FC2ブログ

コーンウォールの鉄道模型屋さん。

こんばんは。

本日、帰宅したらドアポストに毎度おなじみ(笑)の不在通知が入っていました。今回の差出人は「外国便(United Kingdom)様」。いつも同じ配達の方のようですが、毎回書き方が違うところを見るとそれなりに差出人を識別しようと努力はしているようです。誤配防止のためだと思いますが、最近は英国でもアメリカでも差出人の住所・会社名を思いっきり小さく書いてありますから、分かりにくいというのは理解できるんですが・・・。

ちなみに今回はやたら早く届きました。注文したのは先週の水曜日の夜(日本時間)。土日を入れても英国から5日足らずで着いていますね。通常は7~8日はかかりますから新記録です。

注文した先は、英国コーンウォール州にあるKernow Model Rail Centreです(Centreは綴り間違いではありません)。コーンウォール州というのはグレートブリテン島の南西に細長く突き出たコーンウォール半島の先端部にある州ですが、住所を見ると半島の中でも一番突端にある町、ペンザンスの近郊にお店があるようです。国際郵便物の集配局(多分ロンドン・ヒースロー)までは結構距離があると思うのですが・・・。交通の便は遥かに良さそうなリヴァプールにあるHattonsですら、トラッキングしていたら1週間くらい英国内で滞留していたことがありますから、どういう理由で早くなったり遅くなったりするのかが全く分かりません。

イングランドにおけるコーンウォールの位置
(画像はWIKIMEDIA COMMONSよりの引用)

ちなみにこのKernow Model Rail Centreの「Kernow」は、ケルト系のコーンウォール語で「コーンウォール」を意味する単語だとのこと。読みも、「カーノウ」というより「ケルノウ」の方が正しいようです。ゲルマン系アングル人・サクソン人のブリタニア侵入以後、先住民であったケルト系ブリトン人は西へ西へと追いやられました。元はウェールズ語と同源だったコーンウォール語も、アングロサクソンの進出により地理的にウェールズと分断された10世紀以降、独立した言語として成立していったそうです。20年位前にコーンウォール語の話者がお婆さん一人だけになってしまって絶滅寸前・・・というニュースを見た記憶がありますが、その後保存運動などで盛り返してきているようですね。

世界史に出てくるエリザベス1世の統一令、あるいは統一法。教会で使用する祈祷書の言語を英語に統一するというアレですが、エリザベス1世の治世下以外にも何回も同様の法律が出されています。プロテスタント対カトリックの文脈で語られることの多いこの法律ですが、一方ではイングランド内部に残っていた英語以外を母語とする集団を一掃するという目的もあったようです。

さて、このお店から送られてくる受注メールには英語/コーンウォール語の2ヶ国語、商品同封のレシートにはコーンウォール語のみで住所を表示してあります。日本からコーンウォール語の住所宛に郵便物を出して実際に届くかどうか、非常に興味があります。まあ、本当に試す機会はあまり無いでしょうけど(笑)。

5年位前に、日本からこのお店の通販を利用した方のブログ記事を見つけたのですが、それによると注文から発送までがやたらと遅く、10日前後かかったとのこと。また、発送ミスもあったとか。その後、何があったのかわかりませんが、今では驚異的に発送処理が早くなっています。私の場合、商品1~2個の注文ばかりのせいか、発送ミスも今のところありません。

今回の注文ですが、発注したのは先週23日水曜日の午後10時(日本時間)ごろ。英国では午後2時くらいですね。当日の午前0時前(英国時間午後4時前)には「発送したよ」メールが届いていました。それ以前にも3回くらい注文を出していますが、すべて先方の営業時間内であれば1~2時間で「発送したよ」メールが届いています。日本への到着も早いので、本当にその時間内に発送しているとしか思えません。

送料はHattonsが圧倒的に安い(書留扱いでも1,100円程度)ので、今後も英国からの通販はそちらがメインになるでしょう。が、Kernow Model Rail CentreにはHattonsあたりでは既に売り切れになったような車両が結構残っていたりします。Webサイトのお店紹介のページも結構好感が持てますので、引き続きご贔屓にさせてもらおうかと考えています。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【コーンウォールの鉄道模型屋さん。】

こんばんは。本日、帰宅したらドアポストに毎度おなじみ(笑)の不在通知が入っていました。今回の差出人は「外国便(United Kingdom)様」。いつも同じ配達の方のようですが、毎回書き

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR