FC2ブログ

トレーニング山行、雲取山激闘編。

さらに続けてこんばんは。溜まっている記事のまとめ書き、第3弾です。やっとここまでたどり着きました(笑)。

前回、6月19日の丹沢大倉尾根でのトレーニング山行から2週間後、7月3日。前回の打ち上げ会場で急遽決まった、同じメンバーによる2回目のトレーニング山行の日がやって来ました。今回の目的地は・・・東京都の最西端にして最高峰、日本百名山にも名を連ねる雲取山です。

私は2年前の春に小袖登山口に車を停めて雲取山までピストンしています。現在ではこの場所に駐車しないように奥多摩ビジターセンターなどから正式にアナウンスされているので停めるわけにはいきません。また、そこから程近い丹波山村営駐車場(旧・小袖乗越駐車場)は工事用の資材置き場になっていて駐車台数が制限されているとの情報もあったので、国道411号沿いの留浦駐車場に車を停め、ここから雲取山を目指すことにしました。ここから雲取山までの標高差はおよそ1,450m、吉田ルートから富士山頂までの標高差とほぼ同じです。斜度が違いますから単純に同じとはいえませんが、富士山に登るTOMOさん、chiemiさん、それにポンキチさんにとってはちょうどいいトレーニングになるかと思った次第です。

しかしながら、言いだしっぺの私があのような事態になってしまうとは・・・大いに反省点の残る山行となってしまいました。

7月3日午前1時、自宅を車で出発。TOMOさん、chiemiさん、ポンキチさんはすべて千葉県内にお住まいなので、最短距離で一筆書きを描きながら順次ピックアップしていきます。最後のポンキチさんを拾ってから江戸川を渡り、三郷南ICから外環に乗りました。以後、大泉JCTで関越道に入り、鶴ヶ島JCTでさらに圏央道に入って青梅ICで降ります。千葉県内から青梅市内まで1時間程度。流石に夜中だと早いですね。

青梅市内のコンビニで食料その他を調達し、目的地の留浦駐車場に着いたのは4時40分頃でした。しばらくの間休憩し、朝食を摂ります。

20160703_0459_01.jpg

5時ちょっと前から身支度を開始。ポンキチさんは準備運動に余念がありません。そういや私はろくに準備運動をしたことがないな・・・。

20160703_0507_02.jpg

5時7分、出発です。まずは国道411号を西に向かい、700mほど先の鴨沢登山口を目指します。

今回の山行も、ルート・タイムの詳細をヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

トレーニング山行、大倉尾根攻略編。

続けてこんばんは。溜まっているブログ記事のまとめ書き、第2弾です。

浅草橋の山道具ショップ、Alpine Bellさんの「トレッキングミーティング2016」のメンバーで、この夏富士登山を計画しているchiemiさん・TOMOさんのお二人がトレーニング登山を何回を実施したがっている・・・という話を以前の記事で書きました。その一環として、5月22日にchiemiさんを伴って稲村岩尾根を歩いたりしていたわけですが、このお二人が元々計画していたトレーニング登山は、実は丹沢・大倉尾根のピストンで塔ノ岳を目指す、というものでした。6月19日、このお二人と、同じくトレッキングミーティング2016メンバーのポンキチさんの計4名で、大倉尾根を歩いて来ました。

ところで、夏の丹沢と言うとどうしても意識せざるを得ないのがヤマビルです。「大倉尾根には殆ど出ない」という話は聞いていましたが、全くでないわけでもないようなので、直近の状況をヤマレコなどでリサーチしてみました。その結果、

・大倉尾根の東側の斜面がヒル出現地帯とそうでない地帯の境目。戸川林道まで下りると出る。表尾根は出現地帯内だが、ヤビツ峠から新大日の尾根上はまず出ない。
・大倉尾根は全域に渡ってまず出現せず。ただ、戸川林道から登って来た人がヒルを落として行ったりするので、ベンチの下などには要注意。
・鍋割山方面は、下の西山林道終点付近の川沿いには出る。

などと言うことがわかりました。とりあえず、心配は殆どなさそうですが、備えだけはしておいたほうがよさそうです。というわけで、前日、こういったものを買いこんで来ました。

20160619_0000_00.jpg

一番左はアサヒペンの「パワーテープ」36mm×4m巻きです。使いさしのように見えますが、実はこれが新品の状態。携帯用にこのような小さいサイズのものが売られています。本来は「ダックテープ」という、ダクトの補修などに使うテープなんですが、耐水性があるのでテントの補修など、アウトドア用途で使う方も多いようです。そういう用途向けのロールも用意しているわけですね。ただ、経済性重視なら、普通の大きな巻きのものを買ってきて、自分で小さく巻きなおした方がリーズナブルですが。

その右はご存知「ヒル下がりのジョニー」。ヒル忌避剤です。この手の商品で有名なのは「ヤマビルファイター」ですが、こちらには刺激の強いディートという成分が含まれています。ヒル下がりのジョニーはディートを含まず、皮膚についても比較的安全、ということになっていますが、もちろん直接肌に吹き付けるような使い方はNGです。

お次は無印良品で買ってきた、コスメ用のスプレーボトル。中には飽和状態まで食塩を溶かし込んだ、高濃度の食塩水が入っています。ヒル下がりのジョニーは殺ヒル剤ではないので、実際に取り付いたヒルを落とす、あるいは見つけたヒルを殺すためのものです。ナメクジ同様、塩分には弱いそうです。

で、一番右は同じく無印良品で買ってきたPET製の空ボトルと、手前にはアクアリウム用のピンセット。用途は・・・内緒です。
ただ、前日に準備をしていた私を見た女房が、突然ハッと何かに気が付いたような顔をして
「・・・変なもん持って帰ったら、絶対に玄関から入れないからねっ!!」
と怖い顔でダメを出してきました。おかしいな、何でわかったんだろう(笑)。

というわけで、6月19日日曜日早朝、集合地点の小田急線・渋沢駅に向かいました。

今回のルート・タイムの詳細も、ヤマレコに登録してあります。そちらもあわせてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

夜叉神峠、標高1,770mの豚汁。

こんにちは。

気が付くと、1ヵ月もブログの更新をサボっていて「徒骨亭日記」のトップに広告が表示されるようになっています。このブログを始めて5年近くになりますが、広告を表示させてしまったのは初めてです。この一月、今一つモチベーションが上がらず、更新をサボってきていましたが、流石にこりゃいかん、と急ぎ溜まっている記事を書き進めることにしました。

ブログの更新が滞っているからと言って、山歩きを全くしていないわけではありません。長梅雨と仕事の忙しさもあって頻度は落ちていますが、それなりに山歩きはやっています。ただ、このところグループ登山が多くなってきています。気の合う人たちとのグループ登山は楽しいのですが、下山後「ああ楽しかった!」で終わってしまって、なかなかブログを書くモチベーションが上がりません。単独行だと山行の間、感覚器官を全開にして山の空気や音を感じていますし、下山後も「この感動を誰かに伝えたい!」という欲求が沸々と湧き上がってきて、それがブログを書く原動力になっていたのだと改めて気が付きました。

当ブログからリンクさせていただいている悠さんに、「独りで歩くのは実は贅沢」なのだと言われたことがあります。遭難のリスクもありますし、登山の常識から言うと褒められた行為ではない単独行ですが、反面、山を存分に味わいつくすなら単独行がベストなのも確かです。『半径数キロに人の気配なし』みたいなピークに立って、周囲の深山を見渡すときのあの独特の感覚は、他に代え難いものがあります。

とは言え、ブログを書かずにいるといつまで経っても単独行の記事もアップできませんから、ここはひとつ気合を入れて溜まっている記事を書き上げることにします。なんか、数ヶ月前から同じことを言っているような気もしますが(笑)。

本日のお題は、大分以前のことになってしまいましたが、6月12日日曜日のお話です。この日は浅草橋の山道具ショップ、Alpine Bellさん恒例の「トレッキングミーティング2016」の開催日。ただ、今回は山登りと言うよりは景色のいいところで鍋パーティと言うのが本題のようで、南アルプス・芦安駐車場から夜叉神峠まで登ってそこが終点。豚汁その他を作って、白峰三山を眺めながら皆で乾杯!という趣向だそうです(笑)。

というわけで、いつものように6月12日の早朝、いつものように集合地の吉祥寺までやって来ました。そしていつものように駅北口向かいのサンロード商店街のマックで朝食を摂ります。

20160612_0620_00.jpg

早朝のサンロード商店街。6時過ぎなので、まだ歩いている人もまばらですね。

20160612_0622_00.jpg

サンロード商店街の途中の横断歩道のところで右折すると、ヨドバシカメラの正面に出ます。いつも通りの集合場所。まだ、練木さんしか来ていません。本日は当初人数があまりいなかったので、レンタカーでの移動です。

今回の記事も、ヤマレコにルート・タイムの詳細を掲載してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

大菩薩峠、標高1,900mの芋煮会。

おはようございます。

先日、機種変更を行おうと最寄のauショップまで行って来ました。機種変更と言っても、スマホやガラケーじゃありません。愛用しているタブレット、iPad miniの機種変更です。

かなり以前の記事でも書いた記憶がありますが、私はスマホを持っていません。普段はガラケーとタブレットの2台持ちです。どうも、情報量の多いWebサイトなどをスマホの狭い画面で見る気にならず(老眼だからだろ!というツッコミがありそうですが・笑)、通話やショートメール、キャリアメールはガラケー、一般のネット情報の閲覧やPCメールはタブレットと使い分けています。「山と高原地図」なんかもタブレットに入れてありますので、仕事の行き帰りに山行のルートを検討したりとか、広い画面だとなにかと使いやすいです。山と高原地図自体も、当初はスマホやiPod touchにしか対応しておらず、タブレットだと間延びして非常に使い勝手が悪かったのですが、昨年辺りからタブレットにも正式対応して大変見やすくなりました。

さて今回の機種変更、何から何への変更かと言うと・・・初代iPad miniから昨年秋にリリースされたiPad mini 4への変更です。初代iPad mini、この3年半ほど使い続けて来ましたが、流石に今となっては処理が遅くてイライラすることが多くなりました。まあそれでも私はゲーム類は一切やらないのでそう大きな問題ではなかったのですが、今秋リリース予定のiOS 10が初代iPad miniでは未対応ということが判明。ようやく重い腰を上げることにしました。昨年買い換えたノートPC、これも先代は12年ほど使い続けていたので、どうも基本的にデジタル機器の買い替えには消極的なようです(笑)。

ところで肝心の機種変更ですが、希望していたiPad mini 4のシルバー・128GBモデル(Wi-Fi+Cellular)、生憎と在庫がないということで予約だけして帰って来ました。3週間ほどかかるようです。まあ、iOS 10がリリースされるまでまだ何ヶ月もありますし、急ぐわけではありませんので特に問題ありません。



閑話休題。それでは今回の山行の話題です。今回はやはり1ヶ月前の話になってしまいますが、5月29日・日曜日のお話です。この日は浅草橋の山道具ショップ、Alpine Bellさんが急遽大菩薩嶺へのハイキングを実施すると言うことでしたので、そちらに参加して来ました。

そもそもこの日、Alpine Bellの練木さんが番外編で大山(丹沢じゃなくて鳥取の『だいせん』です)へのツアーを計画していたのですが、そちらの参加者が少ないためキャンセルになってしまったそうです。で、その埋め合わせで急遽募集がかかったのが今回の大菩薩嶺。今回は山歩きと言うより、大菩薩峠で芋煮会という趣旨のようで、私には「水1リットル持参」の指令が練木さんから飛んで来ました。

当日、集合は朝8時7分高尾発の甲府行き各駅停車の車内です。待ち合わせに指定された先頭車両に行ってみると、本日の参加者は練木さんのほか、Tkさん、Tgさんのお二人、通称「T&Tペア」。このお二方には昨年末の高尾山の忘年会でお目にかかったことがありますが、普段はお二人で全国の山を飛び回っていると言う、ベテランのお姉さまコンビです。それと前週奥多摩へご案内したchiemiさん、ポンキチさん、それに私の合計6名でした。

電車は9時15分、塩山着。すぐに駅前のタクシー2台に分乗し、大菩薩嶺方面に向かいます。当初は上日川峠のロッヂ長兵衛から歩く予定と聞いていたのですが、結局芋煮会がメインなので歩く距離が最短になるように(笑)、その奥の福ちゃん荘まで行ってしまいました。

20160529_1005_01.jpg

というわけで10時前に福ちゃん荘に到着。各自身支度をします。かの「大菩薩峠事件」の舞台となった福ちゃん荘ですが、私はここへ来るのは初めてです。

20160529_1006_02.jpg

10時5分、大菩薩嶺に向けて出発。

20160529_1012_03.jpg

当初は緩やかで歩きやすい道が続いています。

本日のルートとタイムの詳細もヤマレコに登録してあります。あまり見る意味がないかもしれませんが(笑)、よろしければご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

稲村岩尾根、トレーニング山行のために再訪。

こんばんは。

先週末の証券市場・外為市場は例の英国のEU離脱で大荒れでしたね。各メディアは口を揃えて「先行き不透明」を連発しています。まあ、今後の見通しをズバリ言い当てられる人なんていないと思いますが、私といえば脳天気にもこの週末、久しぶりに海外通販でお買い物をしておりました。何せ、1ドル100円前後なんて久しぶりですからね。そのうち不況でこちらの購買力も落ちてしまうんでしょうが、そうなる前にまずは欲しい物を買っておこうと・・・やっぱり何も考えていないな、俺(笑)。

さて、お話変わって山行の話題です。前回、5月15日の滝子山から大谷ヶ丸への縦走後、久しぶりに歩こうかと考えていたのは奥多摩です。昨年秋以来、半年以上ご無沙汰している奥多摩ですが、大菩薩連嶺も一段落しましたし、奥多摩の山深さが恋しくなってきていました。ただ、そうは言ってもどこを歩くかを容易に決められません。奥多摩エリアで未踏なのは雲取山から滝谷ノ峰までの長沢背稜、天祖山、富田新道あたりですが、これらはどれも奥多摩最奥部でアプローチが容易ではありません。現在用意している「新兵器」を使って一泊の山行にすればこのあたりも解決しますが、今度は日程組みが面倒です。さてどうしたものか・・・と思っていた矢先、Alpine Bellさんの「トレッキングミーティング2016」メンバーであるchiemiさんからメールが来ました。

「次に山に行かれるのはいつですか?」。ああそうだ、私の日頃の山行に同行していいか、先日の奥日光の刈込湖・切込湖ハイキングの帰りのバスの中でchiemiさんとTOMOさんから聞かれていたんだっけ。もちろんこちらとしては大歓迎ですからOKしていたんですが、それを踏まえたうえでの問い合わせのメールでした。

chiemiさんとTOMOさんのお二人、刈込湖・切込湖ハイキングの記事でもちょっと触れましたが、昨年夏から山歩きを始めた方々です。昨年8月、chiemiさんの大学生の娘さんが富士登山のツアーに申し込みをしたそうなんですが、それに便乗してchiemiさん、さらには職場の同僚であるTOMOさんも参加することにしたとかで、急遽Alpine Bellさんで装備一式を調達。その際に練木さんからの提案で、昨年7月の山梨・帯那山へのツアーに参加したのが初めての山歩きだったそうです。私が初めて参加した金峰山へのツアーの前月ですね。

肝心の富士登山の方は悪天候のためchiemiさんが8合目でリタイヤ、TOMOさんとchiemiさんの娘さんも9合目まで行ったところでツアー自体が中止になってしまったそうで、登頂できないまま下山。ただ、これがお二人の山魂に火をつけてしまったらしく、来月末に富士に再チャレンジされるそうです。肝心の娘さんの方は学業で忙しくて参加できないそうで、熱くなっているのはお母さんたちだけというわけですね。

chiemiさんの方はその後のトレッキングミーティングにも5回ほど参加されていますが、TOMOさんは先日の切込湖・刈込湖が2回目。私もその時初めてお目にかかったんですが、今年の富士登山はしっかり準備して臨みたい、ということでお二方からトレーニング山行のご相談を受けたのでした。確かに私はトレーニングになりそうなハード目のコースをよく歩いていますからね。

さて、話をchiemiさんからのメールに戻します。前述の通り、私は漠然と次回は奥多摩、と決めていたので「次は5月22日の日曜日、場所は奥多摩・・・ですが、どこを歩くかまだ決めていません。」と返事しました。併せて、トレーニングになりそうなコースを幾つか提案したんですが、そう言われても流石に決められませんよね。お二方も浅草橋近辺でお仕事をしていることなので、20日金曜日のお昼時、急遽食事がてら打ち合わせをすることにしました。場所は例の「葦」さんです。

ただ、打ち合わせに来られたのはchiemiさんお一人でした。TOMOさんの方は22日は都合がつかないということで、とりあえずchiemiさんだけお連れして歩いてみることにしました。で、打ち合わせの結果、最終的に決まった行き先ですが、先のメールで提案した中では「一番ハードな」コース・・・そう、奥多摩三大急登の筆頭、あの「稲村岩尾根」です。

chiemiさんにとっては6回目くらいの山歩き、初めての奥多摩でいきなり稲村岩尾根というのもキツイ話ですが、これまで何回かトレッキングミーティングでご一緒した際の歩き方を見ていると、無理ではなさそうに思えます。まあ、登ってしまえば疲労具合に応じて下山ルートは幾つもありますし、心配はいらないでしょう。というわけで、コースは東日原から稲村岩尾根で鷹ノ巣山、下山は取り敢えずの目標を石尾根を奥多摩駅まで。但し、疲労具合に応じて浅間尾根から峰谷バス停、六ツ石山分岐から奥多摩湖バス停のエスケープルートを下りることもあり、とします。水根山から倉戸山、あるいは水根沢林道というルートもありますが、こっちはちょっと初心者向きではありませんので考えないことにしました。

というわけで5月22日日曜日の早朝、総武線・快速電車の始発に乗って地元駅を出発。途中の駅でchiemiさんと合流して東京駅で中央線・特別快速の高尾行きに乗り換え。以降、立川、青梅で乗り換えて8時12分、奥多摩駅までやって来ました。

しかし、それにしても凄い人出です。紅葉シーズンならともかく、暑くなった今の時期にこれほど混雑しているのは見たことがありません。御嶽山の噴火以来、登山者が減少しているらしいですが、大分戻ってきているんでしょうか?着いた時点で東日原行きのバス停は長蛇の列。早々に臨時便が出ることになり、その最初の便にどうにか乗り込むことが出来ました。もちろん座ることはできません。

20160522_0904_01.jpg

9時ちょっと前、満員のバスが東日原バス停に到着。写真に写っているバスは3台目くらいの敏だと思いますが、恐らくこれも臨時便だったのではないかと思います。

20160522_0904_02.jpg

身支度を整え、9時5分に出発。いざ、稲村岩尾根を目指します。

本日のルートとタイムの詳細もヤマレコに登録してあります。そちらも併せてご覧ください。

続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

徒骨亭主人

Author:徒骨亭主人
「むだぼねていしゅじん」です。「とこつ」ではありません。
主な関心事は電子工作、鉄道模型、空モノラジコン。その他、オーディオ、銀塩カメラ、クラシック音楽、映画などなど・・・何のことはない。どれも皆、昔ながらのオヤジ趣味ですな。最近は13年11月から始めた山歩きに熱中しております。
女房に頭の上がらない、小学生の息子を持つ父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
只今の時刻
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR