FC2ブログ

【藪 丈二さん寄稿】mCPXのソフト・スタートについて。

こんばんは。

藪 丈二さんより、過去記事のコメントにまたまた興味深い情報を頂きました。最初からスタント・モード(アイドルアップ)にした状態でスロットル・ホールドの状態からモーターを始動させると、モーターがゆっくり起動するとのことです。ギアなどに急激な力がかかるのを防ぐ目的でそうなっているようですが、私は普段飛行中にアイドルアップ状態に切り替えていたので気がつきませんでした。次回のフライトの際に確認してみようかと思います。

情報は昨夜に頂いていたのですが、今日も仕事が入っていたのでアップするのが遅くなりました。藪 丈二さん、どうもありがとうございました。



 徒骨亭さん こんにちは
mCPXのソフト・スタートについて、面白いディスカッションがありましたので投稿させてください。
 記事は、HeliFreak.comからです。題して、「Soft Start for Blade MCPX」

 このソフト・スタートに関しては、私はBlade 400 3Dの取説で、ESCに組み込まれている機能の一つだということを知ったのですが、正直、よく理解できないでいます。
 説明によれば、この機能は、特にローター・ブレードがまだ回転し始めていないような時に、モーターへのパワーを柔らかく(ゆっくりと)加えていくことによって、ギヤ・トレーン、モーター及びESCに対する潜在的なダメージの防止を意図したものです。

 最初、ESCをパワー・アップする際、ESC/モーターが、スロットル・スティック/曲線のパワーレベルに達するまで、操縦者は約15秒間待つ必要があります。

 また、最初のソフト・スタートの後、ESC/モーターが完全に0%にパワーダウンするのに約15秒、もしくはそれ以上の時間を要します。この機能は、特に、ヘリを着陸させて所要の調整を行う際など、ESCを再度アーミングしなくて済むことになり、大変便利な機能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スレッド・スターター:
今日、或るフォーラムで、誰かがMCPXはソフト・スタートができる旨の発言をしていました。
どなたか、このソフト・スタートをどうやって行うのかを教えていただけますか。
私はこのホビーは全くの初心者で、MCPXは最初のヘリですが、今ではホバリングができます。

回答者A:
ソフト・スタートは、スロットル・ホールドを使って、アイドル・アップ・モードでヘリをスタートさせればよいだけです。
仮に貴方の送信機がDX4eだったとすれば、左トグルスイッチをダウンさせ、トレーナーボタンを3回押してソフト・スタートを開始します。

私個人としては、平坦ではない地面からの離陸をより一層難しくするので、ソフト・スタートは嫌いです。その代り、駐車場で飛ばすのであれば、如何に魅力的なテイク・オフであるかをお見せすることができます。

回答者B:
私は、ソフト・スタート“機能”が好きではありません。
ノーマル・モードで離陸し、ホバリングの際にアイドル・アップに切り替えます。
或いは、ノーマル・モードでスプール・アップし始め、アイドル・アップに切り替えて離陸することもできます。

回答者C:
スロットル・ホールドでスタートする必要はありません。ただコレクティブ・スティックを一番下にして、アイドル・アップスイッチを入れさえすればソフト・スタートします。

数人の方が既に述べたとおり、私もソフト・スタートは好きではありません。ヘリがひっくりかえるのを防ぐため、しばしば、サイクリック・コントロール操作しなければならなくなります。
私はスロットルをミッド位置まで上げ、それからアイドル・アップスイッチを入れるようにしています。

回答者D:
私は常に、スプール・アップしたらアイドル・アップで離陸させます。この方法は、ノーマル・モードで離陸させるよりももっと満足のいく方法であることに気付いています。

ヘリは地上でより安定していますし、ノーマル・モードでのスタートで、しばしばヘリをひっくり返してしまうのに対し、ソフト・スタートは、メイン・ブレードが突然回転しだすのを防止し、ヘリを動かしたり、ひっくり返えさせません。

通常、コレクティブ・スティックをミッド位置に持っていき、スロットル・ホールドをオフにして離陸させますが、離陸まではサイクリック・インプットを必要とせず、ヘリはメイン・ブレードとテール・ローターを回転させつつ、地上に留まっています。

一つの実験として、ネガティブ・ピッチ一杯にした時とポジティブ・ピッチ一杯にした時にスロットル・ホールドをリリースしてみたことがあります。
前者のケースでは、ネガティブ・ピッチのためにヘリは地上に糊づけされたようになりますが、おそらくモデルの機械部分にひずみを加えることにもなるので、あまりそのようなことはしません。

ポジティブ・ピッチでスロットル・ホールドをオフにしますと、オート離陸の形になりますから十分な準備をしていなければなりません。

結局のところ、どのようにヘリを離陸させるかは、人それぞれの好みであり、mCPXの離陸法の良し悪しはないものと考えています。また、アイドル・アップ離陸法が他のサイズのモデルにとって正しい方法だと言っているのではありません。

回答者E:
私もソフト・スタートは好きではありませんでした。正直なところ、このソフト・スタートはこの目的のために設計されたものとは思っていません。“ユーザーエラー”で瞬時に重要物を不能にしないような方策、或いはユーザーが間違ったフライト・モードを選択した時など、ユーザーにリアクション時間を与えるような、そんな方策だと思うのです。

以下省略します。
スポンサーサイト



テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

mCPX V2 現状報告

徒骨亭さん おはようございます。
拙稿をご採用いただきありがとうございます。

さて、現在までのmCPX V2の体験を以下に紹介させてください。

1 使用中のLipoは、評判が良いとされるハイぺリオン25C 250mAhで  すが、ロットの違いで差があるのでしょうか、私の場合評判どおりで  はないような気がします。

  フライト時間を4分に設定して、もっぱらホバリング訓練をしているの  ですが、3分経過するあたりで、機体が暴れだし始めます。

  私の集中力が散漫になり始めるのも原因の一つなのでしょうが、
  Lipoの出力にも強弱が出始めつつあるような気がします。

2 先ほど、例のMiniAviationsに300mAhのLipoを発注しました。
  2パックで19.2ポンド、郵送料は1.99ポンドになっていました。

3 現在のノーマル・モード、スタント・モードのスロットル、ピッチ・セッ
  ティングは以下の値で試行中ですが、特に違和感はありません。
  なお、自機の最大最小ピッチ・角は、計測の結果、+13°、
  -13°です。

  スロットル・カーブ
  ノーマル: 0%  40%  90%  90%  90%
  スタント:90%  90%  90% 90%  90%
  (注):ノーマルのプラス・ピッチ域はスタントと同じにし、切り替えを   不要にしています。
   次回のフライトでは、最大を80%にしてバッテリーの様子を見てみ   ます。

スロットル・を100%に設定しない件ですが、ネット情報を調査してい  た ところ、E-FliteのESCはおおむね80%あたりで尽きてしまうという  記事を見かけました。

 このことが理由なのかどうか知りませんが、Blade450取説では、ノー  マル、スタントともスロットルの最大出力を72.5%に、Blade450Xでは、
 ノーマル-60%、スタント-100%のセッティングです。

 ピッチ・カーブ
ノーマル:38.5%(-3度)、44.0%(-1.5度)、50%(0度)、69.5%
      (+ 5度)、88.5%(+10度)

スタント:11.5%(-10度)、30.8%(-5度)、0%(0度)、69.5%(+5度)、       88.5%(+10度)

4 ブレード回転数ですが、ピッチ角0°の場合、机上では3,510RPM、   野外でのホバリング時、4,050~4,170RPMという計測結果を得てい   ます。

以上です。長文で失礼しました。

Re: mCPX V2 現状報告

藪 丈二さん、こんにちは。

私はまだハイペリオンの250mAhは使ったことがありませんが、必ずしも評判どおりに非ず、ですか。どのバッテリーも若干の難があるということは、むしろmCPX V2の方がかなりのじゃじゃ馬というか、電源に負荷を強いる設計なのかもしれませんね。

> 2 先ほど、例のMiniAviationsに300mAhのLipoを発注しました。
>   2パックで19.2ポンド、郵送料は1.99ポンドになっていました。

え!?と思って慌ててMini Aviationのサイトを確認してみたのですが、見事に15ポンド以上送料無料の表示が消えていますね。なんか、頻繁に送料が変わる会社ですね(笑)。まあ、2ポンド弱なら260円くらいですからそうたいした額ではありませんが・・・。

それより最近ちょっと気になっているのが、Mini Aviationを含めた海外通販でのLiPoの送付です。いつもこちらが送ってもらう側なのであまり気がつきませんが、日本の郵便局から海外に小包を出す場合にはリチウム電池(LiPoはリチウムイオン電池と同扱いのようです。)が入っていないか、かなりしつこくチェックされるようです。何でも万国郵便条約で航空郵便では機器に組み込まれたボタン型を除くリチウム電池が送れないことになっているとか。海外ではそのあたりがルーズなんでしょうか。昨年から若干規制が緩和されて、機器に組み込まれた状態(単体では不可)で船便、規定数量以内なら送れるようにはなったらしいのですが・・・。

> スロットル・を100%に設定しない件ですが、ネット情報を調査してい  た ところ、E-FliteのESCはおおむね80%あたりで尽きてしまうという  記事を見かけました。
>
>  このことが理由なのかどうか知りませんが、Blade450取説では、ノー  マル、スタントともスロットルの最大出力を72.5%に、Blade450Xでは、
>  ノーマル-60%、スタント-100%のセッティングです。

ううむ、やっぱりそのような話があったのですか。私はスタントモード1でスロットルが100%-80%-100%、スタントモード2で100%-100%-100%に設定してあるのですが、あまり差が感じられないと思っていました。スロットル90%から上は避けたほうが無難なようですね。

mCPXのスワッシュ・レベリングについて

徒骨亭さん こんばんは
投稿場所が適切ではないのかもしれませんが、お許しください。

標記について皆さまの流儀をお伺いします。
私の場合、Blade 400 3Dのスワッシュ・レベリングは次のように実施していますが、mCPXも同様の手順なのか、もしくは、簡略にMid位置だけのレベリングなのでしょうか。
とりあえず、私はMid位置だけのレベリングに留めていますがどうなんでしょう。

1 送信機のピッチ・スティックをMid位置(ニュートラル)にセッティングし、エルロン、エレベーター及びピッチ・サーボのアームがメイン・シャフトに対して直角の位置関係を保つように調整する。サーボ・アームのギザが合わない場合は、サブ・トリムで微調整し、レベリングする。
(すなわち、機械的な調整)

2 送信機のピッチ・スティックをHigh位置にし、レベリングを行う。
レベリングを行う場合、調整を要するサーボはTravel Adjustを上下(左右)して調整する。
(すなわち、電子的な調整)

3 送信機のピッチ・スティックをLow位置にし、レベリングを行う。
レベリングを行う場合、調整を要するサーボはTravel Adjustを上下(左右)して調整する。
(すなわち、電子的な調整)

Re: mCPXのスワッシュ・レベリングについて

藪 丈二さん、こんばんは。

不適切なんてことは無いですよ。鉄道模型の記事にRCヘリ関係の書き込みでも一向に構いませんので、ご遠慮なくどうぞ。

私もmCPXのスワッシュ調整はMid位置だけですね。このサイズのレベラーは持っていませんし、藪さん同様目視でメインシャフトに対して垂直になるようにするだけです。しかも、アームの長さ調整だけで、それ以上の微調整はしていません。

このサイズの機体だと、質量が小さいので多少のアンバランスがあってもジャイロの負担にはならないんじゃないか、と勝手に思い込んでます。実は大間違いなのかも知れませんが。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR