュ・リージョンを走る列車は客車8両を機関車2両で挟み込む10両固定編成で、Class 254と呼ばれました。

HSTに使われた客車は、英国国鉄として開発した客車の3世代目に当たるMark 3客車で、125mph(約200km/h)で走行可能な設計になっていました。Mark 3客車には一般の機関車牽引用のバッファ付き仕様と、HST専用のバッファなし仕様がありますが、過去および現在のHST専用客車の種類は以下の通りです。(参考:AbRail Rail Databases

TS - 2等車(Trailer Second あるいは Trailer Standard)Graham、Dapolとも製品化
TF - 1等車(Trailer First) Graham、Dapolとも製品化
TGS - 車掌室つき2等車(Trailer Guard Second)Grahamで製品化
TRFB - 1等ビュッフェ(Trailer Restaurant First Buffet)Grahamで製品化
TRSB - 2等ビュッフェ(Trailer Restaurant Second Buffet)
TRUB - 等級なしビュッフェ(Trailer Restaurant Unclassfied Buffet)
TRFM - 1等ビュッフェ?(Trailer Restaurant First - Moduler)Dapolで製品化予定
TRFK - 1等食堂車(Trailer Restaurant First Kitchen)
TRUK - 等級なし食堂車(Trailer Restaurant Unclassfied Kitchen)
その他、少数だけ作られた車両がまだ何種類かありますが省略します。

※なお、Graham FarishではMark 3客車をHST用・一般機関車牽引用で区別していません。基本的に全てバッファつきで、HSTセットにもバッファつきの客車を同梱しています。

これらの客車の編成内容ですが、以下に英国の列車シミュレーター関係の掲示板からの引用にWikipediaなどから得た情報を加えて記載します。元となった掲示板記事はこちら。また、実車の写真はWikimedia Commonsよりライセンスに基づき引用させていただいています。

BR Blue/Gray InterCity 125
Photo By Phil Sangwell

HST導入時(1976年)、英国国鉄Blue/Gray塗装
TF-TRFB-TF-TRUB-TS-TS-TS (Class 253)
TF-TF-TRFB-TF-TRUB-TS-TS-TS (Class 254)

数年後に組み替えられて次のとおりになります。
TF-TRUB-TS-TS-TS-TS-TS (Class 253)
TF-TF-TRFB-TS-TS-TS-TS-TS (Class 254)

当初は車掌室は機関車に設置されていましたが、1980年、車掌室のついた客車TGSが作られて機関車の車掌室は廃止されました。
TF-TRUB-TS-TS-TS-TS-TGS (Class 253)
TF-TF-TRFB-TS-TS-TS-TS-TGS (Class 254)

HST (InterCity 125)
Photo By K. Krallis

1982年、英国国鉄の再編によりリージョン制が廃止、新たに列車の運用形態により「セクター」と呼ばれる単位に分けられました。HSTは特急列車に相当する「InterCity」セクターに属することになります。塗装もInterCity塗装と呼ばれる黒・赤・白を基調とした塗装に変更されました(後にツバメのマークが追加されたInterCity Swallow塗装)。また、TRUBの一部がTRSBに改造、残りはTRFMに改造されました。元々TRFBであった車両もTRFMに改造されています。
TF-TRSB-TS-TS-TS-TS-TGS (Class 253)
TF-TF-TRFM-TS-TS-TS-TS-TGS (Class 254)

この英国国鉄再編の時期、Class 253の編成を使ったクロスカントリー路線の運用も始まります。従来、英国の列車の運用形態はロンドンを中心として放射状に展開されていました。セクター化により従来のリージョンをまたがる形で、イングランド南西部からバーミンガム、シェフィールドなどを通り、北東部までを繋ぐ路線の運行が始まりました。

InterCity 125 - Midland
Photo By Phil Sangwell

1994年の英国国鉄の分割民営化以後は、次の通りです。

Cross Country、Virgin Cross Countryが運営する列車
TF-TRSB-TS-TS-TS-TS-TGS
TF-TRSB-TS-TS-TGS(Challenger編成、Class 255とも。)

Midland Mainline、Virgin West Coast、Great Westernが運営する列車
TF-TF-TRFM-TS-TS-TS-TS-TGS

GNERの運営する列車
TF-TF-TRFM-TS-TS-TS-TS-TGS (当初)
TF-TF-TRFM-TDS-TS-TS-TS-TS-TGS (現在)

VirginのChallenger編成は史上最も短いHSTの編成です。DapolのVirginのHST車両セットが人気なのも、コーポレートカラーの赤が鮮やかな塗装の魅力もさることながら、買い足す車両が少なくて済むこともあるかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

究極の鉄道模型展

おはようございます。
究極の鉄道模型展が横浜で開催されているそうですが、もうお出かけになりましたか。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1203280001/

私は、ポッポ屋の息子で鉄道模型にはことのほか憧れをもっており、
中学のころにはボール紙でデコイチを作ったりしていましたが、残念ながら小遣いの制約で、ゲージものにはとうとう、はまることができませんでした。

Re: 究極の鉄道模型展

藪 丈二さん、こんばんは。

残念ながら、そちらのイベントには行けそうも無いです。今週末は子供のピアノの発表会があるんですが、無視して一人で横浜まで出かけると女房・子供とも不機嫌になるのは目に見えていますので(笑)。

私も子供の頃は鉄道模型には手が出せませんでした。手を染めたのは自分の子供が生まれてからです。「子供を遊ばせる」という名目で、思いっきり自分が遊んでいます。

うちの親父が藪 丈二さんより数歳上くらいの世代なんですが、近所の裕福な友達が持っていた満鉄の機関車の模型で一緒に遊ばせて貰っていた・・・なんて話をしていました。試しに「あじあ号の機関車は何色?」と聞いたら間髪いれず「空色」という返事が返ってきました。この機関車(パシナ)も、今ではNゲージで製品化されていますが。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR