FC2ブログ

【藪 丈二さん寄稿】Blade 130Xについて。

こんばんは。

藪 丈二さんから、まもなく発売(?)されるBlade 130Xについての記事をお寄せいただきました。藪さんのご意見では、スワッシュ・プレートのアンチ・ローテーション・ガイド・ピンがmCPXと同様、機体の前後軸線上にないのは設計ミスではないか・・・ということです。確かに、前後軸線上にガイド・ピンを置いた方が操縦の際に余計なミキシングが入らないのは確かですが、一方で130XはmCPXと同様、スワッシュ周りがプラスチック製のようです。強度を確保するために、スワッシュのボールと同じ腕の上にピンを置けないという面があるような気もします。

デュラブルな機体作りには軽くて弾力のあるプラ製部品が不可欠でしょうから、このあたりは難しいところなのかもしれません。



徒骨亭さん おはようございます。
標題について、拙稿をお送りします。お役にたつのであれば嬉しい限りです




RCヘリ・ファンの注目の一機種、Blade130Xの発売開始時期について色々な噂が飛び交っています。曰く7月10日だ、いや11月以降になるのではないか等々、喧しくなっています。

このB130Xの飛びっぷりをユーチューブで紹介しているとおり、mCPXの或る種の3D「も」出来るのに対し、B130Xは本格的な3D「が」出来る機種のようです。
 http://www.youtube.com/watch?v=m7fiC5NrtzA
HH社のプロパガンダ写真を見ても分かるとおり、mCPX V1やmCPX V2ユーザーのアイディアが取り入れられています。

典型的な例は、スワッシュ・プレート・リンク・ボールへのOリングの使用です。B130Xでは、ブレード・グリップ・ボールにまで適用されていますし、エレベーター・サーボのプッシュロッドにも曲がりを取り入れています。
V1やV2のエレベーター・サーボの故障が多い原因として、プッシュ・ロッドに緩衝処置が施されていなかったことによると言われています。

また、ユーザーからの強い要請があるにもかかわらず、機体設計に反映されていない例として、スワッシュ・プレートの「アンチ・ロテーション・ガイド・ピン」と「ARB(アンチ・ロテーション・ブラケット)」取付位置があります。

B130Xの写真でもわかるとおり、ARBはmCPXと同様、機体側面(mCPXは左舷、B130Xは右舷)に取り付けられ、これに合わせてスワッシュ・プレート上の「アンチ・ロテーション・ガイド・ピン」も機首尾線上ではなく、右(左)についています。

では、なぜ「アンチ・ロテーション・ガイド・ピン」やARBの取り付け位置が問題になるのでしょう。以下のユーチューブをご覧ください。
 http://www.youtube.com/watch?v=DDD_kYhtLck

お分かりのとおり、ガイド・ピンがスワッシュの下段側面にある場合は、エレベーターをアップ、ダウンさせるとエルロン操作がミックスされるようなひねりが加わることが分かります。

一方、「アンチ・ロテーション・ガイド・ピン」をスワッシュ上段の高さで、機首尾線に合わせて、エレベーター・ボールの後ろ側へ移設した場合は、メカニカルなエルロン・ミックスが生じません。

このことは、3Dフライトを行う際、エルロンのあて舵を考慮しなくても良いことになり、重要なことなのです。

お手持ちのmCPXのスワッシュ・プレートの形状をよく観察してみてください。
「アンチ・ロテーション・ガイド・ピン」は、スワッシュ・プレート上段のリンケージ・ボールよりも約4ミリ下側にあります。

一方、メイン・シャフトでのスワッシュ・プレート・ピボット点は、スワッシュ・プレート上段の平面にあり、本来であれば、「アンチ・ロテーション・ガイド・ピン」は、このスワッシュ・プレート・ピボット平面と同一平面にあるべきなのですが、皆さんお気づきのように、ガイド・ピンがスワッシュ・プレートピボット平面にないために、上述のとおりエレベーターをアップ、ダウンさせるとエルロン操作がミックスされるようなひねりが加わることになるのです。

Blade130Xの発売予定が、当初よりも遅延している理由の一つに、このスワッシュ・プレートの設計ミスがあるのではないかと私は想像しています。
スポンサーサイト



テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

これ↓が何の為に発売されたかが分かりました。

http://www.xtreme-production.com/xtreme/index.php?page=shop.product_details&category_id=50&flypage=shop.flypage&product_id=544&option=com_virtuemart&Itemid=31

でも、どうやってピンをスワッシュに取り付けるのかが不明です。

Re: No title

こばたいしょうさん、おはようございます。

確かに、スワッシュ・ガイドの位置は改善されていますが、スワッシュがそのままでは使えませんよね。スワッシュを90度回転させてつけるとエレベーターやらエルロンやらがごちゃごちゃになってしまいますし、他のmCPX用オプションの金属スワッシュも形態は純正品と同じですし・・・。

ひょっとして、Walkera用のスワッシュを使うとか?

MHの新型スワッシュ・プレート

徒骨亭さん こばたいしょうさんこんにちは

mCPXを改良する場合、マイクロヘリから発売されている、新しいタイプのスワッシュ・プレートは如何ですか。ガイドピンを左側面から後部へ移動できるからくりです。
また、瞬着でガイドピンをエレベーター・サーボ・ボールの後方へ接着し、AstroidのARブラケットを接着する方法もあります。
http://astroid-designs.myshopify.com/collections/blade-mcpx-upgrades/products/product

http://www.microheli.com/store/product_info.php/cPath/3_69/products_id/678

ただし、B130Xの場合はエレベーターサーボが前方へ移動しているため、この方法は適用できないようです。
誰かそのうち、よい方法を提案するようになるでしょう。

追伸:Blade130Xは一昨日あたりから、出荷を始めたようです。

Re: MHの新型スワッシュ・プレート

藪 丈二さん、こんばんは。

なるほど、マイクロヘリのこのスワッシュプレートならそのまま使えそうですね。
ただ、フレーム・スワッシュ・メインシャフト・ハブ・ブレードグリップなど、すべて金属製品をつかってしまうと、もう基板だけがmCPXという状態になりますね。クラッシュなどの際にはT-REX 250あたりと同様、パーツの歪みによる交換が多発しそうです。

130Xの出荷は、tiger22さんのブログ記事で確認しました。もう暫く様子見になりますが、9月ごろにはT-REX 250の導入計画もあるので悩ましいところです。

No title

徒骨亭さん 藪 丈二さん
おはようございます。

マイクロヘリのボールとピンスリーブのセットMH-MCPX012ASが、
他メーカーのスワッシュにも使えるのではないかと考えています。
スワッシュ自体は今までのMHのスワッシュと、なんら変わってない
ように思えるのですが....

mCPXスワッシュ改造

徒骨亭さん こばたいしょうさん こんばんは

MHのピンスリーブ、MCPX012ASは、MCPX012とMCPX012X双方に取り付けられるようですが、他のスワッシュ、例えばストックのスワッシュにはそのままでは付けられないような気がします。

それよりも、ストックのスワッシュプレート左サイドにあるガイドピンを切り取って、エレベーター・サーボ・ボールの丁度裏側のところへ、すなわちスワッシュ・プレートの外側へCAで接着するのも一方法だと思います。そうすれば、Astroidのストック用ARブラケットさえ購入すればOKの筈です。

B130X初飛行その他

B130Xの初飛行レビューその他が続々報告されています。
http://www.helifreak.com/showthread.php?t=429953

また、パラレルチャージャーケーブルの情報は次のものがありました。
http://epbuddy.com/index.php?main_page=product_info&cPath=15&products_id=348
http://www.progressiverc.com/parallel-6x-jst-ph-charge-balance-cable-for-beast-umx.html

バッテリーに関しては、ハイぺリオン2S 450mAh 25C や320mAhなどが候補のようですが、情報を集めておきます。

Re: No title

こばたいしょうさん、こんばんは。

このセットは、元々純正と同じ位置にピンが付いているMHのスワッシュのピン位置を後方に移すためのオプションですよね。他メーカー・・・というと、例えば純正のプラ製スワッシュにも取り付け可能なんでしょうか?

ボールの部分を折り取り、ピンバイスで穴を開けて・・・という感じなんでしょうかね。ただ、穴あけはかなり難しそうです。それと、強度的にも問題がありそうです。やっぱりスワッシュ自体を変えたほうが良さそうですね。

Re: mCPXスワッシュ改造

こんばんは。ええと、どなたでしょうか?こばたいしょうさんや藪 丈二さんではないと思いますが・・・。

やはりMH-MCPX012ASをポン付けで他のスワッシュに利用するのは難しそうですね。

実を言うと、私はmCPXやMSRXクラスの機体では純正のプラパーツにこだわっています。そもそもこのシリーズのデュラブルな使いやすさというのは、弾力のあるプラ製パーツに拠る面が大きいのではないかと感じているためなんですが、一方では今回のピン位置の修正などは是非試してみたいという誘惑もあります。一番いいのはBlade自らピン位置修正版のプラ製フレーム&スワッシュプレートをリリースしてくれることなんですが・・・(笑)。

Re: B130X初飛行その他

藪 丈二さん、こんばんは。

思いのほか早くリリースされましたね。tiger22さんのところで室内3D飛行からクラッシュさせるまでの動画へのリンクが紹介されていますが、3D「も」じゃなくて、3D「が」できる機体の面目躍如、というところですね。

私はちょっと悩んでいます。以前からの計画では8月後半または9月にT-REX 250を導入する予定なんですが、130Xともろにぶつかるんですよね。予算的には両方というのは無理です。T-REX 250の組み立て&調整というのも非常に楽しみにしているため、悩んでしまいます。

ハムレット?

徒骨亭さん おはようございます。
ハムレットの心境のようですね。

HeliFreak.comを覘きますと、「What to buy 130X or 250se」というスレッドが立ちあがっており、意思決定のためのなにがしかのヒントを得られると思います。
http://www.helifreak.com/showthread.php?t=421538
私が思うに、どちらの機種を選ぶかは、いつにかかって「好み」に落ち着くのではないでしょうか。

仮に私を当てはめるとすれば、250seでは、「組み立て・調整」に喜びを見いだし、デュラビリティに重きを置いた「3Dを楽しむ」のであれば130Xという選択になると思いますが、このほか近くにフライト・フィールドが得られるのかどうか、騒音など悩ましい点がたくさんありますね。

No title

こんばんは

私は250をお勧めします。250は所持していませんが、HK450を始めて感じたのは、部品の安さと種類の豊富さです。マイクロヘリの比ではありません。
ホビキン製なので若干の苦労はありますが、楽しいですよ。
Trexであれば間違いないでしょう。

Re: ハムレット?

藪 丈二さん、こんばんは。

リンク先のHeliFreakのスレッドを見てみましたが、「デュラビリティ」「メンテナンス・フリー」などの点から130Xを推されている方がおられますね。コメントを書かれた方の大半は既に450クラスなどの機体を所持した上で、「3Dの練習で落としても壊れない」130Xに魅力を感じているようです。

私の場合、本格的なヘリは未経験ですから、ここで250クラスあたりで一度基本をマスターしてから3Dフライトなどへ進んだ方がいいのかなと感じています。予期しない収入でもあれば別ですが、予定通りT-REX 250へ進むことになると思います。

問題は練習場所ですが、実は私の地元は空モノラジコンの本場ともいえる土地柄。高校時代の同級生のコネクションで地元の某クラブの活動拠点での練習に参加できそうです。逆にマイクロヘリしか保有していない現状では参加し難かったりしますが(笑)。

Re: No title

こばたいしょうさん、こんばんは。

先の藪さんへの返信コメントでも書きましたが、まずはT-REX 250から始めることになりそうです。

実は、私の職場は秋葉原に結構近いんですが、某ラジコン量販店まで徒歩7~8分くらいなんですよね。T-REXのパーツであれば仕事帰りに容易に調達できます。普段そのあたりの店頭でキットやパーツ類を山ほど見ているのも、T-REXに流れる理由の一つだったりします。

情報提供

徒骨亭さん おはようございます。
私のような田舎暮らしの者にとって、RCヘリの部品調達は頭痛の種です。
東京への足代(往返1800円)などを考えると通販での入手が割安だったりします。

特に、400円程度の部品を買う際など、国内ショップからの送料(800~900円)が倍になったりして、馬鹿馬鹿しい感じがします。

そんな中、海外通販の信用のおける、かつ割安なショップを探すのも案外面白いもので、最近、他のショップに比較して易いお店を見つけました。

mCPXの部品も安価ですから、次回はこのショップから購入してみますが、事の顛末を、またレポートします。

http://www.hopmeup.com/store/category.aspx?sck=36125419&Page=1&Sort=1&catid=25310

Re: 情報提供

藪 丈二さん、こんばんは。

確かに、私も通勤定期がない状態だったら都内まで出るのは億劫になりますね。私の自宅から都心までは藪さんほどではないにしろ、やはり往復で1,100円を越えますから通販の方が安上がりになると思います。

現状での通販のネックは、日中には荷物の受け取りができないことです。女房も仕事がありますので、郵便でも宅配便でも殆んどの場合は不在通知が入れてあります。国内の通販だと、最近は職場近くの宅配便営業所止めにしてもらっているのであまり不便はなくなりましたが、問題は海外からの小包です。海外からでも局留め指定にするやり方はあるのですが、局留めの小包は通関時に個人消費扱いされないという話もあり、非課税の範囲が狭くなってしまうらしいのでおいそれとは使えません。
プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR