FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国国鉄標準型・Class 4MT機関車。

こんにちは。

一昨日の金曜日、英国のHattonsに注文してあった英国型Nゲージの車両が届きました。最近では月に1回、Hattonsで大体100~120ポンドをまとめてお買い物。それ以外は他では品切れになっているようなレア品を1~2両、地方の小さなショップで探し出して注文する・・・というパターンに落ち着いてきています。送料込みで日本円だと15,000~16,000円で機関車1両、客車が3~4両くらい買えますから、コレクションのペースとしてはちょうどいいのではないでしょうか。もちろん、日本型やラジコン関係で出費がかさみそうな月はパス・・・ということになると思いますが。

今回、Hattonsに注文したのは先週の土曜日の深夜です。通常、土曜・日曜は発送業務を行っていませんから、「発送したよ」メールが届いたのは月曜の夕方です。火曜日朝にはRoyal Mailでトラッキング可能になり「海外へ向けて発送準備中」、夕方には「日本へ向けて発送済み」になっていました。そして水曜深夜に成田に到着して日本郵便のトラッキングに引っかかるようになり、木曜朝9時から通関開始、11時には地元の集配局に向けて発送。翌金曜日に配達という次第です。以前に較べると、随分早くなっています。

今回の注文品の中での目玉はGraham Farish社の品番372-651、英国国鉄標準型(BR Standard)・Class 4MT蒸気機関車です。軸配置は2-6-0。同じClass 4MTには、一回り大きい軸配置4-6-0の機関車もありますから要注意です。この機関車は小型の客貨両用機で、旧LMSのIvatt Class 4機関車の設計を受け継いでいます。客車を牽引する場合は、3~4両の支線運用に使われたようです。気軽に数量の客車をつないで走らせるのにちょうどよさそうですので、購入しました。

Class 4MT 前方から

Class 4MT 後方から

実車は英国国鉄発足後の1952年から1957年まで、115両が製造されました。英国国鉄標準型(BR Standard)機関車の多くは、連結されたテンダー(炭水車)の違いで幾つかのバリエーションが存在します。この機関車は9Fのような大型機でも使われている、一番大型のBR1Bテンダーを連結したタイプです。115両のうち、17両がこのタイプでした。もちろん、模型的にはテンダードライブ(テンダーの中に走行モーターを仕込んである)ですから、テンダーが大きければ大きいほど模型化するのが楽(大きい→重い→摩擦係数大→空転しにくく集電しやすい)なんでしょうね。Wikipediaによると、このタイプの機関車はすべてSouthern Region(イングランド南部)の配置だったらしく、厳密に言うとグリーン塗装のMark 1客車を牽引するのが正解のようです。私はこれまで述べてきたとおり、どちらかというとイングランド北部やスコットランド方面を中心に客車を揃える考えですので、ちょっと蒐集方針には合わないんですが・・・ま、どうせ誰にも分らないからいいか(笑)。

Class 4MT ・9600形機関車との比較

これは、貨物専用機でありながら客車牽引でも活躍した、日本の9600形蒸気機関車(KATO製)と並べてみたところです。手前がClass 4MT、奥が9600形です。9600形の製造年代は1913年から1941年までで、総生産数828両。40年ほど先に設計されていますが、ご覧のとおり、エンジン部分はほぼ同じ大きさです。動輪部分が隠れて見えませんが、9600形の軸配置は2-8-0(動輪が4軸)なので足回りには結構違いがあります。また、9600形は製造当初は英国と同じ真空ブレーキだったのですが、後にすべてエアブレーキに置き換えられています。そのため空気タンクやコンプレッサーが後付されて結構雑然とした印象を与えています。テンダー部分には大きさの差が結構ありますが、Class 4MT(BR1B)の石炭7.11トン・水19.3トンに対して9600形は石炭6トン・水13トンですから、大きさが違っていて当然ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【英国国鉄標準型・Class 4MT機関車。】

こんにちは。一昨日の金曜日、英国のHattonsに注文してあった英国型Nゲージの車両が届きました。最近では月に1回、Hattonsで大体100~120ポンドをまとめてお買い物。それ以外は他では品切

コメントの投稿

非公開コメント

A1

徒骨亭さま
 はじめまして。英国型初心者のhideta-oと申します。英国型鉄道模型をはじめるにあたり、大変参考にさせていただきました。ありがとうございました。最近、手始めにGraham farishのPeppercorn A1を購入してみました。
http://ho-blog.blog.so-net.ne.jp/2012-06-27
 現在、このA1に牽かせる客車をどうするか検討中です。同じGraham Farishの、Blue RibandシリーズのMk1あたりがベストかと思われますが、機関車を購入したばかりで先立つものが・・・。
 で、何とか安価に列車を編成できないか模索しています。近日中に第1報をブログにアップする予定です。お暇な折にでもご笑覧いただければ幸いです。
 追記:徒骨亭さまはLMSがお好きなようですが、私は、Big Fourの中ではLNERが好みです。特にLNERのパシフィックの、まるでスーパーモデルが超ミニを穿いているような姿がたまりません。(^_^;

Re: A1

hideta-oさん、こんばんは。コメント、有り難うございます。

拙ブログの記事が英国型鉄道模型初購入の背中を押す一助となった由、大変光栄です。hideta-oさんのブログを早速拝見させていただきましたが、実車について大変詳しくまとめておられていて勉強になりました。私の方といえばあまり体系立てもせず、ラジコンヘリ記事その他と併せて拾い集めた情報を徒然なるままに書き連ねているだけのブログではありますが、今後ともお付き合い頂ければ幸いです。

さて、Peppercorn A1(Late Crest塗装)に合う客車ですが、旧LNER地域ですのでやはりMark 1客車のマルーン塗装になると思います。手始めにSK+BSKあたりから入手してみてはどうでしょうか。この2車種はどんな編成でも使いますし、今後の発売に合わせてSO、CK、BG等と買い足していけばそれなりに列車としての体裁は整うと思います。ただ、客車2両だけだとA1牽引としては少々アンバランスですが・・・。

あと、LMSが取り立てて好き・・・というわけでもないのですが、手持ちの編成本がLMSとLMリージョン中心なもので、自然とそちらに目が向いてしまいます。LNERの合理的・端正な機関車デザインに較べ、テーパーボイラーと角型の火室の組み合わせが如何にも野暮ったいのですが、それはそれで面白みがあるようにも思います。

客車

徒骨亭さま
hideta-oです。客車についてご助言ありがとうございます。実は、先のコメントをお送りする前にネットオークションで古いリマのMk1を落札しており、
http://ho-blog.blog.so-net.ne.jp/2012-07-05
それが昨日到着したのですが、なんと実測してみると縮尺が1/160と小さく、失敗でした。(T_T)


Re: 客車

hideta-oさん、こんばんは。

hideta-oさんのブログの当該記事のコメントでもちょっと書いたのですが、私も秋葉原の某店の店頭にLimaの車両が2両ほどあるのを見ました。もうちょっとお金があれば鉄道模型考古学的資料としてGETしておくところですが、鉄道模型にラジコンと何かと物入りの昨今、グッと堪えて自重しました。

コメント

徒骨亭さま
 hideta-oです。私のブログにコメントをお送りいただいていたのですね。気がつくのが遅れ、申し訳ございませんでした。実は、ブログの内容に関係のないセールスなどのコメントが公開されるのを防ぐための設定をすると、コメントは一旦別の場所に格納されるらしいのですが、今までそれを知らずにいた次第でして、大変失礼をしました。
 リンクの件、よろしくお願いいたします。
 それからNの縮尺の件ですが、たぶんMinitrixの英国型も1/160のようです。

Re: コメント

hideta-oさん、こんばんは。

いえいえ、大丈夫です。どうかお気になさらないでください。恐らく、スパムよけ設定のせいで気がつきにくくなっているのだろうとは感じていましたので。

私のブログにはまだスパムコメントは1回しか来ていませんが、本当にあれはウザイですね。FC2のブログは書き込みの際に画像表示されたランダムな数字を入力するようになっていますから、ソフトによる自動書き込みはできません。それでも手入力された場合には防ぎようがありません。そこまで手間をかけるスパマーは滅多にいないようではありますが。

Minitrixも1/160ですか。以前、どこかのイベントの中古コーナーで1回だけ中古を見たことがありますが、その時には気がつきませんでした。その時のMinitrix製品は状態があまりに悪かったので手を出しませんでした。

Train Show 2011

徒骨亭さん こんにちは
HH社のサイトを見ていたら、標題のページにぶつかりました。
米国でもロコモーティブファンが沢山おられるようですね。

なんか、おもちゃとは一線を画す立派なホビーで、強くひきつけられます。
以下に、URLを参考のため貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=DW5oGK-BFD8&list=UUz4uCxQvywsAaK1uI62_FaQ&index=13&feature=plcp

http://www.youtube.com/user/HorizonHobbyTrains

Re: Train Show 2011

藪 丈二さん、こんばんは。

Horizonも鉄道模型を扱っていたんですね。リンク先のビデオで紹介している模型はOゲージですから、日本でも一般的なHOゲージの倍の大きさがあります。これくらいの大きさになると、蒸気機関車などは極めて精巧に作ることが出来ますから、かなり見応えがあります。また、見た目だけでなく、ライブスチームなどの実際に蒸気で動く模型も作ることが可能になりますから、メカニック的な面白さも追及できます。

惜しむらくは、日本ではゲージが大きくなればなるほど走らせる場所に困る、ということでしょうか。私の近所に有名なマニアの方がいて、5インチゲージなどの大型模型を多数走らせているのですが、古くから住んでいる地主さんで、模型専用に倉庫のような建物まで建ててしまっています。

dapol A4

徒骨亭さま
hideta-oです。DapolのClass A4買っちゃいました。速報(箱から出して写真を撮っただけですが・・・)を下記に掲載しています。
http://ho-blog.blog.so-net.ne.jp/2012-10-16
お暇な折にでもご笑覧いただければ幸いです。

Re: dapol A4

hideta-oさん、こんばんは。

ブログ記事を全然更新していなくて申し訳ありません。一定期間記事をアップしないと、自動的にコメントが承認制になるみたいですね。すぐにコメントを反映できなくて済みませんでした。

A4の購入記事、拝見しました。やはり結構いい出来のようですね。実は私も8月にA3の最末期バージョン(デフつき)を購入しているんですが、不精をして記事にしていませんでした。購入の際にA3とA4で迷ったんですが、Grahamの文鎮A4が既に手元にあるので、今回はA3にしてみました。

Dapolは心待ちにしているMk3のビュッフェカーが全然リリースされないので焦れています。6月リリースなんて話も流れていたんですが・・・まあ気長に待ちますか(笑)

A3

徒骨亭さま
こんばんは hideta-oです。
私も、両方を買うのが無理なのでA3とA4で迷ったのですが、結局、最後はカッコよさを求めてA4にしてしまいました。ぜひA3の製品紹介をお願いいたします。

Re: A3

hideta-oさん、おはようございます。またまた気付くのが遅くなって申し訳ありません。

A3の記事の件、了解いたしました。実は記事をアップしようしようと思っていたのですが、ヘリ関係の記事も含めて更新をサボってしまっているので・・・。こちらも近々アップさせて頂きます。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。