FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウングレード。

こんにちは。

結婚前から使っていたルータが、今朝起きたらお亡くなりになっていました。もうかれこれ10年以上は稼動していたルータです。1年くらい前からたまに全く応答しなくなって電源再投入で復活、なんてことを繰り返していたのですが、今朝はとうとうそれも出来なくなりました。本日は女房と一緒に六本木のスウェーデン大使館で開催されたイベントまで出かけていたのですが、その帰りに新しいルータを調達してきました。いや、まったく女房と畳は新しいほうが・・・・あ、いやその(以下略・・・笑)

さて、先週末ですが、KATOさんからNゲージの153系電車が再販されました。153系電車と言うのは東海道線などで活躍した往年の急行用電車で、新幹線開通前のビジネス特急「こだま」が車両が不足したときに充当されて運用されたこともあり(特急に急行用車両を充当したので「かえだま」と呼ばれました)、1980年ごろまでは東京・大垣間のいわゆる大垣夜行などにも使用されていた車両です。KATOさんのNゲージモデルも最後に生産されてからかれこれ12年くらいは経過しています。我が家のルータの稼動期間より長い間生産されていなかったわけですね。前回の生産はすべて単品車両での販売でしたが、今回は基本的にセットでの販売となり、オプションの追加車両で3種類ほどが単品として設定されています。

KATO 153系 旧製品

KATOさんの153系電車は既に前回生産品で一通り揃えてあり、今回若干の仕様変更はあるものの、大幅なリニュールはないということで買い替えまでは行いませんでした。ただ、オプションで単品設定されている車両のうち2両ががこれまで販売されていない種類の車両でしたので、これだけ新たに買い足しました。買い足したのはサハ153が2両、グリーン車のサロ163が1両です。

新規の車両と言っても、サロ163は従来品のサロ152の標記を変更してグリーンマークを追加しただけ、サハ153もモハ153の標記を変更して床下と台車を差し替えただけです。このため、サハ153は妻面に窓があったりなど、実車と若干形状が異なります。ただ、妻面の違いなどは編成にしてしまうと殆んど分かりませんので、私はあまり気にしませんでした。

しかし、実際に製品を手にして見ると少しばかり気になるところがありました。今回再販された153系のシリーズは、最近の製品らしく窓パーツの通常の窓の周囲にはサッシの銀、扉の窓の周囲にはHゴムの灰色が色注しされています。また、車輪も黒染め車輪となっています。しかし、前回生産品ではHゴムの部分も銀、車輪は銀車輪です。もちろん、今回生産品の灰色のHゴムが正解ですし、黒染め車輪などの方がより実感的なのですが、今回の追加車両だけ仕様が違うのも目立ちます。そこで、古い仕様に合わせる「ダウングレード」を実施することにしました。

実は、以前よりサハ153を自作しようとして、加工の種車になるモハ153、サロ152などを何両か集めてありました。モハ153の標記を変更して床下・台車をサロなどから持ってきて組み合わせてしまえばサハ153の出来上がり・・・というわけです。要は今回、私がやろうとしていたことをメーカーさんが先にやってくれたわけですね。これらの種車は当然古い仕様ですから、こちらから窓パーツ、車輪を持ってきて交換してしまえばいいわけです。

サハ153 ダウングレードの前後比較

で、交換前と交換後の比較写真がこれです。上が交換前、下が交換後になります。こうしてこの写真だけ見ると、どう見ても上の方がリアルなんですが、鉄道模型ではバランスも大事です。一点豪華主義は浮きます。私の仕事でよく使う用語なんですが、「粒度」を揃えることが重要なんです。・・・一生懸命自分に言い聞かせています。ええ。「やっぱり全部買い替えたほうがよかった・・・」なんて口が裂けても言いたくありませんから(笑)。

ただ、真面目な話をすると、153系の晩年は同じ急行型の電車である165系と混結されて使用されたことが多く、模型でもそういう使い方をしたい車両です。数年前、これも久しぶりに再版されたKATOさんの165系でも同様の仕様変更・セット販売への移行があったのですが、単品時代に販売されていた車両で、セットには含まれていないものが結構ありました。このため、165系では買い替えを行いませんでした。153系は種類数では旧製品より増えたくらいなんですが、165系とのバランスを考えるとやはり旧仕様のままがいいということになります。在庫管理などを考えるとメーカーさんにとっても販売店さんにとっても単品販売よりセット販売・・・というはわかりますし、その流れに向かうことはやむを得ないと思います。しかし一方では種類が多岐に及ぶ鉄道模型の場合、セット化で切り捨てられる車種も多く、このあたり、どうにかならないかと言う気もします。

サロ163 ダウングレード後

その後、サロ163でも同様の交換作業を行いました。もっとも、こちらはHゴム部分が少ないですから、交換しないままでも良かったかもしれません。

ダウングレードに使用した車両

今回購入した車両(右側)と、交換用パーツの捻出元になった車両(左側)です。捻出元の車両は最新仕様にグレードアップ(ただしカプラーはアーノルト)されています。これはこれで欲しがる方がいるかもしれません。ただ、外観の仕様ではないので今回の記事中では特に触れていませんが、室内灯の取り付けも旧製品では電力消費の大きい麦球の旧型室内灯(11-201)にしか対応していません。ただし、LED室内灯(11-209や11-211)と旧型室内灯のパーツをニコイチにすることでLED室内灯も取り付けられます。私は153系のみならず、117系や165系、旧型客車などの旧型室内灯対応車にはすべてLED室内灯を取り付けています。ニコイチにしたせいで余剰パーツが大量に発生していますが(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ダウングレード。】

こんにちは。結婚前から使っていたルータが、今朝起きたらお亡くなりになっていました。もうかれこれ10年以上は稼動していたルータです。1年くらい前からたまに全く応答しなくなって...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。